アイデア発想

クリエイティブな人になる
30の方法

3
7

量は質に転化する。

量は質に転化する。 | クリエイティブな人になる30の方法

「質と量のどちらが大切か」

そう聞かれたとき、あなたはどちらを選びますか。

質と量があれば、私たちは質を重視することが多いのではないでしょうか。

 

たしかにクリエイティブの最終目標は、質です。

質の低い作品は、100あろうと1000あろうと注目されません。

質の低いものは、いくら量があったところで無意味。

あまりに質が低いと「存在価値がない」と判断されても不思議ではないでしょう。

作品を作るなら、量より質を重視するのが正しいと思うのではないでしょうか。

 

しかし、クリエイティブな人になりたいなら、まず質より量を重視するのが正解です。

質は、量があってこそ成り立つ要素だからです。

最初から質を求めようとしても、なかなか思うようにいかないでしょう。

高い質を実現するためには、慣れと経験が必要です。

慣れと経験を得るためには、量をこなす必要があります。

勉強でもスポーツでも、まず大量の練習をこなす必要があります。

勉強なら、大量の問題を解きます。

スポーツなら、大量の練習をこなします。

量をこなすからこそしっかり身につき、しっかり身につくから上達できます。

これは芸術でも同じことです。

たくさん作品を作って量をこなすからこそ、慣れや経験を得ることができ、質の向上につながります。

つまり、量は質に転化するのです。

これを「量質転化の法則」と呼びます。

質は、量からしか生まれません。

量をこなすことは、質を高めるために必要な通過点です。

優れた芸術家は、多作家が目立ちます。

パブロ・ピカソは、多作家として有名です。

版画・挿絵・油絵などすべてを含めると、生涯で15万点以上の作品を描きました。

ピカソは92歳でなくなりましたが、画家として活動を始めた時期を考慮すると、1日あたり4点前後のハイペースです。

漫画家の手塚治氏が生涯で生み出した作品は、700以上に上ります。

枚数で計算すると、15万枚以上であり、まさしく大量です。

ドイツの詩人ゲーテには、シャルロッテという恋人がいました。

ゲーテが彼女に送ったラブレターの数も、なんと1,800枚。

これだけ大量のラブレターを書く経験があったからこそ、詩人としての才能を発揮できたのでしょう。

現在活躍している芸術家たちも、その多くは多作家です。

クリエイティブだから、量をこなせるのではありません。

量をこなすから、クリエイティブになれるのです。

質の心配をする暇があるなら、1つでも多くの作品を作ることです。

もちろんやみくもに量をこなすのではなく、真剣に量をこなすことが大切です。

作って、作って、作りまくる。

作品に自信がないなら、自信がないなりに量をこなしましょう。

量をこなせば、何か見つかります。

真剣に量をこなせば、必然的に質も向上します。

量は質に転化するのです。

クリエイティブな人になる方法(7)
  • 質より量を重視する。
質を高めるには、量が必要。
量をこなすには、スピードが必要。

もくじ
クリエイティブな人になる30の方法
量は質に転化する。 | クリエイティブな人になる30の方法

  1. 芸術とは、自己表現の手段。<br>作品とは、もう1人の自分。
    芸術とは、自己表現の手段。
    作品とは、もう1人の自分。
  2. クリエイティブな力は、身につけるものではなく、引き出すもの。
    クリエイティブな力は、身につけるものではなく、引き出すもの。
  3. 自然体を意識すると、クリエイティブな力が引き出される。
    自然体を意識すると、クリエイティブな力が引き出される。
  4. 「クリエイティブな人になる」と決意をしよう。
    「クリエイティブな人になる」と決意をしよう。
  5. 同じパターンの繰り返しばかりでは、クリエイティブな人になれない。
    同じパターンの繰り返しばかりでは、クリエイティブな人になれない。
  6. 批判の声に強くなることで、クリエイティブな力を高めていける。
    批判の声に強くなることで、クリエイティブな力を高めていける。
  7. 量は質に転化する。
    量は質に転化する。
  8. 質を高めるには、量が必要。<br>量をこなすには、スピードが必要。
    質を高めるには、量が必要。
    量をこなすには、スピードが必要。
  9. 1つの価値観にこだわらない。<br>さまざまな価値観を受け入れる。
    1つの価値観にこだわらない。
    さまざまな価値観を受け入れる。
  10. 理屈より感性を大切にすることで、クリエイティブな力が高まる。
    理屈より感性を大切にすることで、クリエイティブな力が高まる。
  11. クリエイティブで大切なのは、観察力より洞察力。
    クリエイティブで大切なのは、観察力より洞察力。
  12. 観察力と洞察力の違いとは。
    観察力と洞察力の違いとは。
  13. 集中力なくして、クリエイティブな仕事はできない。
    集中力なくして、クリエイティブな仕事はできない。
  14. 一流作品に触れることで、創作意欲が刺激される。
    一流作品に触れることで、創作意欲が刺激される。
  15. 失敗を避ける姿勢があると、クリエイティブな力を鍛えられない。
    失敗を避ける姿勢があると、クリエイティブな力を鍛えられない。
  16. 意見は変えていい。<br>クリエイティブは、意見を変えながら高めていくもの。
    意見は変えていい。
    クリエイティブは、意見を変えながら高めていくもの。
  17. クリエイティブな人は、子供っぽいところがある。
    クリエイティブな人は、子供っぽいところがある。
  18. 個性は、殺すものではなく、生かすもの。<br>個性を生かせば、クリエイティブな才能が開花する。
    個性は、殺すものではなく、生かすもの。
    個性を生かせば、クリエイティブな才能が開花する。
  19. みんなと同じことをしていては、クリエイティブになれない。
    みんなと同じことをしていては、クリエイティブになれない。
  20. 批判や悪口は、クリエイティブな力を低下させる。
    批判や悪口は、クリエイティブな力を低下させる。
  21. 褒める習慣を持つと、クリエイティブなセンスが研ぎ澄まされる。
    褒める習慣を持つと、クリエイティブなセンスが研ぎ澄まされる。
  22. 100の知識より、1の経験。
    100の知識より、1の経験。
  23. クリエイティブは、フットワークが命。<br>ぱっとひらめいたら、さっと試そう。
    クリエイティブは、フットワークが命。
    ぱっとひらめいたら、さっと試そう。
  24. 問題を芸術に生かす発想も、クリエイティブの1つ。
    問題を芸術に生かす発想も、クリエイティブの1つ。
  25. インスピレーションは、いつ浮かぶかわからない。<br>あらゆる場所を仕事場にしよう。
    インスピレーションは、いつ浮かぶかわからない。
    あらゆる場所を仕事場にしよう。
  26. 数字に強くなくても、クリエイティブな人になれる。
    数字に強くなくても、クリエイティブな人になれる。
  27. 問題を解く側ではなく、作る側になる。
    問題を解く側ではなく、作る側になる。
  28. クリエイティブだから、夢を持つのではない。<br>夢を持つから、クリエイティブになれる。
    クリエイティブだから、夢を持つのではない。
    夢を持つから、クリエイティブになれる。
  29. 駄作でも凡作でもいいから、恥をさらす覚悟で発表する。
    駄作でも凡作でもいいから、恥をさらす覚悟で発表する。
  30. 現状に満足しない。<br>向上意識を持って、さらなる高みを目指していく。
    現状に満足しない。
    向上意識を持って、さらなる高みを目指していく。

同じカテゴリーの作品