アイデア発想

クリエイティブな人になる
30の方法

3
14

一流作品に触れることで、
創作意欲が刺激される。

一流作品に触れることで、創作意欲が刺激される。 | クリエイティブな人になる30の方法

クリエイティブな人になりたいなら、一流作品に触れることが大切です。

一流とは、手本であり、憧れであり、目指すべき方向です。

一流作品を作りたいなら、まず一流作品について知らなければ始まりません。

一流作品に触れると、刺激やヒントが得られます。

見て、聞いて、触れて、しっかり感動しましょう。

「なんて美しいのだろう!」

「なんて上手にできているのだろう!」

「なんて感動的なのだろう!」

一流作品に触れると、鳥肌が立ち、感情の高ぶりを実感できるはずです。

感動することも大切な経験です。

知識が得られなくても、意識が向上します。

さまざまな一流作品に触れることで、さまざまな刺激を得ることができ、クリエイティブな感性が養われます。

新しい発見をすることもあるでしょう。

一流作品はお手本です。

お手本と接することで、参考になる部分を見つけることができるでしょう。

一流作品に触れるからこそ「一流についての情報」が得られます。

アイデアのヒントを見つけることができれば、自分の創作活動に取り入れ、生かせます。

なにより素晴らしい作品に増えることで、創作意欲が刺激されるはずです。

「世の中にはこんな素晴らしいものがあるのか!」

言葉では言い表せない深い感動を覚えることで、クリエイティブな感性が磨かれます。

「自分もこういう作品を作りたい!」

自然と幸せな気持ちになり、心から情熱的な思いがあふれてきて、止まらなくなるでしょう。

一流作品に触れるにつれて、想像力・発想力が広がっていきます。

まず自分の創作分野の一流作品から当たっていきましょう。

作家を目指しているなら、一流作家の作品を読んでみましょう。

読めるだけ読んでみることが大切です。

表現方法や物語の構成など、感銘を受けることがあるはずです。

画家を目指しているなら、一流画家の展覧会に行ってみましょう。

描き方や色使いなど、参考になるところをたくさん発見できるに違いありません。

目に焼き付けるように1つずつじっくり見て、しっかり感動しましょう。

陶芸家を目指しているなら、一流陶芸家の作品展示会に行ってみましょう。

装飾や作り方など、一流作品から学べることが多い。

一流に触れ、しっかり吸収することです。

費用や手間暇がかかったとしても、リアルで触れる機会は貴重です。

一流作品に触れることは無駄になりません。

余裕や興味関心があれば、ほかの分野の一流作品にも触れてみるといいでしょう。

ほかの分野であっても、一流であることは共通であり、きっと学べることがあるはずです。

クリエイティブな人になる方法(14)
  • 一流作品に触れる。
失敗を避ける姿勢があると、クリエイティブな力を鍛えられない。

もくじ
クリエイティブな人になる30の方法
一流作品に触れることで、創作意欲が刺激される。 | クリエイティブな人になる30の方法

  1. 芸術とは、自己表現の手段。<br>作品とは、もう1人の自分。
    芸術とは、自己表現の手段。
    作品とは、もう1人の自分。
  2. クリエイティブな力は、身につけるものではなく、引き出すもの。
    クリエイティブな力は、身につけるものではなく、引き出すもの。
  3. 自然体を意識すると、クリエイティブな力が引き出される。
    自然体を意識すると、クリエイティブな力が引き出される。
  4. 「クリエイティブな人になる」と決意をしよう。
    「クリエイティブな人になる」と決意をしよう。
  5. 同じパターンの繰り返しばかりでは、クリエイティブな人になれない。
    同じパターンの繰り返しばかりでは、クリエイティブな人になれない。
  6. 批判の声に強くなることで、クリエイティブな力を高めていける。
    批判の声に強くなることで、クリエイティブな力を高めていける。
  7. 量は質に転化する。
    量は質に転化する。
  8. 質を高めるには、量が必要。<br>量をこなすには、スピードが必要。
    質を高めるには、量が必要。
    量をこなすには、スピードが必要。
  9. 1つの価値観にこだわらない。<br>さまざまな価値観を受け入れる。
    1つの価値観にこだわらない。
    さまざまな価値観を受け入れる。
  10. 理屈より感性を大切にすることで、クリエイティブな力が高まる。
    理屈より感性を大切にすることで、クリエイティブな力が高まる。
  11. クリエイティブで大切なのは、観察力より洞察力。
    クリエイティブで大切なのは、観察力より洞察力。
  12. 観察力と洞察力の違いとは。
    観察力と洞察力の違いとは。
  13. 集中力なくして、クリエイティブな仕事はできない。
    集中力なくして、クリエイティブな仕事はできない。
  14. 一流作品に触れることで、創作意欲が刺激される。
    一流作品に触れることで、創作意欲が刺激される。
  15. 失敗を避ける姿勢があると、クリエイティブな力を鍛えられない。
    失敗を避ける姿勢があると、クリエイティブな力を鍛えられない。
  16. 意見は変えていい。<br>クリエイティブは、意見を変えながら高めていくもの。
    意見は変えていい。
    クリエイティブは、意見を変えながら高めていくもの。
  17. クリエイティブな人は、子供っぽいところがある。
    クリエイティブな人は、子供っぽいところがある。
  18. 個性は、殺すものではなく、生かすもの。<br>個性を生かせば、クリエイティブな才能が開花する。
    個性は、殺すものではなく、生かすもの。
    個性を生かせば、クリエイティブな才能が開花する。
  19. みんなと同じことをしていては、クリエイティブになれない。
    みんなと同じことをしていては、クリエイティブになれない。
  20. 批判や悪口は、クリエイティブな力を低下させる。
    批判や悪口は、クリエイティブな力を低下させる。
  21. 褒める習慣を持つと、クリエイティブなセンスが研ぎ澄まされる。
    褒める習慣を持つと、クリエイティブなセンスが研ぎ澄まされる。
  22. 100の知識より、1の経験。
    100の知識より、1の経験。
  23. クリエイティブは、フットワークが命。<br>ぱっとひらめいたら、さっと試そう。
    クリエイティブは、フットワークが命。
    ぱっとひらめいたら、さっと試そう。
  24. 問題を芸術に生かす発想も、クリエイティブの1つ。
    問題を芸術に生かす発想も、クリエイティブの1つ。
  25. インスピレーションは、いつ浮かぶかわからない。<br>あらゆる場所を仕事場にしよう。
    インスピレーションは、いつ浮かぶかわからない。
    あらゆる場所を仕事場にしよう。
  26. 数字に強くなくても、クリエイティブな人になれる。
    数字に強くなくても、クリエイティブな人になれる。
  27. 問題を解く側ではなく、作る側になる。
    問題を解く側ではなく、作る側になる。
  28. クリエイティブだから、夢を持つのではない。<br>夢を持つから、クリエイティブになれる。
    クリエイティブだから、夢を持つのではない。
    夢を持つから、クリエイティブになれる。
  29. 駄作でも凡作でもいいから、恥をさらす覚悟で発表する。
    駄作でも凡作でもいいから、恥をさらす覚悟で発表する。
  30. 現状に満足しない。<br>向上意識を持って、さらなる高みを目指していく。
    現状に満足しない。
    向上意識を持って、さらなる高みを目指していく。

同じカテゴリーの作品