アイデア発想

クリエイティブな人になる
30の方法

1
30

現状に満足しない。
向上意識を持って、
さらなる高みを目指していく。

現状に満足しない。向上意識を持って、さらなる高みを目指していく。 | クリエイティブな人になる30の方法

現状に満足していませんか。

1つの表現方法にこだわっていませんか。

 

たしかに慣れた表現方法には、実績と安定感があるでしょう。

  • いつもの手法、手順
  • いつもの効果、装飾、演出
  • いつもの構図、構成、仕組み
  • いつもの書き方、描き方、作り方

すでに安定したパターンが確立されているなら、それで十分であるように思えます。

コツもノウハウもつかめているため、質の高さを発揮できるでしょう。

 

しかし、ここが重要なポイントです。

現状に満足していては、それ以上の向上は見込めません。

手法や手順が同じままでは、自分の成長も作品の質も同じまま。

今の表現方法で満足して、現状維持を選択してしまうと、クリエイティブな発想も制限することになります。

そこで大切なのが「向上意識」です。

クリエイティブには無限の可能性があります。

人の思考力・想像力・発想力には限界がなく、無限に広げていくことが可能です。

現状で満足したら、それ以上の向上は見込めません。

むしろ油断や惰性を招き、作品の質の低下につながるでしょう。

作品の質を高めたいなら、向上意識を持つことが大切です。

「すでに完成されている」「すでに出来上がっている」と思っていても、100パーセント完璧ではないはずです。

現状に満足するのではありません。

向上意識を持って、さらなる高みを目指してください。

「もっとスマートな方法はないだろうか」

「もっと効果的な演出はないだろうか」

「どこかに問題点はないだろうか」

「何か改善できるところはないだろうか」

「やるべきことが、きっとどこかにまだ残っているはずだ」

こうした考えを張り巡らしていると、何か1つはできることが見えてくるはずです。

完全完璧と思えても、時間をかけてじっくり見つめると、何か課題点が見つかるはずです。

すでに100点なら、101点を目指します。

100パーセントなら101パーセントを目指します。

すぐ改善を見つけられるとは限りませんが、少なくとも向上意識を持ち続けることは大切です。

新しい改善を見つけたら、勇気を出して取り入れてみてください。

いきなり本採用が難しいなら、まず試験や仮採用から始めるといいでしょう。

一気に変える必要はなく、少しずつ変えるだけで十分です。

全部を入れ替えるのが怖ければ、一部を入れ替えるだけでもかまいません。

もし改悪や逆効果になれば、元に戻せばいいだけです。

改善がうまくいかないこともありますが、失敗も貴重な経験です。

改善に失敗しても落ち込まず、続けていきましょう。

向上意識は、どんな仕事でも必要です。

向上意識を通して変化を受け入れる姿勢があってこそ、クリエイティブなセンスを磨いていけます。

クリエイティブな人になる方法(30)
  • 現状に満足しない。
  • 向上意識を持って、さらなる高みを目指していく。
まとめ

もくじ
クリエイティブな人になる30の方法
現状に満足しない。向上意識を持って、さらなる高みを目指していく。 | クリエイティブな人になる30の方法

  1. 芸術とは、自己表現の手段。<br>作品とは、もう1人の自分。
    芸術とは、自己表現の手段。
    作品とは、もう1人の自分。
  2. クリエイティブな力は、身につけるものではなく、引き出すもの。
    クリエイティブな力は、身につけるものではなく、引き出すもの。
  3. 自然体を意識すると、クリエイティブな力が引き出される。
    自然体を意識すると、クリエイティブな力が引き出される。
  4. 「クリエイティブな人になる」と決意をしよう。
    「クリエイティブな人になる」と決意をしよう。
  5. 同じパターンの繰り返しばかりでは、クリエイティブな人になれない。
    同じパターンの繰り返しばかりでは、クリエイティブな人になれない。
  6. 批判の声に強くなることで、クリエイティブな力を高めていける。
    批判の声に強くなることで、クリエイティブな力を高めていける。
  7. 量は質に転化する。
    量は質に転化する。
  8. 質を高めるには、量が必要。<br>量をこなすには、スピードが必要。
    質を高めるには、量が必要。
    量をこなすには、スピードが必要。
  9. 1つの価値観にこだわらない。<br>さまざまな価値観を受け入れる。
    1つの価値観にこだわらない。
    さまざまな価値観を受け入れる。
  10. 理屈より感性を大切にすることで、クリエイティブな力が高まる。
    理屈より感性を大切にすることで、クリエイティブな力が高まる。
  11. クリエイティブで大切なのは、観察力より洞察力。
    クリエイティブで大切なのは、観察力より洞察力。
  12. 観察力と洞察力の違いとは。
    観察力と洞察力の違いとは。
  13. 集中力なくして、クリエイティブな仕事はできない。
    集中力なくして、クリエイティブな仕事はできない。
  14. 一流作品に触れることで、創作意欲が刺激される。
    一流作品に触れることで、創作意欲が刺激される。
  15. 失敗を避ける姿勢があると、クリエイティブな力を鍛えられない。
    失敗を避ける姿勢があると、クリエイティブな力を鍛えられない。
  16. 意見は変えていい。<br>クリエイティブは、意見を変えながら高めていくもの。
    意見は変えていい。
    クリエイティブは、意見を変えながら高めていくもの。
  17. クリエイティブな人は、子供っぽいところがある。
    クリエイティブな人は、子供っぽいところがある。
  18. 個性は、殺すものではなく、生かすもの。<br>個性を生かせば、クリエイティブな才能が開花する。
    個性は、殺すものではなく、生かすもの。
    個性を生かせば、クリエイティブな才能が開花する。
  19. みんなと同じことをしていては、クリエイティブになれない。
    みんなと同じことをしていては、クリエイティブになれない。
  20. 批判や悪口は、クリエイティブな力を低下させる。
    批判や悪口は、クリエイティブな力を低下させる。
  21. 褒める習慣を持つと、クリエイティブなセンスが研ぎ澄まされる。
    褒める習慣を持つと、クリエイティブなセンスが研ぎ澄まされる。
  22. 100の知識より、1の経験。
    100の知識より、1の経験。
  23. クリエイティブは、フットワークが命。<br>ぱっとひらめいたら、さっと試そう。
    クリエイティブは、フットワークが命。
    ぱっとひらめいたら、さっと試そう。
  24. 問題を芸術に生かす発想も、クリエイティブの1つ。
    問題を芸術に生かす発想も、クリエイティブの1つ。
  25. インスピレーションは、いつ浮かぶかわからない。<br>あらゆる場所を仕事場にしよう。
    インスピレーションは、いつ浮かぶかわからない。
    あらゆる場所を仕事場にしよう。
  26. 数字に強くなくても、クリエイティブな人になれる。
    数字に強くなくても、クリエイティブな人になれる。
  27. 問題を解く側ではなく、作る側になる。
    問題を解く側ではなく、作る側になる。
  28. クリエイティブだから、夢を持つのではない。<br>夢を持つから、クリエイティブになれる。
    クリエイティブだから、夢を持つのではない。
    夢を持つから、クリエイティブになれる。
  29. 駄作でも凡作でもいいから、恥をさらす覚悟で発表する。
    駄作でも凡作でもいいから、恥をさらす覚悟で発表する。
  30. 現状に満足しない。<br>向上意識を持って、さらなる高みを目指していく。
    現状に満足しない。
    向上意識を持って、さらなる高みを目指していく。

同じカテゴリーの作品