アイデア発想

アイデアを出す
30の方法

  • 「何となく」でアイデアは出ない。
    アイデアを出すには、
    方法論がある。
アイデアを出す30の方法

もくじ
  1. 「何となく」でアイデアは出ない。
    アイデアを出すには、方法論がある。

    アイデアを出すとき、ありがちな姿勢は「何となく」です。
    ・何となく考えて、いいアイデアを出そうとする
    ・何となく上を見つめながら、自然とアイデアが出るのを待つ

  2. アイデアに、センスや才能は必要ない。
    必要なのは、方法と努力。

    「アイデアを出すにはセンスが必要」
    「才能がないと、素晴らしいアイデアも出ない」
    アイデアにセンスや才能は必要と考えている人も多いのではないでしょうか。

  3. アイデアとは何か。

    私たちは日常で「アイデア」という言葉を使うことがあります。
    「仕事でアイデアが必要になった」
    「アイデアを出したい」

  4. アイデアとは、既存要素の新しい組み合わせにすぎない。

    アイデアはどこから生まれるのでしょうか。
    アイデアを出す上で、まず知っておきたい基本があります。
    「アイデアとは、既存要素の新しい組み合わせにすぎない」という事実です。

  5. アイデアを出す第1段階は、資料集め。

    アイデアを出したいとき、まず何から始めますか。
    目をつぶり「アイデアが出ろ!」と祈る人もいるかもしれません。
    上を向きながら、適当に考え、アイデアを出そうとする人もいるでしょう。

  6. アイデア発想には、基本の5段階がある。

    「何から取り組んでいけばいいか分からない」
    アイデアを出そうとするとき、どう取り組めばいいか分からない人も多いのではないでしょうか。
    アイデアを出すのは、運任せでもなければ、精神論でもありません。

  7. アイデアを出すなら「質」より「量」を意識しよう。

    アイデアを出すなら、量と質の考え方が大切です。
    「アイデアは、質と量のどちらが大切か」
    そう聞かれたら、あなたはどう答えますか。

  8. 常識で考えているかぎり、平凡なアイデアは生まれても、斬新なアイデアは生まれない。

    私たちには「常識」という共通ルールを意識しながら生きています。
    常識とは、社会が共通に持つ、知識や考え方のことをいいます。
    アイデアを出そうとするとき、普通は常識の範囲で考えるのが一般的です。

  9. アイデアには、好奇心と遊び心が必要。
    ばかになって考えよう。

    アイデアを発想するとき、真面目になっていませんか。
    もちろん真面目であることは素晴らしい姿勢です。
    サボらず怠けず真面目に取り組めば、集中しやすくなり、仕事もスムーズです。

  10. 「変わり者」と言われることを恐れるな。

    斬新なアイデアを発想するには、非常識に考えることが必要です。
    常識で考えているかぎり、常識的なアイデアしか出てきません。
    あっと驚くような斬新なアイデアには、非常識に考えることが必要不可欠。

  11. 逆に考えるのを習慣にすれば、斬新なアイデアが出やすくなる。

    アイデアを考える基本の1つ。
    それは、逆に考えることです。
    アイデアを考えるときは、まず逆に考える発想を身につけてください。

  12. アイデアに必要なのは、記憶力より記録力。
    常に書き留める準備をしておき、最速で書き留めよう。

    アイデアは、一瞬しかひらめきません。
    前兆も前触れもなく、突然頭の中に白く輝くものが現れます。
    アイデアがひらめいたら、直後の行動が大切です。

  13. 最初から根拠を考えない。
    根拠は後から考えよう。

    アイデアを出すときに考えてはいけないもの。
    それは、根拠です。
    アイデアを考えるなら、最初は根拠を気にしてはいけません。

  14. インターネットに依存した情報収集には要注意。

    「何かアイデアのヒントはないだろうか」
    そう思って手を伸ばすのは、インターネットでしょう。
    現代はインターネット社会です。

  15. 部屋にこもってばかりでは、よいアイデアは出ない。
    本当のヒントは、外にある。

    部屋の中でアイデアを出そうとしていませんか。
     
    たしかに部屋の中でもアイデアを出すことは可能です。

  16. 明確な目標を決めておこう。
    カラーバス効果によって、アイデアのヒントが見つかりやすくなる。

    アイデアのヒントを探すなら、あらかじめ決めておきたいことがあります。
    それは「明確な目標」です。
    「私は○○を達成したい」

  17. 何でもヒントにする。
    何でもヒントになる。

    私たちがヒントを見つけようとするとき、情報の取捨選択を行います。
    「これはヒントになる。これはヒントにならない」
    心の中でそう考えながら、情報を振り分けているでしょう。

  18. ひたすら新しい組み合わせを試し続けるだけでいい。

    アイデアを考える基本の1つ。
    それは「新しい組み合わせ」です。
    既存要素に、別の要素を組み合わせてみましょう。

  19. 制約は、アイデア発想の起爆剤。

    「なかなかアイデアが浮かばない」
    そんなときは、アイデア発想に「制約」を作ってください。
    「制約を作ると、不便になる」

  20. アイデアを探すなら、熟読の必要はない。
    見出しやまとめを読むだけで十分。

    アイデアのヒントを見つける際、本は有用です。
    本は、知識と知恵の宝庫。
    本を読むのは専門家の話を聞くのと同じであり、知性や教養を高めるにも欠かせません。

  21. アイデア発想では、アナログとデジタルのどちらが有利か。

    アイデア発想は、アナログとデジタルのどちらが有利でしょうか。
    アイデアは「感性」「センス」「インスピレーション」というイメージがあるためでしょうか。
    アイデアを考えるとき「アナログのほうがよい」と考える人もいるでしょう。

  22. 気分転換やリフレッシュによって、アイデアが促される。

    アイデアを考える上で、ときどき取り入れておきたいことがあります。
    それは、気分転換やリフレッシュです。
    もちろん、ただ気分転換やリフレッシュを入れればいいわけではありません。

  23. 小さなひらめきを軽視しない。

    アイデアを出すには、小さなひらめきを大切にしましょう。
    実は普段から私たちは、発想やアイデアをたくさん思いついています。
    自覚もあれば、無自覚もあります。

  24. 1つのアイデアには、100万円の価値がある。

    ひらめいたアイデアを生かすためには、書き留める習慣が大切です。
    常にペンとメモ帳を持参しておき、アイデアが浮かんだら書き留めます。
    きれいな字を意識する必要はありません。

  25. アイデア発想は、苦しむものではなく、楽しむもの。

    アイデアを出すのは、苦しい作業です。
    簡単にアイデアが出るなら、誰も苦労しません。
    「アイデアを出す」と言うのは簡単でも、実際は難しい。

  26. 最初の形にこだわると、アイデアの発展を妨げる。

    アイデアでこだわってはいけないことがあります。
    それは「最初の形」です。
    アイデアを出すのは、言うのは簡単でも、実際は難しいもの。

  27. 自分の頭だけで考えていると、狭い世界にとらわれる。

    アイデアを考えるとき、すべて自分で考えるのは注意しましょう。
    「アイデアなのだから、自分で考えなければ意味がない」
    「自分がアイデアを出して、形になるまできちんと仕上げる」

  28. アイデアパーソンになったつもりで考えよう。

    アイデアを出すなら「ある人」になりきることが大切です。
    それは「アイデアパーソン」です。
    アイデアを出すなら、まず自分がアイデアパーソンになったつもりで考えましょう。

  29. アイデアがひらめきやすい環境「4B」とは。

    アイデアがひらめきやすいと言われる環境が4つあります。
    「Bathroom」「Bus」「Bed」「Bar」です。
    4つのBの頭文字を取って「アイデア発想の4B」と呼ばれます。

  30. アイデアは、実行してこそ意味がある。

    「素晴らしいアイデアが出た」
    「アイデアを練って大きく発展させた」
    「見栄えや体裁を整え、根拠も加え、実用的な状態まで仕上げた」

同じカテゴリーの作品