執筆者:水口貴博

内気な性格を改善する
30の方法

20
5

大きな目標は分けて、
達成感と成功体験を味わう機会を増やそう。

大きな目標は分けて、達成感と成功体験を味わう機会を増やそう。 | 内気な性格を改善する30の方法

大きな目標があったときどうするか。

内気な性格に影響するポイントの1つです。

大きな目標を達成するには、多大な努力が必要です。

いつも以上に集中して頑張らなければいけません。

プロセスが長くて、ストレスも多い。

目標を達成するまでには、大きな手間暇がかかるでしょう。

取りかかる前からおっくうな気持ちが出てくるはずです。

もちろん普通に取り組むのも悪くありませんが、懸念点があります。

途中で何かあったとき、修正がしにくくなります。

途中で時間切れになり、中途半端になるかもしれません。

プロセスが長いため、達成感を得る機会も少なくなります。

難易度が高すぎるため、挫折するかもしれません。

挫折すれば、敗北感を味わうことになり、かえって内気な性格を悪化させる可能性もあります。

大きな目標にそのまま体当たりする意気込みは素晴らしいですが、慎重になったほうがいいでしょう。

では、どうすればいいか。

おすすめなのが「目標を分ける」という方法です。

大きな目標は分けましょう。

目標を分けてはいけないルールはありません。

きりのいいところを見つけ、上手に区切って分けます。

どれだけ大きな目標も、分けると、小さな目標に変わります。

分けてもまだ大きく感じるなら、さらに分けてみます。

大きな目標なら達成しにくくても、小さな目標なら達成しやすいでしょう。

「これならできるね」と明るく考えることができる。

目標が小さくなることで、精神的な負担も軽くなるため、取りかかりやすくなります。

小さな努力と短い時間で達成できるでしょう。

途中でトラブルが起こっても、修正がしやすくなります。

また、小さな目標に分けると、達成感と成功体験を得る機会が増えることになります。

「前に進んでいる感」が得られるため、モチベーションも維持しやすくなる。

たとえば、歴史の分厚い教科書を読破する目標があるとします。

最初から最後まで一気に読破するのもいいですが、途中で挫折する可能性があるため、もう少し小さな目標に分けます。

「まず第1章を読破する」「次に第2章を読破する」といった具合に目標を分けると、取り組みやすくなります。

第1章を読破する目標がまだ大変なら「第1項を読破する」「次に第2項を読破する」といった具合にすればいいのです。

1つずつ丁寧に小さな目標を達成していけば、大きな目標を達成できます。

大きな目標を達成できれば、成果や功績になります。

そして、ゆくゆく素晴らしい成功へとつながっていくのです。

内気な性格を改善する方法(20)
  • 大きな目標は分けて、達成感と成功体験を味わう機会を増やす。
内気な性格が改善するから、堂々とできるのではない。
堂々としているから、内気な性格が改善する。

内気な性格を改善する30の方法
内気な性格を改善する30の方法

  1. 「失敗したくない」と考えるから、内気な性格になる。<br>「失敗してもいい」と考えれば、内気な性格が改善する。
    「失敗したくない」と考えるから、内気な性格になる。
    「失敗してもいい」と考えれば、内気な性格が改善する。
  2. 「内気を改善したい」と考えるのではない。<br>「明るく積極的になりたい」と考えよう。
    「内気を改善したい」と考えるのではない。
    「明るく積極的になりたい」と考えよう。
  3. 内気な性格を改善するポイントは「好きなこと」にある。
    内気な性格を改善するポイントは「好きなこと」にある。
  4. 持ち物を明るくすると、性格も明るくなる。
    持ち物を明るくすると、性格も明るくなる。
  5. 笑顔は、珠玉の言葉と同等の価値がある。<br>明るい印象を与え、相手の心を動かす力がある。
    笑顔は、珠玉の言葉と同等の価値がある。
    明るい印象を与え、相手の心を動かす力がある。
  6. 楽しい趣味には、性格を変える力がある。
    楽しい趣味には、性格を変える力がある。
  7. 新しく生まれ変わった自分をイメージすると、内気が改善する。
    新しく生まれ変わった自分をイメージすると、内気が改善する。
  8. 意識を内側に向けると、自意識過剰になる。<br>意識を外側に向けると、内気な性格が改善する。
    意識を内側に向けると、自意識過剰になる。
    意識を外側に向けると、内気な性格が改善する。
  9. 内気な性格が改善するから、はきはき話すのではない。<br>はきはき話すから、内気な性格が改善する。
    内気な性格が改善するから、はきはき話すのではない。
    はきはき話すから、内気な性格が改善する。
  10. 質問をする癖をつけると、内気な性格が改善されていく。
    質問をする癖をつけると、内気な性格が改善されていく。
  11. 性格が変わるから言葉が変わるのではない。<br>言葉が変わるから性格が変わる。
    性格が変わるから言葉が変わるのではない。
    言葉が変わるから性格が変わる。
  12. 内気な性格を直す鍵は「真似」にある。
    内気な性格を直す鍵は「真似」にある。
  13. 自分を大切にしても、しすぎるな。
    自分を大切にしても、しすぎるな。
  14. どんなに内気な性格も、開き直れば、大胆になれる。
    どんなに内気な性格も、開き直れば、大胆になれる。
  15. 得意分野を作ると、内気な性格が改善する。
    得意分野を作ると、内気な性格が改善する。
  16. 「嫌われたくない」と思っていると、嫌われる。<br>「嫌われてもいい」と思っていると、好かれる。
    「嫌われたくない」と思っていると、嫌われる。
    「嫌われてもいい」と思っていると、好かれる。
  17. 人と比較する癖をやめれば、内気な性格が改善される。
    人と比較する癖をやめれば、内気な性格が改善される。
  18. あえて大変なことを選んだほうが、内気な性格が改善しやすい。
    あえて大変なことを選んだほうが、内気な性格が改善しやすい。
  19. 困難に直面したときこそ、内気を改善するチャンス。
    困難に直面したときこそ、内気を改善するチャンス。
  20. 大きな目標は分けて、達成感と成功体験を味わう機会を増やそう。
    大きな目標は分けて、達成感と成功体験を味わう機会を増やそう。
  21. 内気な性格が改善するから、堂々とできるのではない。<br>堂々としているから、内気な性格が改善する。
    内気な性格が改善するから、堂々とできるのではない。
    堂々としているから、内気な性格が改善する。
  22. 過去の失敗を引きずると、未来に向かう足かせになる。
    過去の失敗を引きずると、未来に向かう足かせになる。
  23. 完璧主義を治すことが、内気な性格の改善にもつながる。
    完璧主義を治すことが、内気な性格の改善にもつながる。
  24. 運動習慣は、内気の改善に効果あり。
    運動習慣は、内気の改善に効果あり。
  25. 内気な性格は、悪い性格なのか。
    内気な性格は、悪い性格なのか。
  26. 見栄に関係したプライドは、今すぐ捨てて問題なし。
    見栄に関係したプライドは、今すぐ捨てて問題なし。
  27. 「私は内気な性格」の後に続く言葉が大切。
    「私は内気な性格」の後に続く言葉が大切。
  28. 仕事に内気な性格を持ち込まない。
    仕事に内気な性格を持ち込まない。
  29. 人に喜ばれる仕事をして、内気な性格を改善していく。
    人に喜ばれる仕事をして、内気な性格を改善していく。
  30. 内気な性格が重度なら、心の専門家を受診しよう。
    内気な性格が重度なら、心の専門家を受診しよう。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION