逃げ癖を直す
30の方法

6
4

逃げ癖は、
すぐ直さなくていい。
少しずつ直していけばいい。

逃げ癖は、すぐ直さなくていい。少しずつ直していけばいい。 | 逃げ癖を直す30の方法

「逃げ癖を直す」

そう聞くと「すぐ直さなければいけない」と思う人もいるかもしれません。

もちろんすぐ直すことができるならベストですが、なかなか難しいこともあるでしょう。

逃げ癖は「癖」の一種です。

急に癖を直すのが難しいように、急に逃げ癖を直すのも難しい。

油断すると、無意識のうちに古い癖が出てしまいます。

体に染みついた癖は、もはや価値観の一部のようなもの。

価値観を変えるのが難しいように、体に染みついた癖を直すのは、一筋縄ではいかないことがあります。

無理に頑張ると、ストレスもプレッシャーに耐えられず、逃げ癖の改善に挫折することもあります。

挫折から立ち直れず「自分にはできない」と諦めてしまえば、逃げ癖を直す希望も失われます。

すぐ逃げ癖を直せないときは、考え方を変えましょう。

逃げ癖は、少しずつ直していけばいいのです。

すぐ直す必要はなく、少しずつ直していければ十分。

少しずつ逃げない癖をつけていくことで、心身を慣らしていきましょう。

たとえば、常に挨拶から逃げていたなら、3回に1回は挨拶するようにします。

慣れてくれば、2回に1回挨拶するようにします。

さらに慣れたら、毎回挨拶するようにステップアップしていきましょう。

難しい仕事から常に逃げていたなら、3回に1回は引き受けるようにします。

慣れてくれば、2回に1回は引き受けるようにします。

さらに慣れたら、毎回引き受けるようにします。

常にポジティブ思考になるのは難しいこともあるでしょう。

急に思考パターンを変えるのに違和感や抵抗感があって時間がかかる人もいるはずです。

そんなときは、少しずつポジティブ思考になっていけばいいのです。

常にポジティブでいられないなら、ときどきポジティブになればいい。

慣れてくるにつれて、ポジティブ思考の頻度や回数を増やしていきましょう。

「すぐ直さなければいけない」と思うと大変ですが「少しずつ直していけばいい」と思えば、取り組みやすくなります。

いきなり10割の達成を目指すのではなく、3割・5割・7割といった段階的にレベルを上げていけばいいだけです。

「たまには逃げてしまうこともあるが、以前に比べれば、だいぶよくなっている」と思えばいい。

許容範囲を設けたほうが、うまくいかなかったときの罪悪感もありません。

少しずつ逃げ癖を直していくことも、立派な成功です。

逃げ癖を直すのに、タイムリミットがあるわけではありません。

少しずつ改善していくのも悪くありません。

大切なのは、改善に向かっていることです。

少なかれ改善に向かっているなら、その事実を喜びましょう。

「少しずつよい方向に向かっているね」

そう思えば、達成感が得られ、モチベーションを維持しやすくなります。

逃げ癖を直す方法(6)
  • 逃げ癖は、少しずつ直していく。
目標を作ると、逃げ癖が半減する。

逃げ癖を直す30の方法
逃げ癖を直す30の方法

  1. 逃げ癖がついているなら、逃げない癖をつけることもできるはずだ。
    逃げ癖がついているなら、逃げない癖をつけることもできるはずだ。
  2. なぜ逃げ癖は悪いのか。<br>逃げ癖の悪影響とは何か。
    なぜ逃げ癖は悪いのか。
    逃げ癖の悪影響とは何か。
  3. 逃げ癖が出やすい場面を把握しておこう。
    逃げ癖が出やすい場面を把握しておこう。
  4. 仕事リストを作成するだけで、逃げ癖の改善に一歩近づける。
    仕事リストを作成するだけで、逃げ癖の改善に一歩近づける。
  5. 記録をつける習慣は、逃げ癖の改善につながる。
    記録をつける習慣は、逃げ癖の改善につながる。
  6. 逃げ癖は、すぐ直さなくていい。<br>少しずつ直していけばいい。
    逃げ癖は、すぐ直さなくていい。
    少しずつ直していけばいい。
  7. 目標を作ると、逃げ癖が半減する。
    目標を作ると、逃げ癖が半減する。
  8. 目標に期限を作ると、逃げ癖が直る。
    目標に期限を作ると、逃げ癖が直る。
  9. 高い目標は、低くしよう。<br>大きな課題は、小さく分けよう。
    高い目標は、低くしよう。
    大きな課題は、小さく分けよう。
  10. 悪いほうに考えない。<br>何事も良いほうに考える癖をつけよう。
    悪いほうに考えない。
    何事も良いほうに考える癖をつけよう。
  11. マイナス面を見ているから、逃げたくなる。<br>プラス面を見れば、追いかけたくなる。
    マイナス面を見ているから、逃げたくなる。
    プラス面を見れば、追いかけたくなる。
  12. 自ら逃げ道を断つことで、逃げられなくする。
    自ら逃げ道を断つことで、逃げられなくする。
  13. 逃げたときのリスクやデメリットを考えると、逃げ癖を抑制できる。
    逃げたときのリスクやデメリットを考えると、逃げ癖を抑制できる。
  14. やる気や元気がなくても取りかかる癖をつければ、逃げ癖が直るのは時間の問題。
    やる気や元気がなくても取りかかる癖をつければ、逃げ癖が直るのは時間の問題。
  15. 慎重になっても、なりすぎないこと。<br>逃げ癖があるからこそ、早く取りかかろう。
    慎重になっても、なりすぎないこと。
    逃げ癖があるからこそ、早く取りかかろう。
  16. 決意表明をしておけば、逃げたくても逃げられなくなる。
    決意表明をしておけば、逃げたくても逃げられなくなる。
  17. 逃げ癖と生活習慣には、深いつながりがある。
    逃げ癖と生活習慣には、深いつながりがある。
  18. 逃げたくなるのは、意志やメンタルが弱いせいとは限らない。<br>本当の原因を探ってみる。
    逃げたくなるのは、意志やメンタルが弱いせいとは限らない。
    本当の原因を探ってみる。
  19. 「逃げたら負け」という言葉で、自分を奮い立たせよう。
    「逃げたら負け」という言葉で、自分を奮い立たせよう。
  20. できなかったところをばかり見ていると、逃げたくなる。<br>できたところを見ていると、もっと頑張りたくなる。
    できなかったところをばかり見ていると、逃げたくなる。
    できたところを見ていると、もっと頑張りたくなる。
  21. 嫌いなことは、逃げたくなるのが自然の摂理。<br>好きなことは、追いかけたくなるのが自然の摂理。
    嫌いなことは、逃げたくなるのが自然の摂理。
    好きなことは、追いかけたくなるのが自然の摂理。
  22. 逃げたい気持ちは、ためるものではなく、吐き出すもの。
    逃げたい気持ちは、ためるものではなく、吐き出すもの。
  23. 憧れのキャラクターと自分とを重ね合わせよう。<br>逃げないで立ち向かう力がみなぎってくる。
    憧れのキャラクターと自分とを重ね合わせよう。
    逃げないで立ち向かう力がみなぎってくる。
  24. 「身銭を切った」という経済的な痛みが、逃げ癖の抑止力になる。
    「身銭を切った」という経済的な痛みが、逃げ癖の抑止力になる。
  25. 正当な言い訳はOK。<br>余計な言い訳はNG。
    正当な言い訳はOK。
    余計な言い訳はNG。
  26. 逃げるべき場面では、素直に逃げよう。
    逃げるべき場面では、素直に逃げよう。
  27. 逃げずに頑張り抜くことで、喜ぶ人たちをイメージしよう。
    逃げずに頑張り抜くことで、喜ぶ人たちをイメージしよう。
  28. 逃げるくらいなら、弱音を吐いてでも誰かに手伝ってもらったほうがいい。
    逃げるくらいなら、弱音を吐いてでも誰かに手伝ってもらったほうがいい。
  29. 強い願望こそ、逃げ癖を直す最高のメソッド。
    強い願望こそ、逃げ癖を直す最高のメソッド。
  30. あなたは自分を誤解している。<br>本当は逃げ癖なんてない。
    あなたは自分を誤解している。
    本当は逃げ癖なんてない。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION