アイデア発想

クリエイティブな人になる
30の方法

3
21

褒める習慣を持つと、
クリエイティブなセンスが研ぎ澄まされる。

褒める習慣を持つと、クリエイティブなセンスが研ぎ澄まされる。 | クリエイティブな人になる30の方法

クリエイティブなセンスを磨きたいなら、褒める習慣を心がけましょう。

褒めるためには、いいところを探さなければいけません。

褒めることは、高く評価することだけでなく、自分の感性を高めることにもつながります。

素晴らしいところを探そうと意識していると、自然と観察力が上がります。

「どこかに素晴らしいところはないだろうか」と意識することは、注意力を高める働きがあります。

褒めるところを探そうと意識すると、細部まで注意が行き届くようになり、素晴らしさを発見する能力が向上します。

また、褒めるためには発想の転換も必要です。

発想の転換は、物事の見方や感じ方を変える働きがあります。

ネガティブなことに思えても、プラスの発想をすることで、ポジティブなことに変わります。

 

たとえば、地味で質素な作品なら「シンプルでいいですね」という褒め方ができます。

普通の作品なら「安定感がありますね」という褒め方ができるでしょう。

変な作品なら「ユニークですね」という褒め方ができるでしょう。

意味のわからない作品なら「不思議な雰囲気がありますね」といった褒め方ができるはずです。

下手な作品なら「私のような凡人の理解を超えています」と言えば、体裁が整い、好印象に変わります。

ものは言いようです。

発想の転換を駆使すれば、何でも褒められると言っても過言ではありません。

前向きな発想をすることでポジティブ思考になれ、創造力や発想力も鍛えられます。

結果として、クリエイティブなセンスが磨かれるのです。

「褒めるところが1つもない」と思ったら、それは誤解です。

素晴らしいところが1つもないなら、まだ見つかっていないだけです。

どんな作品にも、必ず1つは素晴らしいところがあります。

「どこかに必ず素晴らしいところがある!」

宝探しをするつもりで取り組めば、観察力・洞察力が高まり、褒められる点を見つけられるはずです。

素晴らしいところがあれば、どんどん積極的に褒めていきましょう。

素晴らしいところがなければ、ポジティブに発想を転換して、褒めていきましょう。

1つだけでなく、できるだけたくさん見つけていきましょう。

褒める習慣を持つことは、クリエイティブなセンスを磨くことにつながるのです。

クリエイティブな人になる方法(21)
  • 褒める習慣をつける。
100の知識より、1の経験。

もくじ
クリエイティブな人になる30の方法
褒める習慣を持つと、クリエイティブなセンスが研ぎ澄まされる。 | クリエイティブな人になる30の方法

  1. 芸術とは、自己表現の手段。<br>作品とは、もう1人の自分。
    芸術とは、自己表現の手段。
    作品とは、もう1人の自分。
  2. クリエイティブな力は、身につけるものではなく、引き出すもの。
    クリエイティブな力は、身につけるものではなく、引き出すもの。
  3. 自然体を意識すると、クリエイティブな力が引き出される。
    自然体を意識すると、クリエイティブな力が引き出される。
  4. 「クリエイティブな人になる」と決意をしよう。
    「クリエイティブな人になる」と決意をしよう。
  5. 同じパターンの繰り返しばかりでは、クリエイティブな人になれない。
    同じパターンの繰り返しばかりでは、クリエイティブな人になれない。
  6. 批判の声に強くなることで、クリエイティブな力を高めていける。
    批判の声に強くなることで、クリエイティブな力を高めていける。
  7. 量は質に転化する。
    量は質に転化する。
  8. 質を高めるには、量が必要。<br>量をこなすには、スピードが必要。
    質を高めるには、量が必要。
    量をこなすには、スピードが必要。
  9. 1つの価値観にこだわらない。<br>さまざまな価値観を受け入れる。
    1つの価値観にこだわらない。
    さまざまな価値観を受け入れる。
  10. 理屈より感性を大切にすることで、クリエイティブな力が高まる。
    理屈より感性を大切にすることで、クリエイティブな力が高まる。
  11. クリエイティブで大切なのは、観察力より洞察力。
    クリエイティブで大切なのは、観察力より洞察力。
  12. 観察力と洞察力の違いとは。
    観察力と洞察力の違いとは。
  13. 集中力なくして、クリエイティブな仕事はできない。
    集中力なくして、クリエイティブな仕事はできない。
  14. 一流作品に触れることで、創作意欲が刺激される。
    一流作品に触れることで、創作意欲が刺激される。
  15. 失敗を避ける姿勢があると、クリエイティブな力を鍛えられない。
    失敗を避ける姿勢があると、クリエイティブな力を鍛えられない。
  16. 意見は変えていい。<br>クリエイティブは、意見を変えながら高めていくもの。
    意見は変えていい。
    クリエイティブは、意見を変えながら高めていくもの。
  17. クリエイティブな人は、子供っぽいところがある。
    クリエイティブな人は、子供っぽいところがある。
  18. 個性は、殺すものではなく、生かすもの。<br>個性を生かせば、クリエイティブな才能が開花する。
    個性は、殺すものではなく、生かすもの。
    個性を生かせば、クリエイティブな才能が開花する。
  19. みんなと同じことをしていては、クリエイティブになれない。
    みんなと同じことをしていては、クリエイティブになれない。
  20. 批判や悪口は、クリエイティブな力を低下させる。
    批判や悪口は、クリエイティブな力を低下させる。
  21. 褒める習慣を持つと、クリエイティブなセンスが研ぎ澄まされる。
    褒める習慣を持つと、クリエイティブなセンスが研ぎ澄まされる。
  22. 100の知識より、1の経験。
    100の知識より、1の経験。
  23. クリエイティブは、フットワークが命。<br>ぱっとひらめいたら、さっと試そう。
    クリエイティブは、フットワークが命。
    ぱっとひらめいたら、さっと試そう。
  24. 問題を芸術に生かす発想も、クリエイティブの1つ。
    問題を芸術に生かす発想も、クリエイティブの1つ。
  25. インスピレーションは、いつ浮かぶかわからない。<br>あらゆる場所を仕事場にしよう。
    インスピレーションは、いつ浮かぶかわからない。
    あらゆる場所を仕事場にしよう。
  26. 数字に強くなくても、クリエイティブな人になれる。
    数字に強くなくても、クリエイティブな人になれる。
  27. 問題を解く側ではなく、作る側になる。
    問題を解く側ではなく、作る側になる。
  28. クリエイティブだから、夢を持つのではない。<br>夢を持つから、クリエイティブになれる。
    クリエイティブだから、夢を持つのではない。
    夢を持つから、クリエイティブになれる。
  29. 駄作でも凡作でもいいから、恥をさらす覚悟で発表する。
    駄作でも凡作でもいいから、恥をさらす覚悟で発表する。
  30. 現状に満足しない。<br>向上意識を持って、さらなる高みを目指していく。
    現状に満足しない。
    向上意識を持って、さらなる高みを目指していく。

同じカテゴリーの作品