執筆者:水口貴博

仕事ができる人になる
30の方法

13
0

クオリティーの高い仕事ができるから、
プロ意識を持つのではない。
プロ意識を持つから、
クオリティーの高い仕事ができる。

クオリティーの高い仕事ができるから、プロ意識を持つのではない。プロ意識を持つから、クオリティーの高い仕事ができる。 | 仕事ができる人になる30の方法

お金をもらって仕事をするかぎり、プロ意識を持つことが欠かせません。

お客様から見れば、社員であろうとアルバイトであろうと「会社の人」として映ります。

たとえ入社したばかりの新人であろうと「会社の人」として映ることに変わりありません。

お金をもらって仕事をするからには、スキルやキャリアに関係なく、プロ意識を持って仕事に取り組むことが大切です。

では、お金をもらっていない仕事ならプロ意識を持たなくていいのでしょうか。

いいえ、これも違います。

お金をもらう仕事でなくても、プロを目指しているなら、堂々とプロ意識を持っていいのです。

「上を目指したい」「素晴らしい仕事をしたい」などの成長目標があるなら、どんどんプロ意識を持つことです。

プロ意識を「プロだけに許されたもの」と誤解しないことです。

あくまで意識の話です。

どんな意識を持つかは、個人の自由です。

アマチュア意識のままでは、プロになるのはおろか、永遠のアマチュアで終わってしまいます。

プロ意識を持つから飽くなきチャレンジに挑戦でき、どんどんスキルが磨かれていきます。

そして、本当にプロになっていくのです。

まだ十分な実力が身についていなくても「私はプロだ!」という意識を持つことは大いに推奨です。

「いつか絶対プロになってやる!」という思いがあるなら、アマチュアのうちからプロ意識を持ってください。

「私はプロだ!」という意識を持つことで、仕事に対する姿勢が引き締まります。

目線が上向きになり、集中力が高まり、右肩上がりの成長が実現します。

クオリティーの高い仕事ができるから、プロ意識を持つのではありません。

プロ意識を持つから、クオリティーの高い仕事ができるのです。

プロ意識を持つことに早すぎることはないのです。

仕事ができる人になる方法(13)
  • プロを目指しているなら、スキルや役職に関係なく、プロ意識を持って仕事をする。
頭と体の両方で行動する。
頭で間接的な行動、体で直接的な行動。

仕事ができる人になる30の方法
仕事ができる人になる30の方法

  1. 仕事ができる人は、自分を口説ける人だ。
    仕事ができる人は、自分を口説ける人だ。
  2. 仕事ができる人とできない人の違いは「意識」だ。
    仕事ができる人とできない人の違いは「意識」だ。
  3. 考えるより、やってしまう人間が成功する。
    考えるより、やってしまう人間が成功する。
  4. やりたいことを大切にする人は、時間を大切にする人だ。
    やりたいことを大切にする人は、時間を大切にする人だ。
  5. 気合のある人ほど手に力が入り、字にも迫力が出てくる。
    気合のある人ほど手に力が入り、字にも迫力が出てくる。
  6. 成功に大切なことは、たった3つ。<br>「本」「人」「経験」。
    成功に大切なことは、たった3つ。
    「本」「人」「経験」。
  7. 計画を立てると、要領がよくなる。
    計画を立てると、要領がよくなる。
  8. スピードを出すほど、失敗を感じなくなる。
    スピードを出すほど、失敗を感じなくなる。
  9. メリットよりデメリットに注意を向けることで、より良い判断ができるようになる。
    メリットよりデメリットに注意を向けることで、より良い判断ができるようになる。
  10. やりながら、次のことを考える。<br>せっかく出たスピードを落とさない。
    やりながら、次のことを考える。
    せっかく出たスピードを落とさない。
  11. 解決するから行動するのではない。<br>行動するから解決する。
    解決するから行動するのではない。
    行動するから解決する。
  12. お金をもらって仕事をするかぎり、プロ意識は必須。
    お金をもらって仕事をするかぎり、プロ意識は必須。
  13. クオリティーの高い仕事ができるから、プロ意識を持つのではない。<br>プロ意識を持つから、クオリティーの高い仕事ができる。
    クオリティーの高い仕事ができるから、プロ意識を持つのではない。
    プロ意識を持つから、クオリティーの高い仕事ができる。
  14. 頭と体の両方で行動する。<br>頭で間接的な行動、体で直接的な行動。
    頭と体の両方で行動する。
    頭で間接的な行動、体で直接的な行動。
  15. 仕事ができない人は、ぎりぎりで出社する。<br>仕事ができる人は、余裕を持って出社する。
    仕事ができない人は、ぎりぎりで出社する。
    仕事ができる人は、余裕を持って出社する。
  16. 人を助けることで、自分が助かる。
    人を助けることで、自分が助かる。
  17. 迷っていると、時間がどんどん過ぎていく。<br>さっと決めれば、すぐ行動できる。
    迷っていると、時間がどんどん過ぎていく。
    さっと決めれば、すぐ行動できる。
  18. プロ意識が同じ人同士は、人生経験が酷似し、話が合う。
    プロ意識が同じ人同士は、人生経験が酷似し、話が合う。
  19. 「学生の仕事は、勉強だ」
    「学生の仕事は、勉強だ」
  20. 家族を大切にすることは、自分を大切にすること。
    家族を大切にすることは、自分を大切にすること。
  21. 人望があるからにっこりしているのではなく、にっこりしているから人望を集められる。
    人望があるからにっこりしているのではなく、にっこりしているから人望を集められる。
  22. 毎日の生活リズムがきれいな人は、当たり前ができている。
    毎日の生活リズムがきれいな人は、当たり前ができている。
  23. 失敗は避けるためにあるのではない。<br>失敗は体当たりするためにある。
    失敗は避けるためにあるのではない。
    失敗は体当たりするためにある。
  24. 感謝とお礼は、できるだけ早くする。
    感謝とお礼は、できるだけ早くする。
  25. 仕事をしている感覚さえなくそう。<br>習慣にしてしまえばいい。
    仕事をしている感覚さえなくそう。
    習慣にしてしまえばいい。
  26. 異物こそ、成長に必要。<br>むかつくのではなく、飲み込んでしまおう。
    異物こそ、成長に必要。
    むかつくのではなく、飲み込んでしまおう。
  27. 仕事ができる人は、アドバイスをたった一言に圧縮できる。
    仕事ができる人は、アドバイスをたった一言に圧縮できる。
  28. 仕事ができる人は、名前をしっかり覚えることができる。
    仕事ができる人は、名前をしっかり覚えることができる。
  29. 疲れたら、しっかり休む。
    疲れたら、しっかり休む。
  30. いろいろな主義を持っている人が、臨機応変にこなせる人。
    いろいろな主義を持っている人が、臨機応変にこなせる人。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION