アイデア発想

アイデアを考えるのが楽しくなる
30の言葉

  • あなたの頭は、
    アイデア工場。
    勝手な思い込みで、
    操業停止に追い込まないこと。
アイデアを考えるのが楽しくなる30の言葉

もくじ
  1. あなたの頭は、アイデア工場。
    勝手な思い込みで、操業停止に追い込まないこと。

    「アイデアを考えるのは難しい」
    「自分にはアイデアを考えるのは無理」
    「アイデア発想は、センスや才能がないとできない」

  2. アイデアは、3分考えることから始めよう。

    アイデアを考えるには、どのくらい時間が必要でしょうか。
    どのくらい気合が必要でしょうか。
    「アイデアを考える」と聞くと、まとまった時間を確保して、気合を入れなければいけないと思うかもしれません。

  3. アイデア発想に欠かせない3つのポイント。
    ばかになること、子供に戻ること、遊び心で考えること。

    アイデア発想に欠かせないポイントが、3つあります。
    「ばかになること」「子供に戻ること」「遊び心で考えること」です。
    どれか1つが大切ではなく、どれも大切です。

  4. アイデアパーソンになっても、アイデアオタクになるな。

    アイデアを考える上で、注意しておきたい言葉があります。
    「アイデアパーソンになっても、アイデアオタクになるな」です。
    アイデアパーソンとは「次々アイデアを出す人」「秀逸なアイデアを考えつく人」のことをいいます。

  5. 強い意志があってこそ、アイデア発想を成し遂げられる。

    アイデアを出すためには、成し遂げようとする気持ちが大切です。
    それは「アイデアを出す!」という強い意志です。
    「できればひらめいてほしい……」

  6. アイデアの出方には、波がある。
    出るときは出るが、出ないときは出ない。

    アイデアは、出方に波があります。
    アイデアが出ないときは、出ません。
    きちんと方法論に従っていても、アイデアが出ないことがあります。

  7. 尊敬する人になったつもりで考えると、発想の幅が広がる。

    アイデアを考えるときに役立つのが「尊敬する人」です。
    尊敬する人に聞くのではありません。
    尊敬する人になったつもりで考えてみるのです。

  8. 頭が固い人のメモは、整然として美しい。
    頭が柔らかい人のメモは、ぐちゃぐちゃで汚い。

    メモの書き方は、頭の柔らかさに関係するポイントの1つです。
    頭が柔らかい人は、きれいな字で整然としたメモを取るように思えますが、ここに誤解があります。
     

  9. 「何だろう?」と疑問を持たせる言葉が、よいキャッチコピー。

    キャッチコピーは、いかにお客様の心をつかめるかです。
    ありふれた言葉では、お客様の心をつかめません。
    いくら響きのいい言葉でも、陳腐で平凡では、素通りされてしまうでしょう。

  10. 作品は、加えるだけでなく、削ることも大切。
    潔く削る勇気が、作品の完成度を高める。

    作品の価値を高めるには、工夫を加えることが大切です。
    初期の作品は未熟であるため、工夫を加えることで価値を高めていきます。
    見やすくする、分かりやすくする、使いやすくする、面白くする、かわいくする、美しくする。

  11. ネタを集める力が、アイデアを出す力になる。

    アイデアは、既存要素の新しい組み合わせにすぎません。
    そのため、アイデアを考えるときは、ネタを集めることが大切です。
    実際のところ、アイデアを出せるかどうかは「ネタ集めで決まる」と言っても過言ではありません。

  12. アイデア専用のメモ帳を作るだけで、アイデア力がアップする。

    思いついたアイデアは、どこかに書き留めますか。
    普段携帯している手帳に書き留めることもあるでしょう。
    机の上にあるメモ用紙に書き留めることもあるでしょう。

  13. アイデアを考えるだけで、アイデア力を鍛えるトレーニングになっている。

    アイデア力は、いつ鍛えられるのでしょうか。
    アイデア力が鍛えられた実感は「アイデアが出たとき」に湧きやすいのではないでしょうか。
    頭の中で、さまざまな想像や発想を膨らました結果、アイデアがひらめきます。

  14. 「自分は分かっていない」という前提から考えると、アイデアが生まれる。

    アイデアを考えるときには、大切にしたい前提があります。
    それは「自分は分かっていない」という前提です。
    アイデアを考えるとき、すでに知っている言葉なら、あらためて調べることはありません。

  15. 1軍ノート・2軍ノートを準備するだけで、アイデアの総監督になれる。

    アイデアを考えるときは、ノートが欠かせません。
    思いついたことをノートに書き留めることで、後から振り返ることができるようになります。
    どんなに記憶力が悪い人でも、記録さえしておけば、消えることはありません。

  16. アイデアが出そうなところをイメージするのではない。
    アイデアが出たところをイメージする。

    アイデアを考えるときに大切なのは「成功イメージ」です。
    優秀な営業マンは、契約が取れているところをイメージしています。
    一流のアーティストは、音楽で人々を魅了しているところをイメージしています。

  17. 言い訳も後回しもしない。
    今すぐアイデアを考え始めよう。

    アイデアを考えなければいけないにもかかわらず、後回しにしていませんか。
    「アイデアは、時間があるときに考えよう」
    「このテレビ番組を見終わってから考えよう」

  18. 質問を変えるだけで、いいアイデアが出る。

    アイデアを考えるコツの1つは、質問です。
    いいアイデアを考えるためには、自分に質問を投げかけ、それに答えようとします。
    「どうすれば速くなるか」

  19. アイデアを考え出すことは、大いなる投資。

    「アイデアを考える」とは何でしょうか。
    「発想を膨らませること」
    「インスピレーションを得ること」

  20. アイデアは、隠すより話したほうがいい、3つのメリットとは。

    思いついたアイデアは、ぜひ人に話しましょう。
    こそこそ隠すより、どんどん話したほうがいい。
    「人にアイデアを話すと、盗まれそうだ」

  21. 練りすぎたアイデアは、作られすぎて面白くない。

    アイデアは、練りすぎに注意しましょう。
    「アイデアは、練れば練るほど面白くなる」
    そう思っている人も多いのではないでしょうか。

  22. アイデアを出しすぎて、怒られることはない。

    アイデアは、まず量です。
    最初はとにかく量を意識して、どんどん出していきましょう。
    出して、出して、出しまくる。

  23. 理性は大切。
    感性はもっと大切。

    アイデア発想でまず大切なのは、理性です。
    感情に流されず、筋道を立てて物事を考え、判断するということです。
    何事も、理性で考え、理性で判断します。

  24. 体を鍛えて体力をつけることが、アイデア発想の底力になる。

    アイデアパーソンになるなら、体を鍛えて体力をつけましょう。
    「体を鍛えても意味がないのではないか」
    疑問に思う人も多いでしょう。

  25. アイデアが出ないから、呼吸が浅くなるのではない。
    呼吸が浅いから、アイデアが出なくなる。

    「アイデアが出なくて苦しい」
    そんなときは、呼吸が浅くなっていないか確認してみてください。
    アイデアが出ないときは、呼吸が浅くなっていることが多い。

  26. 偶然思いつくアイデアもあっていい。
    まぐれも実力のうち。

    あるとき、まぐれでアイデアを思いつくことがあります。
    ・人から聞いた話でひらめいた
    ・書店で立ち読みした本の一節からインスピレーションを得た

  27. 黙っていても仕方ない。
    アイデアに自信があるなら、積極的にアピールしよう。

    上司やクライアントから依頼されて、アイデアを考えることがあります。
    話を聞いているうちに、頼まれてもいないのに、アイデアが出ることもあります。
    思いついたアイデアをどうするか。

  28. アイデア発想は、ダイヤモンドの採掘。
    諦めかけたときが正念場。

    アイデア発想は、ダイヤモンドの採掘に似ています。
    ダイヤモンドの採掘は「この辺りにあるだろう」と目星をつけて掘り始めます。
    掘って、掘って、掘りまくる。

  29. アイデアを振り絞る切り札は、根気。

    アイデアを出していくにつれて、だんだんネタが尽きてきます。
    最初は普通のアイデアが出てきます。
    誰でも思いつくような、平凡で陳腐なアイデアです。

  30. アイデアが報われなかった悔しさは、次の仕事で晴らそう。

    頑張ってアイデアを考えたものの、報われないことがあります。
    ・じっくり考えたものの、素晴らしいアイデアが出なかった
    ・たくさんアイデアを考えたものの、すべて不採用になった

同じカテゴリーの作品