アイデア発想

発想力を鍛える
30の方法

  • 発想力は、
    すべての社会人に必要なスキル。
発想力を鍛える30の方法

もくじ

発想力は、すべての社会人に必要なスキル。

発想力は、すべての社会人に必要なスキル。

「発想力を鍛えて、何の意味があるの?」
そう思う人もいるかもしれません。
もちろんクリエイティブな仕事に就いているなら、発想力は重要でしょう。

発想力とは何か。

発想力とは何か。

日常で「発想力」という言葉を聞くことがあります。
「発想力を鍛えよう」
「アイデアは発想力が大事」

大人になった今こそ、発想力を鍛える適齢期。

大人になった今こそ、発想力を鍛える適齢期。

「発想力を鍛えるなら、子供時代が大切」
「発想力は、大人になるにつれて失われる」
「大人になってから発想力を鍛えるのは難しいのではないか」

気力・体力・精神力には、限界がある。
思考力・想像力・発想力には、限界がない。

気力・体力・精神力には、限界がある。思考力・想像力・発想力には、限界がない。

「いくら考えても、アイデアが出ない」
「なかなかアイデアが思い浮かばない」
「これ以上アイデアを考えても、無駄なのだろうか」

発想力を鍛えるのに、力を入れて頑張る必要はない。
力を抜いて、遊び心を爆発させる。

発想力を鍛えるのに、力を入れて頑張る必要はない。力を抜いて、遊び心を爆発させる。

発想力を鍛えるにはどうすればいいのでしょうか。
「鍛える」という響きのせいでしょうか。
「体を鍛える」という表現があるように、発想力を鍛えるときも「力を入れて頑張る」というイメージがあるかもしれません。

知識と経験を増やすことは、発想力を鍛えることにつながる。

知識と経験を増やすことは、発想力を鍛えることにつながる。

発想力を鍛える最も基本的な方法の1つ。
それは「知識と経験を増やすこと」です。
発想する力を鍛える前提として、まず知識や経験が必要です。

バスや電車は、発想力を鍛えるトレーニング場。

バスや電車は、発想力を鍛えるトレーニング場。

バスや電車の中では、どんな過ごし方をしていますか。
目的地に到着するまで、本を読んだり音楽を聴いたりしているでしょう。
外の景色をぼうっと眺めたりすることもあるかもしれません。

通勤経路を変えると、発想力が刺激される。

通勤経路を変えると、発想力が刺激される。

発想力を鍛えるなら、通勤経路を変えてみましょう。
あなたはいつもどんな通勤経路を利用していますか。
「最短の通勤経路」「通りやすい道」を選んでいることが多いのではないでしょうか。

漫画や小説で、別シナリオや後日談を考えてみる。

漫画や小説で、別シナリオや後日談を考えてみる。

あなたにはお気に入りの小説や漫画がありますか。
「読み終わった」と思っても、それがすべてとは限りません。
小説や漫画のシナリオは1通りでも、想像力・発想力を生かせば、楽しみ方はほかにもあります。

忙しいからアイデアが出ないということはない。
暇だからアイデアが出るということもない。

忙しいからアイデアが出ないということはない。暇だからアイデアが出るということもない。

アイデア発想で、よくある誤解があります。
それは、時間の必要性です。
アイデアを出すのに時間は必要でしょうか。

仕事本番を練習代わりにしていい。
仕事上の課題は、発想力を鍛える絶好の題材。

仕事本番を練習代わりにしていい。仕事上の課題は、発想力を鍛える絶好の題材。

物事には「練習」と「本番」の2つがあります。
最初に本番という目的があって、そのために練習を行うのが一般的です。
勉強やスポーツでは、本番を練習代わりにするのは言語道断です。

普通に考えるだけでは、アイデアは出ない。
徹底的に考え抜いてこそ、アイデアが出る。

普通に考えるだけでは、アイデアは出ない。徹底的に考え抜いてこそ、アイデアが出る。

アイデアを出すときには、考えることが必要不可欠です。
ぼうっとしながら、あるときぱっとひらめくこともありますが、実際はまれです。
アイデアを出すためには、ある程度考える努力が必要です。

集中して考えるのは大切。
リラックスして考えるのはもっと大切。

集中して考えるのは大切。リラックスして考えるのはもっと大切。

アイデアを出すなら、集中して考えることが大切です。
一にも二にも、集中力。
勉強でも仕事でも、集中して行うことが大切です。

持ち物にニックネームをつけて、発想力と愛着を手に入れよう。

持ち物にニックネームをつけて、発想力と愛着を手に入れよう。

発想力を鍛えるトレーニングとして、持ち物に名前をつけましょう。
普通の名前をつけるのではありません。
ニックネームをつけるのです。

あえて興味関心のないことに取り組んでみよう。

あえて興味関心のないことに取り組んでみよう。

発想力を鍛えるキーワードの1つが「興味関心」です。
興味関心のあるものに触れるのではありません。
興味関心のないものに触れるのです。

制限時間を設けると、アイデアが出やすくなる。
適度なタイムプレッシャーは、頭の回転を促してくれる。

制限時間を設けると、アイデアが出やすくなる。適度なタイムプレッシャーは、頭の回転を促してくれる。

アイデア発想では、時に「制限時間」が有効です。
制限時間があるとタイムプレッシャーになり、むしろアイデア発想の妨げになると思うかもしれません。
たしかにタイムプレッシャーが過度になると、大きなストレスがかかるため、想像力・発想力の妨げになります。

険しい表情をしていては、いい発想はできない。
にこにこ明るい表情をしているから、発想力が高まる。

険しい表情をしていては、いい発想はできない。にこにこ明るい表情をしているから、発想力が高まる。

発想するとき、どんな表情をしているか振り返ってみましょう。
しかめ面になっていませんか。
眉間にしわを寄せていませんか。

連想ゲームは、発想力を鍛えるトレーニング。

連想ゲームは、発想力を鍛えるトレーニング。

発想力を鍛えるのに有効な方法の1つが「連想ゲーム」です。
連想ゲームとは、ある事柄から、それと関連の別の事柄を思い浮かべ、どんどんつなげていく遊びです。
しりとりゲームをすることはあっても、意外と連想ゲームをすることは少ないのではないでしょうか。

「なぜ」は、発想力を鍛える魔法の言葉。

「なぜ」は、発想力を鍛える魔法の言葉。

発想力を鍛える魔法の言葉があります。
「なぜ」です。
身の回りで疑問に思うことがあれば「なぜ」と問いかけ、自分なりに理由を考えてみましょう。

発想力があるから、創作活動をするのではない。
創作活動をするから、発想力が鍛えられる。

発想力があるから、創作活動をするのではない。創作活動をするから、発想力が鍛えられる。

発想力を鍛えるトレーニングとして「創作活動」に取り組んでみましょう。
「創作活動なんてできない」
「センスも才能もない」

類義語辞典は、発想力を鍛える教科書。

類義語辞典は、発想力を鍛える教科書。

発想力を鍛えるために、持っておきたい辞典があります。
国語辞典ではありません。
類義語辞典です。

複数の仕事に携わることで、アイデア発想が加速する。

複数の仕事に携わることで、アイデア発想が加速する。

効率よくアイデアを出す方法の1つ。
それは「複数の仕事に携わる」という方法です。
複数の仕事に携わると、注意力・集中力がそがれて、かえってアイデアが出にくくなると思うかもしれません。

短所や欠点に注目すると、アイデアが出にくくなる。
長所や美点に注目すると、アイデアが出やすくなる。

短所や欠点に注目すると、アイデアが出にくくなる。長所や美点に注目すると、アイデアが出やすくなる。

アイデアを出すとき、集めた資料を眺めていきます。
アイデアとは、既存要素の新しい組み合わせです。
「この組み合わせはどうだろうか」と、頭の中で想像を膨らましながら、あれこれ組み合わせていきます。

想像力と発想力の違いとは。

想像力と発想力の違いとは。

「想像力」と「発想力」。
それぞれ似たような言葉です。
たしかにどちらも「イメージする」という点は共通です。

社会貢献のイメージが、アイデア発想を加速させる。

社会貢献のイメージが、アイデア発想を加速させる。

アイデアを考えるとき、あるイメージをすることが大切です。
それは「社会貢献」です。
「趣味でアイデアを考える」

アイデア発想が脱線したとき、どうするか。

アイデア発想が脱線したとき、どうするか。

アイデアを考えていると、途中で発想が脱線することがあります。
私たちの会話でも、途中で話が脱線することがあるように、アイデアを考えるときも、途中で発想が脱線することがあります。
ある目的に向けてアイデアを考えるものの、途中からだんだん発想がそれてきて、別の妄想が膨らんでいきます。

諦めやすい人は、発想力を鍛えられない。
粘り強い人が、発想力を鍛えられる。

諦めやすい人は、発想力を鍛えられない。粘り強い人が、発想力を鍛えられる。

あなたは、諦めやすい人ですか。
それとも粘り強い人ですか。
もし諦めやすいなら要注意です。

お酒とコーヒーは、アイデア発想をスムーズにする飲み物。

お酒とコーヒーは、アイデア発想をスムーズにする飲み物。

アイデア発想をスムーズにさせる飲み物が、2つあります。
「コーヒー」と「お酒」です。
どちらも私たちの生活になじみのある飲み物ですが、アイデアを考えるとき、利用価値があるでしょう。

発想力に自信があれば、堂々と履歴書に書いていい。

発想力に自信があれば、堂々と履歴書に書いていい。

履歴書には、得意なことを記入する欄があります。
あなたはどんなことが得意ですか。
得意なことの種類は、人それぞれです。

一番大切なのは、実際に取り組み、継続すること。

一番大切なのは、実際に取り組み、継続すること。

発想力を鍛える方法として、最後に一番大切なことがあります。
それは「実際に取り組み、継続する」ということです。
「実際に取り組むこと」と「継続すること」の両方が欠かせません。

同じカテゴリーの作品