人生の教科書



金銭感覚

金運がよくなる
30の方法

お気に入り51 読んだ
30

お金の量が、
心の大きさに変わる。

お金の量が、心の大きさに変わる。 | 金運がよくなる30の方法

器を大きくしたい。

穏やかな性格になりたい。

落ち着いた性格になりたい。

そういうときには、あなたはまず、何をしようとしますか。

普通は、本を読んで心を大きくしようとします。

 

しかし、結論から言ってしまえば、本を読むより、お金を稼ぐことです。

お金を手に入れれば、お守りのような効果を発揮し、単純に心の余裕につながります。

お金は、強力な心の安定をもたらす精神安定剤です。

ほとんどの人が、性格改善のために本を読んで、器を大きくしたり、穏やかになろうとしたりします。

もちろん読書によって見識を広げ、理解を深めることは作用があります。

 

しかし、そうは言っても、資本主義社会の中に生きているかぎり、お金は無視できません。

住む部屋、食べるもの、着る服がなければ、私たちは心の余裕どころではなくなります。

やはり心に一番影響を与え、即効性があるのは、お金です。

性格を変えたいと思うなら、単純にお金持ちを目指すことです。

本を読んで空想に浸るより、一生懸命に仕事をすればいい。

お金持ちになれない人は、たくさん本を読んでばかりで、行動しません。

たくさん本を読めば、それだけで性格が変わり、器が大きくなり、落ち着いた性格になり、お金持ちになれると思っています。

 

しかし、たくさん読んでも、お金は減っていく一方です。

残念ながら、本を読むだけではお金持ちにはなれません。

その人に足りないのは「行動力」です。

いくら知識・知恵・技術が豊富でも、活用しなければ「無」も同然です。

いくら素晴らしいエンジンがあっても、タイヤがなくて前に進まない車と同じです。

本を読んだら、すぐ行動する人が、お金持ちになる人です。

読んで得た知識や知恵を実生活に生かし、仕事の質を高め、量を増やします。

仕事の質がよく、たくさん仕事量をこなせれば、単純な話、お金持ちになります。

お金が手に入ったから、精神的余裕に変わり、落ち着いた性格になります。

 

たとえば、あなたが今、1,000万円の貯金があると思ってください。

必ず、その瞬間に性格が変わります。

本を100冊読むより、はるかに効果があります。

お金の余裕が、心の余裕になります。

穏やかな性格になり、喧嘩も減り、行動できる範囲が広がります。

それこそ、お金の力です。

お金には、善も悪もありません。

ただの道具です。

お金は、心に余裕をもたらす効果のある道具です。

道具にそういう効果があるのですから素直に認めて、お金という道具を手に入れ、ぜひ活用しましょう。

ほとんどの人が、心を磨いてからお金持ちになろうとします。

 

しかし、あまりに時間がかかり、現実的ではありません。

まず、お金を稼いでから心を磨くほうが、近道なのです。

まとめ

金運がよくなる方法 その30
  • 心を大きくするために、まずお金持ちになる。
次のページ >>
まとめ

もくじ
(金運がよくなる30の方法)

同じカテゴリーの作品