金銭感覚

浪費癖を直す
30の方法

  • 浪費癖とは、
    人生をおとしめる邪悪な癖。
    一刻も早く直すことが大切。
浪費癖を直す30の方法

もくじ
  1. 浪費癖とは、人生をおとしめる邪悪な癖。
    一刻も早く直すことが大切。

    浪費癖とは何でしょうか。
    浪費癖とは「無駄遣いする癖」のことをいいます。
    無計画にお金をどんどん使ってしまう習性であり、一般的に「悪い癖」とされています。

  2. 浪費癖を直す第一歩は、決意から始まる。

    浪費癖を直す第一歩は何でしょうか。
    家計簿をつけることでしょうか。
    1カ月に使う生活費の上限を作ることでしょうか。

  3. 浪費癖を直す方法は、2つだけ。
    お金のルールを作ること、金銭感覚を身につけること。

    「浪費癖を直す方法」
    そう聞いたとき、どんな方法が浮かぶでしょうか。
    ・無駄遣いに注意すること

  4. 家計簿は、浪費癖を直す基本習慣。

    浪費癖を直すために、必ず心がけたい習慣があります。
    それは、家計簿をつける習慣です。
    家計簿とは、一家の収入・支出を記入する帳簿です。

  5. 現金払いは、金銭感覚を養う基本。

    浪費癖を直したいなら「現金払い」を心がけましょう。
    もちろん現金にも、不便やデメリットはあります。
    「小銭が増えて邪魔くさい」

  6. 電子マネーやクレジットカードの使用には十分注意する。

    浪費癖のある人は、電子マネーやクレジットカードに注意しましょう。
    電子マネーもクレジットカードも、現金がなくても買い物ができて便利です。
    電子マネーなら、店頭の専用端末にかざすだけで決済が終了します。

  7. 目的の商品以外は、買わないようにする。

    浪費癖の改善につながる習慣の1つ。
    それは「買う」と決めたもの以外は、買わないようにすることです。
     

  8. 買い物リストは、なくて困ることはあっても、あって困ることはない。

    浪費癖を直すなら、買い物リストが役立ちます。
    もちろん買い物リストは絶対必要なものではありません。
    記憶力には自信がある人なら、わざわざ買い物リストを作る必要はないかもしれません。

  9. 暗い時間帯に買い物をすると、浪費癖が直らない。
    明るい時間帯に買い物をするから、浪費癖が直る。

    買い物をするときは、時間帯が大切です。
    「いつ買い物をしても、結果は同じではないか」
    そう思うかもしれませんが、誤解です。

  10. 1カ月に使う生活費の上限を決めておこう。

    あなたには、1カ月に使う生活費の上限を決めていますか。
    「特に決めていない」
    「毎月の生活費はばらばら」

  11. 財布に入れる現金を制限しよう。
    持ち歩く現金を少額にすれば、自然と無駄遣いが減る。

    浪費癖を直すには、財布の中に注目しましょう。
    あなたは、財布に入れる金額を決めていますか。
    「財布の中に入れる金額はいつも適当」という人もいるでしょう。

  12. 買い物がストレス解消のメインになっているかぎり、浪費癖は直らない。

    浪費癖のある人は、買い物がストレス解消になっています。
    「買い物をすれば、すかっとする」
    「日頃のストレスを、買い物で発散させている」

  13. どうすれば衝動買いを防げるのか。

    売り場をぶらぶら歩いていると、気になる商品を見つけます。
    面白そうな本。
    かわいい洋服。

  14. 優越感を求めるから、浪費癖になる。

    浪費癖の原因の1つ。
    それは、優越感です。
    優越感を得ようとすると、必然的に浪費癖になりやすい傾向があります。

  15. 将来の計画を立てると、お金のコントロールがうまくなる。

    あなたには「将来の計画」がありますか。
    浪費癖を直したいなら、将来の計画を立てることをおすすめします。
    「将来の計画と浪費癖に、何のつながりがあるのか」

  16. 貯金用口座を作ると、お金の管理がスマートになる。

    浪費癖を直すなら、新しい口座を作りましょう。
    「すでに口座は持っている」
    そう思うかもしれませんが、生活用口座を作るのではありません。

  17. 我慢は前頭葉のトレーニング。
    我慢する力を鍛えて、浪費癖を直していこう。

    浪費癖のある人は「我慢する力が弱い」という特徴があります。
    ・欲しいものを見つけると、我慢ができず、つい買ってしまう
    ・衝動買いをすることが多い

  18. 相場を無視した贈り物や祝い金は、浪費癖のもと。

    浪費癖のある人は、相場を無視する傾向があります。
    贈り物や祝い金を贈る場面で、相場以上の金額をかけようとします。
    もちろん親しい人間関係なら、相場以上にお金をかけるのも悪くありません。

  19. 何でも新品でないと気が済まない考え方は、浪費癖につながる。

    浪費癖の人によくある考え方があります。
    それは「何でも新品でないと気が済まない」という考え方です。
    ・中古には抵抗感がある

  20. あなたの浪費癖は、ポイントカードが原因ではないか。

    浪費癖を直すなら、ポイントカードが大切です。
    ポイントカードを増やすのではありません。
    ポイントカードを減らすのです。

  21. 面倒くさいことを排除するのではない。
    少しだけ面倒くさいことを受け入れよう。

    「ああ、面倒くさい!」
    そう思うことがあれば、知恵や工夫で省こうとするのではないでしょうか。
    面倒くさいことは、時間も労力もかかるのが特徴です。

  22. 安物は、かえって高くつく。

    ときどき街中で「安物商品」を見かけることがあります。
    安物なら、少額で購入できます。
    壊れたとしても、もともと価格が安いので、経済的ダメージも小さくて済みます。

  23. 余計な浪費は、大きな買い物をした直後に起こりやすい。

    あるとき、大きな買い物をすることがあります。
    生活必需品には、小さな金額のものだけでなく、大きな金額のものも存在します。
    テレビ、洗濯機、冷蔵庫、電子レンジ、寝具、パソコン、携帯電話、自家用車。

  24. 浪費にもかかわらず、消費や投資だと思い込んでいないか。

    浪費癖で一番怖いことがあります。
    浪費にもかかわらず、浪費に気づいていないパターンです。
    「これは浪費だ」と自覚があるなら、まだ救いがあります。

  25. 酔った状態で、買い物をするな。

    浪費癖を直すために禁止したいこと。
    それは、酔った状態で買い物をすることです。
    もちろんお酒が悪いわけではありません。

  26. 仲間がいれば、苦しい浪費癖も楽しくなる。

    浪費癖の改善は、孤独との戦いでもあります。
    浪費癖を直すのは、団体戦ではなく、個人戦です。
    誰かと戦うわけではなく、あくまで自分との戦いです。

  27. 浪費癖と買い物依存症の違いとは。

    単なる浪費癖なのか。
    買い物依存症なのか。
    その区別が大切です。

  28. 買い物が、心の隙間を埋める手段になっていないか。

    浪費癖の意外な原因があります。
    それは「心の隙間」です。
    焦り、不安、寂しさ。

  29. まったく浪費をしないより、たまには浪費したほうが、浪費癖は直る。

    浪費癖を直すとき、どんな状態を目指そうとしますか。
    浪費癖を直すからには「浪費ゼロ」を目指すのではないでしょうか。
    もちろん完全に浪費がなくなれば、理想的です。

  30. 浪費癖を直す方法を知って満足しない。
    きちんと行動に移してこそ、意味がある。

    浪費癖を直す方法を知ったなら、その後が大切です。
    「なるほど。そういう方法があったのか」
    知識が得られると、生まれ変わったような気持ちになるでしょう。

同じカテゴリーの作品