自分磨き

逃げ癖を直す
30の方法

4
20

できなかったところをばかり見ていると、
逃げたくなる。
できたところを見ていると、
もっと頑張りたくなる。

できなかったところをばかり見ていると、逃げたくなる。できたところを見ていると、もっと頑張りたくなる。 | 逃げ癖を直す30の方法

逃げ癖を直す人には、できなかったところを見る癖が見られます。

できなかったところは目立ちます。

できるところはすでにうまくいっているので、できないところに注目するのは自然に思えるでしょう。

もちろんできないことがあるのは、悪いことではありません。

完璧な人間はいません。

人間は不完全な生き物ですから、ミスや失敗をすることもあります。

また、できなかったところに成長のヒントが隠れているもの。

ミスや失敗を反省することで改善につながり、自分の成長につなげたり、仕事の質を高めたりできます。

 

しかし、いくら大切とはいえ、できなかったところばかり見るのはよくありません。

できなかったところばかり見て、自分を責める癖があると、心の健康に悪影響を及ぼします。

「ここでミスした。自分が情けない」

「ここが失敗した。自分が恥ずかしい」

「あの仕事に取りかかれなかった。自分は能力不足だ」

できなかったところを責めれば責めるほど、気持ちが暗くなって落ち込んでいきます。

だんだんテンションが下がり、自信もなくなって、自己否定感が強くなります。

そのうち情けない自分と向き合うのも嫌になってくるでしょう。

できなかったところばかり見ていると、逃げたくなるのです。

 

癖を直しましょう。

できなかったことを見るのは後回しにしましょう。

できなかったことより、まずできたところに注目してください。

できたところが見つかれば、たっぷり褒めましょう。

「仕事が1つ片付いた。次にいこう!」

「この問題が解けた。この調子で頑張ろう!」

「ここまで仕事を進めることができた。勢いに乗ろう!」

小さなことでもきちんと褒めることが大切です。

できたところに注目すれば、褒めることができるところがたくさん見つかるはずです。

自分で自分を励まし、テンションを上げてください。

「できたことはない」と思うかもしれませんが、ゼロではないでしょう。

小さなことでもいいので、できたことがあるはずです。

掃除が終わっただけでもいい。

コピー取りがスムーズにいっただけでもいい。

自分から嫌いな人に挨拶あいさつできただけでもいい。

できたところに注目して自分を褒めると、どんどん嬉しい気持ちになれ、テンションが上がります。

やる気や元気が出てくれば、勢いやスピードも出てくるでしょう。

たくさん自分を褒めることで、少しずつ自信もついて、自己肯定感が上がっていきます。

上手な褒め言葉が思い浮かばないなら、心の中で「よし!」と思うだけでもかまいません。

大切なのは、自分を認めること。

自分を認めることができる言葉なら、何でもかまいません。

自分を認めていくことができれば、つらい現実にも立ち向かえるようになります。

できたところを見ていると、もっと頑張りたくなるのです。

逃げ癖を直す方法(20)
  • できなかったところばかり見ないで、できたところに注目して褒める。
嫌いなことは、逃げたくなるのが自然の摂理。
好きなことは、追いかけたくなるのが自然の摂理。

もくじ
逃げ癖を直す30の方法
できなかったところをばかり見ていると、逃げたくなる。できたところを見ていると、もっと頑張りたくなる。 | 逃げ癖を直す30の方法

  1. 逃げ癖がついているなら、逃げない癖をつけることもできるはずだ。
    逃げ癖がついているなら、逃げない癖をつけることもできるはずだ。
  2. なぜ逃げ癖は悪いのか。<br>逃げ癖の悪影響とは何か。
    なぜ逃げ癖は悪いのか。
    逃げ癖の悪影響とは何か。
  3. 逃げ癖が出やすい場面を把握しておこう。
    逃げ癖が出やすい場面を把握しておこう。
  4. 仕事リストを作成するだけで、逃げ癖の改善に一歩近づける。
    仕事リストを作成するだけで、逃げ癖の改善に一歩近づける。
  5. 記録をつける習慣は、逃げ癖の改善につながる。
    記録をつける習慣は、逃げ癖の改善につながる。
  6. 逃げ癖は、すぐ直さなくていい。<br>少しずつ直していけばいい。
    逃げ癖は、すぐ直さなくていい。
    少しずつ直していけばいい。
  7. 目標を作ると、逃げ癖が半減する。
    目標を作ると、逃げ癖が半減する。
  8. 目標に期限を作ると、逃げ癖が直る。
    目標に期限を作ると、逃げ癖が直る。
  9. 高い目標は、低くしよう。<br>大きな課題は、小さく分けよう。
    高い目標は、低くしよう。
    大きな課題は、小さく分けよう。
  10. 悪いほうに考えない。<br>何事も良いほうに考える癖をつけよう。
    悪いほうに考えない。
    何事も良いほうに考える癖をつけよう。
  11. マイナス面を見ているから、逃げたくなる。<br>プラス面を見れば、追いかけたくなる。
    マイナス面を見ているから、逃げたくなる。
    プラス面を見れば、追いかけたくなる。
  12. 自ら逃げ道を断つことで、逃げられなくする。
    自ら逃げ道を断つことで、逃げられなくする。
  13. 逃げたときのリスクやデメリットを考えると、逃げ癖を抑制できる。
    逃げたときのリスクやデメリットを考えると、逃げ癖を抑制できる。
  14. やる気や元気がなくても取りかかる癖をつければ、逃げ癖が直るのは時間の問題。
    やる気や元気がなくても取りかかる癖をつければ、逃げ癖が直るのは時間の問題。
  15. 慎重になっても、なりすぎないこと。<br>逃げ癖があるからこそ、早く取りかかろう。
    慎重になっても、なりすぎないこと。
    逃げ癖があるからこそ、早く取りかかろう。
  16. 決意表明をしておけば、逃げたくても逃げられなくなる。
    決意表明をしておけば、逃げたくても逃げられなくなる。
  17. 逃げ癖と生活習慣には、深いつながりがある。
    逃げ癖と生活習慣には、深いつながりがある。
  18. 逃げたくなるのは、意志やメンタルが弱いせいとは限らない。<br>本当の原因を探ってみる。
    逃げたくなるのは、意志やメンタルが弱いせいとは限らない。
    本当の原因を探ってみる。
  19. 「逃げたら負け」という言葉で、自分を奮い立たせよう。
    「逃げたら負け」という言葉で、自分を奮い立たせよう。
  20. できなかったところをばかり見ていると、逃げたくなる。<br>できたところを見ていると、もっと頑張りたくなる。
    できなかったところをばかり見ていると、逃げたくなる。
    できたところを見ていると、もっと頑張りたくなる。
  21. 嫌いなことは、逃げたくなるのが自然の摂理。<br>好きなことは、追いかけたくなるのが自然の摂理。
    嫌いなことは、逃げたくなるのが自然の摂理。
    好きなことは、追いかけたくなるのが自然の摂理。
  22. 逃げたい気持ちは、ためるものではなく、吐き出すもの。
    逃げたい気持ちは、ためるものではなく、吐き出すもの。
  23. 憧れのキャラクターと自分とを重ね合わせよう。<br>逃げないで立ち向かう力がみなぎってくる。
    憧れのキャラクターと自分とを重ね合わせよう。
    逃げないで立ち向かう力がみなぎってくる。
  24. 「身銭を切った」という経済的な痛みが、逃げ癖の抑止力になる。
    「身銭を切った」という経済的な痛みが、逃げ癖の抑止力になる。
  25. 正当な言い訳はOK。<br>余計な言い訳はNG。
    正当な言い訳はOK。
    余計な言い訳はNG。
  26. 逃げるべき場面では、素直に逃げよう。
    逃げるべき場面では、素直に逃げよう。
  27. 逃げずに頑張り抜くことで、喜ぶ人たちをイメージしよう。
    逃げずに頑張り抜くことで、喜ぶ人たちをイメージしよう。
  28. 逃げるくらいなら、弱音を吐いてでも誰かに手伝ってもらったほうがいい。
    逃げるくらいなら、弱音を吐いてでも誰かに手伝ってもらったほうがいい。
  29. 強い願望こそ、逃げ癖を直す最高のメソッド。
    強い願望こそ、逃げ癖を直す最高のメソッド。
  30. あなたは自分を誤解している。<br>本当は逃げ癖なんてない。
    あなたは自分を誤解している。
    本当は逃げ癖なんてない。

同じカテゴリーの作品