自分磨き

逃げ癖を直す
30の方法

5
14

やる気や元気がなくても取りかかる癖をつければ、
逃げ癖が直るのは時間の問題。

やる気や元気がなくても取りかかる癖をつければ、逃げ癖が直るのは時間の問題。 | 逃げ癖を直す30の方法

逃げ癖がある人は、やる気や元気に任せて行動する傾向があります。

「やる気があるときは行動するが、ないときは行動しない」

「元気なときは取りかかるが、元気がないときは取りかからない」

 

たしかにやる気や元気があるときのほうが、仕事がスムーズに進むでしょう。

心身の調子がよければ、普段より大きなパワーを発揮できるでしょう。

仕事に集中しやすくなり、質の高い成果を発揮できるに違いありません。

 

しかし、ここに改善点があります。

やる気や元気に任せた取り組み方はよくありません。

やる気や元気に任せていると、やる気や元気に振り回された仕事の仕方になってしまいます。

仕事の進め方が不安定になり、質は下がってスピードも遅くなります。

「やる気や元気がないときは仕事をしない」ということになり、逃げ癖になってしまうのです。

「やる気がないから」「元気がないから」という言い訳をしている自分に気づいてください。

正当な言い訳に聞こえますが、実は浅はかな言い訳です。

うまい言い訳を並べて、嫌なことから逃げているにすぎないのです。

考え方を変えましょう。

「やる気がないから仕事をしない」ではありません。

 

「やる気がなくても仕事をする」です。

 

「元気がないから仕事をしない」ではありません。

 

「元気がなくても仕事をする」です。

 

やる気や元気がなくても、取りかかる癖をつけましょう。

けがや病気で体が動かないなら別ですが、健康であれば、体は動くはずです。

気分の問題で、必要な仕事から逃げないことです。

やる気や元気がないなら、やる気や元気がなくてもできる仕事をすればいいだけです。

仕事の進み方も遅くなるかもしれませんが、それでもかまいません。

遅くても、取りかかりさえすれば、仕事が進みます。

やる気や元気は、後から出てきます。

最初は消極的な気持ちであっても、後から積極的な気持ちになっていきます。

仕事をしていると刺激や変化に触れることができ、だんだん心が熱くなっていきます。

気づけば、絶好調になっているでしょう。

結局のところ「癖」です。

「やる気や元気がないから行動しない癖」があるなら「やる気や元気がなくても行動する癖」に変えましょう。

癖ですから、最初はぎこちなく感じるかもしれませんが「そういうものだ」と慣れてくれば、当たり前になってきます。

やる気や元気の不足を言い訳にしないことです。

「最初からやる気や元気があればラッキー」と思うくらいでちょうどいい。

気分や調子にかかわらず、とにかく仕事をする癖をつけることです。

淡々と取りかかり、黙々とこなしましょう。

やる気や元気がなくても取りかかる癖をつければ、逃げ癖が直るのは時間の問題です。

逃げ癖を直す方法(14)
  • やる気や元気がなくても、取りかかる癖をつける。
慎重になっても、なりすぎないこと。
逃げ癖があるからこそ、早く取りかかろう。

もくじ
逃げ癖を直す30の方法
やる気や元気がなくても取りかかる癖をつければ、逃げ癖が直るのは時間の問題。 | 逃げ癖を直す30の方法

  1. 逃げ癖がついているなら、逃げない癖をつけることもできるはずだ。
    逃げ癖がついているなら、逃げない癖をつけることもできるはずだ。
  2. なぜ逃げ癖は悪いのか。<br>逃げ癖の悪影響とは何か。
    なぜ逃げ癖は悪いのか。
    逃げ癖の悪影響とは何か。
  3. 逃げ癖が出やすい場面を把握しておこう。
    逃げ癖が出やすい場面を把握しておこう。
  4. 仕事リストを作成するだけで、逃げ癖の改善に一歩近づける。
    仕事リストを作成するだけで、逃げ癖の改善に一歩近づける。
  5. 記録をつける習慣は、逃げ癖の改善につながる。
    記録をつける習慣は、逃げ癖の改善につながる。
  6. 逃げ癖は、すぐ直さなくていい。<br>少しずつ直していけばいい。
    逃げ癖は、すぐ直さなくていい。
    少しずつ直していけばいい。
  7. 目標を作ると、逃げ癖が半減する。
    目標を作ると、逃げ癖が半減する。
  8. 目標に期限を作ると、逃げ癖が直る。
    目標に期限を作ると、逃げ癖が直る。
  9. 高い目標は、低くしよう。<br>大きな課題は、小さく分けよう。
    高い目標は、低くしよう。
    大きな課題は、小さく分けよう。
  10. 悪いほうに考えない。<br>何事も良いほうに考える癖をつけよう。
    悪いほうに考えない。
    何事も良いほうに考える癖をつけよう。
  11. マイナス面を見ているから、逃げたくなる。<br>プラス面を見れば、追いかけたくなる。
    マイナス面を見ているから、逃げたくなる。
    プラス面を見れば、追いかけたくなる。
  12. 自ら逃げ道を断つことで、逃げられなくする。
    自ら逃げ道を断つことで、逃げられなくする。
  13. 逃げたときのリスクやデメリットを考えると、逃げ癖を抑制できる。
    逃げたときのリスクやデメリットを考えると、逃げ癖を抑制できる。
  14. やる気や元気がなくても取りかかる癖をつければ、逃げ癖が直るのは時間の問題。
    やる気や元気がなくても取りかかる癖をつければ、逃げ癖が直るのは時間の問題。
  15. 慎重になっても、なりすぎないこと。<br>逃げ癖があるからこそ、早く取りかかろう。
    慎重になっても、なりすぎないこと。
    逃げ癖があるからこそ、早く取りかかろう。
  16. 決意表明をしておけば、逃げたくても逃げられなくなる。
    決意表明をしておけば、逃げたくても逃げられなくなる。
  17. 逃げ癖と生活習慣には、深いつながりがある。
    逃げ癖と生活習慣には、深いつながりがある。
  18. 逃げたくなるのは、意志やメンタルが弱いせいとは限らない。<br>本当の原因を探ってみる。
    逃げたくなるのは、意志やメンタルが弱いせいとは限らない。
    本当の原因を探ってみる。
  19. 「逃げたら負け」という言葉で、自分を奮い立たせよう。
    「逃げたら負け」という言葉で、自分を奮い立たせよう。
  20. できなかったところをばかり見ていると、逃げたくなる。<br>できたところを見ていると、もっと頑張りたくなる。
    できなかったところをばかり見ていると、逃げたくなる。
    できたところを見ていると、もっと頑張りたくなる。
  21. 嫌いなことは、逃げたくなるのが自然の摂理。<br>好きなことは、追いかけたくなるのが自然の摂理。
    嫌いなことは、逃げたくなるのが自然の摂理。
    好きなことは、追いかけたくなるのが自然の摂理。
  22. 逃げたい気持ちは、ためるものではなく、吐き出すもの。
    逃げたい気持ちは、ためるものではなく、吐き出すもの。
  23. 憧れのキャラクターと自分とを重ね合わせよう。<br>逃げないで立ち向かう力がみなぎってくる。
    憧れのキャラクターと自分とを重ね合わせよう。
    逃げないで立ち向かう力がみなぎってくる。
  24. 「身銭を切った」という経済的な痛みが、逃げ癖の抑止力になる。
    「身銭を切った」という経済的な痛みが、逃げ癖の抑止力になる。
  25. 正当な言い訳はOK。<br>余計な言い訳はNG。
    正当な言い訳はOK。
    余計な言い訳はNG。
  26. 逃げるべき場面では、素直に逃げよう。
    逃げるべき場面では、素直に逃げよう。
  27. 逃げずに頑張り抜くことで、喜ぶ人たちをイメージしよう。
    逃げずに頑張り抜くことで、喜ぶ人たちをイメージしよう。
  28. 逃げるくらいなら、弱音を吐いてでも誰かに手伝ってもらったほうがいい。
    逃げるくらいなら、弱音を吐いてでも誰かに手伝ってもらったほうがいい。
  29. 強い願望こそ、逃げ癖を直す最高のメソッド。
    強い願望こそ、逃げ癖を直す最高のメソッド。
  30. あなたは自分を誤解している。<br>本当は逃げ癖なんてない。
    あなたは自分を誤解している。
    本当は逃げ癖なんてない。

同じカテゴリーの作品