人生の教科書



アイデア発想
類義語辞典は、発想力を鍛える教科書。
アイデア発想
想像力と発想力の違いとは。
アイデア発想
発想力とは何か。
アイデア発想
一番大切なのは、実際に取り組み、継続すること。
アイデア発想

発想力を鍛える
30の方法

  • 発想力は、
    すべての社会人に必要なスキル。
発想力を鍛える30の方法

もくじ

1
★0

発想力は、すべての社会人に必要なスキル。

「発想力を鍛えて、何の意味があるの?」 そう思う人もいるかもしれません。 もちろんクリエイティブな仕事に就いているなら、発想力は重要でしょう。 小説を書いたり絵を描いたり音楽を作ったりなど、創作性・芸術性が求められる仕事なら、発想力はあればあるほど役立ちます。 ユニークを求められる仕事では、一にも二にも発想力。 クリエイティブな仕事は「発想力が勝負」と言っても過言ではありません。 一方で、クリエイティブな仕事をしていない人なら、不必要であるように思えるでしょう。 会社から指示に従って、仕事を淡々とこなすのみ。 マニュアルに沿って仕事を進めれば、最低限の成果を出せます。 「発想力を鍛えて、何の意味があるの?」と疑問に思うことが多いのではないでしょうか。 しかし、クリエイティブな仕事に就いていなくても、やはり発想力は重要です。 私たちの仕事を見ると、発想力が必要な場面は意外とたくさんあります。 たとえば、仕事でトラブルが発生したときです。 トラブルの解決策を考えますが、このとき発想力が要求されます。 「どう解決すればいいか」「どんな方法が効果的か」「WIN-WINになる方法はない」と、さまざまな方法を思い浮かべます。 あらゆる状況を想定しながら、さまざまな選択肢を検討するでしょう。 実績のある解決法だけでなく、時にはまったく新しい解決策を生み出すこともあるでしょう。 発想力が豊かだと、思い浮かぶ手段も増えるため、問題解決がスムーズになります。 つまり「発想力が上がる=問題解決能力が上がる」といえます。 また、取引先の前でプレゼンをしなければいけない場面があるとします。 「取引先が歓迎しそうな提案」「見やすい資料構成」「魅力が伝わるプレゼン」を考えるとき、発想力が役立ちます。 発想力を生かすことで、魅力的な提案ができたり、スマートなプレゼンを行いやすくなったりします。 発想力があればあるほど、ユニークな提案をしやすくなるでしょう。 自分に有利な進め方ができるようになり、スマートな仕事ができるようになります。 また、仕事の効率を改善するときも、発想力です。 「もっと仕事のスピードを上げたい」と思ったとき、何かいい方法ないか発想を膨らませます。 スペックの高い道具を買えば済む話ですが、それでは面白くありません。 発想力があれば、低予算で実現できる方法を編み出せるでしょう。 経費削減と効率アップを同時に実現できるアイデアを出せば、会社からも歓迎されるはずです。 したがって、発想力は誰にでも必要です。 発想力は、仕事の応用力だけでなく、社会を渡り歩く処世術にもつながります。 「自分には関係ない」と思うのではなく「自分にも身近なテーマ」と考えたほうがいいでしょう。 発想力は、クリエイティブな仕事をしている人に限りません。 発想力は、すべての社会人に必要なスキルなのです。 クリエイティブな仕事に就いていなくても、発想力は必要と考える。

2
★1

発想力とは何か。

日常で「発想力」という言葉を聞くことがあります。 「発想力を鍛えよう」 「アイデアは発想力が大事」 「発想力こそが、世の中を変える」 「発想力がないと、クリエイティブな仕事ができない」 発想力という言葉は普段からよく聞くものの、意味の理解が曖昧になっている人も多いのではないでしょうか。 想像力と発想力を混同している人もいるでしょう。 よく聞くものの「発想する力」という、大まかな理解しかしていないのではないしょうか。 しかし、曖昧な理解には要注意です。 意味の理解が曖昧になっていると、コミュニケーションに食い違いが生まれます。 またトレーニングの方向性を誤ることにもなりかねません。 きちんと意味を理解してこそ、発想力を鍛えるトレーニングのモチベーションも高まります。 発想力を鍛えたいなら、まず発想力の意味から確認していきましょう。 発想力とは何か。 一言で言うと「アイデアを生み出す力」のことをいいます。 たとえば、解決したい課題があって、一般的な方法ではうまくいかないとき、新たに別の方法を考えなければいけません。 視点や発想を変えたり、知識や経験を総動員させたりした末「ある工夫」を思いつきます。 この工夫こそ、アイデアです。 発想力さえあれば、不可能を可能にする希望を見いだせます。 こうしたアイデアを生み出す力を、発想力といいます。 発想力は、芸術活動を行うときも欠かせません。 アイデアを出すには、既存要素の新しい組み合わせを見つけることが必要です。 既存要素をうまく組み合わせることで、これまでにない独創的な価値を生み出せるようになります。 芸術は、発想力の勝負と言っても過言ではありません。 発想力があれば、新しい組み合わせの種類が増えるため、アイデアを出しやすくなります。 すべての人に発想力は備わっていますが、個人差があります。 最低限の発想力しかなく、能力を眠らせている人もいれば、普段から発想力を鍛え、どんどん仕事に生かしている人もいます。 発想力を鍛えることで、問題解決能力が高まって仕事がスムーズになったり、芸術的な能力を発揮しやすくなったりします。 発想力は、なくて困ることはあっても、あって困ることはありません。 きちんと発想力の意味を理解して、発想力を鍛えましょう。 「発想力とは、アイデアを生み出す力」 発想力の意味を理解することは、発想力を鍛える第一歩です。 発想力とは「アイデアを生み出す力」と理解する。

3
★1

大人になった今こそ、発想力を鍛える適齢期。

「発想力を鍛えるなら、子供時代が大切」 「発想力は、大人になるにつれて失われる」 「大人になってから発想力を鍛えるのは難しいのではないか」 発想力という響きのせいでしょうか。 発想には、柔らかい頭が必要かのような印象があるため、大人になってから鍛えるのは難しいと考える人もいるかもしれません。 たしかに柔らかい頭があれば、柔軟な発想がしやすくなるでしょう。 常識や固定観念にとらわれず、ユニークなアイデアを出しやすくなるはずです。 年齢を重ねるごとに頭が固くなるので、大人になったら発想力を鍛えるのは難しいと考える人もいるでしょう。 まだ世間をよく知らない子供のほうが、純粋な心を持っているので、発想力を鍛えやすい条件がそろっているように思えます。 しかし、ここに誤解があります。 発想力は、子供のほうが有利とは限りません。 発想力とは「アイデアを思いつく力」のことをいいます。 アイデアを思いつくためには、前提として知識を知っておく必要があります。 知識は、アイデア発想の土台です。 知識がなければ、どれだけ頭が柔らかくても、アイデアを思いつけません。 そのため、大人になって発想力を鍛えることはできないと思うのは誤解です。 むしろ逆です。 大人のほうが有利です。 知識や経験は、アイデアを思いつく強力な武器。 大人のほうが知識や経験が豊富にあるため、選択肢が多くなり、アイデアが思いつきやすくなります。 芸術家に、高齢の現役が数多くいることが、何よりの証拠です。 年齢が高くなるにつれて、知識と経験が増えるため、発想力を鍛えやすくなります。 博識で経験が豊富な大人なら、発想力を鍛える最高の条件がそろっています。 大切なことは、諦めないことです。 発想力には限界がありません。 諦めずに鍛えていけば、大人になってからぐいぐい高めていくことが可能です。 大人になって頭が固くなっているなら、再び柔らかくすればいいだけです。 「できない」と頑固にならず「きっとできる」と素直になったほうが、トレーニングもスムーズです。 発想力に自信がなくても大丈夫です。 今は発想力が弱くても、これから鍛えて強化していけばいいのです。 発想力が低い分だけ、伸びしろが期待できるため、成長の実感が得られやすくなるでしょう。 発想力は、中年以降になっても鍛えることが可能です。 「今さら」と考えるのではなく「今こそ」と考えましょう。 大人になった今こそ、発想力を鍛える適齢期です。 大人になって今こそ、発想力を鍛える適齢期と考える。

4
★3

気力・体力・精神力には、限界がある。
思考力・想像力・発想力には、限界がない。

「いくら考えても、アイデアが出ない」 「なかなかアイデアが思い浮かばない」 「これ以上アイデアを考えても、無駄なのだろうか」 時間をかけても、いくら頑張って考えても、アイデアが出ないときがあるでしょう。 そんなとき「もう無理だ」と思って諦めそうになります。 あらゆる可能性を探った上でアイデアが出なければ、希望の道が閉ざされ、諦めるしかないように思えます。 ここが正念場です。 諦めてしまえば、そこでおしまいです。 気力・体力・精神力が限界であれば、まだ諦めるのも賢明です。 気力・体力・精神力には、限界があります。 有限であり、上限があります。 無理なものは無理。 気力・体力・精神力に関しては、限界以上に頑張るのはよくありません。 気力も体力も精神力も、使った分だけ消耗する性質があります。 一時的に無理をして、120パーセントの力を発揮できることもありますが、長期的な継続は困難です。 限界を無視して頑張りつつづけると、ストレスとプレッシャーに押しつぶされます。 最悪の場合、病気に発展する可能性もゼロではないのです。 しかし、思考力・想像力・発想力は違います。 思考力・想像力・発想力には、限界がありません。 上限が存在せず、無限の可能性があります。 諦めさえしなければ、いくらでも広げたり深めたりできます。 そのため、限界を感じたとしても、諦めさえしなければ、いつか達成できるです。 思い出してください。 エジソンもアインシュタインも安藤百福も、アイデアの天才に共通するのは「諦めない」という習慣です。 諦めない姿勢は、アイデアを出す基本でありながら、極意でもあります。 なかなかアイデアが出ないとき、こう考えてください。 「アイデアがない」ではなく「まだ見つかっていないだけ」と。 じっくり考えれば、まだまだ取り組めることがあるはずです。 別の角度から見たり、新しい組み合わせを考えてみたり、さらに関連資料を集めたりです。 気分転換やリフレッシュを挟んだり、時間を置いて考えたりするといいでしょう。 行き詰まりや限界を感じたら、相談という話で人を頼ってみるのも1つの方法です。 とにかく諦めないこと。 思考力・想像力・発想力には限界がありません。 諦めなければ、いつか素晴らしいるアイデアが生まれるのです。 なかなかアイデアが出なくても、とにかく諦めない。

5
★1

発想力を鍛えるのに、力を入れて頑張る必要はない。
力を抜いて、遊び心を爆発させる。

発想力を鍛えるにはどうすればいいのでしょうか。 「鍛える」という響きのせいでしょうか。 「体を鍛える」という表現があるように、発想力を鍛えるときも「力を入れて頑張る」というイメージがあるかもしれません。 もちろん頑張ることは大切です。 仕事でも勉強でもスポーツでも、頑張るからこそ、成果を上げることができます。 遊んでばかりでサボっている人より、きちんと真面目に頑張っている人のほうが、結果が出やすい。 頑張れば必ず報われるとは限りませんが、結果を出している人は必ず頑張っています。 当たり前のことであり、誰も異論はないでしょう。 しかし、発想力に関しては、力を入れて頑張ることが効果的とは限りません。 発想力を鍛えるには、頭を柔らかくする必要があります。 常識や先入観にとらわれず、できるだけ思考を自由な状態にすることが大切です。 余計な力を入ると、思考の柔軟性が失われるため、現実的な考え方になります。 常識や先入観にとらわれてしまい、結果として発想が固くなってしまうのです。 発想力を鍛えるなら、逆を心がけましょう。 力を入れるのではありません。 むしろ力を抜くのです。 発想力を鍛えるのに、力を入れて頑張る必要はありません。 もちろん気合も必要ありません。 肩の力を抜き、リラックスしましょう。 常識や先入観を忘れ、柔らかい心を意識しながら、自由に発想できる状態にしましょう。 特に大切なのは「遊び心」です。 勉強やスポーツでは、遊んでばかりいると成績が下がりますが、発想力では逆です。 頭の中であれば、いくら遊んでもOKです。 真面目な発想からくだらない発想まで、どんなことでも発想していい。 遊べば遊ぶほど、さまざまな視点から見ることができるようになり、発想力が鍛えられます。 頑張るのではなく、遊びましょう。 踏ん張るのではなく、楽しみましょう。 ただ遊び心を持つのではなく、爆発させましょう。 どれだけ力を抜き、どれだけ遊び心を爆発させるかです。 頭の中なら、どれだけ遊び心を爆発させてもかまいません。 発想力を鍛えるなら、ゲーム感覚で取り組むくらいでちょうどいい。 力を抜いて、遊び心を爆発させることで、発想力を鍛えられていきます。 発想力を鍛えるときは、力を抜いて、遊び心を爆発させる。

6
★1

知識と経験を増やすことは、発想力を鍛えることにつながる。

発想力を鍛える最も基本的な方法の1つ。 それは「知識と経験を増やすこと」です。 発想する力を鍛える前提として、まず知識や経験が必要です。 知識や経験のないことは、発想しようにも発想できません。 鉛筆を知らない人が、鉛筆のアイデアを発想することはできません。 一人旅を経験したことがない人が、一人旅のアイデアを発想するのも難しいでしょう。 知識や経験は、発想力の土台です。 知識や経験があるからこそ、それを手がかりに発想することができるようになります。 もちろん知識や経験さえあれば十分というわけではありませんが、少なくとも最低限の知識や経験は必要です。 そのため、発想力を鍛えるなら、まず知識と経験を増やしていく努力が大切です。 すべての知識や経験を身につけるのは不可能ですが、発想したい分野の知識は役立ちます。 たくさん知識を吸収しましょう。 書籍・雑誌・新聞を読んで、知識を吸収します。 知識なら何でもいいですが、できるだけ質の高い知識のほうが有用です。 できるだけ信頼できる媒体を選ぶと、質の高い知識に触れやすくなります。 いろいろな人から話を聞くことで、吸収できる知識もあるでしょう。 「すべての人は先生」と思って接すると、真剣に話を聞きやすくなります。 「知識は栄養」と思って、貪欲に吸収していく姿勢が大切です。 「興味関心がない」と一蹴するのではなく「興味関心がないから勉強してみる」という姿勢が大切です。 興味関心を持つと、楽しく勉強できる上、吸収力も高まります。 知識が増えるにつれて、視野や見識が広くなり、豊かな発想力につながります。 もう1つ大切な要素は、経験です。 同じ知識でも、経験が伴った知識は違います。 実際に経験をすることで、座学では分からないことを理解できます。 経験には、プラスしかありません。 成功・失敗にかかわらず、どんな経験でも役立ちます。 「経験がないからやめておく」ではなく「経験がないからやってみる」という積極的な姿勢で取り組んでみましょう。 五感を通した経験は、一生涯の財産です。 経験が増えるにつれて、世界観や人生観が広がっていくことを実感できるでしょう。 ●知識や経験の偏りに注意する 知識や経験を増やすとき、できるだけ偏らないように注意してください。 同じような知識や経験ばかりでは、発想も偏ってしまいます。 吸収している情報が偏ると、偏見や固定観念といった先入観にとらわれやすくなり、限定した発想しかできなくなります。 知識・経験のバランスは、発想力のバランスにつながります。 完全に偏りをなくすことはできなくても、減らすことならできるはずです。 できるだけえり好みせず、多種多様な知識や経験を吸収してこそ、発想力が鍛えられていきます。 さまざまな知識や経験を増やしていく。 知識や経験を増やすとき、できるだけ偏らないように注意する。

7
★1

バスや電車は、発想力を鍛えるトレーニング場。

バスや電車の中では、どんな過ごし方をしていますか。 目的地に到着するまで、本を読んだり音楽を聴いたりしているでしょう。 外の景色をぼうっと眺めたりすることもあるかもしれません。 もちろん過ごし方は自由ですが、ぜひ「発想力のトレーニング」という選択肢も検討してみてください。 バスや電車の中は、発想力を鍛える場所だからです。 電車やバスの中には、壁面広告や中づり広告があります。 注目してほしいのは「広告にあるキャッチコピー」です。 各企業が出している広告には、キャッチコピーがあります。 キャッチコピーには、人の心をつかむような書き方がされています。 短い一言だからこそ、心によく響きます。 どのキャッチコピーも洗練されていて、すでに完成されていますが、自分なりにアレンジしてみましょう。 「もっと面白いキャッチコピーを作ってみる」という意気込みでアレンジしてみてください。 たとえば、転職活動の広告に「同じ環境は、もう終わりにしよう」というキャッチコピーがあるとします。 「同じ仕事は、もう終わりにしよう」という言葉にアレンジしてみます。 新しい仕事への挑戦意欲が湧いて、仕事のモチベーションがアップするでしょう。 ビールの広告に「喉に震えるおいしさで、1日の疲れを癒やそう」というキャッチコピーがあるとします。 「心に響く言葉で、上司をあっと驚かせよう」という言葉でアレンジしてみます。 自分でアレンジしたキャッチコピーが、自分を励ましているように聞こえ、仕事の意欲が高まるでしょう。 コピーライターになった気分で言葉をアレンジして、自分の生活に生かします。 頭の体操になり、発想力を鍛えることができます。 自分が今携わっているビジネスにつなげてみるのも面白いでしょう。 そうすれば、アレンジしたキャッチコピーを仕事で生かせることもできるでしょう。 キャッチコピーをそのまま使うのは著作権法に触れますが、自分の頭でアレンジするなら問題ありません。 制限時間は、目的地に到着するまでです。 制限時間があることで、適度な緊張感が生まれ、頭の回転を促します。 あくまでアレンジなので、特別なルールはありません。 堅苦しく考えず、ぜひ遊びの気分で楽しんでみてください。 たとえうまくアレンジできなくても、少なくとも発想力を鍛えるトレーニングになるので無駄にはなりません。 バスや電車は、発想力を鍛えるトレーニング場なのです。 広告のキャッチコピーを、もっと面白く、自分なりにアレンジしてみる。

8
★0

通勤経路を変えると、発想力が刺激される。

発想力を鍛えるなら、通勤経路を変えてみましょう。 あなたがいつもどんな通勤経路を利用していますか。 「最短の通勤経路」「通りやすい道」を選んでいることが多いのではないでしょうか。 通勤経路が固定されていて、同じ道を通ることが多いはずです。 慣れた道なら熟知しているので、ストレスもなく、安心して利用できます。 迷子になる心配もありません。 もちろん最短や通りやすい道もいいですが、いつも同じ通勤経路では変化がありません。 最初は新鮮だった刺激も、慣れてしまえば、ないも同然です。 見慣れた風景では、わくわくすることもどきどきすることもなくなります。 刺激が単調になり、マンネリにつながるのです。 想像力・発想力を働かせる機会もなくなってしまいます。 そこでおすすめなのかが「通勤経路を変えてみる」という方法です。 通勤経路を変えると、そこにはいつもと違った景色が広がっています。 おしゃれなカフェ、珍しいデパート、不思議な雰囲気の雑貨店。 面白い看板、噴水のある公園、地域の公民館。 きれいな川、大きな石碑、古い神社仏閣。 きっといろいろなものに出会えるでしょう。 初めて見る風景から、新鮮な刺激を受けるはずです。 行きと帰りで別々の道を通れば、刺激量も2倍に増えます。 「何か新しい出会いはないかな」という考えながら歩くと、ますます効果的です。 冒険心・探究心・好奇心を大切にしながら、まずます五感が敏感になります。 感覚が研ぎ澄まされることで、新しいものに気づきやすくなります。 新しい刺激を得ることで、視野や世界観が広がり、発想やアイデアにつながりやすくなります。 慣れないうちは、帰りだけ通勤経路を変えてみるのも悪くありません。 毎回少しずつパターンを変えていくと、多くのバリエーションを楽しめます。 もし方向音痴なら、迷子にならない程度に通勤経路を変えるといいでしょう。 通勤経路を少し変える程度なら、方向音痴の人でも無理なく取り組めるでしょう。 通勤経路が少し変わるだけで、街の景色はがらりと変わります。 通勤経路を変えることで、新鮮な刺激に触れることができ、マンネリを断ち切れます。 「新しい刺激が増える」ということは「アイデアのネタが増える」ということです。 新しい刺激が新しい着想に結びつき、発想力が鍛えられるのです。 早速今日から、通勤経路を変えてみませんか。 足場が悪かったり通りにくかったりする道でもかまいません。 少し遠回りになったとしても「運動になる」と思えば、プラスに感じるでしょう。 冒険者になったつもりで、見知らぬ道を歩いてみましょう。 新しい通勤経路には、アイデアにつながるヒントがあります。 通勤経路を変えて、いつも違った新鮮な刺激を受ける。

9
★1

漫画や小説で、別シナリオや後日談を考えてみる。

あなたにはお気に入りの小説や漫画がありますか。 「読み終わった」と思っても、それがすべてとは限りません。 小説や漫画のシナリオは1通りでも、想像力・発想力を生かせば、楽しみ方はほかにもあります。 新しい楽しみ方として考えてみたいことがあります それは「別シナリオ」と「後日談」です。 別シナリオや後日談を考えることで、1つの作品から複数の物語を作れるため、楽しみ方が倍増します。 ●別シナリオを考える 自分のオリジナルで、別シナリオを考えてみましょう。 たとえば、出会うシーンなら、出会わなかったときのシナリオを考えてみます。 恋人と別れるシーンなら、交際関係が続いていたときのシナリオを考えてみます。 ベストタイミングのシーンなら、タイミングが合わなかったときのシナリオを考えてみます。 勝つシーンなら負けるシナリオを考え、負けるシーンなら勝つシナリオを考えてみます。 ハッピーエンドならバッドエンドを考え、バッドエンドならハッピーエンドを考えてみます。 あくまで想像ですから、どんなシナリオを考えても自由。 物語の雰囲気やテイストを考慮すると、別シナリオを想像しやすくなるでしょう。 自分の経験を生かせば、細かく具体的に考えやすくなるはずです。 「こうなればよかったのに!」と思うシーンがあれば、別シナリオを考えるベストタイミングです。 想像力・発想力を働かせて、自分なりに別シナリオを考えてみましょう。 シナリオライターになった気分になれるでしょう。 ●後日談を考えてみる 完結している物語なら、後日談を考えてみるのも面白いでしょう。 幸せな後日談を考えてみるのもよし。 意外な後日談を考えてみるのもよし。 少し考えをひねって、不幸な後日談を考えてみるのも悪くありません。 後日談なら、完全に新しいシナリオを考えることになるため、もう1人の著者・漫画家になった気分を味わえるでしょう。 結末に不満があるなら、自分好みの後日談で、物語を再完結させてみます。 頭の中で「この後はこうなった」という続きのストーリーを考えるだけであっても、想像の世界に引き込まれるはずです。 後日談を考えるときも、1パターンだけでなく、複数のパターンを考えてみると、さらに楽しみ方が広がります。 § 難しく考えず、ぜひ気軽に取り組んでみてください。 別シナリオや後日談を考えると、楽しみ方の幅だけでなく、想像力・発想力の幅も広がります。 もっと面白いシナリオを作るつもりで考えれば、想像力と発想力が豊かになるでしょう。 物語は1つでも、想像力と発想力があれば、1つの作品から複数の物語を生み出すことが可能なのです。 漫画や小説で、別シナリオや後日談を考えてみる。

10
★1

忙しいからアイデアが出ないということはない。
暇だからアイデアが出るということもない。

アイデア発想で、よくある誤解があります。 それは、時間の必要性です。 アイデアを出すのに時間は必要でしょうか。 「忙しくて時間がないからアイデアが出ない。時間がさえあれば、いくらでもアイデアは出る」 ときどきそんな声が聞かれます。 たしかに忙しくて時間がないと、アイデアを考えにくいように思うでしょう。 そもそも物理的に時間がなければ、アイデアを考えるのも不可能。 仕事が大量にあって、多忙の日々を送っていると、落ち着いてアイデアを考えることができません。 たっぷり時間があって、余裕があれば、落ち着いてアイデアを考えることができるでしょう。 時間があればあるほど、アイデアもたくさん出るように思えるでしょう。 ここに誤解があります。 時間がなくても、アイデアは出ます。 忙しいとはいえ、完全に時間がゼロということはないでしょう。 たとえば、隙間時間です。 生活を振り返ると、まとまった時間はなくても、隙間時間ならあるはずです。 電車の待ち時間・信号の待ち時間があります。 移動中・入浴中にも時間があります。 トイレ中も、一瞬ではありますが、自由な時間があります。 短いですが、時間があるのは事実。 時間さえあれば、アイデアを考えることができます。 アイデアがひらめくのは、一瞬です。 長考の末にアイデアがひらめくこともありますが、突然アイデアがひらめくこともあります。 特に緊張から解放された瞬間は、アイデアがひらめきやすい場面の1つです。 短い時間を有効に活用すれば、アイデアを考える時間になります。 逆に、時間がたっぷりあれば、アイデアが出るとも限りません。 いくら時間があっても、本人にアイデアを出そうとする気持ちがなければ、時間があってもアイデアは出ません。 リラックスするにはいいかもしれませんが、生産的ではありません。 ぼんやりしている時間だけが過ぎていくでしょう。 逆に時間がありすぎて、気持ちが緩み、何をしていいのか分からなくなるときもあります。 時間を言い訳にしているうちは、いいアイデアは出ません。 時間を言い訳にしているうちは、まだ本気でアイデアを出そうとしていないだけです。 「アイデアを出すには時間が必要」という考え方自体が、すでに常識や固定観念に縛られています。 アイデアと時間は、ほとんど関係がありません。 忙しいからアイデアが出ないということはありません。 暇だからアイデアが出るということもないのです。 大切なのは「本気でアイデアを出そうとしているか」です。 本気でアイデアを出そうとしていれば、時間の大小に関係なく、アイデアは出ます。 アイデア発想に、時間の有無を言い訳にしない。

11
★0

仕事本番を練習代わりにしていい。
仕事上の課題は、発想力を鍛える絶好の題材。

物事には「練習」と「本番」の2つがあります。 最初に本番という目的があって、そのために練習を行うのが一般的です。 勉強やスポーツでは、本番を練習代わりにするのは言語道断です。 単位を落としたり、けがを招いたりするでしょう。 落第や入院など、重大なトラブルにつながる可能性もゼロではありません。 しかし、発想の場合は違います。 発想には、リスクがありません。 プラスはあっても、マイナスがない。 ミスや失敗があっても致命傷にはなりません。 そのため、発想を鍛えるなら、本番を練習代わりにすることが可能です。 発想の本番とは何か。 それは、あなたが今している仕事です。 仕事をしていると、何らかの課題が発生するでしょう。 たとえば、仕事上のトラブルです。 「ミスをしてしまった」 「職場の人間関係に悩んでいる」 「取引先との関係がうまくいかない」 何らかのトラブルが発生したとき、その対応のために発想力を働かせることがあるはずです。 また、改善したいこともあるはずです。 「時間を増やしたい」 「仕事のスピードを上げたい」 「効率を上げたい」 少しでも仕事をスムーズにするために、何かいい方法を模索することがあるはずです。 そのほか、新企画のアイデアを出さなければいけないときもあるでしょう。 同僚から仕事を頼まれ、知恵を振り縛らなければいけないときもあるでしょう。 スキルアップやキャリアアップのために、わざと自分に課題を与えることもあるはずです。 仕事では毎日、何らかの課題に追われている人も多いのではないでしょうか。 それらすべて、発想力を鍛える題材になります。 発想力は「仕事」という本番を通して練習しても問題ありません。 仕事上で発生する課題を題材にして、発想力を鍛えていきましょう。 オンザジョブトレーニングです。 仕事の課題を題材にすると、現実味が帯びるため、アイデアを出すモチベーションも上がるでしょう。 発想力は、頭を働かせることに意義があります。 アイデアが出ても出なくても、発想に向けて取り組んだ時点で効果的です。 もし発想の壁に直面したら、同僚や上司など、身近な人に相談を持ちかけてみるといいでしょう。 自分で考えず人の知恵を借りるのはNGですが、十分考えた上で人の知恵を借りるのはOKです。 複数人で協力して知恵を出し合えば、何か1つはいいアイデアが出るもの。 人の知恵を借りると「そういうアイデアがあったか!」と驚かされることがあるでしょう。 発想力が鍛えられるだけでなく、仕事にも役立つので、一石二鳥です。 仕事上の課題は、発想力を鍛える絶好の題材なのです。 仕事上の課題を、発想力を鍛える題材にする。

12
★1

普通に考えるだけでは、アイデアは出ない。
徹底的に考え抜いてこそ、アイデアが出る。

アイデアを出すときには、考えることが必要不可欠です。 ぼうっとしながら、あるときぱっとひらめくこともありますが、実際はまれです。 アイデアを出すためには、ある程度考える努力が必要です。 既存要素の新しい組み合わせを試しながら「ああでもない、こうでもない」と考えていきます。 ところが、きちんと考えているにもかかわらず、アイデアが出ないことが少なくありません。 「いろいろ考えたが、アイデアが出ない」 そういうとき、自分に問いかけてほしい一言があります。 「普通に考えるだけで終わっていないか」です。 普通に考えるだけで終わっているなら要注意です。 残念ながら、普通に考えるだけでは、アイデアは出ません。 普通に考えてアイデアが出るなら、誰も苦労しません。 ここで心がけたいのは「徹底的に考え抜く」という姿勢です。 アイデアを出すなら、あらゆる可能性を探るつもりで、徹底的に考え抜く姿勢が必要です。 ある組み合わせがしっくりこなければ、別の組み合わせを試してみます。 別の組み合わせがしっくりこないなら、さらに別の組み合わせを試してみましょう。 ある視点から見て、アイデアが浮かばなければ、別の角度から見てください。 別の角度から見ても、アイデアが浮かばなければ、さらに別の角度から見てみましょう。 考えるだけでは分からなければ、実際に試してみます。 実際に試してはっきりしなければ、別の方法で試してみます。 物理的な視野は360度が限界ですが、想像力・発想力の視野は無限です。 私たちが生きる現実世界は1つだけですが、頭の中の世界は無限にあります。 できるだけ視野を広げて、あらゆる可能性を探って考えてみます。 頭だけで考えるのではなく、きちんとノートに書き留めながら考えていきましょう。 自分の頭だけでは限界を感じるなら「人の知恵を借りる」という選択肢もあります。 数人が集まって考えれば、何かいい知恵が出るものです。 あらゆる視点、あらゆる手段、あらゆる組み合わせを網羅したい。 「必ずアイデアがあるはずだ!」と信じ、諦めないことです。 気力・体力・精神力とは違って、思考力・想像力・発想力には限界がありません。 「アイデアがない」という一言は、考え抜いた上で言えるセリフです。 考えるのではなく、考え抜きましょう。 アイデアは、徹底的に考え抜いたとき、出てきます。 アイデアを出すときは、普通に考えるのではなく、徹底的に考え抜く。

13
★1

集中して考えるのは大切。
リラックスして考えるのはもっと大切。

アイデアを出すなら、集中して考えることが大切です。 一にも二にも、集中力。 勉強でも仕事でも、集中して行うことが大切です。 アイデアを出すことに集中すると、頭の回転が速くなります。 五感が敏感になり、思考力・想像力・発想力が研ぎ澄まされ、潜在的な能力を発揮しやすくなる。 結果として、アイデアが出やすい状態になります。 アイデアを出すとき、集中して考えることが重要なのは間違いありません。 時には制限時間を設けることも有効です。 適度なタイムプレッシャーは、頭の回転を促す効果があります。 制限時間を設けることで適度な緊張感が生まれ、高い集中力を発揮しやすくなります。 では、とにかく集中すればいいかというと、そうではありません。 アイデア発想で大切なのは、集中して考えるだけではありません。 リラックスして考えることも大切です。 集中とリラックスは逆ですが、アイデア発想ではどちらも重要です。 リラックスすると、脳が自由で開放的な状態になります。 緊張から解放されることで、アルファ波が出る状態になり、より自由な発想がしやすくなります。 リラックスしていると、想像力や発想力が膨らみやすい状態になるため、斬新な発想がしやすくなります。 そのためアイデア発想では、気晴らしや気分転換も重要です。 ぶらぶら散歩しながら考える。 お風呂で湯船に浸かりながら考える。 夜空に浮かぶ星を見ながらぼんやり考える。 散歩中や入浴中など、リラックスできる状況は、ひらめきやすいタイミングです。 集中して考えることも大切ですが、リラックスして考えることも重視してください。 集中しながら考えるのは大切ですが、リラックスしながら考えるのはもっと大切なのです。 集中して考えるだけでなく、時にはリラックスして考える。

14
★0

持ち物にニックネームをつけて、発想力と愛着を手に入れよう。

発想力を鍛えるトレーニングとして、持ち物に名前をつけましょう。 普通の名前をつけるのではありません。 ニックネームをつけるのです。 ニックネームとは、本名とは別につけた、親しみの呼び名です。 人にニックネームをつけることはあっても、持ち物にニックネームをつけることは少ないのではないでしょうか。 「カバン」「携帯電話」「ボールペン」といった一般名称をそのまま使っていることが多いはずです。 しかし、持ち物にニックネームをつけるのはおかしなことではありません。 むしろ普段から使っている持ち物だからこそ、ニックネームをつけたい。 ニックネームをつけることは、発想力を鍛えるトレーニングになります。 ニックネームをつけようとすると、さまざまな角度から持ち物を観察して、発想を膨らませることになります。 ニックネームの付け方は自由です。 色や形からイメージを膨らませるのもよし。 印象や雰囲気からイメージを膨らませるのもよし。 音の響きで決めてみるのも悪くありません。 自分の感性と直感を頼りに、ニックネームをつけてみましょう。 たとえば、愛用のカバンなら「ラブリー」というニックネームをつけてみる。 黒い携帯電話なら「クロロ」というニックネームをつけてみる。 丈夫なボールペンなら「エクスカリバー」というニックネームをつけてみる。 ニックネームは、生活の豊かさにもつながるポイントなので、時間をかけて考えてもかまいません。 自分の好みで自由につけてみましょう。 もちろん途中で違和感が出てきたら、別のニックネームに変えてみるのもOKです。 ニックネームをつけていくと、楽しみながら発想力を鍛えられるでしょう。 ●愛着も湧きやすくなる ニックネームをつけるメリットは、発想力を鍛えるトレーニングだけではありません。 愛着も湧きやすくなるメリットもあります。 友達をニックネームで呼び始めると、急に親しくなった経験はないでしょうか。 ニックネームで呼び始めると、心理的な距離感が縮まって、ますます親しくなりやすくなります。 人がそうであるように、物でも同じです。 持ち物をニックネームで呼ぶようになると、距離感が縮まって、愛着も湧きやすくなります。 発想力を鍛えられるだけでなく、愛着を高められるため、一石二鳥です。 § 早速、身の回りの持ち物からニックネームをつけていきましょう。 ニックネームをつけるだけで、日常生活がもっと豊かになります。 発想力を鍛える簡単な方法としておすすめです。 身の回りの持ち物に、ニックネームをつける。

15
★2

あえて興味関心のないことに取り組んでみよう。

発想力を鍛えるキーワードの1つが「興味関心」です。 興味関心のあるものに触れるのではありません。 興味関心のないものに触れるのです。 私たちは普段、自分の興味関心を軸にして、同じような行動パターンを繰り返しがちです。 同じような食事を食べ、同じような服を着て、同じような本を読んでいます。 同じような音楽を聴き、同じような人と関わり、同じような生活を送っています。 もちろん悪いことではありません。 興味関心のあることに触れると、快感で、心地よく、快適です。 自分の価値観と合っているので違和感がありません。 しかし、同じ行動を繰り返してばかりでは、刺激が単調になります。 刺激が偏っていることに、自分でも気づいていないことが少なくありません。 最初は新鮮な刺激も、慣れてしまえば、何でもなくなります。 新しい世界を開拓できず、視野や世界観の制限につながってしまいます。 人の性格は、急に変わるものではありません。 自然に任せて過ごしていると、行動パターンが興味関心のあることに偏ってしまいます。 行動がパターン化すると、刺激もパターン化します。 興味関心に従った行動が、いつの間にか視野や世界観の制限につながる。 結果として、発想力の制限につながっていることがあるのです。 「最近マンネリを感じる」と思う瞬間があるなら、イエローカードです。 すでに生活がパターン化されているせいかもしれません。 そこで、逆のことに取り組みましょう。 あえて興味関心のないことに取り組んでみるのです。 興味関心のないことに近づけば、必ず新しい刺激と出会えます。 いつもと違った食事を食べ、いつもと違った服を着て、いつもと違った本を読みます。 いつもと違った音楽を聴き、いつもと違った人と関わり、いつもと違った生活を送ってみます。 行動パターンを180度変えてみるのも面白い。 意図的に行動パターンを変えると、新しい発見と出会え、新鮮な刺激を味わえます。 違和感を覚えるかもしれませんが「発想力を鍛えるトレーニング」と思いましょう。 たとえば、好みではない食事を食べてみましょう。 以前は「おいしくない」と感じても、今回は「意外とおいしい」と感じるかもしれません。 おいしくないなら「おいしくないこと」を楽しみましょう。 好みではない服を着てみましょう。 「こういう服を着ると、こういう気分になるのか」と、言葉では言い表せない、不思議な体験ができるでしょう。 慣れてくると、意外と似合っているように感じ始めるかもしれません。 興味関心のない本を読んでみましょう。 つまらないかもしれませんが、知の冒険をする気持ちで、じっくり読んでみます。 きっと初めて知ることが多く、視野や世界観が広がるでしょう。 読み進めていくうちに、意外と面白く感じるかもしれません。 いつもとは違ったジャンルの映画を見てみるのもおすすめです。 いつもとは違う感覚に包まれ、新鮮な気持ちを体感できるでしょう。 「こういう世界観もあるのか」と驚き、新しい疑似体験ができるはずです。 価値観が正反対の人と接してみましょう。 「世の中にはこういう人がいるのか」と衝撃を受け、人への理解が深まるに違いありません。 しばらく接していると、だんだん違和感が小さくなり、思いのほか仲良くなれるかもしれません。 反射的に避けるのはよくありません。 違和感に抵抗しながら経験するとき、発想力が鍛えられます。 新しい刺激に触れることで、視野と世界観が広がり、発想力が鍛えられるのです。 早速今から行動パターンを変えてみませんか。 合言葉は「興味関心がないから、やってみよう」です。 不思議なやる気が湧いて、行動しやすくなるでしょう。 あえて興味関心のないことに取り組んでみる。

16
★0

制限時間を設けると、アイデアが出やすくなる。
適度なタイムプレッシャーは、頭の回転を促してくれる。

アイデア発想では、時に「制限時間」が有効です。 制限時間があるとタイムプレッシャーになり、むしろアイデア発想の妨げになると思うかもしれません。 たしかにタイムプレッシャーが過度になると、大きなストレスがかかるため、想像力・発想力の妨げになります。 制限時間が厳しいと、焦ったりいらいらしたりして、思考に集中しにくくなります。 不安感や焦燥感をあおることになり、デメリットが大きくなります。 しかし、適度なタイムプレッシャーであれば有効です。 制限時間があることで「もたもたしてはいられない!」「もっと頑張ろう!」と心に火がつきます。 適度な緊張感が漂うことで気持ちが引き締まり、やる気とモチベーションが上がります。 サボりたくてもサボれなくなる。 資料集めやアイデア発想の集中力が上がり、効率を高める働きがあります。 適度なタイムプレッシャーは、頭の回転を促し、アイデア発想がはかどるのです。 制限時間は、無理のない範囲でいいのです。 たとえば「今から2時間以内にアイデアを7つ出そう」と考えてみます。 制限時間とアイデアの数が具体的になることで、きゅっと気持ちが引き締まるでしょう。 もともと制限時間がないなら、自分から制限時間を作ってみるといいでしょう。 誰かに課されるより自分で課したほうが、前向きに受け止めやすくなります。 自発的な制限時間のほうが、モチベーションも上がります。 仮に制限時間を守れなくても、あくまで自分が課した制限時間ですから、罰則も罰金もありません。 リラックスして考えるのもいいですが、気持ちを引き締めて考えることも大切です。 売れている漫画家は、アイデア発想に締め切りを利用しています。 「締め切りに追われている」と言いつつ「締め切りが漫画を作っている」と考えています。 タイムプレッシャーを逆に生かすくらいの心持ちになることが、成功する秘訣です。 「適度の範囲」であれば、制限時間は、アイデア発想を促す有効な手段になるでしょう。 余裕があれば、ぜひ制限時間を設けて取り組んでみてください。 あなたには潜在的な力が眠っています。 適度は制限時間は、あなたの潜在的な力を引き出してくれるはずです。 アイデア発想に制限時間を設けて、気持ちを引き締める。

17
★2

険しい表情をしていては、いい発想はできない。
にこにこ明るい表情をしているから、発想力が高まる。

発想するとき、どんな表情をしているか振り返ってみましょう。 しかめ面になっていませんか。 眉間にしわを寄せていませんか。 私たちは考え事をするとき、険しい表情になりがちです。 腕を組んで、眉間にしわを寄せ、首を左右に振りながら考えるでしょう。 時には大きな深呼吸をして、時には大きなため息をつくでしょう。 なかなかいいアイデアが出なければ、どんどんストレスもたまっていきます。 ほかの人から見ると不機嫌な様子に見え、近づきがたい雰囲気が出ているでしょう。 いつの間にか呼吸も浅くなっていて、息苦しくなる。 アイデアが出なくて、もんもんとした時間ばかりが過ぎているのです。 「まさに今の自分だ」と思う人も多いかもしれません。 しかし、険しい表情をしていては、いい発想はできません。 表情筋と脳はつながっています。 険しい表情をしていると、脳にネガティブな信号が送られます。 ネガティブな信号を受け取った脳は「つらい」「苦しい」「つまらない」という状態と誤解して、働きが悪くなります。 険しい表情になると発想力が制限され、いいアイデアも出なくなるのです。 発想力を高めたいなら、心がける表情は1つしかありません。 にこにこ明るい表情になりましょう。 「楽しいこと・嬉しいこともないのににこにこできない」と思うかもしれませんが、少し意識をするだけでいいのです。 楽しいことや嬉しいことがなくても、にこにこしましょう。 嘘でも演技でもいいので、明るい表情を意識しましょう。 大げさな笑顔は必要なく、口角を少し上げるだけでOK。 口角をたった3ミリ上げるだけで明るい表情に変わります。 明るい表情をしていると、表情筋から脳にポジティブな信号が送られます。 ポジティブな信号を受け取った脳は「嬉しい」「楽しい」「面白い」という状態と判断して、働きがよくなります。 脳が活性化され、発想力が高まるのです。 たかが表情、されど表情。 表情によって、発想力は変わります。 険しい表情をしていては、いい発想はできません。 にこにこ明るい表情をしているから、発想力が高まるのです。 アイデアを考えるときは、にこにこ明るい表情を心がける。

18
★1

連想ゲームは、発想力を鍛えるトレーニング。

発想力を鍛えるのに有効な方法の1つが「連想ゲーム」です。 連想ゲームとは、ある事柄から、それと関連の別の事柄を思い浮かべ、どんどんつなげていく遊びです。 しりとりゲームをすることはあっても、意外と連想ゲームをすることは少ないのではないでしょうか。 しかし、連想ゲームは、頭を働かせるのに有効です。 しりとりゲームより高度に脳を使うことになるため、発想力を鍛えるトレーニングとして効果的な方法です。 道具は何も必要ありません。 自分の頭だけでゲームを楽しむことができます。 連想ゲームに難しいルールはありません。 最初に適当なキーワードを挙げて、どんどん関連する事柄をつなげていくだけです。 たとえば「山」というキーワードから連想ゲームを始めるとします。 「山→川→魚→お刺し身→タンパク質→筋力トレ→ダイエット→運動→ジョギング→汗…」 どんどん関連するものをつなげていくようにします。 自分が「関連している」と思うことなら何でもOKです。 「お金」というキーワードから連想ゲームを始めるとします。 「お金→財布→硬貨→紙幣→投資→銀行→ATM→監視カメラ→レンズ→虫メガネ…」 「スポーツ」というキーワードなら、次のような連想になるでしょう。 「スポーツ→運動場→太陽→紫外線→日焼け→しみ→日焼け止めクリーム→におい→鼻→嗅覚…」 少しでも関連していればOKです。 連想ゲームを進めていくにつれて、どんどん違った方向に進んでいくのが面白い。 ●類義語辞典を使ってもいい 連想ゲームに行き詰まったら、類義語辞典を使ってもかまいません。 カンニングのように思えますが、そもそも連想ゲームは試験ではありません。 類義語辞典を使えば「こんなキーワードがあったのか」と、新しい発見が得られるでしょう。 発想力だけでなく、語彙力を鍛えることにもつながるので、一石二鳥です。 ●連想パターンは「多様性」を意識する 連想ゲームに慣れてきたら、できるだけ連想パターンを固定化しないよう、多様性を意識してみてください。 たとえば、お金から「財布」をイメージしたら、次回は、お金から「銅」「銀行」「お金持ち」など別のイメージで考えてみます。 同じ連想パターンもいいですが、できるだけパターンを変えていくほうが、発想力を鍛えるトレーニングになります。 連想ゲームを堅苦しく考えないでください。 「関連している」という感覚も、常識や固定観念にとらわれがちです。 自分が「関連している」と感じるなら、何でも連想を膨らませていいのです。 風船を膨らませるようなイメージで連想ゲームに取り組めば、楽しい時間を過ごせるでしょう。 連想ゲームを無制限に続けられるようになれば、発想力が鍛えられた証拠です。 連想ゲームで発想力を鍛える。

19
★1

「なぜ」は、発想力を鍛える魔法の言葉。

発想力を鍛える魔法の言葉があります。 「なぜ」です。 身の回りで疑問に思うことがあれば「なぜ」と問いかけ、自分なりに理由を考えてみましょう。 「なぜ」と問いかけ、理由を考えることは、発想力を鍛えるトレーニングになります。 「なぜ」と問いかけるとき、いろいろな可能性を探ることになります。 自分の知識と経験を総動員して、最大限に想像力・発想力を働かせながら考えることになります。 学校の問題とは違って、はっきり回答が準備されているわけではありませんが、だからこそ面白い。 このとき、頭の中でさまざまな想像をすることになり、発想力を鍛えることができます。 「面倒くさい」「考えても仕方ない」と思うかもしれませんが、堅苦しく考える必要はありません。 大切なのは「遊び心」です。 遊び心を持って、ゲーム感覚で取り組めば、理由を考えることが楽しくなるでしょう。 たとえば、癒やし系グッズが女性に流行している社会現象があるとします。 「流行だから」の一言で片付けてしまいがちですが、きちんと理由を考えてみます。 「なぜ癒やし系グッズが女性に流行しているのだろうか」 「ストレスをためている女性が増えているせいではないか」 「なぜストレスをためている女性が増えているのだろう」 「以前より女性の社会進出が目立っているせいではないか」 「なぜ、女性の社会進出が目立っているのだろう」 「所得が下がって、共働きが増えているせいではないか」 「なぜ」を繰り返すことで原因を掘り下げることができ、現象の本質を深めていけます。 自分の頭だけで分かれなければ、周りの女性たちに理由を聞いてみるのも悪くありません。 生の声を聞くことで、ヒントや手がかりがつかめるでしょう。 自分が思っていた理由とは違って、新しい発見があるかもしれません。 自宅の近くに繁盛している飲食店があるとします。 「いつもお客さんが多いな」で終わらせてしまいそうですが、きちんと理由を考えてみます。 「なぜ繁盛しているのだろうか」 「お店に入りやすいせいだろう」 「なぜお店に入りやすいのだろう」 「明るく開放的な雰囲気があるせいだろう」 「なぜ明るく開放的な雰囲気があるせいだろうか」 「外から店内が見えるようになっていて、安心感があるせいだろう」 要因が1つとは限りません。 複数の要因が同時に絡んでいることもあります。 あらゆる可能性を探ってみることで、発想力が鍛えられます。 実際にそのお店で飲食してみてみると、感覚として、自分なりにヒントがつかめるでしょう。 本当にそれが正解であるかどうかは分かりませんが、発想を膨らませて考えることが大切です。 遊び心を持って理由を考えていけば、考えること自体が遊びになります。 「なぜ」という問いかけで深く追求することは、発想力のトレーニングになるだけではありません。 社会や世の中も仕組みを理解することにもつながります。 「なぜ」を繰り返すことで見えてきた本質は、自分の仕事に生かせることもあるでしょう。 「なぜ」は、発想力を鍛える魔法の言葉なのです。 「なぜ」という問いかけを繰り返し、本質を追究していく。

20
★1

発想力があるから、創作活動をするのではない。
創作活動をするから、発想力が鍛えられる。

発想力を鍛えるトレーニングとして「創作活動」に取り組んでみましょう。 「創作活動なんてできない」 「センスも才能もない」 「上手にできる自信がない」 能力に自信がなく、反射的に「無理」と拒む人もいるはずです。 もちろん豊かな発想力があれば、創作活動もスムーズですが、発想力が弱くてもかまいません。 発想力が弱いとはいえ、ゼロではないはずです。 発想力が弱いなら弱いなりに、創作活動に取り組む意義があります。 創作活動に取り組むと、積極的に発想力を働かせることになります。 創作するとき、心のキャンパスに自由なイメージを描くでしょう。 「こんな世界はどうだろうか」 「こんな表現はどうだろうか」 「どんな言葉が適切だろうか」 創作活動は発想の連続で、頭も心も熱くなっていくでしょう。 最初は下手でも、だんだん慣れてくると、さまざまな発想がしやすくなります。 「そもそも表現したいことがない」 そう思っているなら、きっとそれは勘違いでしょう。 私たち人間は「心」のある生き物なのですから、何か表現したいことがあるはずです。 心の中にくすぶる感情や思いを、素直に表現するだけでいいのです。 いきなり創作活動に取り組んでOKです。 発想力があるから、創作活動をするのではありません。 創作活動をするから、発想力が鍛えられるのです。 創作活動そのものが、発想力を鍛えるトレーニングだからです。 発想力に自信がなくてもいいので、まず創作活動に取り組んでみることが大切です。 たとえば、文章を書くのが好きなら、まず短いコラムから挑戦してみます。 気づいたことや感じたことを、完結に分かりやすくまとめます。 書くのに慣れてくれば、長文に挑戦するといいでしょう。 自分で物語と登場人物を考え、本格的に小説を書いてみるのも悪くありません。 絵を描くのが得意なら、簡単なイラストから始めてみるといいでしょう。 慣れてくれば、絵画にステップアップしてみます。 漫画が得意なら、まず1コマ漫画・4コマ漫画から始めてみましょう。 慣れてくれば、本格的な漫画に挑戦するといいでしょう。 このほかにも、創作活動の種類は数多くあります。 ・歌を作る ・映像を作る ・模型を作る ・工芸品を作る ・ゲームを作る ・ウェブサイトを作る 心に描いたイメージを、現実世界に形として表現しましょう。 最初は取り組みやすいことから始めてみるといいでしょう。 評価や評判を気にせず、自分の好きなように作ることがポイントです。 「上手に作ること」ではなく「表現すること」ができれば十分です。 表現できると、心から喜べ、幸せを感じるでしょう。 ある程度形になって自信がつけば、一般に公開してみるといいでしょう。 ユーザーからのフィードバックが得られると、モチベーションにつながります。 発想力に自信がないからこそ、創作活動に取り組む価値があるのです。 創作活動をする。

21
★1

類義語辞典は、発想力を鍛える教科書。

発想力を鍛えるために、持っておきたい辞典があります。 国語辞典ではありません。 類義語辞典です。 類義語辞典とは、同義語や関連語を確認できる辞典です。 国語辞典を持っている人は多くても、類義語辞典を持っている人は少ないのではないでしょうか。 あまりメジャーではありませんが、発想力を鍛えるとき、役立つ道具の1つです。 発想では、類似点に注目することが大切です。 類似できるイメージが多ければ多いほど、発想力も豊かになります。 あるキーワードを思い浮かべたとき、関連語が1つしか浮かばないより、3つも5つも浮かんだほうが、発想が広がります。 類義語辞典を使えば、キーワードの類義語を調べることができます。 もともと語彙力に自信がなくても、類義語辞典さえあれば、簡単に類似点を見つけられるようになります。 類義語辞典を使ってキーワードを確認すると、 「同じような言葉を調べたところで発想に役立たない」と思う人もいるかもしれませんが、誤解です。 たしかに言葉の意味が似ていても、完全に同じ意味ではありません。 同じ意味でも、別の言葉が変われば、視点も変わります。 たとえば「自動車」の類義語なら、次のような言葉があります。 「乗り物」「乗用車」「貨物自動車」「けん引車」「モーター」「オート三輪」 「国産車」「外車」 「新車」「中古車」「廃車」 「オープンカー」「レーシングカー」「スポーツカー」「ミニカー」「ダンプカー」 「セダン」「クーペ」「バン」「ミニバン」「ワゴン」「ジープ」「コンバーティブル」 類義語辞典を使うと「このキーワードがあったか!」と発見できるでしょう。 たった1つのキーワードでも、類義語は山ほどあります。 発想を膨らませるときのヒントになり、アイデアにつなげやすくなるのです。 発想力を鍛えるなら、類義語辞典を1冊持っておいて損はないでしょう。 普段からクリエイティブな仕事に携わっている人なら、類義語辞典はもはや必須道具です。 アナログの類義語辞典が重くてかさばるなら、デジタルの類義語辞典でもかまいません。 物理的に持つのに抵抗があるなら、インターネット上でも類義語辞典があるので、必要に応じて活用するといいでしょう。 類義語を通して語彙力を増やせば、発想力を鍛えることにもつながります。 語彙力が少なくて困ることはあっても、多くて困ることはありません。 類義語辞典は、発想力を鍛える教科書なのです。 類義語辞典を使って、発想の手がかりにする。

22
★0

複数の仕事に携わることで、アイデア発想が加速する。

効率よくアイデアを出す方法の1つ。 それは「複数の仕事に携わる」という方法です。 複数の仕事に携わると、注意力・集中力がそがれて、かえってアイデアが出にくくなると思うかもしれません。 もちろん無理をしてまで複数の仕事に携わる必要はありません。 時間や体力に余裕のないときもあるでしょう。 繁忙期や月末処理など、忙しい時期もあるはずです。 すでにいっぱいの状態なら、わざわざ仕事を増やす必要はないでしょう。 余裕がなければ、無理をせず、目の前の仕事に集中するのが得策です。 しかし、余裕があるなら、ぜひ複数の仕事に関わってみてください。 なぜ複数の仕事がアイデア発想に役立つのか。 複数の仕事に携わることで、複数の刺激と視点が生まれるからです。 ずっと同じ種類の仕事をしていると、変化の幅や刺激の範囲が限られます。 同じテーマのことばかり考えていると、変化が単調になったり、刺激の種類が類似したりします。 だんだん視野が狭くなったり、頭が固くなったりする。 広い世界で考えるつもりが、いつの間にか狭い世界にとらわれていることも少なくありません。 そういうときこそ、複数の仕事に携わることが役立ちます。 複数の仕事に携わることで、刺激の種類が増えて視野も広がり、インスピレーションが働きやすくなります。 まったく関係ないネタが、思わぬ形でアイデアにつながることは少なくありません。 頭の中が「刺激と変化のるつぼ」と化して、さまざまな組み合わせが発生しやすい状態になります。 知らず知らずのうちに、既存要素の新しい組み合わせが起こり、新しいアイデア発想につながるのです。 複数の仕事に関わることは、アイデア発想に恩恵をもたらすでしょう。 発明王エジソンは、常に複数のプロジェクトを同時進行させていました。 エジソンは、1つのプロジェクトで議論を交わした後、別のプロジェクトに参加して議論を交わしていました。 エジソンは生涯で1000件を超える特許を取得しましたが、複数の仕事に携わることでアイデア発想が加速したのです。 もしエジソンが、1つの発明だけに集中する方法だったなら、数多くの発明は達成できなかったでしょう。 余裕がないと難しい取り組みですが、無理のない範囲で、できるだけ取り組んでみてください。 頭の中が混乱しそうですが、完全な同時進行ではないため、実際にやってみると、意外とできてしまうものです。 「自分にはできない」と思うかもしれませんが、実際にやってみる価値はあるでしょう。 複数の仕事に携わることで、アイデア発想が加速するのです。 複数のプロジェクトに平行して携わる。

23
★0

短所や欠点に注目すると、アイデアが出にくくなる。
長所や美点に注目すると、アイデアが出やすくなる。

アイデアを出すとき、集めた資料を眺めていきます。 アイデアとは、既存要素の新しい組み合わせです。 「この組み合わせはどうだろうか」と、頭の中で想像を膨らましながら、あれこれ組み合わせていきます。 このとき、短所や欠点に注目していませんか。 つまらないところ、暗いところ、醜いところ、不便なところ、不十分なところ。 短所や欠点のほうが目立って見えるため、つい注目してしまいがちです。 あら探しをする癖のある人なら、無意識に見つけようとしているかもしれません。 しかし、短所や欠点に注目するのはよくありません。 ネガティブな点に注目していると、想像力・発想力のブレーキになります。 頭の回転も悪くなり、想像や発想を膨らませる力が弱くなる。 だんだん暗い気持ちになっていき、テンションも下がっていくでしょう。 短所や欠点に注目すると、アイデアが出にくくなるのです。 目立って仕方ないときもありますが、できるだけ短所や欠点は見ないようにしましょう。 心がけるなら、逆を意識しましょう。 短所や欠点ではなく、長所や美点に注目するのです。 面白いところ、明るいところ、美しいところ、便利なところ、感動的なところ。 どんなことにも、長所や美点はあります。 短所や欠点の塊に見えても、じっくり観察すれば、長所や美点が1つくらいはあるでしょう。 長所や美点に注目すると、ポジティブな刺激を受け、想像力や発想力のアクセルになります。 素晴らしいところを見ていると、だんだん明るい気持ちになっていくでしょう。 ポジティブな気持ちが強くなると、想像や発想を膨らませる力も強くなります。 「素晴らしいアイデアを出すぞ」という気持ちが高まり、テンションが上がって、頭の回転もよくなります。 長所や美点に注目すると、アイデアが出やすくなるのです。 人付き合いをスムーズするコツとして知られていますが、アイデア発想をスムーズするときにも有効です。 短所や欠点ではなく、長所や美点に注目する。

24
★1

想像力と発想力の違いとは。

「想像力」と「発想力」。 それぞれ似たような言葉です。 たしかにどちらも「イメージする」という点は共通です。 頭の中で自由にイメージを思い浮かべ、仕事や芸術などに生かすことでしょう。 特に意識せず、何となく同じ意味で使っている人も多いのではないでしょうか。 しかし、意味は似ていても、厳密には違います。 想像力と発想力は似て非なるもの。 同じ意味で考えていると、コミュニケーションに食い違いが生まれ、思わぬ恥をかいてしまうかもしれません。 あらためてそれぞれの意味を理解して、きちんと区別しましょう。 ●想像力 想像力とは何か。 一言で言うと「具体的にイメージをする力」のことをいいます。 人は、頭の中だけで自在にイメージを浮かべることができます。 頭の中で、物事の展開や結末を思い描きます。 想像力が高くなるにつれて、本物のようにイメージできるようになります。 想像するのは、物や風景など、物質的なものだけではありません。 心や感情など、精神的なものも想像の対象です。 過去や未来など、時間を超越した想像もあります。 あの世や宇宙の果てなど、未知の世界を思い浮かべることもあります。 想像力があれば、経験していないことでも自在に推し量れるようになるため、自分の可能性を高めることができます。 「想像力を鍛える」という表現は「具体的にイメージをする力を鍛える」と言い換えると分かりやすくなるでしょう。 ●発想力 発想力とは何か。 一言で言うと「アイデアを生み出す力」のことをいいます。 解決したい課題があるとき、知識と経験を総動員させて、よい結果を導くような工夫を探ります。 既存のパターンだけでなく、新しいパターンを考え出すこともあります。 「発想力を鍛える」という表現は「アイデアを生み出す力を鍛える」と言い換えると分かりやすくなるでしょう。 § 想像力と発想力は、似て非なるもの。 そのため、想像力を鍛えるトレーニングと想像力を鍛えるトレーニングも、種類が異なります。 想像力を鍛えるなら「読書」「映画鑑賞」が有効ですが、発想力を鍛えるなら「連想ゲーム」「創作活動」が有効です。 想像力も発想力が鍛えられている人は、仕事もスムーズになります。 想像力も発想力も、高ければ高いほどよいものです。 想像力と発想力の違いを理解しつつ、それぞれの能力を高めていきましょう。 想像力と発想力の違いを理解する。

25
★1

社会貢献のイメージが、アイデア発想を加速させる。

アイデアを考えるとき、あるイメージをすることが大切です。 それは「社会貢献」です。 「趣味でアイデアを考える」 「仕事でアイデアを考える」 趣味や仕事として普通に発想するのも悪くありませんが、少し真面目で堅苦しい。 アイデアは想像力と発想力が大事ですから、もっと未来的な考え方を持ったほうがいいでしょう。 そこで大切なのは、社会貢献のイメージです。 自分が考えたアイデアが、何らかの形で、社会貢献につながっているイメージを持ちましょう。 あなたのユーザーは誰でしょうか。 アイデアの先にいるユーザーをイメージしてください。 そのユーザーが、あなたのアイデアで救われているところや喜んでいるところをイメージしましょう。 ・「ありがとうございます」と、にこにこ感謝されているところ ・自分の出したアイデアによって、多くの人が救われているところ ・あなたのアイデアが社会の役に立ち、世の中を明るく変えているところ 「イメージなんてくだらない」と思うかもしれませんが、誤解です。 たしかに不採用になるアイデアも多いですが、1つでも採用されれば、何らかの形で社会貢献につながるのは事実です。 あなたのアイデアが誰かの役に立ち、社会貢献につながる可能性は十分あります 明るいイメージを持つことは、想像力・発想力を活性化させる効果があります。 「もっといいアイデアを考えたい!」 「絶対アイデアを完成させてみせる!」 「必ず素晴らしいアイデアで出して、あっと言わせてやろう!」 自分のアイデアが社会貢献につながっているイメージができると、アイデアを考えるモチベーションも高くなります。 アイデアが浮かぶから、社会貢献につながるのではありません。 社会貢献につながるイメージを持つから、アイデアが浮かぶのです。 なかなかアイデアが出なくても、社会的な使命を担っていると思えば、使命感が湧いて根気が出てくるでしょう。 社会貢献につながるイメージができれば、後は勢いに乗るだけ。 「人のため」「社会のため」という気持ちになって、アイデアを考えましょう。 自然とわくわくする気持ちが強くなり、アイデアを考えることが楽しくなるはずです。 「よし。もう一踏ん張り頑張って、秀逸なアイデアを出そう!」と思えるようになるでしょう。 世の中に必要とされる実感があると、潜在的な能力が発揮しやすくなります。 社会貢献のイメージが、アイデア発想を加速させるのです。 自分のアイデアが、社会貢献につながっているところをイメージする。

26
★0

アイデア発想が脱線したとき、どうするか。

アイデアを考えていると、途中で発想が脱線することがあります。 私たちの会話でも、途中で話が脱線することがあるように、アイデアを考えるときも、途中で発想が脱線することがあります。 ある目的に向けてアイデアを考えるのものの、途中からだんだん発想がそれてきて、別の妄想が膨らんでいきます。 類似点や共通点を意識しながら発想をしていくと、だんだん本筋からそれていく。 気づけば、元のテーマから大幅にずれていることがことが少なくありません。 アイデア発想が脱線したとき、どうしますか。 「余計なことを考えている」と、元の軌道に戻そうとするかもしれません。 もちろん完全に無関係のテーマなら軌道修正も必要ですが、軽微な脱線なら許容範囲です。 軌道修正せず、そのまま脱線した発想を続けていきましょう。 脱線するのも貴重な機会だからです。 「脱線した発想が役立たない」という考えは、常識にとらわれた思い込みです。 脱線であろうと、発想は発想です。 どんな形のアイデアが役立つか分かりません。 往々にして秀逸なアイデアほど「意外性」があります。 脱線した発想であっても、思わぬアイデアにつながることが少なくありません。 発想が脱線しても、きちんと前に進んでいるなら、そのまま続けていきましょう。 ユニークなアイデアは、脱線した発想の先にあります。 目的に沿ったアイデアばかりでは、普通すぎてつまらない。 むしろ脱線したほうが、ユニークなアイデアになる可能性が高い。 脱線を楽しむくらいの姿勢がなければ、秀逸なアイデアが出ません。 発想が脱線しても、アイデアにつながるならOK。 どんどん発想の脱線を楽しんで、発想を大きくしていきましょう。 勢いは、大切にしたほうがいい。 少々発想が脱線しても、勢いがあるなら、どんどん突き進めていくことです。 勢いがないと出せないアイデアもあります。 発想の脱線を楽しんでいくと、想像や発想することも楽しくなって、どんどん頭の世界が広がっていきます。 目的からずれていても、そのまま発想を続けていくと、思わぬアイデアにつながることがあります。 たとえアイデアが浮かばなくても、少なくとも発想力を鍛えるトレーニングになるので、無駄にはなりません。 アイデアは、量が大切です。 くだらないアイデアは、1つもありません。 少しくらい脱線しても、とにかく量を意識して、どんどん発想していきましょう。 その脱線が、ますます発想を豊かにするのです。 アイデア発想が脱線し始めたら、軌道修正せず、そのまま楽しんでいく。

27
★2

諦めやすい人は、発想力を鍛えられない。
粘り強い人が、発想力を鍛えられる。

あなたは、諦めやすい人ですか。 それとも粘り強い人ですか。 もし諦めやすいなら要注意です。 諦めやすい性格は、発想力を鍛えるとき、ネガティブ要因として働きやすいからです。 発想したくても、スムーズに思い浮かばないことがあります。 時間をかけて考えても、アイデアが浮かばない。 いくら頭をひねっても、いいアイデアが出てこない。 アイデアが出たとしても、平凡なものばかり。 なかなかアイデアが出ないと、いらいらしてきて、ストレスもたまってきます。 一生懸命考えた末、特別なアイデアが出なければ、分の限界を感じるかもしれません。 自分の限界を感じると、時間をかけて考えるのが無駄に思えます。 しかし、ここが大事な瞬間です。 途中で諦めれば、発想力は中途半端で終わります。 壁に直面するかもしれませんが「もう嫌だ」とすぐ諦めてしまっては、発想力を鍛えることができません。 大切なのは「粘り強さ」です。 粘り強さは、発想力を鍛えるために必要不可欠な要素。 なかなか思い浮かばなくても「必ずアイデアを出す!」と粘り強くなることが大切です。 なかなかアイデアが出なくても、すぐ諦めないでください。 時間がかかっても諦めない。 発想力は限界がありません。 今は未熟な発想力が未熟でも、しっかり発想力を使っていけば、鍛えていけます。 発想力では、あれこれ考えることが大切です。 すべての選択肢・すべてのパターンを網羅するつもりで、粘り強く発想に取り組んでください。 粘り強さがあるからこそ、なかなかアイデアが出なくても、発想力を鍛えていけます。 腕を組みながらぼうっと考えるのではなく、さまざまなネタに触れながら考えるようにしましょう。 ネタがヒントになり、あるとき発想につながることがあります。 具体的なアイデアが出なくても、さまざまな想像を膨らませている時点で、発想力のトレーニングになっています。 もともと諦めやすい性格なら、発想力を鍛えるトレーニングを通して、粘り強さを身につける機会にしましょう。 「自分を変えるチャンス」と思えばいいことです。 そうすれば、発想力を鍛えられるだけでなく、粘り強さも鍛えることもでき、一石二鳥です。 粘って、粘って、粘りまくる。 「きっと答えがある」と信じて、粘り強く考え抜くことが大切です。 100パーセント出し切ったと思っても「まだ可能性が残っている」と信じましょう。 秀逸なアイデアは、粘った末に出てきます。 粘り強い人が、発想力を鍛えられるのです。 粘り強い人になる。

28
★0

お酒とコーヒーは、アイデア発想をスムーズにする飲み物。

アイデア発想をスムーズにさせる飲み物が、2つあります。 「コーヒー」と「お酒」です。 どちらも私たちの生活になじみにある飲み物ですが、アイデアを考えるとき、利用価値があるでしょう。 特定の飲み物が脳にもたらす効果を利用することで、アイデア発想をスムーズになることがあります。 ●コーヒー コーヒーにはカフェインが含まれています。 カフェインには覚醒作用があるため、眠気が吹き飛び、思考が明瞭になります。 コーヒーを飲んでおよそ1時間後に血中のカフェイン濃度が最大になります。 アイデア発想をする1時間前に飲み始めるといいでしょう。 カフェインの持続は、個人差はありますが、およそ3時間から4時間が一般的です。 コーヒー豆の香りは、リラックスを促す作用もあります。 アイデア発想を集中して行いたいときには、コーヒーが強力な味方になるはずです。 ただし、コーヒーの飲み過ぎには注意しましょう。 コーヒーは胃酸の分泌を促すため、人によっては胃もたれにつながることがあります。 また利尿作用もあるため、飲み過ぎるとトイレに行く回数が増えて、かえって集中力を妨げる可能性もあります。 睡眠前にコーヒーを飲むと、作成作用によって寝られなくなることがあります。 自分の適量を把握して、コーヒーを楽しむようにしましょう。 ●お酒 お酒には、アルコールが含まれています。 アルコールには、交感神経の働きを抑え、副交感神経の働きを促し、リラックスを促す作用があります。 お酒を飲んで適度に酔って気分がよくなると、常識やルールの枠から外れた考え方をしやすくなるでしょう。 上手にお酒を利用すれば、普段アイデア発想をスムーズにできるはずです。 しらふのときにはできない、大胆なアイデア発想ができるかもしれません。 仕事中にお酒を飲むわけにはいきませんが、たとえば、仕事帰り、バーでお酒を飲むと、思わぬアイデアが出るかもしれません。 ただし、お酒を飲むときは、適量が大事です。 アイデア発想に最も有効なのは「ほろ酔い」の状態です。 いくらアルコールが有効とはいえ、理性と自制心を失うまで飲むのは不適切。 お酒の飲み過ぎは、脳の萎縮や肝臓を痛める原因になることも確認されています。 コーヒーと同じように、自分の適量を把握して、うまく楽しむようにしましょう。 また、もともとアルコールに弱い人は、無理に飲む必要はありません。 お酒に効果があるとはいえ、アルコールを受け付けない体質なら、控えておくほうがいいでしょう。 コーヒーとお酒をアイデア発想に利用する。

29
★0

発想力に自信があれば、堂々と履歴書に書いていい。

履歴書には、得意なことを記入する欄があります。 あなたはどんなことが得意ですか。 得意なことの種類は、人それぞれです。 「料理ができること」 「ピアノを弾けること」 「英語がネイティブ並みに話せること」 「人の顔を覚えること」 「逆立ちで歩けること」 「どこでも寝られること」 「10桁まで暗算ができること」 「息継ぎなしで25メートルを泳げること」 仕事に役立つ得意技もあれば、仕事とは関係ない得意技もあるでしょう。 一方で、得意なこととして「アイデア発想」を書く人は意外と少ないのではないでしょうか。 アイデア発想は、曖昧であるためでしょうか。 「アイデア発想は武器にならない」「アピールポイントにならない」と考える人が多くいます。 アピールポイントとして、発想力が盲点になっていることが少なくありません。 面接は、あなたの魅力を伝えるためにあります。 発想力に自信があるのに、履歴書に書かないのは損です。 発想力に自信があるなら、堂々と履歴書に書きましょう。 職種や業種によって、求められる得意は異なりますが、アイデア発想は、どんな仕事でも求められます。 発想力が必要なのは、クリエイティブな仕事だけではありません。 一般事務やブルーカラーでも発想力は役立ちます。 「アイデア発想を必要としない仕事はない」と言っても過言ではありません。 もし発想力に自信があれば、堂々と得意なこととして挙げましょう。 発想力は、活用範囲・応用範囲が広いので、自分を売り込むときのネタになります。 履歴書の得意なことの欄に「アイデア発想」と書けば、採用担当者の注意を引けることは間違いなし。 面接に発想力を生かした実績や制作物を持参すれば、発想力を説明しやすくなるでしょう。 絵・小説・工作物など、発想力を形にした創作物があれば、採用担当者もうなずいてくれるでしょう。 物として持参が難しいものは、データとしてメールで送る方法もあります。 得意なことに「アイデア発想」と書くことが、すでにユニークです。 他の人とは違ったユニークな履歴書が出来上がり、就職活動・転職活動で有利になるでしょう。 発想力に自信があれば、得意なこととして挙げてみる。

30
★1

一番大切なのは、実際に取り組み、継続すること。

発想力を鍛える方法として、最後に一番大切なことがあります。 それは「実際に取り組み、継続する」ということです。 「実際に取り組むこと」と「継続すること」の両方が欠かせません。 発想力を鍛える方法を知るだけで満足していませんか。 「なるほど。こういう方法があるのか」 方法を知って満足して、そのまま終わりになるケースが少なくありません。 発想力を鍛える方法を学ぶのはいいですが、知っただけでは発想力を鍛えたことになりません。 単に知識が増えただけです。 実際に取り組んでこそ、発想力が鍛えられます。 下手でも不器用でもいいので、実際に取り組んでみることが大切です。 では、実際に取り組めば十分かというと、それも違います。 たとえ取り組んだとしても、すぐやめてしまうと、効果はゼロに等しいでしょう。 三日坊主ではトレーニングの意味がない。 実際に試すだけでなく、継続することが大切です。 たとえば、発想力を鍛える方法の1つが、創作活動です。 創作活動が発想力のトレーニングに役立つと分かれば、知って終わるのではなく、実際に取り組んでみましょう。 創作活動の種類は、絵・文章・音楽など何でもかまいません。 スムーズにできなくてもいいので、まず実際に取り組むこと。 そして継続しましょう。 理想は「毎日」ですが、難しいなら「週に1回」「隔週に1回」「月に1回」のペースでもかまいません。 長く続けていくうちに慣れていき、コツがつかめ、スキルが向上していきます。 また、興味関心のないことに取り組んでみることも、発想力を鍛える方法として有効です。 「なるほど」と思うだけで終わらせないこと。 「気が向いたらやってみる」「時間が空いたときにする」という消極的な姿勢では、ずっと取り組まないでしょう。 気分に応じて取り組むのも悪くありませんが、不安定であり、継続できるとは限りません。 やはり実際に試してみることが大切です。 早速今日から取り組んでみましょう。 気持ちが熱いうちに行動したほうが、実現も早くなります。 少なくとも実際に取り組めば、発想力を鍛えていけます。 「週末に取り組む」「月末に取り組む」「毎週水曜日に行う」など、ルールを決めると継続しやすくなります。 § 発想力は、急に大きく鍛えることはできません。 発想力は、知識と経験と感性の集大成です。 こつこつ続けていくことで、少しずつ発想力が鍛えられていきます。 気づけば、発想力が豊かな自分になっているでしょう。 発想力を鍛える方法は、知っただけで満足するのではなく、実際に継続して取り組む。

同じカテゴリーの作品