アイデア発想

クリエイティブな人になる
30の方法

  • 芸術とは、
    自己表現の手段。
    作品とは、
    もう1人の自分。
クリエイティブな人になる30の方法

もくじ
  1. 芸術とは、自己表現の手段。
    作品とは、もう1人の自分。

    芸術とは何か。
    芸術とは、自分を表現する手段です。
    自分はどんな人間であり、何を訴えたいのか。

  2. クリエイティブな力は、身につけるものではなく、引き出すもの。

    「クリエイティブな力」
    そう聞いたとき「身につける」というイメージを持つ人もいるかもしれません。
    もちろん「クリエイティブな力が身につく」という表現が間違っているわけではありません。

  3. 自然体を意識すると、クリエイティブな力が引き出される。

    クリエイティブな力は、身につけるものではありません。
    引き出すものです。
    すでに自分の中には、クリエイティブな力が眠っています。

  4. 「クリエイティブな人になる」と決意をしよう。

    クリエイティブな人になるために、まずしておきたいこと。
    それは、決意です。
    「クリエイティブな人になる」と決意をしましょう。

  5. 同じパターンの繰り返しばかりでは、クリエイティブな人になれない。

    クリエイティブな人になるために、注意したいことの1つ。
    それが「同じパターンの繰り返し」です。
    同じパターンの繰り返しなら、慣れているので安心です。

  6. 批判の声に強くなることで、クリエイティブな力を高めていける。

    発想したアイデアを褒められるとは限りません。
    自分では「名案」と思っていても、周りの反応はいまいち。
    時には批判されることも少なくありません。

  7. 量は質に転化する。

    「質と量のどちらが大切か」
    そう聞かれたとき、あなたはどちらを選びますか。
    質と量があれば、私たちは質を重視することが多いのではないでしょうか。

  8. 質を高めるには、量が必要。
    量をこなすには、スピードが必要。

    作品の質を高めるには、量が必要です。
    最初から質を求めようとしても、なかなかうまくいかないでしょう。
    まったく経験のない人が、本番でいきなり高い質を発揮することはありません。

  9. 1つの価値観にこだわらない。
    さまざまな価値観を受け入れる。

    クリエイティブな人になるためには、価値観の多様性を大事にしましょう。
    きっとあなたには、大切にしている価値観があるでしょう。
    「自分にとってこれが大切」と宣言できることがあるでしょう。

  10. 理屈より感性を大切にすることで、クリエイティブな力が高まる。

    私たちの社会は「理屈」によって成り立っています。
    理屈とは、きちんとつじつまが合っているということです。
    規則も約束も信条も、理屈があるからこそ成り立っています。

  11. クリエイティブで大切なのは、観察力より洞察力。

    クリエイティブでまず大切なのは、観察力です。
    観察力とは「物事の状態や変化を客観的に注意深く見る力」のことをいいます。
    対象の様子をじっくり見ることで理解します。

  12. 観察力と洞察力の違いとは。

    観察力と洞察力。
    どちらも「対象をよく見て理解する」という点は同じです。
    「観察力より洞察力のほうが重要そう」

  13. 集中力なくして、クリエイティブな仕事はできない。

    クリエイティブな仕事に必要なポイントの1つ。
    それは「集中力」です。
    あなたはどのくらい集中力を大切にしていますか。

  14. 一流作品に触れることで、創作意欲が刺激される。

    クリエイティブな人になりたいなら、一流作品に触れることが大切です。
    一流とは、手本であり、憧れであり、目指すべき方向です。
    一流作品を作りたいなら、まず一流作品について知らなければ始まりません。

  15. 失敗を避ける姿勢があると、クリエイティブな力を鍛えられない。

    クリエイティブな人になるには「失敗に対する姿勢」が大切です。
    失敗を避ける姿勢ではありません。
    失敗を受け入れる姿勢です。

  16. 意見は変えていい。
    クリエイティブは、意見を変えながら高めていくもの。

    クリエイティブな人になるためには、意見の固執に注意しましょう。
    もちろん自分の意見を持つことは大切です。
    ころころ意見を変えていると、周りから「主体性がない」「流されやすい」と判断されるでしょう。

  17. クリエイティブな人は、子供っぽいところがある。

    クリエイティブな仕事をするとき「遊び心」が大切です。
    難しいこと・堅苦しいことは考えず、楽しいこと・面白いことに集中します。
    遊び心を大切にすると、心が開放的な状態になります。

  18. 個性は、殺すものではなく、生かすもの。
    個性を生かせば、クリエイティブな才能が開花する。

    あなたにはどんな個性がありますか。
    「気分屋」「神経質」「完璧主義」といった性格上の個性があるでしょう。
    「くせ毛」「乾燥肌」「老け顔」といった外見上の個性もあるでしょう。

  19. みんなと同じことをしていては、クリエイティブになれない。

    クリエイティブな人になるために注意したいこと。
    それは「みんなと同じ」です
    もちろんみんなと同じことをするのが悪いわけではありません。

  20. 批判や悪口は、クリエイティブな力を低下させる。

    クリエイティブな人になりたいなら、禁句にしたい発言があります。
    それは、批判と悪口です。
    時に批判や悪口を言いたくなる場面があるでしょう。

  21. 褒める習慣を持つと、クリエイティブなセンスが研ぎ澄まされる。

    クリエイティブなセンスを磨きたいなら、褒める習慣を心がけましょう。
    褒めるためには、いいところを探さなければいけません。
    褒めることは、高く評価することだけでなく、自分の感性を高めることにもつながります。

  22. 100の知識より、1の経験。

    クリエイティブな人になるためには、2つの要素が大切です。
    「知識」と「経験」です。
    知識も経験も、クリエイティブの土台です。

  23. クリエイティブは、フットワークが命。
    ぱっとひらめいたら、さっと試そう。

    アイデアは、流れ星に似ています。
    あるとき急に現れては、さっと消えます。
    前兆も何もなく、突然頭に浮かんだと思えば、次の瞬間、どこかへ消えていきます。

  24. 問題を芸術に生かす発想も、クリエイティブの1つ。

    創作芸術活動では、時に問題が発生します。
    「お金や時間が足りない」
    「道具が壊れてしまった」

  25. インスピレーションは、いつ浮かぶか分からない。
    あらゆる場所を仕事場にしよう。

    仕事をする場所と言えば、どこを思い浮かべますか。
    普通に考えるなら「職場」が一般的でしょう。
    ビルの中にある、決められた一室で仕事をすることが多いはずです。

  26. 数字に強くなくても、クリエイティブな人になれる。

    クリエイティブな人になるなら、数字に強くなる必要はあるのでしょうか。
    結論から言うと、数字に強くなる必要はありません。
    まず数字は大切です。

  27. 問題を解く側ではなく、作る側になる。

    クリエイティブな人になりたいなら、問題に取りかかりましょう。
    問題を解く側になるのではありません。
    問題を作る側になるのです。

  28. クリエイティブだから、夢を持つのではない。
    夢を持つから、クリエイティブになれる。

    クリエイティブな人になりたいなら「夢」が大切です。
    夢を持ち、追いかける人になりましょう。
    夢の話になると、否定的な反応をする人がいます。

  29. 駄作でも凡作でもいいから、恥をさらす覚悟で発表する。

    作品ができたらどうするか。
    ここがクリエイティブの分かれ道です。
    作った作品に納得できない部分があると、発表をためらうことがあります。

  30. 現状に満足しない。
    向上意識を持って、さらなる高みを目指していく。

    現状に満足していませんか。
    1つの表現方法にこだわっていませんか。
     

同じカテゴリーの作品