アイデア発想法の
30の名言

  • 秀逸なアイデアを出せる人が、
    アイデアパーソンではない。
    継続的にアイデアを出せる人が、
    本当のアイデアパーソン。
アイデア発想法の30の名言

秀逸なアイデアを出せる人が、アイデアパーソンではない。
継続的にアイデアを出せる人が、本当のアイデアパーソン。

アイデアパーソンとはどんな人でしょうか。
私たちが最初にイメージするのは「秀逸なアイデアを出せる人」ではないでしょうか。
・短時間でアイデアを量産できる

秀逸なアイデアを出せる人が、アイデアパーソンではない。継続的にアイデアを出せる人が、本当のアイデアパーソン。

面白がる癖をつけると、本当に何でも面白くなる。

見慣れないものと出会ったとき、どんな反応をするか。
ここが、クリエイティブの分かれ道です。
見慣れないものと出会ったとき、あなたはどんな反応をしますか。

面白がる癖をつけると、本当に何でも面白くなる。

視点を変えることは、アイデア発想の基本。

アイデア発想では、視点が偏らないように注意しましょう。
視点を変えることは、アイデア発想の基本です。
主観は1つしかありませんが、客観は無限に存在します。

視点を変えることは、アイデア発想の基本。

世の中に、くだらないアイデアは1つもない。

価値のないアイデアが思いついたとき、こう思います。
「くだらないアイデアだな」と。
たしかにくだらないアイデアは、価値がないのでしょう。

世の中に、くだらないアイデアは1つもない。

午前中は、クリエイティブな仕事が最もはかどる時間帯。

クリエイティブな仕事をするなら「時間帯」が重要です。
クリエイティブな仕事は、はかどりやすい時間帯があれば、はかどりにくい時間帯もあります。
たしかにクリエイティブな仕事は、いつでもできます。

午前中は、クリエイティブな仕事が最もはかどる時間帯。

アイデアを出すときは「もったいない」という気持ちを捨てること。

アイデア発想をするなら、捨てておきたい気持ちがあります。
それは「もったいない」という気持ちです。
もちろん「もったいない」という気持ちが悪いわけではありません。

アイデアを出すときは「もったいない」という気持ちを捨てること。

アイデアを出すときは「単発」より「連発」を意識しよう。

アイデアを出す基本は「単発」です。
「アイデアを1つ出して区切る。また別のアイデアを出しては区切る」
つまり「1つずつアイデアを出す」という状態です。

アイデアを出すときは「単発」より「連発」を意識しよう。

アイデアを連発するための3つのポイント。
「ノリ」「勢い」「関連性」。

アイデアを出すときは「量」が勝負です。
量を実現するには「単発」より「連発」を意識することが大切です。
しっかり連想を働かせることで、1つのアイデアから複数のアイデアに膨らませることができるようになります。

アイデアを連発するための3つのポイント。「ノリ」「勢い」「関連性」。

クリエイティブな環境にいるからこそ、クリエイティブがはかどる。

環境の影響は侮れません。
私たちは気づかないうちに、環境からさまざまな影響を受けています。
音、光、温度、湿度、雰囲気。

クリエイティブな環境にいるからこそ、クリエイティブがはかどる。

ポストイットの選び方で、アイデアの成り行きも変わる。

アイデアを出すツールの1つが、ポストイットです。
いわゆる、のり付き付箋紙です。
ちょっとしたメモを書き留めるのに、ポストイットは便利です。

ポストイットの選び方で、アイデアの成り行きも変わる。

余白を作ることで、アイデアが出る余裕が出る。

アイデアは、メモ帳に書き留めます。
言葉を書き留めることもあれば、絵を描くこともあるでしょう。
メモ帳のスペースには、自由に何でも記入することができます。

余白を作ることで、アイデアが出る余裕が出る。

時間が空いたときに考える姿勢では、アイデア発想はうまくいかない。

いつ、アイデアを考えていますか。
「暇なときにアイデアを考えよう」
「時間が空いたときにアイデアを考えればいいよね」

時間が空いたときに考える姿勢では、アイデア発想はうまくいかない。

十分な睡眠は、アイデア力に転化する。

アイデア発想の際、前もって十分取っておきたいことがあります。
それは「十分な睡眠」です。
アイデアを出すのは、頭です。

十分な睡眠は、アイデア力に転化する。

知識には限界がある。
想像力には限界がない。

知識を身につけるには、勉強が必要です。
本を読んだり授業を受けたり経験を積んだりして、たくさん学ぶ必要があります。
100の知識を身につけるには、100の知識を学ばなければいけません。

知識には限界がある。想像力には限界がない。

秀逸なアイデアは、平凡なアイデアの集合体。

いきなり秀逸なアイデアを出そうとするのは困難です。
もちろんいきなり秀逸なアイデアが出ることもあります。
耳元で誰かがささやいたかのように、突然素晴らしいアイデアが出ることもあるでしょう。

秀逸なアイデアは、平凡なアイデアの集合体。

夢は、潜在意識からのメッセージ。
夢を生かすことで、夢も叶いやすくなる。

アイデアは、意外なところに存在します。
それは、睡眠中の夢です。
夢の中には、アイデアのヒントがいっぱい詰まっています。

夢は、潜在意識からのメッセージ。夢を生かすことで、夢も叶いやすくなる。

結果から逆算すると、思考プロセスをショートカットできる。

問題解決の手段を考えるとき、どう考えますか。
普通は原因から結果に向けた考え方が多いのではないでしょうか。
「これをすれば、どうなるだろうか」

結果から逆算すると、思考プロセスをショートカットできる。

アイデアのスランプに陥ったとき、どうするか。

アイデアを練っているとき、スランプに陥ることがあります。
アイデアを練り上げようとしても、あるところで考えが行き詰まる。
いくら考えても、頭が硬直したかのように、アイデアが出なくなる。

アイデアのスランプに陥ったとき、どうするか。

時間をかけたから、秀逸な発想ができるとは限らない。
時間をかけてないから、安易な発想しかできないとも限らない。

「時間をかければ、秀逸な発想ができる」
そう考える人も多いのではないでしょうか。
たしかに時間は、アイデア発想に必要不可欠の要素。

時間をかけたから、秀逸な発想ができるとは限らない。時間をかけてないから、安易な発想しかできないとも限らない。

自分でも信じられない発想が、秀逸なアイデアになる。

アイデア発想は、自分が信じる範囲で考えることが多いでしょう。
自分の中に「許容範囲」があり、その範囲内で想像・発想を膨らませます。
アイデアを発想するなら、自分が信じている範囲で考えるのが当然と思う。

自分でも信じられない発想が、秀逸なアイデアになる。

独創的なアイデアは、頭の中の1人会話から生まれる。

アイデアを出すときは「会話」を大切にしましょう。
人との会話ではありません。
自分との会話です。

独創的なアイデアは、頭の中の1人会話から生まれる。

あなたの頭は、アイデアの打ち出の小づち。
ひねればひねるほど、アイデアが出る。

発想するときに一番やってはいけないことがあります。
それは「アイデアの出し惜しみ」です。
「こんなアイデアには、何の意味もないだろう」

あなたの頭は、アイデアの打ち出の小づち。ひねればひねるほど、アイデアが出る。

どんなアイデアも、形にしなければ、意味がない。

アイデアが出るだけで満足してはいけません。
アイデアが出たら、それだけで一仕事を終えた気になるかもしれません。
秀逸なアイデアでも出ようものなら、偉業を成し遂げた気になる人もいるでしょう。

どんなアイデアも、形にしなければ、意味がない。

インスピレーションを信じない人は、何もひらめかない。
インスピレーションを信じる人は、秀逸なアイデアをひらめく。

インスピレーションとは何か。
インスピレーションとは、直感的なひらめきです。
あるとき、心にびびっと衝撃が走り、天の啓示を得たかのように突然アイデアがひらめきます。

インスピレーションを信じない人は、何もひらめかない。インスピレーションを信じる人は、秀逸なアイデアをひらめく。

くだらないアイデアを出す勇気があれば、いつか秀逸なアイデアが出る。

くだらないアイデアが浮かぶことがあります。
くだらないアイデアが浮かんだとき、とっさに否定的な気持ちになることが多いでしょう。
「こんなことはアイデアのうちに入らない」

くだらないアイデアを出す勇気があれば、いつか秀逸なアイデアが出る。

回り道をすることが、アイデア発想の近道になる。

アイデア発想に役立つ考え方が「回り道」です。
「回り道」という言葉には、ネガティブなイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。
たしかに物理的な移動なら、回り道より近道のほうが有効です。

回り道をすることが、アイデア発想の近道になる。

締め切りが作品を作る。

クリエイティブな仕事に取りかかるときは、締め切りを作りましょう。
「わざわざ締め切りを作るのはストレスを増やすだけではないか」
そう思う人もいるかもしれません。

締め切りが作品を作る。

スピードを意識することが、アイデアパーソンになる条件の1つ。

アイデアを出すときは、スピードを意識しましょう。
「ゆっくり考えよう」
「少しずつ考えよう」

スピードを意識することが、アイデアパーソンになる条件の1つ。

不採用になったアイデアとはいえ、過去の財産。
不採用にしたアイデアは、処分するより、保管する。

出たアイデアのうち、実用性が乏しいものは不採用にします。
採用になるのは数える程度で、出したアイデアの多くは不採用になるでしょう。
99パーセント以上が不採用になることもあるはずです。

不採用になったアイデアとはいえ、過去の財産。不採用にしたアイデアは、処分するより、保管する。

すでにあなたは、アイデアを出している。

「なかなかアイデアが出ない」
「よいアイデアが思い浮かばない」
そう嘆いていませんか。

すでにあなたは、アイデアを出している。

同じカテゴリーの作品

1:47:05
© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION