執筆者:水口貴博

逃げ癖を直す30の方法

16

決意表明をしておけば、逃げたくても逃げられなくなる。

決意表明をしておけば、逃げたくても逃げられなくなる。 | 逃げ癖を直す30の方法

逃げ癖を直すなら、あらかじめ宣言をしておきましょう。

それは、決意表明です。

決意表明とは、自分の信念や方針をはっきり表して示すことをいいます。

もちろんわざわざ決意表明をしなくても、仕事を始めることができます。

物事の展開は、実際に始めてみないとわからないところがあります。

普通に始めて、様子を見ながら臨機応変に進めていく方法も悪くありません。

しかし逃げ癖を直したいなら、決意表明は大きな効果をもたらすでしょう。

決意表明をすることで、逃げ癖を絶つことができるからです。

「○○を達成します!」

「今回は○○を目指します!」

「最後までやり遂げます!」

あらかじめ決意表明をしておけば、途中で逃げたくても逃げにくくなります。

「人前で決意表明をしたからには途中で逃げられない。もうやるしかない。最後までしっかり頑張ろう!」

決意表明をしたことで逃げにくい心理が働き、逃げ癖の抑止につながります。

また、決意表明は、自分を奮い立たせることになるため、パフォーマンスを高める効果もあります。

心に火がつくことで、潜在的な力を発揮しやすくなるでしょう。

このテクニックは、自ら逃げ道を断つ方法の1つになります。

あらかじめ目標や行動といった決意を表明しておくことで逃げ道をなくし、やらざるを得ない状況にします。

逃げ道をなくすことで自分を追い込むことになりますが、逃げ癖を抑える効果として有効です。

プロスポーツ選手が、開幕前に抱負を述べることがあります。

「今シーズンは○○を目指します! ○○を達成します! みなさん、応援をよろしくお願いします!」

テレビで一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

あの抱負には、目標を明確にする意味もありますが、決意表明によって逃げ道をなくす意味もあります。

公の場で抱負を述べると「言ったからにはやるしかない」という気持ちになります。

わざと逃げ道をなくすことで、潜在的なパフォーマンスを引き出しやすくなります。

決意表明をするのに、特別な準備はできません。

強い決意さえあれば、今すぐにでもできます。

決意表明のデメリット

決意表明には、メリットだけでなく、デメリットもあります。

決意表明をして達成できなかった場合、恥ずかしい思いをすることになるでしょう。

偉そうに言っただけに、その責任が自分に跳ね返ってくることになります。

周りから笑われたり失望させたりすることがあります。

精神的な苦痛なら我慢すればいいだけですが、場合によっては信用に影響することがあります。

どんな場面でも有効というわけではありませんが、時と場合に応じて、試してみる価値があるでしょう。

逃げ癖を直す方法(16)
  • 決意表明をして、逃げ道をなくしておく。
逃げ癖と生活習慣には、深いつながりがある。

逃げ癖を直す30の方法

  1. 逃げ癖がついているなら、逃げない癖をつけることもできるはずだ。
  2. なぜ逃げ癖は悪いのか。
    逃げ癖の悪影響とは何か。
  3. 逃げ癖が出やすい場面を把握しておこう。
  4. 仕事リストを作成するだけで、逃げ癖の改善に一歩近づける。
  5. 記録をつける習慣は、逃げ癖の改善につながる。
  6. 逃げ癖は、すぐ直さなくていい。
    少しずつ直していけばいい。
  7. 目標を作ると、逃げ癖が半減する。
  8. 目標に期限を作ると、逃げ癖が直る。
  9. 高い目標は、低くしよう。
    大きな課題は、小さく分けよう。
  10. 悪いほうに考えない。
    何事も良いほうに考える癖をつけよう。
  11. マイナス面を見ているから、逃げたくなる。
    プラス面を見れば、追いかけたくなる。
  12. 自ら逃げ道を断つことで、逃げられなくする。
  13. 逃げたときのリスクやデメリットを考えると、逃げ癖を抑制できる。
  14. やる気や元気がなくても取りかかる癖をつければ、逃げ癖が直るのは時間の問題。
  15. 慎重になっても、なりすぎないこと。
    逃げ癖があるからこそ、早く取りかかろう。
  16. 決意表明をしておけば、逃げたくても逃げられなくなる。
  17. 逃げ癖と生活習慣には、深いつながりがある。
  18. 逃げたくなるのは、意志やメンタルが弱いせいとは限らない。
    本当の原因を探ってみる。
  19. 「逃げたら負け」という言葉で、自分を奮い立たせよう。
  20. できなかったところをばかり見ていると、逃げたくなる。
    できたところを見ていると、もっと頑張りたくなる。
  21. 嫌いなことは、逃げたくなるのが自然の摂理。
    好きなことは、追いかけたくなるのが自然の摂理。
  22. 逃げたい気持ちは、ためるものではなく、吐き出すもの。
  23. 憧れのキャラクターと自分とを重ね合わせよう。
    逃げないで立ち向かう力がみなぎってくる。
  24. 「身銭を切った」という経済的な痛みが、逃げ癖の抑止力になる。
  25. 正当な言い訳はOK。
    余計な言い訳はNG。
  26. 逃げるべき場面では、素直に逃げよう。
  27. 逃げずに頑張り抜くことで、喜ぶ人たちをイメージしよう。
  28. 逃げるくらいなら、弱音を吐いてでも誰かに手伝ってもらったほうがいい。
  29. 強い願望こそ、逃げ癖を直す最高のメソッド。
  30. あなたは自分を誤解している。
    本当は逃げ癖なんてない。

同じカテゴリーの作品

3:48

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION