人生の教科書



読み上げ動画・音声
金銭感覚
節約ができても、幸せを失っては意味がない。
金銭感覚
「それは本当に必要なのか」
金銭感覚
節約は、ゲームとして考えれば、楽しくなる。
金銭感覚
たくさん儲けようとするのではなく、少なく使う。

金銭感覚につける
30方法

お気に入り35 読んだ
10

いらないてると、
節約できる

らない物を捨てるというのは、単にごみ排出だけの話ではありません。

お金を節約する意味においても、無視できないほどの大きな効果があります。

物が少ないというだけで、余分なお金が出ていくことを防げます。

冷蔵庫の中にたくさんの食料が詰まっていると、全体を冷やすために電気量が増えます。

たくさんの家電製品は、たくさんあるほど電気代も必要です。

服をたくさん持つと、たくさんのハンガーにお金がかかります。

クリーニング代にもお金がかかります。

洗濯する水の量も増え、お金がかかります。

たくさんの本を持つと、本棚にお金がかかります。

物は少ないと、あなたの生活を軽くするだけでなく、お金も節約できるようになるのです。

掃除より整理整頓より大切なことは、まず「捨てること」です。

捨ててさえしまえば、掃除も整理整頓も不要です。

お金も時間も節約できるのです。

金銭感覚を身につける方法 その10

  • いらないてて、
    節約する
身にあまる生活は、浪費への第一歩。

もくじ
(金銭感覚を身につける30の方法)

同じカテゴリーの作品