人生の教科書



アイデア発想
アイデア発想は、苦しむものではなく、楽しむもの。
アイデア発想
アイデアとは何か。
アイデア発想
アイデアとは、既存要素の新しい組み合わせにすぎない。
アイデア発想
アイデアを出すなら「質」より「量」を意識しよう。
アイデア発想
アイデアを考え出すことは、大いなる投資。
アイデア発想
秀逸なアイデアは、平凡なアイデアの集合体。
アイデア発想

アイデアを出す
30の方法

  • 「何となく」でアイデアは出ない。
    アイデアを出すには、
    方法論がある。
アイデアを出す30の方法

もくじ

1
★0

「何となく」でアイデアは出ない。
アイデアを出すには、方法論がある。

アイデアを出すとき、ありがちな姿勢は「何となく」です。 ・何となく考えて、いいアイデアを出そうとする ・何となく上を見つめながら、自然とアイデアが出るのを待つ ・何となく机に座って腕を組みながら、アイデアが出るまでひたすら待つ アイデアという存在が抽象的であるためでしょうか。 アイデアを考えるとき「何となく」という姿勢で行う人が少なくありません。 もちろん運や偶然でアイデアが出ることもあります。 たまたま読んだ本からヒントを得ることがあるでしょう。 偶然聞いた話からインスピレーションを得ることもあるでしょう。 無計画であっても、運と偶然が重なって、素晴らしいアイデアが出ることもあります。 しかし、計画的にアイデアを出したいなら「何となく」という姿勢はよくありません。 アイデアの出し方が不安定です。 運任せ・成り行き任せになっているため、具体性や実現性が乏しい。 やみくもな探し方では、なかなかアイデアが見つからなくて苦労するでしょう。 たまたまアイデアが出たとしても、再現性がありません。 計画的にアイデアを量産するのも難しい。 「何となく」という姿勢になっていると、無駄な行動が多くなり、余計なストレスも増えるばかりになります。 ここで、知っておきたい事実があります。 アイデアを出すには「方法論」があります。 アイデアには、出すためのプロセスがあり、コツがあり、方法があります。 資格も学歴も不要です。 センスも才能も不要です。 正しいプロセスで、コツを意識しながら、効果的な方法に頼っていけば、誰でもアイデアを出すことが可能です。 たとえば「別の視点から考える」という思考法です。 単純に視点を変えることで、見え方・感じ方が変わり、新しい発想につながります。 視点の数だけ視野が広がるため、アイデアが見つかりやすくなります。 また、既存の要素に別の要素を加える方法も有効です。 愚直に新しい組み合わせを試していけば、いつか調和した組み合わせに出会えます。 少し時間はかかるものの、確実にアイデアが出ます。 アイデアを出したいなら、まず方法論を身につけてください。 アイデアの出し方は、すでに確立されています。 古典的な方法にのっとっていけば、手間暇はかかったとしても、誰でも確実にアイデアを出せます。 ばかでも凡人でも、アイデアを量産することも可能です。 計画的にアイデアを出すなら「何となく」ではなく「方法論」で取り組む

2
★0

アイデアに、センスや才能は必要ない。
必要なのは、方法と努力。

「アイデアを出すにはセンスが必要」 「才能がないと、素晴らしいアイデアも出ない」 アイデアにセンスや才能は必要と考えている人も多いのではないでしょうか。 もちろんセンスや才能が発想や着想に役立つのは間違いありません。 世の中には、センスや才能に恵まれている人がいるのも事実です。 独特のセンスがあれば、独特のアイデアを出しやすくなるでしょう。 特別な才能があれば、普通の人が思いつかないようなアイデアも出やすくなるでしょう。 センスや才能があれば、ひらめきやすくなって、アイデアも出しやすくなるでしょう。 では、アイデアにセンスや才能が必要かというと、それは違うのです。 あってもいいですが、なくても大丈夫です。 アイデアにセンスや才能は必要ないからです。 アイデアを出すために必要は、方法と努力です。 たとえば、アイデアを出すとき「逆に考える」という方法があります。 逆に考えることに、センスも才能も必要ありません。 単なる方法論であり、誰でもできます。 知識や経験すら不要です。 難しく考えず逆に考えるだけで、新しい視点が生まれ、アイデアを出しやすくなります。 アイデアを出すためには「資料集め」も大切なポイントです。 書籍・雑誌・新聞といった資料を集めるのに、センスも才能もいりません。 資料集めに必要なのは、努力です。 お金や手間暇はかかるかもしれませんが、きちんと努力すれば、資料を集めることができます。 資料が豊富にあれば、ネタの材料も増えるため、アイデアを出しやすい状況になります。 アイデアの正体は何か。 アイデアの正体は「既存の要素の新しい組み合わせ」です。 既存の要素の新しい組み合わせにすぎないのですから、いろいろな組み合わせを、1つずつ愚直に試していけばいいだけです。 時間や努力は必要ですが、センスや才能は不要です。 もしあなたが「アイデアにはセンスや才能が必要」と思っているなら、誤解なので、今すぐ改めたほうがいいでしょう。 正しい方法で、きちんと努力すれば、誰でもアイデアを出せます。 センスや才能がなくても、アイデアは出せます。 資格も免許も不要です。 学歴がなくても、貧乏であっても、アイデアは出せます。 もちろん天才である必要もありません。 発想を特別なことだと考えないでください。 アイデアに、センスや才能は必要ありません。 必要なのは、方法と努力なのです。 アイデアに、センスや才能は必要なく、方法と努力であることを理解する。

3
★1

アイデアとは何か。

私たちは日常で「アイデア」という言葉を使うことがあります。 「仕事でアイデアが必要になった」 「アイデアを出したい」 「素晴らしいアイデアがひらめいた」 多くの人が「素晴らしい考え」という、ぼんやりした意味で使っていることが多いのではないでしょうか。 もちろん日常生活に支障ありませんが、アイデアを出したいなら、まずアイデアの意味を理解しておくことが大切です。 アイデアの意味を理解することは、アイデアの出し方にもつながるからです。 では、アイデアとは何か。 一言で言うと「実現につながる思いつきのこと」をいいます。 アイデアと呼ぶには、前提として「実現させたいこと」が必要です。 たとえば、ぼんやり頭で思い浮かべたイメージは、アイデアとは言いません。 それは、単なる想像です。 いくら美しく素晴らしいイメージであっても、普通の想像は実現させたいことが伴っていないため、アイデアとは呼びません。 暇つぶしにはなるかもしれませんが、目的がなければ、何の価値もありません。 また、単なる知識もアイデアとは言いません。 知識は知識です。 教養や博識にはつながりますが、知識だけでは実現させたいことが伴っていないため、やはりアイデアとは呼びません。 実現させたいことがあって、それにつながる工夫や方法といった思いつきを、アイデアと呼ぶのです。 アイデアを出したいなら、まず実現させたいことを明確にしてください。 節約をしたいのか、仕事の効率を上げたいのか、ストレスを解消したいのか。 友達を作りたいのか、仲直りがしたいのか、恋愛を成就させたいのか。 成績を上げたいのか、試合で勝ちたいのか、夢を叶えたいのか。 実現させたいことを明確にできれば、必要なネタが明確になり、資料集めもスムーズになります。 目的に思考を集中させることでき、ますます発想が膨らみます。 結果として、アイデアが生まれやすくなるのです。 あなたが今、出したいアイデアは、何を実現させたいことでしょうか。 まず実現させたいことを整理から始めてください。 実現させたいことが曖昧なら、できるだけ明確にさせましょう。 実現させたいことがあってのアイデアです。 アイデアの意味を確認する。

4
★1

アイデアとは、既存要素の新しい組み合わせにすぎない。

アイデアはどこから生まれるのでしょうか。 アイデアを出す上で、まず知っておきたい基本があります。 「アイデアとは、既存要素の新しい組み合わせにすぎない」という事実です。 アイデアを「無から有を生み出すもの」「ゼロから創造するもの」と思っているなら誤解です。 「突然ひらめくもの」「天から降ってくるもの」といった表現もときどき聞きますが、厳密には違います。 目をつぶって、じっとしているだけで、アイデアは出てきません。 完全にゼロからアイデアを発想するのは不可能です。 知識も資料も何もない状態でアイデアを出せるなら、誰も苦労しません。 アイデアに知識が不要なら、赤ちゃんはアイデアの天才ということになります。 アイデアを出そうと思うなら「既存要素をうまく組み合わせよう」と考えてください。 ゼロからアイデアを発想するのではありません。 どこかにアイデアのもとがあって、それを別の要素と組み合わせることで、新しいアイデアが出ます。 知識や教養があるとアイデアを出しやすくなるのは、既存要素をたくさん知っているからです。 既存要素が多いと、組み合わせのバリエーションも増えるため、アイデアが出やすくなります。 既存要素を利用するのは、盗用に感じるかもしれませんが誤解です。 もちろん何も加工せず、そのまま単体で利用すれば、盗用になります。 著作権に触れるため、絶対避けなければいけません。 しかし、ほかの要素と組み合わせ、新たに生み出すなら、アイデアになります。 ぱっとアイデアが浮かぶことはありません。 もし急にアイデアが浮かんだなら、頭の中で無意識のうちに「既存要素の新しい組み合わせ」が起こったと考えていいでしょう。 アイデアを出すなら、何かネタを探すために、さまざまな刺激を受けに行くことが効果的です。 本を読んで知識を得る。 美術館に出かけて、刺激を受ける。 街に出かけて、ショッピングウインドーをする。 辞書をぺらぺらめくるだけでもいい。 さまざまな要素に触れていると、たまたま調和する組み合わせが見つかります。 それがアイデアになります。 アイデアを出したいなら、まず既存要素を組み合わせることから始めましょう。 感覚としては「パズルゲーム」です。 いろいろな組み合わせを1つずつ試していき、しっくりくるパターンを見つけるだけです。 その小さなアイデアを大きく発展させていけば、素晴らしい価値に変わります。 アイデアとは、既存要素の組み合わせにすぎないのです。 アイデアとは、既存要素の新しい組み合わせにすぎないことを理解する。

5
★0

アイデアを出す第1段階は、資料集め。

アイデアを出したいとき、まず何から始めますか。 目をつぶり「アイデアが出ろ!」と祈る人もいるかもしれません。 上を向きながら、適当に考え、アイデアを出そうとする人もいるでしょう。 しかし、行き当たりばったりの方法では、思うようにアイデアは出てこないでしょう。 手ぶらのまま、うんうんうなっているだけで、アイデアは出てきません。 念じても祈っても、不毛な時間が過ぎるだけで終わるでしょう。 実際のところ、手元に何もない状態でアイデアを出すのは、不可能ではありませんが、難しいのが現実です。 私たちはすでにたくさんの知識を身につけていますが、普段は忘れているような状態になっていて、すぐ思い出すのは難しい。 天に向かって「早くアイデアが出ろ!」と祈ったところで、不毛な時間になるでしょう。 ネタも何もないまま、アイデアを出そうとするのは、もはや運任せ。 いきなり発想力を働かせて、ぱっとアイデアが浮かぶなら、どれだけ楽でしょうか。 手ぶらでアイデアを出すのは、現実的ではないのです。 思い出してください。 アイデアとは「既存要素の新しい組み合わせ」です。 既存要素があるからこそアイデアが出るのであって、既存要素がなければ、アイデアも出しようがありません。 そこで必要なのが「資料集め」です。 資料を集めることで既存要素が集まり、アイデアが出やすい状態を作り出せます。 アイデアは、資料集めから始めるのが得策です。 たとえば、節約のアイデアを出したいなら、節約に関する資料を集めます。 起業のアイデアを出したいなら、起業に関する資料を集めます。 製品のアイデアを出したいなら、製品に関する資料集めから始めます。 資料になるものなら何でもかまいません。 書籍、雑誌、新聞。 ポスター、カタログ、フライヤー、パンフレット。 図書館を利用すれば、費用を抑えながら資料を集めることできるでしょう。 簡単な情報なら、インターネットが役立ちます。 さまざまな手段を使って、徹底的に資料を集めましょう。 すでに知っていることであっても、資料があれば、思い出す手がかりになります。 関連資料が集まれば、脳内で「発想の化学反応」が起こりやすくなり、アイデアを出しやすくなるのです。 関係資料を集めたら必ずアイデアが出るとは限りませんが、少なくともアイデアが出やすい状態になるのは確実です。 アイデアを出したいなら、まず資料集めに励みましょう。 素晴らしいアイデアを出したいなら、資料集めは必須です。 資料を集めている最中に、アイデアがひらめくことも少なくありません。 立て続けに資料を眺めると、無意識のうちに「既存要素の新しい組み合わせ」が起こるからです。 アイデアを出す第1段階は、資料集めなのです。 アイデアに必要な資料を集める。

6
★0

アイデア発想には、基本の5段階がある。

「何から取り組んでいけばいいか分からない」 アイデアを出そうとするとき、どう取り組めばいいか分からない人も多いのではないでしょうか。 アイデアを出すのは、運任せでもなければ、精神論でもありません。 「アイデアを出す」と一言で言っても、きちんとした方法論があります。 次の5つの段階は、アイデアを出すときの基本です。 アイデアの出し方にルールはありませんが、次の5段階に従えば、誰でも簡単にアイデアを出すことが可能です。 (第1段階)資料を集める 最初に取り組むことは、資料集めです。 資料がなくして、アイデアを出すのは難しい。 関連資料を集められるだけ集めましょう。 書籍・新聞・雑誌など、アイデアのヒントになりそうな資料を集められるだけ集めましょう。 ポスター・カタログ・フライヤー・パンフレット、ささいな資料も対象です。 絶版になった資料でも、古本屋やインターネットを駆使すれば、何とか入手できることがあります。 資料は、アイデアのネタやヒントになります。 多ければ多いほどアイデアを出しやすくなるので、できるだけたくさん集めておくことが大切です。 費用がかかることもありますが、資料集めは、今後のアイデア発想に大きく影響するポイントです。 重要な資料であれば、お金に余裕があるかぎり、できるだけ入手しておくといいでしょう。 (第2段階)資料を整理する 資料を集めた結果、数が膨大になることが少なくありません。 せっかく資料を集めても、資料が多すぎると、使いにくくなることがあります。 そこで必要なのが、資料の整理です。 資料を集めたら、使いやすいように資料を分類しましょう。 自分が使いやすくなるなら、整理の仕方は自由です。 たとえば「時系列で分ける」「種類別で分ける」など、うまく整理していきましょう。 雑誌や新聞であれば、メモや付箋を貼ったり、切り抜いたりします。 マーカーで線を引いたところをノートに書き写したりします。 デジタルデータなら、フォルダに分けたり、重要部分を編集したりします。 利便性を高めるため、アナログの資料を、スキャナーなどでデジタルデータに変換するのもいいでしょう。 資料が多くなればなるほど、資料の整理は重要です。 自分が使いやすくなるよう、上手に整理していきましょう。 第1段階と第2段階は、アイデア発想の準備段階に当たります。 次の第3段階から、アイデア発想の本番です。 (第3段階)既存要素を組み合わせ、新しいアイデアを出す 整理された資料を確認しながら、新しいアイデアを考えていきましょう。 アイデアとは、既存要素の新しい組み合わせにすぎません。 「何かよいアイデアはないだろうか」と考えながら、アイデアに関する資料を眺めます。 共通点や類似点で組み合わせたり、逆の組み合わせを試してみたりします。 1つずつアイデアを組み合わせていくと、しっくりくる組み合わせと出会うでしょう。 違和感がなく、調和が取れた組み合わせです。 それが、アイデアです。 アイデアの評価や検証は後回しにして、出たアイデアはすべてメモに書き留めるようにしておきましょう。 とにかく量を意識して、出せるだけアイデアを出していきます。 (第4段階)アイデアを発展させる 出たアイデアの中から、利用できそうなものを選んで発展させていきます。 アイデアが浮かんでも「最初の形」にこだわるのはよくありません。 最初の形にこだわってしまうと、アイデアの発展を妨げてしまいます。 最初の形にこだわらず、どんどんアイデアを発展させて、具体化させていきましょう。 肉付けをしたり、アレンジを加えたりします。 余計なものをそぎ落とし、シンプルにしてみることも、発展の1つになることがあります。 身近な人に相談を持ちかけて、人の知恵を拝借することも大切です。 自分とは違った視点から意見をもらえれば、さらにアイデアを発展させるきっかけになるでしょう。 時には、アイデアを寝かせることも有効です。 時間を置くことで思考がリセットされ、別の視点から見ることができるようになることがあります。 (第5段階)アイデアを仕上げる 最後に必要なのは、仕上げる段階です。 アイデアが発展して完成でありません。 最終的に、実用性が伴う状態までアイデアを仕上げます。 たとえば、上司を説得するなら、企画書に上司の考え方を取り込みます。 プレゼンであれば、アイデアに取引先の条件を組み込みます。 時には、検証してみることも大切です。 調査や実験などを通して実際に検証してみると、想定とは違った結果が出ることがあります。 いくつかのパターンで検証を行い、本当に問題ないことを確認しましょう。 実用性が伴う段階まで仕上げて、完成です。 § 以上、5つの段階を経れば、誰でもスムーズにアイデアが出せるでしょう。 もちろん基本ですから、自分の好みや仕事の内容によって、カスタマイズすることもできます。 アイデアを出すなら発想力ですが、大切なのは方法論です。 たとえ発想力が低くても「発想せざるを得ない状況」を作り出せば、アイデアを出すことが可能になります。 アイデア発想の5段階を自然と行えるようになれば、あなたもアイデアパーソンの仲間入りです。 アイデアを出す5段階を理解する。

7
★0

アイデアを出すなら「質」より「量」を意識しよう。

アイデアを出すなら、量と質の考え方が大切です。 「アイデアは、質と量のどちらが大切か」 そう聞かれたら、あなたはどう答えますか。 多くの人は「アイデアは質が大切」と考えることが多いのではないでしょうか。 たしかに質が低いアイデアなら、いくつあったところで役立ちません。 質の低いアイデアは、価値がないも同然。 アイデアの数が100あろうと1000あろうと、役立たなければ無意味です。 できるだけ質の高いアイデアのほうが素晴らしいのは間違いありません。 そのため、アイデアを考えるなら、できるだけ質の高いアイデアを考えようと意識する人が多いでしょう。 「1発目から最高のアイデアを出したい」と考える人も多いはず。 質の高いアイデアだけ出していけば、早く仕事が終わります。 ここが重要なポイントです。 アイデアで質が重要なのは事実ですが、最初から質を目指すのはよくありません。 質の高いアイデアは、膨大な量のアイデアがあってこそ生まれるものだからです。 天才でないかぎり、最初から質の高いアイデアを出すのは困難です。 普通の人がアイデアを出そうとすると、最初は常識や先入観にとらわれてしまいます。 常識や先入観にとらわれていると、平凡で当たり前のアイデアしか出てきません。 では、常識や先入観にとらわれないためにはどうすればいいか。 その方法こそ「量」なのです。 最初はとにかく量を意識しましょう。 普通のアイデアでも、変なアイデアでも、くだらないアイデアでもかまいません。 とにかく量を意識しましょう。 出して、出して、出しまくる。 頭の中を空っぽにするようなイメージで、アイデアを出し続けます。 すると、あるときからネタ切れが起こります。 ネタを出し続けるためには、視点や考え方を変えざるを得なくなります。 視点と考え方を変えると、再びアイデアが出るようになります。 ところが視点や考え方を変えたとしても、いつか再びネタ切れになります。 さらにアイデアを出し続けるためには、非常識や異次元で考えなければいけなくなります。 この段階になったとき、素晴らしいアイデアが生まれるのです。 膨大な量のアイデアを出してこそ、質の高いアイデアが出ます。 1,000件以上の特許を取得した発明王エジソンは、膨大な数のアイデアがありました。 エジソンは普段からアイデアをノートに書き留めていましたが、アイデアノートだけで3500冊もあったと言われています。 エジソンは84歳で亡くなっていますが、単純に3500冊を年齢で割ると、年間41冊のペースです。 膨大なアイデアを出したからこそ、その中からえりすぐりのアイデアが誕生したのです。 天才のエジソンでさえ、それだけの量があったのですから、普通の人はなおさら量を意識することです。 「いいアイデアが出ない」と思ったら、言い訳はせず、愚直に量を意識することです。 アイデアが少なくて困ることはあっても、多すぎて困ることはありません。 役立たないアイデアは、不採用にすればいいだけです。 「100のアイデアを出して、素晴らしいアイデアが1つ出ればいい」と考えるくらいがいいでしょう。 アイデアを出して、出して、出しまくる。 量を意識すれば、嫌でも非常識に考えざるを得ない状態に達します。 いいアイデアを出したいなら、まず質より量を意識するのが正解です。 最初は質より量を意識する。

8
★0

常識で考えているかぎり、平凡なアイデアは生まれても、斬新なアイデアは生まれない。

私たちには「常識」という共通ルールを意識しながら生きています。 常識とは、社会が共通に持つ、知識や考え方のことをいいます。 アイデアを出そうとするとき、普通は常識の範囲で考えるのが一般的です。 もちろん常識の範囲で考えるのも悪くありません。 常識があるからこそ、スムーズに社会生活を送れます。 きちんと常識を身につけているほうが、大人としても社会人としても立派なのは間違いありません。 常識的なアイデアなら、違和感が小さいため、多くの人から受け入れられるでしょう。 しかし、常識で考えているかぎり、平凡なアイデアは生まれても、斬新なアイデアは生まれません。 常識にとらわれていては、あっと驚かせるようなアイデアは生まれない。 斬新なアイデアを出すには、常識にとらわれない考え方が必要です。 その考え方こそ「非常識」なのです。 アイデアを出すには、頭の中に制限やルールを設けず、自由な状態にすることが大切です。 普通の人が考えないような、クリエイティブな発想するためには、非常識に考える必要があります。 頭の中を自由な状態にするためには、もはや常識も先入観も邪魔であり、非常識が重要になります。 普通の人が考えないようなところに、斬新なアイデアのヒントが隠れています。 アイデアを考えるときは、常識を忘れるようにしてください。 大人になった今、常識を忘れるのは難しいかもしれませんが、できるだけ挑戦してみてください。 常識をゼロにできなくても、できるだけ意識しないことならできるはずです。 イメージとしては「就学前の子供」です。 就学前のあなたは、まだ常識も身につけていなかったことでしょう。 知識も先入観もなく、常に新鮮な気持ちであり、すべてのことに素直だったはずです。 幼いころ、テレビを見たとき「中に人が入っている」と本気で信じていた時期があったはずです。 就学前の子供に戻った状態を意識すれば、非常識な発想もしやすくなります。 青空に浮かぶ白い物体を見たとき「雲」ではく「わたあめ」という答えもあっていい。 夜空に輝く白い点を見たとき「星」ではなく「白ごま」という答えもあっていい。 庭に生える草を見たとき「邪魔」と思うのではなく「きれい」という答えもあっていい。 できるだけ常識は忘れ、できるだけ非常識に考えましょう。 頭の中は無制の世界が広がっています。 非常識に考えることができるようになったとき、斬新なアイデアが出やすい状態になります。 常識にとらわれず、非常識に考える。

9
★0

アイデアには、好奇心と遊び心が必要。
ばかになって考えよう。

アイデアを発想するとき、真面目になっていませんか。 もちろん真面目であることは素晴らしい姿勢です。 サボらず怠けず真面目に取り組めば、集中しやすくなり、仕事もスムーズです。 余計な遊びもせず、一生懸命打ち込めば仕事の成果も出やすくなるでしょう。 不真面目より真面目であるほうが、社会人として胸を張れるのは間違いありません。 周りからの評価も上がりやすくなり、信頼を集めることができるでしょう。 しかし、アイデアを考えるときには要注意です。 真面目に考えていては、自由な発想が難しくなります。 好奇心や遊び心がなくなり、堅苦しい発想しかできなくなります。 平凡で当たり前のアイデアしか浮かばなくなります。 変なアイデアが浮かんでも、真面目になっていると、すぐ取り消してしまうでしょう。 常識やルールといった既存の枠にとらわれてしまい、行儀のよいアイデアしか出なくなるのです。 では、どうするか。 ばかになるのです。 アイデアには、好奇心と遊び心が必要です。 「好奇心と遊び心がすべて」と言っても過言ではありません。 好奇心と遊び心を出すためには、ばかになるのが一番。 「ばかになったらアイデアが出なくなる」と思いますが、逆です。 ばかになるからアイデアが出ます。 ばかになったほうが、自由な発想をしやすくなるからです。 好奇心と遊び心こそ、発想を爆発させる起爆剤。 ばかになれば、好奇心と遊び心が生まれ、視野が広がります。 頭が柔らかくなり、豊かな想像ができるようになります。 見栄も体裁も忘れることができ、自由な発想ができるようになるのです。 「真面目なアイデアを出そう」ではなく「ばかなアイデアを出そう」と考えましょう。 好奇心と遊び心を大事にすれば、脳が活性化され、想像力と発想力が爆発します。 なかなかアイデアが出ないなら、どこかでまだ堅苦しく考えている証拠です。 いったん真面目になるのをやめて、もっとばかになって考えましょう。 もともと真面目で、すぐ性格を変えることができないなら、真面目にばかばかしいことを考えればいい。 「ばかと天才は紙一重」と言われます。 ばかになればなるほど、天才に近づけます。 もしあなたが「自分はばかだ」と思っているなら、間違いなく素晴らしいアイデアを出せる可能性があります。 「こんなばかなことを考えてしまった」と思うアイデアに限って斬新です。 ばかになって考えるからこそ、好奇心と遊び心に満ちたアイデアが生まれるのです。 アイデアを考えるときは、ばかになる。

10
★0

「変わり者」と言われることを恐れるな。

斬新なアイデアを発想するには、非常識に考えることが必要です。 常識で考えているかぎり、常識的なアイデアしか出てきません。 あっと驚くような斬新なアイデアには、非常識に考えることが必要不可欠。 面白い発想をしたり、非常識に考えたりする必要があります。 時には、変な想像を働かせることもあります。 ところが、非常識な考えでアイデアを出していくと、周りから「あること」を言われるようになるでしょう。 「変わり者」という一言です。 一部の人から、非常識に考える様子が不思議に映ります。 「変わり者」というレッテルを貼られ、違和感を覚えることもあるでしょう。 周りから距離を置かれ、仲間外れにされたような感じがあり、不快感があるかもしれません。 嫌みや批判のように感じ「非常識に考えるのはよくないことだろうか」と感じ、だんだん不安が大きくなるかもしれません。 しかし、どうか「変わり者」と言われることを恐れないでください。 想像力を鍛えるには「変わり者」と言われる覚悟が必要です。 「変わり者」と言われるのを恐れて非常識な思考をやめれば、斬新なアイデアも出なくなります。 発想力のトレーニングも中断することになり、平凡な発想力で終わってしまいます。 むしろ「変わり者」と言われることを喜ぶことです。 「変わり者」という一言は褒め言葉です。 「変わり者」という言葉は「あなたの発想力は素晴らしいですね」という意味で受け止めましょう。 「鋭い視点を認められた」「豊かな発想力を褒められた」と、ガッツポーズで喜べばいいのです。 非常識に考えるようになるためには「変わり者」と呼ばれることが登竜門。 優れたアイデアパーソンになるためには、必ず通らなければいけない道です。 「変わり者」と呼ばれることに快感を覚えるようになれば、非常識に考えることがますます楽しくなります。 「変わり者」と言われることを恐れない。 「変わり者」という一言は、褒め言葉だと考える。

11
★0

逆に考えるのを習慣にすれば、斬新なアイデアが出やすくなる。

アイデアを考える基本の1つ。 それは、逆に考えることです。 アイデアを考えるときは、まず逆に考える発想を身につけてください。 ひねくれた考え方に思えますが誤解です。 逆に考えることは、アイデアを考える上で重要な視点の1つです。 もちろん逆に考えたからといって、必ず素晴らしいアイデアが出るとは限りません。 逆に考えても、特別な発想が出なくて、無駄な努力で終わることも少なくありません。 しかし、それでもやはり逆に考えることは、アイデアを考える上で重要な視点です。 アイデアを出すには、視点を変える必要があります。 逆に考えることで視点も変わり、違った景色が見えるようになります。 「今まで見えなかった何か」に気づき、思わぬ発想やアイデアにつながる可能性が出てくるのです。 たとえば「どうすれば仕事時間を増やせるか」と考える場面があるとします。 普通に考えるなら「仕事の効率を高める」「隙間時間を見つける」「睡眠を削る」などですが、こういうときこそ逆の発想です。 「そもそも仕事を減らせばいい」と考えます。 仕事を減らしてしまえば、時間を捻出する必要がなくなり、あっさり問題解決ができるでしょう。 仕事の必要性を見直す機会にもなり、ストレス解消にも役立つはずです。 「どうすればコンプレックスを改善できるか」と考えるときも、逆の発想です。 普通に考えるなら「隠す」「ごまかす」「頑張ってトレーニングする」などですが、逆に考えてみましょう。 「コンプレックスは、改善するより生かそう」と考えるのです。 生かせば、コンプレックスはもはやコンプレックスではなくなります。 この考え方は、すべてに応用できます。 「実家に帰るのが面倒くさい」と思ったなら「親がこちらに来てくれればいい」と考えてみます。 「どうすれば高性能のブレーキを作れるか」というテーマは「ブレーキを必要としないシステムを作ればいい」と考えてみます。 「壊れないシステムにするにはどうすればいいか」というテーマは「壊れてもいいようなシステムを作ればいい」と考えてみます。 逆に考えると、意外な突破口が見え、問題がスムーズに解決できる可能性があります。 実現できるかどうかは別として、アイデアのヒントはつかみやすくなるでしょう。 逆に考えるのが難しいなら、斜め45度など、別の角度から考えてみるのも面白い。 豊かな発想をすることで、問題を解決していきます。 たとえ実現できなくても、発想力のトレーニングにはなるので、無駄にはなりません。 アイデアの発想は、逆に考えることから始めたい。 逆に考えるのを習慣にすれば、斬新なアイデアが出やすくなる。 まず逆に考えてみる。

12
★0

アイデアに必要なのは、記憶力より記録力。
常に書き留める準備をしておき、最速で書き留めよう。

アイデアは、一瞬しかひらめきません。 前兆も前触れもなく、突然頭の中に白く輝くものが現れます。 アイデアがひらめいたら、直後の行動が大切です。 「後で書き留めよう」「時間のあるときにメモしよう」「頭で記憶しておこう」と悠長に考えていると、失敗するでしょう。 アイデアがひらめくのは一瞬ですが、消えるのも一瞬です。 アイデアは、いわば流れ星。 ぱっと現れて、さっと消えます。 分単位ではなく、秒単位です。 少し時間が経つだけで、貴重なアイデアを忘れているでしょう。 もしくはアイデアを浮かんだことすら忘れていることも少なくありません。 記憶力に頼るのはよくありません。 どんなに記憶力の高い人でも、アイデアが現れるのは一瞬なので、油断できません。 そこで必要なのが、書き留める準備です。 常に書き留める準備をしておきましょう。 たとえば、ペンとメモ帳です。 常にペンとメモ帳を持参しておけば、いつアイデアがひらめいても、すぐ書き留めることができます。 ペンとメモ帳は、高級なものである必要はありません。 安物でもいいので、とにかく書き留めるものを持参しておくことが大切です。 メモ帳の代わりになるなら、手帳・ノート・電子機器でもOKです。 そして、アイデアがひらめいたら、すぐ書き留めましょう。 一瞬のひらめきを逃さないことです。 貴重なアイデアをきちんと生かすためには、書き留める習慣を身につけておくことが大切です。 会議中なら、手元のノートにすぐ書き留めます。 散歩中なら、一度立ち止まって書き留めます。 食事中なら、食べるのを中断して書き留めます。 アイデアを書き留める作業は、1分1秒を争うと考えてください。 トイレ中や入浴中など、ひらめいた直後に書き留めるのが難しい場面もありますが、できるだけ早めに書き留めましょう。 少なくとも書き留めれば、文字として残ります。 消したり捨てたりしないかぎり、ずっとメモとして残ります。 アイデアをひらめいたとき、ペンしか持っていないなら、自分の手や腕に書き留めてもかまいません。 見苦しいかもしれませんが、貴重なアイデアを書き留めるなら、このくらいの積極的になっておきたい。 1つのアイデアで人生が変わる可能性もあるのですから、大げさとは言えません。 アイデアを膨らませるなら、書き留めてからにしましょう。 一度書き留めておけば、後から時間があるときに、じっくりアイデアを膨らませることができます。 記憶力が弱くても大丈夫です。 記憶力が弱いなら、記録力で勝負してください。 アイデアに必要なのは、記憶力より記録力です。 常に書き留める準備をしておき、最速で書き留める習慣が大切です。 常に書き留める準備をしておく。

13
★0

最初から根拠を考えない。
根拠は後から考えよう。

アイデアを出すときに考えてはいけないもの。 それは、根拠です。 アイデアを考えるなら、最初は根拠を気にしてはいけません。 アイデアを出す段階で根拠を考えていると、発想の妨げになるからです。 もちろんアイデアを形にして仕上げる段階なら、根拠も必要です。 提案や企画を通すなら、根拠がなければいけません。 上司を説得するときも、根拠があるからこそ説得力が生まれます。 アイデアをきちんとした形に仕上げ、提出する段階であれば、根拠が必要になります。 しかし、アイデアを出す段階なら、根拠を気にする必要はありません。 アイデアを出す段階で根拠を気にしていると、常識やルールにとらわれてしまい、思考の自由が失われます。 「周りはどう感じるだろうか」「世間的にはどうだろうか」と、余計なことを考えるようになる。 意識的にも無意識的にも、既存の枠にはめた考え方しかできなくなります。 平凡や当たり前の発想しかできなくなるでしょう。 発想の妨げになり、斬新なアイデアが出なくなるのです。 最初から根拠を考えないことです。 アイデアを出すなら、もはや根拠は忘れてください。 まだ世間も常識も何も知らない、就学前の子供に戻ったつもりで考えましょう。 根拠を気にせず、ひたすら自由に考えていると、心のストッパーが外れます。 普段考えないようなことを考えたり、意外な想像が思い浮かんだりするようになります。 思考が自由な状態になり、自然と面白い発想が湧き出てくるようになります。 その瞬間、アイデアが浮かびやすくなります。 アイデア発想の初期段階なら「根拠なんてどうでもいい」という考え方も悪くありません。 根拠は、アイデアが浮かんでから考えましょう。 根拠は「後付け」でOK。 根拠があって想像するのもいいですが、根拠がなくて想像するのは、もっと面白い。 後から根拠のつじつまが合わないなら、つじつまが合うようにアイデアの形を変化させていけばいい。 アイデアが浮かんで、どうしても形にできないなら、不採用にすればいいことです。 根拠は、アイデアを形にする段階で考えればいいことなのです。 アイデアを出すときは、根拠を気にしない。 根拠は、アイデアを仕上げるときに考えればいい。

14
★1

インターネットに依存した情報収集には要注意。

「何かアイデアのヒントはないだろうか」 そう思って手を伸ばすのは、インターネットでしょう。 現代はインターネット社会です。 ほとんどの人がスマートフォンを持ち歩き、手軽にインターネットを楽しめます。 検索エンジンでキーワードを入力すれば、一瞬で関連情報を入手できます。 「手軽」という点において、もはやインターネットにかなうものはありません。 インターネットなら、文字情報だけでなく、画像や動画で情報を受け取ることも可能です。 分かりやすい図やグラフがあったり、具体的な動画があったりします。 一瞬で簡単に情報が得られるため、1日に何度も検索エンジンを利用している人も多いでしょう。 上手にインターネットを活用すれば、アイデアのヒントを得られやすいのも事実です。 「アイデアのヒントを探すなら、インターネットで十分」 そう考える人もいるのではないでしょうか。 しかし、ここに注意したいポイントがあります。 インターネットを利用するのはいいですが、依存するのはよくありません。 インターネットには、リアルの体験がないからです。 インターネットに依存していると、実際は不完全であるにもかかわらず、完全だと誤解しやすくなります。 「十分な情報を得た」と感じてしまい、熟知した気になってしまいます。 真偽が不確かな情報もあるため、そのまま信じてしまうと、後から痛い目に遭うでしょう。 また、体験していないにもかかわらず「体験した」という錯覚を引き起こすことも少なくありません。 結果として、物事の本質を見失いやすくなるのです。 いくらインターネットで情報が得られたとしても、リアルの体験ではありません。 インターネットによる情報収集に依存しないことです。 インターネットは便利であり、アイデア発想にも役立ちますが、依存するのはNGです。 では、何を大事にすればいいのか。 大事にしたいのは、リアルの体験です。 自分が直接体験をして、そこで得た経験を軸にすることが大切です。 リアルの体験には嘘がありません。 実際においしく感じなら「おいしい」が正解であり、実際に感動したことなら「感動」が正解です。 体験から得た情報は、すべて貴重。 リアルの体験には、インターネットだけでは知り得ない本質が数多く存在します。 たとえば、美術のアイデアを得たいなら、美術館に行きましょう。 美術館には豊富な絵画が展示され、アイデアにつながるヒントが数多く得られるでしょう。 美術作品だけでなく、建物・雰囲気・展示方法など、意外なところからヒントが得られることもあります。 料理のアイデアを得たいなら、フォーマルなレストランに行き、一流の料理を堪能しましょう。 実際に食べてこそ、その味を本当に知ることができます。 「一流とは何か」を理解するきっかけになり、何らかのアイデアにつながるでしょう。 異国の世界を理解したいなら、実際に旅行してみましょう。 直接その場に行くことで、インターネットでは知ることができなかった情報を入手できるでしょう。 頭の中に深く刻み込まれ、アイデアを考えるときの貴重な材料になります。 体験から得た情報がすぐ役立つとは限りませんが、リアルの体験から得た情報は、すべて貴重です。 世の中には、実際に体験しないと分からないことがたくさんあります。 お金・時間・労力がかかったとしても、できるだけリアルの体験を重視しましょう。 リアルの体験を増やすことに、プラスはあってもマイナスはありません。 インターネットはサブとして活用して、リアルの体験をメインにするのが正解です。 インターネットだけの情報収集で満足せず、リアルの体験を大事にする。

15
★0

部屋にこもってばかりでは、よいアイデアは出ない。
本当のヒントは、外にある。

部屋の中でアイデアを出そうとしていませんか。 たしかに部屋の中でもアイデアを出すことは可能です。 本を読めば、発想のヒントを得ることができるでしょう。 インターネットを活用すれば、自宅にいながらさまざまな情報を入手できるでしょう。 電話を使えば、遠く離れている人とも通話ができ、想像力・発想力を刺激する会話ができるでしょう。 閉鎖的な空間なら、余計な邪魔も入らず、発想に集中しやすくなるでしょう。 部屋の中でも、アイデア発想を行うことは十分可能です。 しかし、部屋でアイデアを考えるのはいいですが、まったく外に出ないのはよくありません。 部屋にこもってばかりでは、よいアイデアは出ないからです。 部屋の中だけでは受け取る刺激が限定されます。 部屋にこもっていると、季節や流行を肌で感じることができません。 外食でレストランに行き、おいしい料理に感動することがありません。 散歩も旅行もドライブもできない。 偶然の出会いもなければ、大きな変化もありません。 本もインターネットで知識や教養を得ることはできても、リアルの体験ができない。 閉鎖的な空間は、集中力を発揮するには便利ですが、変化を得るには不便です。 特にリアルな体験をするには最悪です。 部屋にこもってばかりでは、刺激が限定されるため、アイデアが出にくくなるのです。 素晴らしいアイデアを出しやすくするには、もっと五感を豊かに刺激することが大切です。 そして自分から積極的に、偶然の変化や出会いを呼び込むアクションも必要です。 その方法こそ「外に出ること」です。 外に出ると、季節や流行を肌で感じることができます。 外食でレストランに行き、おしゃれな空間とおいしい料理を堪能できます。 散歩も旅行もドライブも、体全身で楽しむことができます。 街を行き交う人々から、いろんなファッションを見ることができます。 何でもいいので、外に出ることです。 外に出るからこそ、偶然の出会いもあります。 光・音・においなど、外にあるすべての刺激が感性を豊かにします。 五感を通してさまざまな刺激を受け取ることで、アイデアにつながるヒントを得やすくなるのです。 アイデアを出すなら、部屋にこもってばかりではなく、外に出ましょう。 「アイデアのヒントはないだろうか」と意識すれば、きっと何かが見つかるでしょう。 本当のヒントは、外にあるのです。 部屋にこもってばかりでなく、外に出て、さまざまな刺激を受け取る。

16
★0

明確な目標を決めておこう。
カラーバス効果によって、アイデアのヒントが見つかりやすくなる。

アイデアのヒントを探すなら、あらかじめ決めておきたいことがあります。 それは「明確な目標」です。 「私は○○を達成したい」 「○○の夢を叶えたい」 「○○のアイデアを探している」 ぼんやりアイデアを探すのではなく、明確な目標を決めた上で探すようにしましょう。 なぜ明確な目標を決めておく必要があるのか。 カラーバス効果によって、アイデアのヒントが見つかりやすくなるからです。 「カラーバス効果(Color Bath Effect)」という言葉をご存じでしょうか。 心理学の用語の1つであり、意訳すると「色を浴びる」という意味になります。 自己啓発では「引き寄せの法則」として有名です。 私たちの脳には「アンテナ」と「フィルタリング」の機能が備わっています。 あることを意識していると、アンテナとフィルタリングの機能が働き、自然と関連情報に注意が向くようになります。 その結果、あたかも自分のところに関係情報が舞い込んでくるような状態になるのです。 たとえば「赤色」を意識しながら、周りを見渡してみてください。 不思議なことに、きっと赤いものが目立って見えるようになったことでしょう。 では次に「白色」を意識しながら、周りを見渡してみてください。 再び不思議なことに、きっと白いものが目立って見えるようになったことでしょう。 「妊娠すると、街に妊婦が増える」という不思議な現象がありますが、これも同じ理由です。 自分が妊娠することで、自然と妊婦に意識が向くようになり、街に妊婦が増えたような錯覚が起きます。 私たちの脳には、素晴らしい機能が備わっているのですから、生かさない手はありません。 この現象は、アイデアを出す上でも有効です。 ぼんやり過ごすのもいいですが、アイデアを探すのが目的なら、明確な目標を決めておきたい。 「デザイン」と意識していると、デザインに関することが目立って見えるようになるでしょう。 「販売促進」と意識していると、販売促進に関することが目立って見えるようになるでしょう。 「仕事効率」と意識していると、仕事効率に関することが目立って見えるようになるでしょう。 「明確な目標」を決めておくと、カラーバス効果が起こります。 探し物が目立って見えるようになり、アイデアのヒントが見つかりやすくなるのです。 アイデアのヒントを探す際は、明確な目標を決めておく。

17
★0

何でもヒントにする。
何でもヒントになる。

私たちがヒントを見つけようとするとき、情報の取捨選択を行います。 「これはヒントになる。これはヒントにならない」 心の中でそう考えながら、情報を振り分けているでしょう。 関係がありそうなら注目します。 関係がなさそうなら無視します。 もちろん普通の判断であり、特別悪いことではありません。 情報の取捨選択をすることで、効率よくヒントを見つけ出せます。 関係しているヒントだからこそ、発想につながりやすくなり、アイデアも出やすくなります。 しかし、ここに注意したいポイントがあります。 「ヒントになる・ならない」という考え方では、発想力を鍛えることはできません。 取捨選択をしていると、想像力・発想力に制限を設けてしまいます。 最初から「ヒントにならない」と思い込んでしまうと、それ以上深く考えることがなくなります。 「関係ない」と思うから、関係ないように見えてきます。 見向きもしなくなって、ヒントを見つけるチャンスも失ってしまうのです。 ここで大切な考え方があります。 「何でもヒントにする」という考え方です。 ヒントを探すのではなりません。 何でもヒントにしてください。 ヒントになる・ならないの差は、あってないようなもの。 考え方を変えれば、感じ方も変わります。 何でもヒントにする姿勢があれば、観察力が向上して、発想力が豊かになり、隠れた価値を見つけやすくなります。 すべてが問題を解く手掛かりに見え始めるでしょう。 そして、発想やアイデアにつながるのです。 たとえば、あなたの目の前に「時計」があるとします。 平凡で普通の時計であっても、ヒントにならないか考えてみてください。 時計がヒントにならなければ、時計に描かれているデザインに注目してみてください。 普通のデザインであっても「ヒントになる」と思えば、ヒントに変わります。 色・形・動きなど、さまざまな点に注目してみましょう。 ぴんと来ないなら、タイミングをずらして、もう一度見てみるといいでしょう。 今日は普通に感じても、明日なら感じ方が変わるかもしれません。 発想力を鍛えるなら、何でもヒントにする姿勢が大切です。 あなたはヒントに囲まれています。 上下左右・360度、どこを見てもヒントだらけ。 情報量は少なくても、観察力を上げることで、より多くの情報を引き出すことが可能になります。 あなたの心がけ次第で、世界は変わります。 何でもヒントにすれば、何でもヒントになるのです。 何でもヒントにする。

18
★0

ひたすら新しい組み合わせを試し続けるだけでいい。

アイデアの考える基本の1つ。 それは「新しい組み合わせ」です。 既存要素に、別の要素を組み合わせてみましょう。 素晴らしいかどうかは別として、ひとまずこれだけで新しいものが生まれます。 「これだけでいいの?」と思いますが、これだけでいのです。 そもそもアイデアとは、既存要素の新しい組み合わせに過ぎません。 つまり、既存要素に別の要素を組み合わせれば、新しいアイデアを生み出せます。 世の中にある商品・サービスも、既存要素に別の要素を組み合わせたことで誕生しました。 たとえば、鳥と乗り物を組み合わせて「飛行機」が誕生しました。 ベッドと列車を組み合わせて「寝台列車」が誕生しました。 電話とテレビを組み合わせることで「テレビ電話」が誕生しました。 ラジオとテープレコーダーを組み合わせて「ラジカセ」が誕生しました。 紙コップとインスタントラーメンを組み合わせると「カップ麺」が誕生しました。 パソコンと携帯電話と組み合わせて「スマートフォン」が誕生しました。 時計とスマートフォンと組み合わせて「スマートウォッチ」が誕生しました。 2つの要素を組み合わせるのではなく、同時に3つの要素を組み合わせる方法もあります。 たとえば、パンと卵と肉を組み合わせて「ハンバーガー」が誕生しました。 こう考えると、組み合わせ方は無限に存在することが分かるでしょう。 まさしく無限の可能性が広がっているのです。 アイデア発想を極論すれば「ひたすら新しい組み合わせを試していくだけでいい」と言っても過言ではありません。 10パターンでも100パターンでも、新しい組み合わせを試し続けましょう。 ひらすら新しい組み合わせを試していけば、いつか偶然の一致によって「しっくりくる組み合わせ」と出会えます。 違和感がなく、調和した組み合わせです。 そのアイデアを大きく発展させて、形にしていけばいいのです。 アイデアとは、既存要素の新しい組み合わせにすぎないのですから、愚直に新しい組み合わせを試していくことが大切です。 組み合わせ方は自由です。 組み合わせに、意味も根拠も必要ありません。 目星をつけて組み合わせてもいいですが、無作為でもOKです。 適当な組み合わせでもいいので、既存要素に別の要素を組み合わせてみましょう。 適当に辞書を開いて、目に飛び込んできた言葉を使って試す方法でもかまいません。 意味も根拠も不要です。 センスも才能も不要です。 無作為でもかまわないので、ひたすら新しい組み合わせを試していくだけでいいのです。 努力は必要ですが、遅かれ早かれ、確実にアイデアを出せます。 理由も根拠もなくていいので、ひたすら新しい組み合わせを試し続ける。

19
★0

制約は、アイデア発想の起爆剤。

「なかなかアイデアが浮かばない」 そんなときは、アイデア発想に「制約」を作ってください。 「制約を作ると、不便になる」 「わざわざ制限を作るのは不自然」 「制約を作ったら、余計にアイデアが出なくなる」 そう思うかもしれませんが、逆です。 制約がないと、何でも考えていい状態になります。 もちろん何でも自由に考えていいのはメリットですが、一方でデメリットでもあります。 自由すぎるのも考えものです。 何をどこから考えていいのか分かりません。 「夕食は何が食べたい?」と聞いたとき「何でもいい」と答えられると、決めにくくなるのと同じです。 考える範囲が広すぎると、何を目安にしていいか分かず、途方に暮れます。 「何でも自由」という状態では、かえってアイデアが出なくなるのです。 そこで利用したいのが「制約」です。 なかなかアイデアが浮かばないなら、制約を作ってみましょう。 アイデアを考える範囲がぎゅっと絞られ、考えやすくなります。 たとえば、友達の誕生日にサプライズを考えるとします。 サプライズにもさまざまな種類があって、自由すぎると、かえって考えにくくなります。 そこで「3分でできること」という制約を作ります。 3分でできることなら、サプライズの種類が限られます。 適度な制約によって、選択肢が一気に減って、アイデアを考えやすくなるでしょう。 子供が喜ぶプレゼントを考える場面があるとします。 子供が喜ぶプレゼントもさまざまですが、金額に「3000円以内」という制約を作ります。 制約を作れば、対象範囲が絞られ、アイデアを考えやすくなります。 3000円を超えそうでも、知恵と工夫次第が働くことで、さまざまなアイデアが浮かぶようになります。 大切なことは「自分で制約を作る」ということです。 誰かに与えられるのを待つのではありません。 もし制約がないなら、自分で制約を考えましょう。 制約が多すぎたり厳しすぎたりすると逆効果ですが、適度な制約は必ず役立ちます。 制約は必須ではありませんが「何でもいい」という状態で困ったなら、利用する価値があるでしょう。 ●迷ったときは、まず「3」から始めてみる 制約の範囲に迷ったときは、まず「3」という数字から始めてみてはいかがでしょうか。 「3」という数字は、少なすぎず多すぎず、ほどよい数字です。 たとえば、「3分」「3本」「3回」「3時間」「3,000円」などです。 もちろん「3」はあくまで目安であり、状況に応じて変えてみましょう。 「3」を軸にするして制約を設定しやすくなるでしょう。 制約を「邪魔」と感じる人もいるかもしれませんが、誤解です。 制約を作ると、アイデアに深みが出ます。 制約は、アイデア発想の起爆剤なのです。 アイデアが出ないときは、制約を作る。 制約の目安に迷ったときは、まず「3」から始めてみる。

20
★1

アイデアを探すなら、熟読の必要はない。
見出しやまとめを読むだけで十分。

アイデアのヒントを見つける際、本は有用です。 本は、知識と知恵の宝庫。 本を読むのは専門家の話を聞くのと同じであり、知性や教養を高めるにも欠かせません。 役立つ情報が詰まっていて、本を1冊読めば、何らかのヒントが得られるでしょう。 もちろん「学び」が目的なら、丁寧に熟読したほうがいいでしょう。 読まないことには情報を吸収できません。 斜め読みや飛ばし読みをしていると、誤解を招いたり理解が中途半端になったりするでしょう。 丁寧に読み進めたほうが、きちんと内容の流れを理解できます。 難しい内容も、ゆっくり読めば、きちんと理解できるでしょう。 お金を出して購入したなら「元を取ってやろう」という気持ちが出て、漏れなく読み進めたくなるはずです。 しかし、アイデアのヒントを見つける目的なら、熟読は必要とは限りません。 見出しやまとめをざっと読むだけでも十分有用です。 見出しには概要が書かれていて、まとめには内容の要約が書かれています。 見出しもまとめも、本のエッセンスが凝縮されているため、そこに注目すれば素早く目的の情報を探せます。 少し乱暴な読み方に感じるかもしれませんが、誤解です。 見出しもまとめも、効率よく読むために設けられているものであり、どんどん活用すべきです。 私たちが新聞を読むとき、見出しを使って読みたい記事を選びますが、それと同じです。 見出しが目次の働きをして、検索効率が高まり、目的の情報を探しやすくなります。 見出しやまとめには、内容のエッセンスが凝縮されています。 そのため、見出しやまとめだけ読み進めていくだけでも、アイデアのヒントを得ることが十分可能です。 もし見出しを読んで興味が出れば、あらためてその箇所を熟読すればいいだけです。 見出しの表現には創意工夫がされているものもあるため、書き方の参考にもなるでしょう。 見出しに注目すれば、アイデアに必要な情報を探しやすくなるのです。 アイデアのヒントを見つけるなら、見出しやまとめを活用する。

21
★0

アイデア発想では、アナログとデジタルのどちらが有利か。

アイデア発想は、アナログとデジタルのどちらが有利でしょうか。 アイデアは「感性」「センス」「インスピレーション」というイメージがあるためでしょうか。 アイデアを考えるとき「アナログのほうがよい」と考える人もいるでしょう。 「メモを手書きのほうが書き留めやすい」 「アナログのほうが発想しやすい」 「とにかく手書きが好き」 どれも一理あるでしょう。 感じ方は人それぞれ。 人によって感じ方が異なるように、アナログが効果的に感じる人もいるはずです。 ここに注意したいポイントがあります。 あらかじめ「アナログと相性がよい」という自覚があるならいいです。 自分の相性が分かっていて、それに従って手段を選んでいます。 しかし、理由もなくアナログ主義になっているなら、見直したほうがいいかもしれません。 アナログとデジタルのどちらが便利かは、人によって変わるからです。 アナログにはアナログのよさがあり、デジタルにはデジタルのよさがあります。 「アナログのメモのほうが便利」という人もいれば「デジタルのメモのほうが便利」という人もいます。 どの手段が便利で使いやすく感じるかは、人それぞれです。 「アナログでなければいけない」と思い込み、むやみにデジタルを排除すると、アイデアの機会損失につながることがあります。 たとえば、メモです。 メモといえば、ペンとメモ帳であり、アナログが定番です。 「手書きのほうが便利」「紙のメモ帳のほうが書きやすい」という人もいるでしょう。 ペンを持ち、メモ帳を開くという一連の動作が、発想力を刺激する人もいるはずです。 アナログのほうが便利で使いやすく感じるなら、アナログを選ぶのが正解です。 一方、デジタルのほうが便利で使いやすい人もいます。 書くより打つほうが早い人もいるでしょう。 タイピングのほうが発想力を刺激して、アイデアを書き留めやすい人もいるでしょう。 デジタルのほうが手応えを感じるなら、アナログの手段にこだわらず、デジタルを利用するのが賢明です。 アイデアを膨らませるときも、同様です。 紙に書いたほうが、アイデアを膨らませやすい人もいるでしょう。 アナログの紙の上に、文字でも絵でも思いのまま。 逆にパソコンのようなデジタル機器のほうが、アイデアを膨らませやすい人もいるでしょう。 パソコンなら文書作成ソフト・表計算ソフトなどがあり、編集や検索が容易になるメリットがあります。 ソフトウェアの中には「マインドマップ」を可能とするソフトウェアもあります。 アナログでは実現しにくいことも、デジタルなら可能です。 検索や編集など、デジタルのほうが簡単で便利というシチュエーションがあるのも事実です。 大切なのは、あなたの感覚です。 自分にとって、アナログとデジタルのどちらが使いやすいか。 思い込みを取り払いましょう。 周りに流されるのでもありません。 自分の感覚に従って、アナログとデジタルを使い分けて利用するのが賢明です。 自分の感覚に従って、アナログとデジタルを使い分ける。

22
★0

気分転換やリフレッシュによって、アイデアが促される。

アイデアを考える上で、ときどき取り入れておきたいことがあります。 それは、気分転換やリフレッシュです。 もちろん、ただ気分転換やリフレッシュを入れればいいわけではありません。 たとえば、仕事の調子がいいときなら、気分転換やリフレッシュを入れるのは注意したほうがいいでしょう。 アイデアが湧いて、止まらない瞬間があります。 誰かが耳元でささやいているかのように、次々アイデアが浮かぶ瞬間があるもの。 アイデア作業がはかどっているときなら、あえて余計な休憩を取らず、勢いのまま仕事に集中するのがいいでしょう。 絶好調のときなら、休まずに頑張ることも大切です。 しかし、アイデアが出なくて行き詰まっているときなら別です。 頭が疲れて行き詰まっているにもかかわらず、無理やりアイデアを出そうと頑張るのはよくありません。 疲れた脳を余計に疲れさせるだけ。 集中力が途切れているときに無理やり考えたところで、効率が悪いだけ。 無理やり頑張ったところで、いいアイデアは出ません。 起きていても、生産的な活動ができていないなら、意味がありません。 ぼうっとしている時間だけが長くなり、貴重な時間が過ぎるばかり。 考えれば考えるほど、もつれた糸のように思考が複雑になっていき、収拾がつかなくなります。 アイデアは、肉体労働とは違い、精神状態に結果を大きく左右されます。 ただ頑張ればいいわけではありません。 いくら頑張ったところで、何もアイデアが出なければ、結果もゼロ。 そこで必要なのが、気分転換やリフレッシュです。 気分転換やリフレッシュは、アイデア作業を行う上では、必要不可欠の行為です。 気分転換やリフレッシュによって、プレッシャーから解放されてリラックスでき、脳を休ませることができます。 また、いったん仕事から離れることで、脳の興奮状態を沈め、もつれた思考をリセットしてくれます。 気分転換やリフレッシュを楽しんだ後、再び仕事に戻ると、アイデアが浮かびやすくなるでしょう。 忘れてならないのは「偶然の出会い」です。 気分転換やリフレッシュを通して、偶然、何らかのヒントに出会えることがあります。 仕事と関係ないところに、仕事のヒントが隠れているのはよくあること。 別のことに注意を向けているつもりでも、潜在意識では問題意識を思い浮かべています。 「こうすればいいかもしれない!」とひらめいたら、アイデア作業がいっそうスムーズになるのです。 § アイデア作業が行き詰まれば、積極的に気分転換やリフレッシュをしましょう。 友達とおしゃべりを楽しむのもよし。 本を読んだり映画を見たり趣味で時間を忘れたりするものよし。 運動やスポーツで気持ちのいい汗を流すのもよし。 気分転換やリフレッシュを楽しめば、ストレス解消にもなります。 ときどき気分転換やリフレッシュをして、脳を休ませましょう。 むしろアイデアが出なくて行き詰まったときこそ、気分転換やリフレッシュです。 アイデア発想では、気分転換やリフレッシュも、仕事の1つ。 気分転換やリフレッシュによって、アイデアが促されるのです。 ときどき気分転換やリフレッシュをして、脳を休ませる。

23
★0

小さなひらめきを軽視しない。

アイデアを出すには、小さなひらめきを大切にしましょう。 実は普段から私たちは、発想やアイデアをたくさん思いついています。 自覚もあれば、無自覚もあります。 では、なぜそれらのひらめきがアイデアに発展しないかというと、理由は単純です。 軽視しているからです。 ひらめきの大半が、取るに足らない内容です。 あまりに小さなひらめきであり、アイデアと呼ぶほどではないため、安易に考えて受け流します。 「大したひらめきではない」 「ささいなアイデアで価値がない」 「誰でも思いつくだろう」 「人に言ったら、笑われるだろう」 「変なことをひらめいてしまった。さっさと忘れよう」 せっかくひらめいても、とっさに「無価値」と判断する。 生かされないまま、うやむやになって忘れられていく。 日の目を見ることない。 ひらめきがあっても、なかったことになってしまうのです。 これはもったいないことです。 どんな小さなひらめきも貴重です。 素晴らしいアイデアの第一歩は、すでに始まっています。 「無価値」と思って軽視するのではありません。 小さなひらめきは「ダイヤの原石」と思って、大事に磨いていきましょう。 「ここから発展できないか」と真剣に受け止め、じっくり深めていくことが大切です。 心に浮かんだ小さなひらめきを大切にしてください。 頭をひねり回しましょう。 しっかり頭を働かせて、もっと大胆に発想を広げていきましょう。 曖昧なら明確にして、抽象的なら具体的にします。 最初から立派なアイデアが浮かぶわけではありません。 どんなアイデアも、初期段階は、米粒のように小さなこと。 素晴らしいアイデアは、最初からあるものではなく、発展させていくものです。 無価値に等しいほど小さなひらめきであっても、必ず発展させる余地があります。 小さなひらめきを、大化けさせようではありませんか。 視点や考え方を変えたり、アレンジや付加価値を加えたりすれば、素晴らしいアイデアに発展させていけるでしょう。 発展させようと思えば、次の新しいアイデアも思い浮かびやすくなります。 § もしその場で大きく発展できないなら、とりあえずメモ帳に書き留めておくといいでしょう。 いったんアイデアを寝かせます。 そのとき、ひらめきを発展できなくても、しばらくしてから考えると、うまく発展できることがあります。 大きく発展させようとあれこれ考えるとき、想像力・発想力を鍛えるトレーニングになります。 小さなひらめきを軽視せず、大きく発展させていく。

24
★1

1つのアイデアには、100万円の価値がある。

ひらめいたアイデアを生かすためには、書き留める習慣が大切です。 常にペンとメモ帳を持参しておき、アイデアが浮かんだら書き留めます。 きれいな字を意識する必要はありません。 汚い字でもいいので、1分1秒でも早く書き留めることが大切です。 アイデアは流れ星のように、突然現れては、すぐ消えてしまいます。 忘れないうちに書き留めることで、貴重なアイデアを文字として残せ、生かせるようになります。 しかし「アイデアを書き留める」と言うのは簡単ですが、これがなかなか難しい。 頭では「書き留めたほうがいい」と分かっていても、少し手間暇がかかるため、面倒な気持ちが出てきます。 「たまにはメモをサボってもいいよね」 「小さなアイデアだから、メモしなくてもいいだろう」 油断の心が生まれ、書き留める習慣をサボってしまう。 本来アイデアは価値のあるものですが、まだきちんとした形になっていないため、価値が感じられにくい。 雲のようにぼんやりとしていて、存在感が曖昧です。 そのため、つい油断の心が生まれるのです。 もしアイデアを書き留めるのがおっくうでサボりそうになれば、こう考えてください。 「1つのアイデアに、100万円の価値がある」と。 アイデアに「100万円」という値札をつけてみましょう。 アイデアに具体的な金額がつくことで、価値が実感しやすくなり、書き留めるモチベーションが高くなるでしょう。 「今すぐ書き留めておかないと損をする!」と思うでしょう。 もちろん金額の大小はアイデアの内容によりますが、少なくとも経済的価値があるのは事実。 アイデアに「100万円」という値札をつけることで、無駄にできない気持ちが強くなるはずです。 実際、1つのアイデアが100万円に化けるのは十分あり得る話です。 アイデアを形にして、商品化・サービス化まで具体化させ、世の中にインパクトを与えれば、100万円の価値になるでしょう。 むしろ100万円を超える価値を生むことも夢ではありません。 大きなアイデアはもちろん、小さなアイデアも書き留めるようにしましょう。 ひらめいたとき、無駄なアイデアと感じても、後から有効に変わる可能性もあります。 アイデアに無駄は1つもありません。 無駄に感じるのは、まだ具体的な形になっていないからです。 まだ具体的な形になっていなくても、大化けする可能性があります。 小さなひらめきから大きなひらめきまで、頭に浮かんだインスピレーションは、すべて書き留めるつもりになりましょう。 「1つのアイデアには、100万円の価値がある」と考えれば、何が何でも書き留めたくなります。 「1つのアイデアには、100万円の価値がある」と考えて、書き留めるモチベーションを上げる。

25
★0

アイデア発想は、苦しむものではなく、楽しむもの。

アイデアを出すのは、苦しい作業です。 簡単にアイデアが出るなら、誰も苦労しません。 「アイデアを出す」という言うのは簡単でも、実際は難しい。 時間がかかり、労力も必要です。 施行に集中しても、なかなかうまくいかないことも少なくありません。 アイデアは、頭の中で生まれるものですが、1つのアイデアには多大なストレスが伴います。 しかし、苦しんでばかりでは、出るアイデアもでなくなります。 アイデア発想を嫌がっていると、頭の回転も悪くなり、なかなかアイデアも思い浮かびません。 「苦しい、苦しい」と思っていると、ますますストレスが増え、思考を硬直させてしまいます。 ここで大切な姿勢があります。 「アイデア発想は、苦しむものではなく、楽しむもの」と考えてください。 アイデア発想は、感情や感性が重要です。 感情や感性を盛り上げていくためには、楽しむことが重要です。 アイデア発想を楽しむようにすると、心に火がつき、テンションが上がります。 好奇心や遊び心が強くなり、ポジティブなパワーが湧き出てきます。 脳が活性化され、頭の回転がよくなり、アイデアが浮かびやすくなるのです。 「アイデアを考えるのは楽しくて面白い!」 「素晴らしいアイデアを出して、周りを驚かせたい!」 自分で自分に明るい言葉を語りかけ、テンションを上げていきましょう。 「楽しまなければ損!」という気持ちで考えましょう。 明るい気持ちになったほうが、脳が元気に活動します。 なかなか楽しい気持ちになれないなら、自分のアイデアが仕事で役立っているところをイメージするといいでしょう。 「いいアイデアだね! ありがとう! おかげでうまくいきそうだよ!」 褒められている様子をイメージすると、アイデアを考える作業も楽しくなるでしょう。 自分のアイデアが役立っていることほど嬉しいことはありません。 自分のアイデアが社会貢献できている実感が湧けば、ポジティブな気持ちになりやすくなります。 思考力・想像力・発想力には限界がありません。 あなたの頭は、素晴らしいアイデアを生み出す製造機です。 視点を変えることも、逆に考えることも、新しく組み合わせることも、すべて「エンターテイメント」として楽しみましょう。 なかなかアイデアが出ないときはストレスを感じますが、簡単に諦めないでください。 ストレスすら「快感」と思えるようになれば、アイデアが出るのは時間の問題です。 アイデア発想を楽しめば、心も視野も広がって、潜在的な能力が発揮できるようになります。 アイデア発想は、苦しむものではなく、楽しむものなのです。 アイデア発想を楽しむ。

26
★0

最初の形にこだわると、アイデアの発展を妨げる。

アイデアでこだわってはいけないことがあります。 それは「最初の形」です。 アイデアを出すのは、言うのは簡単でも、実際は難しいもの。 簡単にアイデアが出ることもありますが、実際は一定の苦労が伴います。 うなって粘って苦しんで、手間と時間をかけた結果、ようやく思いついた念願のアイデア。 アイデアは出すまでに苦労が伴っているため、そのままの形で通したい気持ちが出やすい。 「変えたくない」 「このままの形で維持したい」 情が出て、大切にしたい気持ちが出てくるでしょう。 未練や執着といった気持ちも出るかもしれません。 自分でも気づかないうちに、いつの間にか最初の形にこだわることが少なくありません。 まるで別れがこじれた恋人関係のようです。 しかし、最初の形にこだわってしまうと、アイデアの発展を妨げてしまいます。 最初の形は、あくまで最初の形です。 アイデアは発展させていくものであり、固定化させるものではありません。 よりよいアイデアに発展させていくためにも、最初の形にこだわらず、どんどん変えていきましょう。 肉付けをしてもいい。 アレンジを加えてもいい。 アイデアの一部を削ってもいい。 アイデアを別のアイデアと合体させてもいい。 最初のアイデアを、後から180度ひっくり返してもいい。 原形をとどめないくらい、どんどんアイデアの形を変えていきましょう。 最初の形にこだわらず、形を発展させていくことで、アイデアを磨いていけます。 平凡だったアイデアが、いつの間にか斬新なアイデアに化けるのです。 最初の形にこだわらないようにする。

27
★0

自分の頭だけで考えていると、狭い世界にとらわれる。

アイデアを考えるとき、すべて自分で考えるのは注意しましょう。 「アイデアなのだから、自分で考えなければ意味がない」 「自分がアイデアを出して、形になるまできちんと仕上げる」 もちろんアイデアを出す段階なら、自分で考えることが必要でしょう。 アイデアを発想する段階なら、しっかり脳に汗をかき、自分で考えるのが基本です。 知恵を絞って、知識や経験を総動員すれば、何らかのアイデアが浮かぶでしょう。 自分が考えてアイデアを出してこそ「自分のアイデア」と言えるでしょう。 特に責任感が強い人なら、アイデアの発想から仕上げまで、すべて1人でこなそうとするでしょう。 「最後まですべて自分で考え、アイデアを完成させたい」という責任感は素晴らしい。 責任感を持ってアイデアを考える姿勢は立派です。 しかし、アイデアのすべてを自分だけで仕上げようとするのは要注意です。 自分が考えたところで、しょせん自分だけの世界です。 1人だけでアイデアを発展させようとすると、自分の知識・経験の範囲でしか考えることができなくなります。 自分の世界にとらわれると、視野が限られてしまい、狭い範囲でしか見ることができなくなります。 いつの間にか先入観にとらわれ、偏った見方になっていることもあります。 自分で考える姿勢は立派ですが、限界があることも理解しておかなければいけません。 そこで必要としたいのが「人の意見」です。 すべて自分で考えるのではなく、行き詰まりや限界を感じたら、素直に人を頼ってみましょう。 相談に乗ってもらうような形で話しかけ、自分のアイデアについて意見をもらえばいいのです。 「こんなアイデアがあるんだけど、どう思う?」 「もっとアイデアを大きくするには、どうすればいいと思う?」 人に意見を聞いてみると、何か意見がもらえ、思わぬ発想が得られることがあります。 相談相手は誰でもかまいません。 たとえば、同僚や部下、上司や先輩です。 職場の人たちなら相談を持ちかけやすいでしょう。 意外な視点から意見をくれて、アイデアの深掘りに役立つことがあります。 もちろん専門知識を持っていない人でもかまいません。 たとえば、家族・友達・知り合いなどです。 むしろ専門知識を持っていないからこそ、一般目線の意見を知ることができます。 他人の意見は、新鮮な視点を与えてくれます。 「なるほど。そういう考え方があったのか!」 ぱっと視界が開け、行き詰まっていたアイデアが再び動き始めるでしょう。 自分の頭で発想するのは大切ですが、それですべてを完結させないことです。 アイデアに行き詰まりや限界を感じたら、素直に人を頼ってみるのが得策です。 自分の知識や経験に執着せず、広く人の意見を取り入れてこそ、より素晴らしいアイデアに完成させていけます。 自分だけでアイデアを完結させようとせず、人の意見を取り入れてみる。

28
★0

アイデアパーソンになったつもりで考えよう。

アイデアを出すなら「ある人」になりきることが大切です。 それは「アイデアパーソン」です。 アイデアを出すなら、まず自分がアイデアパーソンになったつもりで考えましょう。 「自分は非凡な人間で、アイデアパーソンではない」 そう思うかもしれませんが、いったん現実は無視してください。 今の自分は、まったくアイデアが浮かばない凡人であってもかまいません。 自分がどんな状態であれ、アイデアパーソンになったと考えること。 たとえ自分に自信がなくても、思い込みでいいので、アイデアパーソンになったと考えましょう。 テレビや雑誌で活躍する発想の達人たちを思い出すと、アイデアパーソンをイメージしやすくなるでしょう。 すると、どうなるか。 自然とアイデアが浮かびやすい状態になるのです。 「自分は無能な人間だ」と思うときと「自分はアイデアパーソンだ」と思うときとでは、頭の働き方が違います。 単なる意識の違いで表向きは何も変わりありませんが、思考と精神の状態が変わります。 「自分はアイデアパーソンだ」と思うと、自然と意欲が高まり、テンションも上がっていきます。 自然と頭の回転がよくなって、鋭い思考がしやすくなる。 自己暗示の力が働き、自分の潜在的な能力が発揮されます。 常識や先入観にとらわれない考え方がしやすくなり、アイデアが出やすくなるのです。 意識や気分の問題ではありますが、アイデアを出す上では有効です。 自分の中に眠る、豊かな発想力のスイッチが入るのです。 さあ、アイデアパーソンになったつもりで、アイデア作業に取りかかりましょう。 世間から注目されているアイデアパーソンになっている様子を想像してみるといいでしょう。 アイデアパーソンになって考えていると、あなたの潜在的な能力が発揮されます。 結果として、本当のアイデアパーソンになれるのです。 アイデアパーソンになったつもりで、アイデア作業に取りかかる。

29
★0

アイデアがひらめきやすい環境「4B」とは。

アイデアがひらめきやすいと言われる環境が4つあります。 「Bathroom」「Bus」「Bed」「Bar」です。 4つのBの頭文字を取って「アイデア発想の4B」と呼ばれます。 この4つの環境は、適度にリラックスしやすいタイミングのため、アイデア発想に有効です。 上手に4Bを活用すると、アイデア発想がスムーズになるでしょう。 ●Bathroom Bathroomとは「トイレ中」「入浴中」を意味します。 トイレ中や入浴中は、心身ともにリラックスしています。 緊張から解放された瞬間、思わぬ発想がひらめくことが少なくありません。 トイレ中は一瞬かもしれませんが、短い時間なりに考えることがあるでしょう。 用を足すのが終わっても、便座に座っているとき、不思議と考え事がはかどるものです。 古代ギリシャの数学者・物理学者アルキメデスが「アルキメデスの原理」を思いついたのも、入浴中として有名です。 このことから、アイデアがひらめきやすい場所は、紀元前から同じであることがうかがえます。 ●Bus 乗り物の「バス」の意味するところは「移動中」です。 たとえば、バス・電車・タクシー・新幹線・飛行機などです。 電車やバスの窓から、外をぼんやり眺めているとき、妙に思考が研ぎ澄まされた経験はないでしょうか。 バスや電車の中は、リラックスしやすい環境でありながら、刺激の多い場所でもあります。 バスや電車の中には、壁面広告や中づり広告があり、クリエイティブな刺激が得られます。 また、窓の外からさまざまな光景を見ることができ、短時間でさまざまな刺激が得られます。 ただし、移動中の中でも注意したいのが、車の運転中です。 車の運転中に、考え事をするのは、交通事故を引き起こす原因になります。 アイデア発想をするなら、自分で運転する必要がない、公共の交通機関を利用するのがいいでしょう。 ●Bed Bedとは「ベッドルーム」のことであり「寝室」を意味します。 寝室には、落ち着いた照明と静かで空間があります。 寝室でのんびりしているときは、考え事がはかどります。 ベッドルームという場所や寝る間のタイミングを利用すれば、アイデア発想もスムーズになるでしょう。 ただし、1つ注意点があります。 床に入ってから考え事をするのは控えておくほうがいいでしょう。 考え事が気になって寝られなくなります。 横になって目をつぶれば、いったん考え事は中断して、夢の世界に入るのがいいでしょう。 ●Bar Barとは「バー」「居酒屋」などを意味します。 アルコールには、リラックスを促す作用があります。 アルコールには、交感神経の働きを抑え、副交感神経の働きを促し、リラックスをもたらす作用があります。 お酒を飲んで適度に酔って気分がよくなると、常識やルールの枠から外れた考え方をしやすくなるでしょう。 ほろ酔いを楽しみながら考え事をしていると、普段ならできない発想ができ、アイデアが浮かびやすくなります。 バーや居酒屋でお酒を楽しんでいるとき、思わぬアイデアが浮かぶかもしれません。 ただし、注意点が2つあります。 (注意点1)1人で静かに飲むこと バーや居酒屋とはいえ、大勢で賑やかに飲んでいる場合、この法則に当てはまりません。 単なるどんちゃん騒ぎで終わるでしょう。 アイデア発想を促したいなら、1人で静かに飲んでいるときが有効です。 (注意点2)酔いすぎないこと いくらアルコールの働きがアイデア発想に有効とはいえ、酔いすぎては意味がありません。 あくまで「ほろ酔い」を楽しむ程度が適切です。 理性と自制心を保ててこそ、アイデア発想がスムーズになります。 アイデアがひらめきやすい環境として「4B」を利用する。

30
★0

アイデアは、実行してこそ意味がある。

「素晴らしいアイデアが出た」 「アイデアを練って大きく発展させた」 「見栄えや体裁を整え、根拠も加え、実用的な状態まで仕上げた」 素晴らしいアイデアが出れば、さぞ大きな達成感が得られるでしょう。 資料集めから始まり、しっかり脳を働かせて生み出したアイデアは、誇らしく思うはずです。 アイデアが出て完成すれば、大きな仕事をやりきった達成感があるでしょう。 完成されたアイデアは、もはや「作品」と言っても過言ではありません。 しかし、満足するのはまだ早い。 アイデアが出て、完成すれば、最後に大切な仕事が残っています。 それが「実行」です。 アイデアが完成すれば、できるだけ早く実行に移しましょう。 どれだけ素晴らしいアイデアも、実行しなければ、価値はゼロ。 実行しなければ「アイデアを考えただけ」ということになり、ただの自己満足で終わります。 実行するまでは、まだ現実に変化がありません。 実行してこそ、現実に変化が生まれます。 余計な後回しは不要です。 準備やタイミングの問題もありますが、できるだけ早く実行に移すようにしましょう。 待たなければいけないときもありますが、事情が解消され次第、できるだけ早く実行するのが正解です。 タイミングを見計らう必要があるなら、ベストタイミングではなくベタータイミングで実行しましょう。 ベタータイミングであれば、素早く実行しやすくなります。 時間が経つにつれて、アイデアが風化したり時代遅れになったり可能性があります。 ベストなアイデアも、タイミングが遅れると、価値が半減します。 あまりもたもたしていると、競合他社が先にアイデアを実行して、アイデアの優位性が失われることもあります。 後回しにしているうちに、実行する熱意や意欲も失われていきます。 余計な後回しをしたところで、いいことは1つもありません。 理想は、アイデアが完成した直後の実行です。 1分1秒でも早く実行しましょう。 「アイデアが完成したので今から実行します」と言えるようになりたい。 熱意と意欲があるうちに実行したほうが、アイデアも成功しやすくなります。 うっかり実行を忘れそうなら、実行する予定を立ててください。 カレンダーやスケジュール帳に予定として組み込んでおけば、余計な後回しを防げるでしょう。 アイデアを考えただけで満足しないこと。 アイデアは、実行してこそ意味があるのです。 アイデアが出て、完成すれば、1分1秒でも早く実行する。

同じカテゴリーの作品