借金癖を直す
30の方法

19
12

お金のかからないプレゼントの習慣を持とう。

お金のかからないプレゼントの習慣を持とう。 | 借金癖を直す30の方法

借金癖を直すなら「プレゼントの習慣」を心がけましょう。

お金のかかるプレゼントの習慣ではありません。

お金のかからないプレゼントの習慣です。

プレゼントと聞くと「物質的なもの」をイメージすることが多いのではないでしょうか。

食事をおごったり贈り物を贈ったりなど、お金のかかるものをイメージすることが多いでしょう。

図書券や商品券といった金券をプレゼントすることもあるかもしれません。

もちろん物理的なプレゼントも素晴らしいですが、お金を使ったプレゼントには限界があります。

プレゼントをすればするほど、お金が必要です。

プレゼントの量や質に比例して、多くのお金が必要になります。

経済的に余裕があればいいですが、そうでないなら厳しいでしょう。

ましてや借金癖のある人にとって、お金のかかるプレゼントは余計な出費を促し、改善に逆効果と思うかもしれません。

しかし「プレゼントにはお金が必要」というのは思い込みです。

お金があると、プレゼントの選択肢は広がりますが、お金がなくても、素晴らしいプレゼントが可能です。

お金をかけたプレゼントも素晴らしいですが、お金のかからないプレゼントはもっと素晴らしい。

もちろんお金のかからないプレゼントでも、相手を喜ばせたり感動させたりすることが可能です。

お金のかからないプレゼントは、経済的な負担がないので、頻度を増やすことができます。

知恵と工夫を凝らせば、お金のかからないプレゼントはたくさんあります。

たとえば「情報」「協力」「励ましの言葉」です。

情報

情報は、お金がかからないプレゼントの1つです。

相手に役立つ情報があれば、出し惜しみせず、快く教えましょう。

相手が求める情報をプレゼントすれば、心から喜んでくれるでしょう。

協力

協力も、相手に喜ばれるプレゼントの1つです。

仕事を手伝うだけならお金は不要です。

相手が忙しそうにしているなら「お手伝いしましょうか」と声をかけ、できる範囲で協力してみましょう。

相手は「助かります。ありがとう!」と喜んでくれるでしょう。

励ましの言葉

励ましの言葉も、立派なプレゼントです。

言葉には、人の心を揺さぶる力があります。

「頑張ってね」

「元気を出してね」

「きっとうまくいくよ」

言葉のプレゼントに、お金は1円もかかりません。

心から発した言葉は、相手の心に届きます。

前向きで優しい一言をかけるだけでも、相手を十分喜ばせることができます。

§

どの手段もお金は不要ですが、相手を喜ばせる効果は十分です。

「人を喜ばせることができた」という実感を持つことが大切です。

自分の働きかけで人を喜ばせることができれば、自分の存在価値が感じられ、自己肯定感を高めていけます。

お金のかからないプレゼントは、まだまだあります。

元気のプレゼント、時間のプレゼント、情報のプレゼント。

にっこりほほ笑むだけでも、笑顔のプレゼントになります。

お金のかからないプレゼントの習慣を持てば、出費が減って、浪費を減らせます。

一文無しでも相手を喜ばせることができます。

与えることは喜びです。

相手を幸せにするだけでなく、自分を幸せにすることでもあります。

お金を使わない範囲で与えることを心がければ、毎日がもっと華やかになります。

借金癖を直す方法(19)
  • お金のかからないプレゼントの習慣をつける。
朝のうちに、昼食・夕食の支度を済ませておく。

借金癖を直す30の方法
借金癖を直す30の方法

  1. 借金癖は、待ったなしのトラブル。<br>今すぐ具体的な改善に取りかかろう。
    借金癖は、待ったなしのトラブル。
    今すぐ具体的な改善に取りかかろう。
  2. 借金癖の改善は、自覚することから始まる。
    借金癖の改善は、自覚することから始まる。
  3. 借金癖は、一生直らないのか。
    借金癖は、一生直らないのか。
  4. 宣誓書を書こう。<br>借金癖を直す決意が固まる。
    宣誓書を書こう。
    借金癖を直す決意が固まる。
  5. 借金癖の改善は「きっぱり」が重要。
    借金癖の改善は「きっぱり」が重要。
  6. 小さな金額でも、安易にお金を借りない習慣をつける。
    小さな金額でも、安易にお金を借りない習慣をつける。
  7. 借金癖のある人には「お金が足りないなら、借りればいい」という考え方がある。
    借金癖のある人には「お金が足りないなら、借りればいい」という考え方がある。
  8. 自己管理能力が高いから、掃除をするのではない。<br>掃除をするから、自己管理能力が高まる。
    自己管理能力が高いから、掃除をするのではない。
    掃除をするから、自己管理能力が高まる。
  9. 生活費の内訳を考えることが、借金癖の改善につながる。
    生活費の内訳を考えることが、借金癖の改善につながる。
  10. 必要なものなのか欲しいものなのか、考える癖をつけておこう。
    必要なものなのか欲しいものなのか、考える癖をつけておこう。
  11. 分割払いは、金銭感覚を狂わせる原因。
    分割払いは、金銭感覚を狂わせる原因。
  12. お金の管理に自信がないなら、家族に任せるのも1つの方法。
    お金の管理に自信がないなら、家族に任せるのも1つの方法。
  13. 大きな買い物をするときは、身近な人に相談する習慣をつける。
    大きな買い物をするときは、身近な人に相談する習慣をつける。
  14. 付き合いのいい人になるのではない。<br>付き合いの悪い人になるのだ。
    付き合いのいい人になるのではない。
    付き合いの悪い人になるのだ。
  15. 見栄を張っているかぎり、浪費癖も借金癖も直らない。
    見栄を張っているかぎり、浪費癖も借金癖も直らない。
  16. 臨時収入があっても、すぐ財布に入れないこと。
    臨時収入があっても、すぐ財布に入れないこと。
  17. 趣味がギャンブルであるかぎり、借金癖を直すのは困難。
    趣味がギャンブルであるかぎり、借金癖を直すのは困難。
  18. 期待に応えたくても、大金を使ってまで頑張らない。
    期待に応えたくても、大金を使ってまで頑張らない。
  19. お金のかからないプレゼントの習慣を持とう。
    お金のかからないプレゼントの習慣を持とう。
  20. 朝のうちに、昼食・夕食の支度を済ませておく。
    朝のうちに、昼食・夕食の支度を済ませておく。
  21. ストレスも、借金癖の原因になる。
    ストレスも、借金癖の原因になる。
  22. 給料日の後だから、お金を使いすぎてしまう。<br>給料日の前なら、お金を使いすぎない。
    給料日の後だから、お金を使いすぎてしまう。
    給料日の前なら、お金を使いすぎない。
  23. 借金癖のある人は、借金を推奨する言葉を無視していい。
    借金癖のある人は、借金を推奨する言葉を無視していい。
  24. すでに借金があるなら、借金の現状把握が必須。
    すでに借金があるなら、借金の現状把握が必須。
  25. 大きな借金があるなら、きちんと家族に打ち明けておくほうがいい。
    大きな借金があるなら、きちんと家族に打ち明けておくほうがいい。
  26. ファイナンシャルプランナーは、借金返済の心強い味方。
    ファイナンシャルプランナーは、借金返済の心強い味方。
  27. 借金癖と借金依存症は、似て非なるもの。
    借金癖と借金依存症は、似て非なるもの。
  28. 闇金融に手を出したら、終わり。
    闇金融に手を出したら、終わり。
  29. 借金をすべて返済できた直後が危ない。
    借金をすべて返済できた直後が危ない。
  30. 借金癖を直す最後の手段は、債務整理。
    借金癖を直す最後の手段は、債務整理。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION