人生の教科書



アイデア発想

頭を柔らかくする
30の方法

  • 生まれたときから頭の固い人はいない。
頭を柔らかくする30の方法

もくじ

1
★0

生まれたときから頭の固い人はいない。

「頭を柔らかくしたい!」 そう思ったとき、まず知っておきたい大前提があります。 それは「生まれたときから頭の固い人はいない」という事実です。 私たちは誰でも最初、柔らかい頭を持っていました。 幼い頃は、素直で従順でした。 自由で柔軟な発想力がありました。 誰もが無知から始まり、常識も先入観もありませんでした。 あなたも幼少期は、すこぶる素直だったはずです。 素直に親の言うことを聞いていたことでしょう。 邪念がなく、真っ白な心を持っていたでしょう。 柔軟性に富んだ思考と発想があったはずです。 教えられたことは、何の疑いもなく、どんどん吸収していったはずです。 ところが、知識や常識を身につけていくにつれて、だんだん固定的な考え方を持つようになります。 知識を身につけるにつれて、偏見や固定観念を持つようになります。 常識を身につけるにつれて、常識に従った考え方しかできなくなります。 「これが正しい、間違っている」 「これは良い、これは悪い」 「こうしたほうがいい、こうしないほうがいい。」 知識や常識を身につけるにつれて、型にはまった考えにはまるようになっていきます。 こだわりが増えたり、理屈っぽくなったり、成否や善悪を区別するようになったりします。 時には自分の知識や常識を振りかざして、人を攻撃することもあるかもしれません。 知識や常識は、生活のスムーズにする働きがある一方、思考の制限に変わっていることも少なくありません。 気づけば、頭が固くなっているのです。 頭が固くなる現象は、後天的です。 「知識や常識は、偏見の一種」と言っても過言ではありません。 そのため、頭を柔らかくするためには、固くなった頭をほぐす必要があります。 あなたは今、頭が固い自分に悩んでいるのかもしれません。 頭が固くなったとはいえ、柔らかくすることができないわけではありません。 どんなに頭が固くなっても、柔軟性がゼロになることはありません。 脳には順応性があり、適応力を発揮することができます。 頭の中にある知識や常識を消去するのは困難ですが、知識や常識の扱い方なら工夫できます。 知識や常識を身につけていても、無視すればいい。 こだわりがあるなら、捨ててしまえばいい。 価値観があっても、気にしないようにすればいい。 知識や常識を身につけたから、もうダメと諦めないでください。 あなたは一度柔らかい頭を持っていたのですから、昔を思い出して、取り戻せばいいのです。 大人になった今からでも、個人の努力によって、頭を柔らかくすることが可能なのです。 頭が柔らかかった昔の自分を思い出す。

2
★0

「頭を柔らかくする」という意味とは。

「あの人は、頭が柔らかいね」 「頭を柔らかくして考えよう」 「クリエイティブな仕事では、頭が柔らかくないといけない」 日常では「頭が柔らかい」という表現を聞くことがあります。 聞き慣れた表現の1つでしょう。 普段から何気なく言ったり聞いたりすることが多いのではないでしょうか。 さて、聞き慣れている表現であっても、きちんと意味を理解している人は少ないのではないでしょうか。 ぼんやり意味をイメージして使っている人も多いことでしょう。 きちんと意味を理解しないまま、頭を柔らかくすることは難しい。 ぼんやりしたイメージで使っていると、コミュニケーションのすれ違いを生む原因にもなります。 頭を柔らかくしたいなら、まず「頭が柔らかい」という意味を理解することから始めましょう。 では「頭を柔らかい」とは、どういう意味でしょうか。 「頭が柔らかい」という表現は、思考に柔軟性があることの例えです。 考えに適応力があって、融通性に富んでいる状態のことをいいます。 つまり「頭を柔らかくする」とは「枠にとらわれず、自由な考え方ができる状態にすること」をいいます。 私たちは、年齢を重ねていくにつれて、知識や常識を身につけていきます。 知識や常識は、主体性を確立したり生活をスムーズにしたりする反面、ちょっとしたデメリットもあります。 「知識や常識が増えるにつれて先入観も増えてしまう」ということです。 知識が「枠」に変わり、いつの間にか思考に「制限」や「限界」を設けていることが少なくありません。 知識や常識が増えるにつれて「こういうものだ」「こうしなければいけない」という思い込みにとらわれてしまいます。 パターン化された考えしかできなくなると、考え方に融通が利かなくなります。 偏った見方、一方的な考え方、ゆがんだ価値観が増えるようになる。 悪気はなくても、いつの間にか思考の柔軟性が失われていることがあります。 頭が固くなると、摩擦やトラブルを招くことも少なくありません。 変化の多い世の中をスムーズに渡り歩くには、臨機応変な対応が必要です。 そのため、できるだけ頭を柔らかくしておくことが大切です。 頭を柔らかくすると、人付き合いがスムーズになります。 余計な摩擦が減って、コミュニケーションが円滑になります。 頭が固い人は嫌われますが、頭が柔らかい人は好かれます。 頭が柔らかくなると、ビジネスでも役立ちます。 新しい企画を思いついたり、アイデアが浮かびやすくなったり、クリエイティブな作品を生み出したりできます。 どんどん頭を柔らかくしていきましょう。 頭が固くて困ることはあっても、柔らかくて困ることはありません。 頭を柔らかくするためには、意識と努力が必要です。 「最近、頭が固くなっている」という自覚があれば、すでにかなり頭が固くなっている可能性があります。 急に頭を柔らかくするのは難しくても、日頃の習慣と心がけによって、少しずつ実現できます。 「頭を柔らかくする」という意味を理解する。

3
★1

頭の固さを確かめる、12のチェックポイント。

あなたは頭が固いですか。 それとも柔らかいですか。 「頭は固くない」 「頭が固いと感じたこともない」 「頭はまだまだ十分柔らかいはずだ」 そう思っている人も多いのではないでしょうか。 頭の固さは、健康診断の結果とは違い、明確な数値で表せるものではありません。 実生活に不便が生じていなければ、自覚するのも難しい。 「自分は大丈夫」と思っている人も多いのではないでしょうか。 しかし、実際には分かりません。 頭が固くなる現象は、長い歳月をかけてゆっくり進行していく特徴があります。 そのため、自分では自覚しづらく、見過ごしていることが多い。 自分では「問題ない」と思っていても、実際はすでに頭が固くなっている可能性があるのです。 ここで、ぜひ確認してもらいたいことがあります。 「頭の固さを確かめる、12のチェックポイント」です。 自分の様子を振り返りながら、次の項目を見ていくと、自分の頭の固さを確認できます。 ▼頭の固さを確かめる、12のチェックポイント (1)新しい変化を避けたがる (2)工夫やアイデアを考えるのが苦手 (3)人から指図されるのが嫌い (4)反対意見を言われたとき、いらいらする (5)臨機応変な対応が苦手 (6)1つの考えにこだわることが多い (7)何をするにも面倒に感じる (8)保守的な生き方になっている (9)愚痴や悪口を言うことが多い (10)年下や若者の意見を軽視することが多い (11)最近面白いことがないように感じる (12)未来にわくわくすることがない ▲ 3つ以上当てはまることがあれば、イエローカードです。 すでに頭が固くなっている可能性があります。 自分は頭が固くなっていないと思っている人の頭を柔らかくするのは難しいでしょう。 本人に自覚がなければ、努力のしようがありません。 我の強い人やプライドの高い人は、なかなか認めたがろうとしません。 そのため、頭を柔らかくしたいなら、まず頭が固くなっている自分に気づくことが大切です。 まず気づくことから始めましょう。 冷静かつ客観的に自分の状態を知ることが大事です。 「だんだん頭が固くなりつつある」 「最近、頑固になってきているかもしれない」 「そろそろ偏った考えが目立ってきているかな」 ぼんやりとした自覚だけでかまいません。 実際に頭が柔らかくできるかどうかは今後の努力次第ですが、まず自覚することが大切です。 頭が固くなっている自分に気づいたら、早速今日から改善に取り組みましょう。 頭が固くなっているのは、特別なことではなく、普通にあること。 すでにかなり頭が固くなっていたとしても、改善してくことが可能です。 頭が固くなっている自分に気づくことが、頭を柔らかくする最初の1歩。 本当の本番は、これからです。 頭が固くなっている自分に気づく。

4
★0

一度固くなった頭でも、再び柔らかくすることはできる。

「一度固くなった頭は柔らかくできないのではないか」 そう思う人もいるのではないでしょうか。 たしかに頭は、年齢を重ねるにつれて固くなる傾向があります。 知識が増えるにつれて、先入観も増えていきます。 常識が増えるにつれて、常識にとらわれた考えをしやすくなります。 知識や常識は生きるために役立つ一方、偏見や固定観念といった副産物を生み出します。 想像力や発想力の足かせになる。 数多くの先入観によって、視野を制限していることが少なくありません。 頭が固くなる現象は、長い歳月をかけてゆっくり進行していきます。 自分でも気づかないうちに自由な発想が失われ、頭が固くなっていることが多いのです。 しかし「一度固くなった頭を柔らかくすることはできない」と思っているなら、誤解です。 一度固くなった頭でも、再び柔らかくすることはできます。 物理現象なら、一度固くなったものを柔らかくするのは難しいこともありますが、頭を柔らかくすることなら話は別です。 頭を柔らかくする現象は、あくまで脳の中で行われることです。 人の脳には、無限の可能性が秘められています。 頭を柔らかくするには、価値観や考え方を変えて、習慣づける必要がありますが、実現は可能です。 1つの考えにこだわらず、さまざまな考え方を受け入れるようにします。 横柄な態度を改め、謙虚な態度を心がけます。 情報の偏りを防ぎ、幅広く情報を吸収するようにします。 見栄を張ったり、体裁を気にしたり、プライドに固執したりするのもやめます。 異質の人と付き合って、さまざまな価値観を取り入れていきます。 反射的に新しいことを否定するのはやめ、できるだけ受け入れるようにします。 自分の固い頭に悲観するのもやめます。 価値観もこだわりも考え方も、意識と努力があれば、変えていくことが可能です。 人は、意識と努力によって自分を変えていくことができる生き物です。 時間がかかったとしても、きちんと意識していれば、いつか実現できます。 自分の可能性を信じましょう。 「できない」と諦めるのではなく「できる」と信じて行動すること。 一度固くなった頭でも、柔らかくすることはできます。 すでに頭の固い人でも、意識と努力さえすれば、子供のような柔らかい頭を手に入れることが可能なのです。 「一度固くなった頭は柔らかくできない」と考えるのはやめる。 「一度固くなった頭でも柔らかくできる」と考える。

5
★1

先入観をなくし、ゼロベースで考えよう。

頭が固くなる原因の1つ。 それは「先入観」です。 私たちは教育を通して、多くの知識を吸収していきます。 知識は、便利で有用です。 どう生活していけばいいか、どう経済が動いているのか、どう国が運営されているのか。 物事を学ぶにつれて、世の中のことが分かるようになります。 常識を身につけていくにつれて、スムーズな生き方や振る舞い方が分かるようになります。 スムーズに暮らすために、知識はなくてはなりません。 その一方で、知識にはリスクもあります 知識を学ぶにつれて、固定化された観念ができてしまい、それが先入観へと変わっていきます。 先入観があると、物事を一方的・限定的・固定的に考えてしまい、視野が狭くなります。 無意識のうちに「こういうものだ」という思い込みが思考を支配して、自由な思考を妨げてしまうのです。 事実、頭が固い人ほど、たくさんの先入観を持っています。 博識な人や学歴の高い人は、知識が多い分だけ、先入観も多い傾向があります。 決めつけたり思い込んだりしていると、どんどん頭が固くなります。 知識に自信を持つのはいいですが、知識を盲信するのは注意が必要です。 知識がすぐ先入観に変わるわけではありませんが、知識一辺倒にならないよう注意することが大切です。 ●ゼロベースで考える 頭を柔らかくするためには、ゼロベースで考えることが大切です。 既成概念を捨て、フラットな状態で考えてみましょう。 こだわりや価値観はいったん忘れるようにします。 常識・慣習・前提条件があったとしても、気にしないようにします。 「頭の中を白紙の状態にする」ということです。 真っ白な状態をイメージしながら、いったん心や思考をリセットしてみましょう。 知識を忘れることは難しくても、無視することなら、努力次第できるでしょう。 知識は「盲信」するのではなく「参考」と考えるくらいにしておくのが賢明です。 知識と一定の距離感を保てば、振り回されなくて済みます。 ゼロベースで考えることで、縛られた考え方から解放され、柔らかい頭を手に入れることができるはずです。 意識さえすれば、今すぐにでも実行できます。 「今から自分は生まれ変わる」という気持ちになって、早速今から意識してみてください。 ●幼少期の自分をイメージする なかなかゼロベースで考えられないなら、幼少期の自分をイメージするのも1つの方法です。 あなたは幼い子供だったころ、世の中をありのままに見ていたでしょう。 まだ知識も常識も身につけておらず、ゼロの状態で世の中を見ていたはずです。 子供の頃に戻ったつもりで、物事を見たり接したりすれば、先入観を振り切りやすくなります。 昔の自分を思い出して、当時の様子を振り返ってみましょう。 自然と真っ白な心がよみがえってくるはずです。 先入観をなくし、ゼロベースで考える。 子供のころの自分をイメージする。

6
★1

答えは1つと決めつけない。

「答えは1つ」と決めつけていませんか。 答えは1つと決めつけたがるのは、頭が固い人の特徴の1つです。 学校の試験問題では「一問一答」が基本です。 「1つの問題につき、1つの答えが用意されている」ということです。 正解が複数あるケースもありますが、一問一答が基本と言っていいでしょう。 私たちは学校教育と通して一問一答という形式に慣れ親しんできました。 一問一答の機会に多く接しているためでしょうか。 私たちはいつの間にか「一問一答」の考え方にすっかり染まっていることが少なくありません。 答えは1つという先入観を持ち、答えを1つに絞りたがろうとする。 考えたり悩んだりした結果、答えが1つ見つかれば満足して、それ以上考えるのを終わりにします。 しかし、世の中には一問一答でない状況がたくさんあります。 一問一答の考え方にとらわれていると、視野や考え方が狭くなり、頭が固くなってしまいます。 答えは1つと決めつけず、多くの答えを受け入れましょう。 たとえば、反対意見に接したときです。 納得できない意見に接したとき「それは違う」と否定するのはよくありません。 世の中には、人の数だけ正解が存在します。 人によって考え方が異なるため、自分の考えを押しつけるのはよくありません。 「そういう考え方もありますね」と受け入れ、意見の多様性を認めるほうが、柔らかい頭を実現できます。   将来の進路について考える場面があるとします。 正しい生き方について考えるときも、1つの進路にとらわれないことです。 一問一答の考えが定着していると、進路を考えるときも「自分にふさわしい進路は1つしかない」と考える傾向があります。 進路を1つと決めつけてしまうと、選択肢が制限され、将来の可能性を損ねてしまうでしょう。 「正解は複数ある」「ほかにも自分に合った進路はある」と思って考えたほうが、気持ちが楽になります。 将来の可能性を高めることもできます。   一問一答の考え方にとらわれていると、頭が固くなるだけでなく、対立や争いを引き起こす原因にもなるため、注意が必要です。 「答えは1つと限らない」 「答えは人の数だけ存在する」 「答えは無限に存在する」 こうした考え方を持つと、物事を受け入れる器が大きくなり、頭が柔らかくなります。 最初は抵抗感を覚えるかもしれませんが、しばらく続けていくうちにだんだん慣れていきます。 答えは1つと決めつけず、多くの答えを受け入れる。

7
★1

反射的に新しいことを否定していないか。

年齢を重ねるにつれて、保守的になります。 実績のあること、慣れていること、親しんでいること。 慣れ親しんだことのほうが、リラックスできて居心地もいい。 十分な実績や信用があるものは安定しているので、安心です。 その一方で、新しいものに対しては抵抗を感じるようになります。 家族が増えたり、仕事の責任が重くなったりなど、守るものが増えた結果、保守的になることもあるでしょう。 心も体もだるくなってくると「今のままでいいではないか」と無難を選ぶ考え方になる。 年齢を重ねるにつれて、新しいことが出てきても、反射的に否定する傾向が出てきます。 「疑わしい」 「信用できない」 「どうせ眉唾物だろう」 「詐欺かもしれない」 「どうせすぐ消えるに決まっている」 たしかに実績がなければ、信用もないでしょう。 新しいものは知名度が乏しく、安定性も不確かです。 前例がなかったり、実績が乏しかったりするので、いきなり信用するのは無理がある。 最初から無条件に信用するのは難しいでしょう。 また、実際に試した結果「合わない」「よくない」と分かることもあるでしょう。 しかし、試すこともなく、反射的に新しいことを否定するのはよくありません。 保守的になっていると、新しい刺激に触れることが減り、変化も乏しくなります。 自分から新しいことを拒み続けていると、どんどん世界が閉ざされてしまいます。 気づけば、すっかり頭が固くなっているのです。 人生を「80年」と仮定するとします。 あなたがもし40歳以下なら、まだ折り返し地点すら達していません。 新しいものを拒むには、まだ早いと言えるでしょう。 頭を柔らかくしたいなら、新しいことを否定する癖から直していきましょう。 新しいことを拒まず、できるだけ受け入れていくと、どんどん頭が柔らかくなっていきます。 ●余裕があれば、自分から新しいことに挑戦してみる 余裕があれば、自分から新しいことに挑戦してみましょう。 新しい趣味や習い事を始めてみたり、初めての仕事に挑戦してみたりなどです。 軽い気持ちで踏み出してOK。 「新しいからやめてみる」ではなく「新しいからやってみる」です。 チャレンジ精神を大切にして取り組めば勇気も出ます。 新しいことに不安や恐怖があるなら、軽く試すことから始めればいいだけです。 様子や雰囲気がよく分からないなら、試飲・試着・試用をすればいいでしょう。 いきなり難しいことに挑戦するのではなく、初歩や基本から始めてみることもポイントです。 「合わなさそう」と思うことでも、実際に試してみると、印象が変わるかもしれません。 実際に取り組んでみると、意外と便利だったり相性がよかったりすることもあるでしょう。 新しいものを受け入れる姿勢があると、新鮮な刺激や変化を受け入れることができます。 新しいことへの挑戦が、どんどん頭が柔らかくしていくのです。 新しいことを否定するのではなく、できるだけ受け入れてみる。 余裕があれば、自分から新しいことに挑戦してみる

8
★2

初めての経験に挑戦すると、頭を柔らかくなる。

私たちの行動は、慣れたことの繰り返しになりがちです。 慣れた仕事、慣れた人間関係、慣れたお店、慣れた話題、慣れた生活。 「慣れていることのほうが楽」 「不慣れなことはしたくない」 もちろん行動は、個人の自由です。 慣れていることなら熟知しているので、スムーズに進めることができます。 興味関心のあることなら、自分の好みに合っているので、楽しく面白くて有意義な時間を過ごせるでしょう。 一方、初めての経験はストレスを感じるでしょう。 内容や雰囲気がよく分からないため、抵抗感があります。 初めての経験は、不安や恐怖が伴うため、自然と避けてしまっている人も多いのではないでしょうか。 しかし、慣れたことばかり取り組むのもよくありません。 慣れたことばかり取り組んでいると、行動パターンが類似します。 同じような情報や経験しか得られません。 最初は刺激的であっても、だんだん慣れてくるにつれて、平凡になります。 受ける刺激に変化がないと、知識や世界観が偏ってしまいます。 時にはマンネリに陥ることもある。 狭い世界に陥ってしまい、頭が固くなってしまうのです。 頭を柔らかくしたいなら、初めての経験に挑戦してみましょう。 過去に経験がなければ、すべてよし。 何事も実際に取り組んでみないと分かりません。 誰かに言われて挑戦するのではなく、自分から挑戦していきましょう。   初めてのジャンルの本を読んでみましょう。 小説でも実用書でもかまいません。 つまらないように見える本でも、実際に読んでみると、意外と面白く感じることがあるでしょう。 「なるほど!」「初めて知った!」といった驚きや発見があるでしょう。 価値観の変化が起こり、器が大きくなる実感が得られるでしょう。   初めて見る映画もおすすめです。 映画のジャンルが偏っていませんか。 新しい映画を見ると、新しい世界を知ることができるでしょう。 「こんなジャンルもあるのか」「こういう世界もあるのか」と分かるだけでもいいのです。 新鮮な物語に触れることで、普段とは違った感情を楽しむこともできるはずです。   初めての仕事に挑戦してみるのも悪くありません。 挑戦する気持ちを大切にしましょう。 チャレンジ精神で挑めば、必然的に新鮮な刺激のシャワーを浴びる機会が増えます。 たとえ案の定つまらなかったとしても、新鮮な刺激に触れたり新しい経験が増えたりできるので有意義です。   初めて入るレストランもおすすめです。 「どんな料理があるかな」「中はどんな雰囲気だろう」とわくわくしながら、勇気を出して飛び込んでみましょう。 未知の世界を冒険することになりますが、それが面白いのです。 実際に入ってみると、新しい空間や雰囲気を楽しめるでしょう。   普段とは違った行動パターンは、怖がるより楽しみましょう。 初めての経験に挑戦して、新鮮な刺激のシャワーを浴びましょう。 新しい経験を積んでいくにつれて、頭の中の世界が広がっていくでしょう。 視野や見識が広がっていき、頭も柔らかくなるのです。 勇気を出して初めての経験に挑戦してみる。

9
★0

見栄・体裁・プライドに固執していると、頭を柔らかくすることはできない。

頭を柔らかくするためには、捨てておきたいことが3つあります。 「見栄」「体裁」「プライド」です。 どれも頭を固くさせてしまう原因の1つ。 少なからず誰も心当たりがあるでしょう。 もちろん適度ならいいのです。 自分の評価を上げるために、見栄を張ってかっこつけたいときもあるでしょう。 見た目を意識して、実際以上によく見せたくなるのは、人間らしい心理です。 体裁も、社会を生きていく上で必要な要素です。 協調性や礼儀作法を保つ上で、体裁を気にする程度なら問題ありません。 プライドについても、自信や意欲につながることならOKです。 プライドがあるからこそ、責任と使命感を持って仕事に打ち込めるようになります。 しかし、適度を超えて過度になると、話は変わります。 見栄ばかり張っていると、知らないことがあったとき「教えてください」と言えなくなります。 体裁ばかり気にしていると、人目に振り回されることが増えてしまい、本当の自分を見失ってしまうでしょう。 プライドに固執していると、視界が狭くなり、自分の無知や思い込みに気づきにくくなります。 見栄も体裁もプライドも、過度になると、もはや悪影響でしかないのです。 見栄・体裁・プライドは捨ててしまいましょう。 見栄を張るのをやめて、素直になりましょう。 素直になると、物事を吸収しやすくなります。 体裁を気にするのもやめましょう。 立派に見られたい気持ちがあったとしても、体裁を気にしていると、思考が固くなります。 プライドにも要注意です。 責任感や使命感につながるプライドならいいですが、自分本位のつまらないプライドなら捨てたほうがいい。 それぞれゼロにすることはできなくても、減らしていくことならできるはずです。 見栄・体裁・プライドを忘れて生きるようになると、肩の荷が下りて生きやすくなります。 物事をゼロベースで考えやすくなり、頭が柔らかくなっていきます。 ●見栄・体裁・プライドを吹き飛ばす3つの言葉 見栄・体裁・プライドに固執しそうになったら、次の3つの言葉を自分に言い聞かせてください。 「見栄を張るな!」 「体裁を気にするな!」 「つまらないプライドなんて捨ててしまえ!」 ふわっと心が軽くなり、視界が広がる感覚が得られ、物事の見方がスムーズになるでしょう。 見栄・体裁・プライドから解放されると、頭が柔らかくなっていきます。 見栄・体裁・プライドを忘れるようにする。

10
★1

極端な考え方を持つと、頭が固くなる。
中間の考え方を持つと、頭が柔らかくなる。

頭が固い人には、物事の是非を極端に考える傾向があります。 「白黒で物事を考えたい」 「選択肢は、0と1のどちらかしかない」 「すべてやるか、まったくやらないか」 中途半端な状態を避け、明確な状態にしようとします。 特に極端な考え方は、真面目な人や完璧主義者によく見られます。 極端に考えれば、曖昧で中途半端な状態がない分、見やすくなったり分かりやすくなったりします。 もちろん極端な考え方が有効な場面もあります。 物事の是非を明確にすることで、行動や考え方も明確になります。 はっきりすると、心の整理もしやすく、行動しやすくなるでしょう。 また、ビジネスでは、曖昧や中途半端を避け、明確にしなければいけない場面も多い。 具体的な指示を出したり、明確な選択肢を提示したり、ストレートな回答を求めたりなどです。 お金と責任が伴うことは、明確にしなければいけない場面があるのも事実。 極端に考えなければいけない場面もありますが、だからとはいえ、一般的に考えるのは注意したほうがいいでしょう。 極端な考え方が普通になると、思考の柔軟性に悪影響を及ぼします。 ささいなことにいちいちストレスを感じるだけではありません。 二者択一の極端な選択しかできなくなると、視野が制限され、想像力や発想力の幅を狭めます。 物事の考え方が窮屈になり、頭が固くなってしまうのです。 両極端にしか考えられない状態が続くと、落とし穴に落ちるのは時間の問題でしょう。 そこで大切にしたいのは「中間の考え方」です。 物事には、0や1だけでなく、中間が存在します。 むしろ中間のほうが大部分を占めると言っていいでしょう。 曖昧な状態に思えますが、中間を受け入れることも、大切な価値観です。 中間の考え方を持つと、許容範囲が広がって、頭が柔らかくなります。 たとえば、白か黒かで考えるのではありません。 白と黒の混ざった「灰色」も大切にしましょう。 0か1かで考えるのではありません。 「0.3」や「0.7」も許容範囲にしましょう。 「すべてやるか、まったくやらないか」で考えるのではありません。 様子を見ながら、やったりやらなかったりする状態もあっていいでしょう。 これが、中間の考え方であり、幅広い価値観を受け止めるということです。 中間の考え方は、ストレスの多い現代社会を生きるためのスキルとしても有効です。 慣れないうちは、中間が中途半端に感じて違和感を覚えますが、最初だけです。 中間の考え方が身につくにつれて、いらいらすることも減って、ストレスが軽くなります。 慣れてしまえば、むしろ中間が心地よく感じるでしょう。 中間の考え方を持つと、価値観の許容範囲が広がり、頭も柔らかくなっていくのです。 極端な考え方ではなく、中間の考え方を大切にする。

11
★0

頭が柔らかいから、柔らかい言葉を使うのではない。
柔らかい言葉を使っているから、頭も柔らかくなる。

頭が固い人には、固い言葉が目立ちます。 「絶対」 「必ず」 「100パーセント」 言葉遣いがとげとげしくて、厳しい発言が目立ちます。 固い言葉は、聞いているだけでストレスを感じませんか。 もちろん気合を入れたり集中力を高めたりするときなら、厳しい言葉遣いも役立ちます。 「絶対勝つ」「必ず成功する」「100パーセントの力を出し切る」など、奮い立たせる意味で使うのならいいのです。 自分に強い言葉を言い聞かせることで、心身が引き締まり、やる気を高めていけるでしょう。 自己暗示としての効果が発揮され、自分の潜在的な力を発揮しやすくなります。 しかし、普段から固い言葉ばかり使っているなら、注意が必要です。 固い言葉遣いに心当たりがある人は、イエローカードです。 言葉と思考は、つながっています。 固い言葉を使っていると、余計な緊張が加わります。 気持ちが落ち着かず、ストレスを感じます。 極端な考え方が促されることで、思考の柔軟性が失われます。 固い発言をしていると、どんどん頭が固くなってしまいます。 頭を柔らかくしたいなら、逆を心がけましょう。 すなわち「柔らかい言葉遣い」です。 「ありがとう」 「大丈夫ですか」 「まあいいよ」 「大丈夫だよ」 「気にしないで」 「無理しないでね」 「自然体でいこう!」 「少しくらいならいいよ」 「小さなことから始めよう」 「たまには失敗してもいい」 頭が柔らかいから、柔らかい言葉を使うのではありません。 柔らかい言葉を使っているから、頭も柔らかくなるのです。 自分にも他人にも柔らかい言葉を使っていると、脳はリラックスして、視野が広がっていきます。 柔らかい言葉には「癒やしの効果」があります。 聞く人の心を穏やかにさせ、心地よい気持ちにさせます。 急に言葉遣いを変えるのは難しいかもしれませんが、少しずつ柔らかい言葉を使っていけば、だんだん慣れてきます。 頭が柔らかくなるだけでなく、性格も柔らかくなるため、取り組む価値があるでしょう。 ●まず「ありがとう」から始めよう 何から初めていいか分からないときは、まず「ありがとう」から始めてみるといいでしょう。 感謝の習慣は、人間関係の基本です。 すでに普段から感謝の言葉を口にしている人でも、頻度を上げることならできるはずです。 少しでもお世話になることがあれば、すぐ「ありがとう」と感謝すれば、お互い明るい気持ちになれます。 柔らかい言葉遣いを心がける。

12
★1

何でも前向きに考えよう。
ポジティブ思考は、頭を柔らかくする効果が抜群。

頭を柔らかくする方法の1つ。 それが「ポジティブ思考」です。 ポジティブに考える習慣を持ちましょう。 物事の受け止め方を工夫して、ポジティブに考えるようにします。 前向きに考えるためには、柔軟な思考が必要になります。 視点を変えたり、発想を転換したり、受け止め方を変えてみたりなどです。 コップに水が半分入っていたとき「半分しか入っていない」ではなく「半分も入っている」と考えることです。   ここで大切なのは「何でもポジティブに考える」という点がポイントです。 普通のことだけでなく、苦しいこと・悲しいことといったネガティブなことも、ポジティブに考えたい。 どんなに嫌なことであっても、プラスにつながることが1つはあるはずです。 難しく思えるかもしれませんが、考え方や受け止め方を工夫すれば、実現できます。 頭の体操のつもりで取り組めば、きっといい発想が思い浮かぶでしょう。   たとえば、雨が降っていたとします。 「雨が降って嫌だな」とネガティブに考えると、暗い気持ちになりますが、こういうときこそポジティブ思考です。 「今日は、天の恵みの1日だ」 「雨の日は、雨の日らしいファッションを楽しもう」 「雨が降っているおかげで、傘を差す楽しみが増えるね」 前向きに受け止めることで、明るい気持ちになっていくでしょう。   嫌な仕事をしなければいけない状況があるとします。 嫌な仕事を依頼されたら「逃げたい」と思いますが、こういうときこそ、ポジティブに考えましょう。 「スキルアップにつなげよう!」 「メンタルを鍛えるトレーニングになる!」 「上司を驚かせるチャンスがやってきた!」 前向きに考えれば、うきうきしてくるでしょう。 心に火がつき、モチベーションも上がるはずです。 嫌な仕事を依頼してくれた上司に感謝すらしたくなるに違いありません。   ポジティブ思考は、頭を柔らかくできるだけでなく、生き方や考え方も柔らかくします。 何でも前向きに考えましょう。 ポジティブ思考を意識すれば、人生が楽しくなるのです。 何でもポジティブに考える習慣を持つ。

13
★0

悪いところを探す癖があると、頭が固くなる。
良いところを探す癖があると、頭が柔らかくなる。

物事には「良いところ」と「悪いところ」があります。 良いところだけしかないならいいですが、どんなことにも悪いところが1つはあるもの。 あなたは、どちらから先に見ようとしますか。 無意識の習慣かもしれませんが、自分の様子を振り返ってみましょう。 他人と接したとき、粗探しの癖はないでしょうか。 仕事を依頼されたとき、デメリットばかり考える癖はないでしょうか。 作品を鑑賞するとき、欠点を探して、けちをつけることはないでしょうか。 つい悪いところを探す癖があるなら、注意が必要です。 悪いところを探す癖があると、第一印象が悪くなります。 ネガティブな感情が生まれると、心や思考が萎縮して、一方的な考え方を助長します。 印象が悪くなったり、意欲が低下したり、行動力が妨げられたりします。 どんどん視野が狭くなっていき、頭が固くなってしまうのです。   頭を柔らかくしたいなら、良いところを探す癖をつけましょう。 良いところを探そうとすると、ポジティブな気持ちになって、心が軽やかになります。 想像力や発想力が膨らみやすくなり、アイデアが出やすい状態になります。 思考が自由になり、頭が柔らかくなっていくのです。 たとえば、上司から仕事を依頼されたときがあるとします。 仕事のデメリットを考えるのは後回しにして、まずメリットから注目するようにしましょう。 「新しいスキルが身につく」 「出世や昇級につながる」 「新しい人と知り合える」 「メンタルを鍛える機会になる」 「信頼を高めるチャンスになる」 良いところから見るようにすれば、自然と嬉しい気持ちや楽しい気持ちになります。 良いところに注目すれば、テンションが上がっていきます。   人との初対面でも、まず良いところを探すことが大切です。 悪いところが目立ったとしても後回し。 粗探しは控え、まず褒めるところを探しましょう。 「笑顔が爽やか」 「話が面白い」 「話し方がユニーク」 「スリムな体形」 「頭の回転が速い」 どんな人にも必ずいいところがあります。 良いところから見ることができれば、自然と第一印象も良くなり、スムーズに人間関係を始めることができます。 もちろん悪いところを無視するわけではありません。 悪いところを確認するなら、良いところを見た後にしましょう。 良いところを見てから悪いところを見るようにすれば、印象の悪化を最小限に抑えることができます。 偶然良いところが見つかるのではなく、積極的に探していくことが大切です。 良いところを探す癖があると、頭が柔らかくなるのです。 良いところを探す癖をつける。

14
★2

えり好みは避け、できるだけ何でも受け入れるようにする。

頭を柔らかくするために注意したいのは「えり好み」です。 えり好みとは、自分の好きなものだけを選び取ることをいいます。 ・人のえり好み ・仕事のえり好み ・食べ物のえり好み 私たちは無意識のうちにえり好みをしていることが少なくありません。 苦手なことや不得意なことと接しているときは、不安や不快感があるでしょう。 嫌いなものは嫌い。 苦手なことは苦手。 好きなことだけ選んで生きるのも、悪くない生き方です。 しかし、自分の好きなものだけを選ぶようになると、刺激や経験の範囲が限定され、スムーズに成長できなくなります。 同じ刺激や経験ばかりでは、驚きや発見が減って、成長が止まってしまいます。 いつの間にか偏った見方になってしまい、頭が固くなるのです。 頭を柔らかくするためには、できるだけえり好みをしないことが大切です。 たとえば、人付き合いです。 好きな人だけでなく、苦手な人とも付き合ってみましょう。 「近づきたくない」「関わりたくない」と思うかもしれませんが、避けるばかりではよくありません。 勉強のつもりで、少しの勇気を出して付き合ってみましょう。 話が合わないなら、話を聞くだけでもかまいません。 違和感や嫌悪感があっても、新しい価値観を学ぶ姿勢になれば、受け入れやすくなるでしょう。   仕事も、できるだけえり好みを避けるようにしましょう。 得意な仕事だけでなく、不得意な仕事にも、挑戦してみましょう。 未熟なことは、成長の余地があるということ。 不慣れなことは、慣れるチャンスがあるということ。 できないのではなく、やろうとしないだけかもしれません。 経験の幅が広がるだけでなく、スキルアップにもつながって、頭が柔らかくなります。 不得意な仕事だとしても、慣れてしまえば、簡単にできるようになるかもしれません。 不得意なことが、一転して得意になるケースも少なくありません。   好きな食べ物だけでなく、嫌いな食べ物にも挑戦してみましょう。 「まずい」と感じることも、貴重な経験の1つ。 ストレスを感じるかもしれませんが、それはそれで面白い経験といえるでしょう。 「頭を柔らかくする薬だ」と思って食べてみると、嫌悪感が半減して、受け入れやすくなるはずです。 食べてみると「意外とおいしい」と感じることもあるでしょう。 実のところ、食わず嫌いになっているだけかもしれません。   人も仕事も食べ物も、できるだけえり好みを避けましょう。 完全にえり好みをなくすことが難しくても、減らすことならできるはずです。 ストレスはありますが、頭を柔らかくためのストレスです。 さまざまな刺激や経験を幅広く受け入れることで、どんどん頭が柔らかくなっていくのです。 えり好みをせず、さまざまな刺激や経験を受け入れる。

15
★0

好奇心を持って行動する人に、頭の固い人はいない。

頭を柔らかくするために大切な心があります。 それは「好奇心」です。 好奇心とは、珍しいことや未知のことなどに興味を持つ心のことをいいます。 「好奇心に振り回されてはいけない」 「好奇心を持つのは子供のすること」 「人生に好奇心は必要ない」 そんな価値観にとらわれていませんか。 自分には好奇心がないという人は要注意。 私たちは誰でも幼い頃、好奇心を持っていました。 見るもの、聞くもの、触れるもの。 あらゆることに興味を持ち、わくわくしながら近づいていたでしょう。 純粋な好奇心を爆発させ、親を困らせていたはずです。 ところが大人になるにつれて、好奇心を押さえ込みつつあります。 打算や損得勘定が先に働き、好奇心を忘れていることもあるでしょう。 見栄や体裁を気にして、興味関心の気持ちが失われていることもあるでしょう。 現実の仕事が最優先になって、好奇心が後回しになっていることもあるはずです。 どんどん心が閉ざされていき、純粋な心が発揮できなくなっている。 好奇心の輝きが失われていくにつれて、頭も固くなってしまうのです。 「好奇心を持つ」と聞けば、わがままや自己中心的なイメージがあるかもしれませんが誤解です。 好奇心は、頭を柔らかくするためになくてはならない要素です。 好奇心を持って行動すると、さまざまな刺激や経験を受け入れることができます。 「初めて知った!」「初めて経験した!」という出来事を増やせます。 知識や経験の幅が広がれば、視野や見識が広がっていき、どんどん頭が柔らかくなっていくのです。 いま一度、好奇心を出していこうではありませんか。 自分の心の声に耳を澄ませてみましょう。 好奇心が反応したら、ゴーサインです。 知らないことや気になることがあれば、わくわくしながら近づいてみましょう。 きっと新鮮な刺激や出会いが得られるはずです。 ビジネスでもプライベートでも、できるだけ好奇心を大切にしたい。 好奇心に集中すると、童心の心がよみがえります。 体の内側からパワーがみなぎってきて、いても立ってもいられなくなるでしょう。 仕事でも、好奇心を持って取り組めば、モチベーションが高まって乗り越えやすくなります。 「やらされている」ではなく「好きだからしている」と考えたほうが、明るい気持ちで取り組めるでしょう。 好奇心に準備はいりません。 今すぐあなたが自分の心に素直になれば、今日から好奇心を持って生きることができます。 好奇心は、新しい世界を切り開くための原動力。 好奇心を持って行動する人に、頭の固い人はいないのです。 好奇心を持って行動する人になる。

16
★0

部分的な見方をしていると、頭が固くなる。
全体的な見方をしていると、頭が柔らかくなる。

頭が固い人は、部分的な見方をしている傾向があります。 つまり、1つの立場や角度からだけで、物事を見たり考えたりしているということです。 「収入が多ければ、お金持ちになれる」 「好きな人と結婚すれば、幸せになれる」 「努力をすれば、必ず報われる」 「集中力さえあれば、成功できる」 「スリムな体形になれば、モテる」 それぞれ「一理ある」と言えるところもあります。 収入が上がれば、大金持ちに近づけるでしょう。 好きな人と結婚できれば、毎日愛にあふれた幸せな生活を実現できるでしょう。 努力をすれば、着実に実力を高めていけるので、目標を達成しやすくなります。 才能があれば、仕事がスムーズに進み、社会的な成功に近づけます。 スリムな体形になれば、外見がよくなってモテやすくなるでしょう。 しかし「○○さえできれば、うまくいく」という考え方は危険です。 必要条件ではありますが、十分条件でありません。 それぞれ一理ありますが、あくまで一理に過ぎません。 富も幸せも成功も、1つの条件をクリアすればいいものではありません。 複数の条件を満たした上で、実現します。 「○○さえできれば、うまくいく」という考え方をしていると、偏った見方をしてしまいます。 思い込みや決めつけが生まれ、 思考のバランス感覚が悪くなり、頭が固くなってしまいます。 部分的な見方をしていると、落とし穴に落ちるのは時間の問題。 さまざまな角度・立場から見る癖をつけ、全体的に考える習慣を持ちましょう。 自分の体は1つで目は2つしかありませんが、想像力を働かせば、さまざまな角度・立場から物事を見ることができます。   「収入が多ければ、お金持ちになれる」というのは、誤解です。 いくら収入が多くても、支出が多ければ、お金は貯まりません。 お金持ちになるためには、収入を上げるだけでなく、複数の条件を満たす必要があります。 お金の知識を身につけ、金銭感覚を養い、節約を心がけます。 さらなる自己投資も必要になるでしょう。 それぞれの要因を満たすことで、少しずつお金持ちの階段を上っていけます。   「好きな人と結婚すれば、幸せになれる」と考えるのも要注意です。 たしかに愛は、幸せに大切な条件の1つですが、それだけではありません。 お金・時間・健康・人間関係など、複数の条件が満たされた上で幸せが実現します。   「努力をすれば、必ず報われる」という考え方にも注意したい。 努力は欠かせないポイントですが、何でも努力すれば必ず報われるわけではありません。 いくら努力したところで、そこに適性や才能がなければ、空回りするばかりでしょう。 自分の適性と才能を見極め、勝てる土俵の上で努力してこそ報われます。   「集中力さえあれば、成功できる」というのは誤解です。 たしかに集中力は成功に大切な条件の1つですが、それだけではありません。 スキル、スピード、精神力、コミュニケーション能力、健康管理、時間管理、情報収集、リーダーシップ。 さまざまな条件を満たすことで、成功につながります。 運やコネが関係することも珍しくありません。 複数の要因が影響し合った上で、成功を勝ち取れます。   「スリムな体形になれば、モテる」と考えるのも安易と言えるでしょう。 いくらスリムであっても、不衛生だったり性格が悪かったりすれば、モテません。 モテるためには、複数の条件を満たすことが必要です。 清潔感・ファッション・言葉遣い・気遣い・経済力など、それぞれが満たされることで実現します。   部分的な見方をあらため、全体的な見方をしましょう。 1つの条件にとらわれず、複数の条件を見るようにしたい。 全体的な見方をしていると、バランス感覚が養われます。 できるだけ視野を広くすることで、物事の本質を見極めることができるのです。 部分的な見方ではなく、全体的見方をする。

17
★1

異質の人と1人付き合うだけで、本100冊分の学びがある。

頭を柔らかくするために、人付き合いが大切です。 ただ人付き合いを増やせばいいわけではありません。 異質の人との付き合いを増やすのです。 人間関係は、似たもの同士で固まる傾向があります。 自分と同じ人とは、似たもの同士なので仲良くなりやすい。 話も趣味も価値観も合う。 ストレスも違和感もなく、一緒にいて心地よい。 おしゃべりをしていれば、時間があっという間に過ぎるでしょう。 自分と似ている人のほうが、親友に発展しやすい傾向もあります。 しかし、自分と同類の人とばかり付き合っていると、人間関係が限定されます。 新しいことが得られにくい。 同じような刺激・価値観・考え方ばかりでは、頭も固くなる一方。 自分は心地よいかもしれませんが、いつの間にか狭い人間関係で生きてしまうことが少なくないのです。 そこで必要なのが「異質の人」です。 自分とは性格・考え方・生き方が違っている人のことです。 異質の人と付き合うと、なかなか話が合わず、戸惑うでしょう。 一緒にいても落ち着かず、ストレスを感じるかもしれませんが、この違和感こそ大切です。 違和感があるということは、自分にとって新鮮な刺激ということです。 その違和感を、拒むのではなく、受け入れましょう。 別に親しくなる必要はなく、表面的な付き合いだけでかまいません。 ユニークなことがあっても「世の中には、こういう人もいるのだな」と思えばいい。 納得できない考え方があっても「くだらない」と批判するのではな「面白い」と受け入れてみましょう。 苦手な価値観に触れても「納得できない」と拒むのではなく「こういう考え方もあるのだな」と楽しめばいい。 異質の人と付き合うことで、新鮮な刺激や価値観に触れることができ、心の器が広がっていくでしょう。 できるだけ自分とは正反対の人と付き合って見るのも面白いでしょう。 自分が理系なら、文系の人と付き合ってみる。 自分が大食いなら、小食の人と付き合ってみる。 自分が体育会系なら、文化会系の人と付き合ってみる。 自分が臆病な性格なら、大胆な性格の人と付き合ってみる。 自分がインドア派なら、アウトドア派の人と付き合ってみる。 自分と正反対の人からは、すべての言動が新鮮に映るでしょう。 異質の人からは、異質であるゆえに、学べることも多いはずです。 「異質」を楽しむようにすれば、ストレスも、快感に変わるでしょう。 「仲良くなれるはずがない」と思っていても、実際は分かりません。 異質だからこそ、意外と仲良くなれるかもしれません。 異質な人との付き合っていると、さまざまな刺激や価値観が得られ、頭が柔らかくなっていきます。 異質の人と1人付き合うだけで、本100冊分の学びがあるのです。 自分とは異質の人と付き合ってみる。

18
★0

人の気持ちを理解する習慣があると、頭が柔らかくなる。

頭を柔らかくするためには、ある習慣を心がけましょう。 それは「人の気持ちを理解する習慣」です。 つまり「相手の立場を想像して、その人の気持ちを察する」ということです。 もちろん本当の気持ちは、本人しか分かりません。 自分は自分であり、他人は他人です。 物理的に別々なので、相手の心情を理解するのは難しいように思えます。 しかし本人しか分からなくても、想像することならできるはずです。 「気持ちを理解したい」 「少しでも相手の心に寄り添いたい」 温情の気持ちがあれば、具体的に想像しやすくなります。 自分が本人になったつもりで想像力を働かせれば、その人の苦労・悩み・心情を理解しやすくなります。 本当の心情は本人にしか分かりませんが、態度や表情から察することならできるはずです。 できる範囲でかまいません。 自分が本人になったと仮定して、具体的に想像してみましょう。 人の気持ちを理解する習慣は、想像力を鍛えるだけでなく、頭を柔らかくすることに役立ちます。 たとえば、身近にお金持ちの人がいるとします。 「いいな」「うらやましい」「何でもできるね」と思いがちですが、本当にそうでしょうか。 その人になったつもりで、どう感じ、どんな生き方になるか、じっくり想像してみましょう。 「いろんな人から借金をせがまれて大変」 「お金目当ての人が多くて、かえって人を信用できなくなった」 「年収は高くても、仕事が忙しすぎて、意外と幸福度は低い」 「セキュリティー対策で悩まされている」 「周りからひがまれるばかりで、肩身の狭い思いをしている」 本人になったつもりで想像してみると、意外な世界が見えて驚かされるでしょう。 今までとは違った見方や感じ方をして、印象が変わることもあるはずです。 自分の先入観に気づかされることも少なくありません。   育児をしている主婦がいるとします。 かわいい子供との触れ合いで、毎日幸せでいっぱいだろうと思うかもしれませんが、それは一方的な見方です。 こういうときこそ、人の気持ちを理解する習慣です。 相手の立場になったつもりで想像力を働かせると、違った印象を受けることがあります。 「育児が忙しすぎて、自分のやりたいことが何もできない」 「子供の夜泣きが多くて、睡眠不足の毎日だ」 「育児が思いどおりにいかず、自己嫌悪になっている」 「しゅうとめから育児の文句を言われて困らされている」 「すべてから解放されたい気持ちで鬱状態になりかけている」 表向きは幸せそうに見えても、実際は不満とストレスを抱えていて、爆発寸前かもしれません。   人の気持ちを理解する習慣は、余裕がないとなかなかできませんが、できるだけ挑戦してみてください。 常に心がけるのが難しければ、ときどき心がけるだけでもかまいません。 完全な理解は難しくても、部分的な理解ならできるはずです。 人の気持ちを理解する習慣は、視野や見識の拡大に貢献します。 人の気持ちを理解する習慣があると、頭が柔らかくなるのです。 人の気持ちを理解する習慣を持つ。

19
★0

悪口を言えば言うほど、頭が固くなる。
褒めれば褒めるほど、頭が柔らかくなる。

頭を柔らかくしたいなら、悪口に注意しましょう。 悪口を言っていると、頭が固くなるからです。 「変ですよ」 「ばか」 「ダメですね」 「くだらない」 「かっこ悪い」 「あの人がむかつく」 「見ているだけで恥ずかしい」 悪口を言うとき、頭の中で偏った価値観が生まれています。 「こうすべきだ」 「こうするものだ」 「こうしなければいけない」 一方的な見方をすることになり、決めつけや思い込みが生まれます。 けなしたり非難したり考えを押しつけたりしていると、狭い世界にとらわれます。 影でこそこそ悪口を言うのは、悪趣味です。 また、悪口を言えば言うほど、周りの人を不快にさせ、人も離れていきます。 悪口を言っていると、心の余裕が失われ、どんどん頭が固くなっていきます。   頭を柔らかくしたいなら、悪口ではなく、褒め言葉を心がけましょう。 美点や長所、優れたところや素晴らしいところに注目して、たくさん褒めていきます。 褒めるためには、観察力を高め、頭を働かせる必要があります。 視点を変えたり、想像を膨らませたり、発想を転換してみたり、言葉を工夫したりです。 少し考える必要がありますが、この適度なストレスがいいのです。 褒めようとすると、必然的に脳のトレーニングになります。 また、自分が発した褒め言葉は、自分が聞くことになります。 相手だけでなく、自分も明るい気持ちになり、思考力を活性化する働きがあります。   早速今日から、積極的に褒めていきましょう。 大きなことだけでなく、小さなことも褒めていくことが大切です。 少しでも優れていれば、見逃さず、きちんと褒めていきましょう。 「すごいですね」 「かっこいいですね」 「スマートですね」 「おしゃれですね」 「頑張りましたね」 褒めれば褒めるほど、どんどん頭が柔らかくなっていきます。 褒めることは、人間関係をスムーズにする働きもあるので、一石二鳥です。 悪口はやめて、褒める習慣を持つ。

20
★0

冒険に出かけよう。
新しい世界には、頭を柔らかくする出会いが待っている。

頭を柔らかくするためには、冒険に出かけましょう。 どこへ冒険に行くのか。 あなたにとって「新鮮」に感じる場所なら、どこでもかまいません。 自分にとって「冒険だ」と思えば、何でも冒険になります。 さまざまな世界を見る機会があると、世間知らずで考えの狭い自分に気づかされるでしょう。 1つの考え方に固執している自分に気づかされるでしょう。 そしてまだまだ世の中は広いことを実感できるはずです。 新鮮な刺激のシャワーを浴びているうちに、どんどん頭が柔らかくなっていきます。 好奇心を大切にすれば、わくわくする気持ちも高ぶってきます。 ●旅行 冒険の代表といえば、まず旅行です。 国内旅行でも海外旅行でもかまいません。 初めての土地は、新鮮な刺激にあふれたワンダーランド。 文化・風土・町並み・郷土料理など、視野が広がる実感が味わえるでしょう。 団体ツアーで行くのもいいですが、余裕があれば、個人の一人旅もおすすめです。 一人旅は、すべてを自分でまかなわなくてはいけないため、ますます冒険らしくなるでしょう。 ●展覧会 展覧会に行くのもおすすめです。 特別な企画があって展覧会があるなら、冒険と称して出かけてみましょう。 工芸品や美術品を見ることで、クリエイティブな感性が養われるでしょう。 入場料はかかりますが「授業料」と思えば安いもの。 魅力的な作品がたくさんあって、頭が柔らかくなる刺激と出会えるでしょう。 ユニークな出会いの連続で、発想力も鍛えられるはずです。 ●イベント 興味のあるイベントがあれば、冒険の一環として、ぜひ参加してみましょう。 音楽イベント、産業イベント、トークイベント、ゲームイベント、アニメイベント、スポーツイベント。 貴重な話を聞けたり、珍しいものを見ることができたりするでしょう。 もしイベントを主催する情報があれば、勇気を出して出かけてみませんか。 イベントの大半は、常に行われていることではないため、出かけてみる価値があります。   上記はあくまで一例です。 冒険には大げさなイメージがあるかもしれませんが、その限りではありません。 もちろん大がかりなものもありますが、小さな行動も冒険になります。 「新しい世界に飛び込む行動」として考えるのいいでしょう。 動物園や植物園を訪れてみたり、他校の文化祭や学園祭を見に行ったりすることも、冒険の1つになります。 「出かけてみる」と普通に考えるのもいいですが「冒険をしに行く」と考えるほうが、わくわくできるはずです。 じっとしているだけでは、何も変化がありません。 自分からアクションを起こし、新しい世界に飛び込んでみましょう。 緊張したり恥ずかしかったりしますが、自分のためになるのは間違いありません。 新しい世界には、頭を柔らかくする出会いが待っているはずです。 冒険をして、新鮮な刺激を受ける。

21
★0

頭が柔らかいから、謙虚になるのではない。
謙虚になるから、頭が柔らかくなる。

頭を固くしてしまう原因の1つ。 それは「横柄」です。 偉そうな態度で振る舞っていると、どんどん頭は固くなってしまいます。 なぜ偉そうにすると、頭が固くなるのか。 それは、自分の都合のいい情報しか吸収しなくなるからです。 「自分は偉い」と思っていると、自然と情報のえり好みをするようになります。 自分の考えに自信を持っているため「正しい」と思った以外の情報は排除します。 自分の考えを押しつけることはあっても、相手から学ぶことが少ない。 無意識のうちに自分の考えや価値観に固執してしまいます。 情報の偏りが生まれ、頭が固くなってしまうのです。 偉そうな人は、一見すると自信があるように見えますが、実際は逆です。 自分に自信がないから偉そうにしています。 心の器が小さいだけ。 横柄な態度は、嫌われることはあっても、好かれることはありません。 偉そうにしていると、自然と相手に不快感を与えることになり、じわじわ人も離れていくでしょう。 自分は偉そうにしていないつもりでも、実際は分かりません。 過去1年間を振り返り、周りから「偉そうだね」と言われたことはありませんか。 心当たりがあるなら、いつの間にか横柄な態度になっている可能性があるため注意が必要です。 頭を柔らかくするなら、逆を心がけましょう。 謙虚になるのです。 頭を柔らかくするためには、謙虚になることが大切です。 人と接するときは、相手の年齢や立場に関係なく、常に低姿勢を心がけましょう。 分からないことがあれば、見栄を張らず「教えてください」とお願いします。 自分に非があれば、余計な言い訳はせず「申し訳ございませんでした」と謝ります。 余計な自慢もしません。 知識のひけらかしも控えます。 質問されたら答えますが、自分から露骨にアピールするのは控えるようにします。 おごり高ぶらず、腰を低くして接しましょう。 常に相手を敬って、控え目で慎ましい態度で接しましょう。 初めて聞く話なら「勉強になりました」とお礼を言いましょう。 たとえ納得できない意見であっても、むやみに反論せず「なるほど」と言って受け入れましょう。 「そもそも頭が柔らかくないと、謙虚になれないのではないか」 そうした疑問を持つ人もいるかもしれませんが、誤解です。 頭が柔らかいから、謙虚になるのではありません。 謙虚になるから、頭が柔らかくなるのです。 謙虚だからこそ、周りからたくさん話をしてもらえます。 謙虚になると、素直に人の話を聞くことができ、自分の中に吸収していけます。 さまざまな情報を吸収していくことができ、視野や見識が広がっていき、頭も柔らかくなるのです。 腰を低くして、謙虚になる。

22
★0

違いにいらいらしていると、頭が固くなる。
違いを楽しむようにすると、頭が柔らかくなる。

日常では「違い」に接することがあります。 ・ユニークな性格 ・普通とは違う外見 ・珍しい意見 ・面白い価値観 ・人間離れした生き方 違いに接したときの対処の仕方は、頭の柔らかさに影響するポイントの1つです。 違いがあったとき、どんな対応をしていますか。 「不愉快だ」 「気に入らない」 「ありえない」 「納得できない」 「非常識だ」 中には、自分の考えを相手に押しつけようとする人もいるかもしれません。 もし反発しているなら、要注意です。 違いにいらいらしてしまうのは、理解力が乏しく、心の器が小さい証拠。 自分の中に偏った価値観があり、それに固執している状態です。 これでは人との摩擦を生むばかり。 違いがあるとはいえ、自分に直接被害があるわけではないはずです。 放置していると、いずれ争いや対立に発展する可能性もゼロではありません。 「普通」という価値観は、あっていないようなもの。 世の中には多種多様な人がいて、人によって性格も考え方も生き方も違います。 普通にとらわれていると、視野が狭くなり、決まった見方や考え方しかできなくなります。 違いにいらいらしていると、頭が固くなってしまうのです。   違いがあれば、いらいらするのではなく、楽しむようにしましょう。 1つの価値観に固執しないことです。 頭を柔らかくするためには、違いを歓迎することが大切です。 「面白い性格だね。素晴らしい強みだね」 「魅力的な外見だね。差別化できる個性だね」 「素晴らしい意見だね。学べるところがある」 「面白い価値観だな。視野が広がるなあ」 「ユニークな生き方だね。自分の生き方にも参考になる」 心を大きくして、違いを快く受け入れ、楽しみましょう。 「心の器を大きくするための栄養」と思えば、違いを快く楽しめるでしょう。 たくさんの違いと出会えることは、幸せなこと。 違いを楽しめば、自分の糧や成長にもつながっていきます。 違いがあれば、いらいらするのではなく、楽しむようにする。

23
★1

人から聞いたことをうのみにしない。
まず自分で考える習慣をつけよう。

人から話を聞いたとき、どう受け止めるか。 ここが、頭を柔らかくできるかどうかの分かれ道です。 人から話を聞いたとき、何も疑わず、そのまま信じている人もいるのではないでしょうか。 「へえ、そうなのか」と素直に話を信じる。 もちろん信用できる相手ならいいのです。 親、先生、先輩、上司、専門家。 付き合いが長く、実績があり、心から信用できる人なら、聞いた話をそのまま信じるのもいいでしょう。 きっとあなたのために、有用な話を紹介してくれるに違いありません。 真偽を確かめなくても、話を信じて問題ないはずです。 しかし、誰彼の区別なく、人から聞いたことを何でもうのみにするのは危険です。 人から聞いた話が正しいとは限りません。 間違っていることもあります。 話を何でもうのみにしていると、自分で考える機会が減ってしまいます。 頭を働かせる機会が減ることで、どんどん頭が固くなります。 何でも話をうのみにしていると、騙される可能性もゼロではありません。 人から聞いた話は、うのみにするのではありません。 まず自分で考える習慣をつけるようにしましょう。 自分が持ち合わせている知識を総動員して考える。 分からないなら、分からないなりに知恵を振り絞って考えてみる。 自分の頭で考えても分からないときは、書籍やインターネットを使って調べてみる。 時には、常識や先入観を忘れて考えることも必要になるでしょう。 「本当にこの情報は正しいのだろうか」と自分に言い聞かせ、冷静になって考えること。 自分の頭で考える機会を作ることで、どんどん思考力が鍛えられ、頭が柔らかくなっていきます。 特に現代社会は、正解が用意されている学校の勉強と違って、明確な正解のないことが多い。 年金問題、介護問題、少子化問題、環境問題。 実生活では、まだ正解のない問題に直面することも少なくありません。 「これだ!」という明確な正解があるわけではなく、まだ正解がぼんやりしていることも少なくありません。 正解のない問題は、自分なりに考え、自分なりの正解を見つけていく努力が大切です。 自分なりに考える習慣を持つことで、思考力が鍛えられます。 人から聞いたことをうのみにするのではなく、まず自分の頭で考えるようにしましょう。 人の話をうのみにするのではなく、自分で考える習慣を待つ。

24
★0

「分解」と「結合」は、アイデアを考えるときの基本発想。

アイデアを考えるときは、2つの考え方を取り入れましょう。 それは「分解」と「結合」です。 分解と結合は、アイデアを考えるときの基本発想です。 物事を分けたり組み合わせたりすることで、新たな発想力が膨らんで、新しい工夫が生まれます。 壁にぶつかったとき、分解や結合の考え方を思い出せば、問題解決がスムーズになるでしょう。 ●分解 分厚い本があって読みにくい悩みがあるとします。 分厚い本は威圧感があります。 読む前からおっくうになり、なかなか読書に着手できません。 読み始めたとしても、途中で疲れて挫折することが多いでしょう。 こういうときこそ「分解」の考え方です。 分厚い本を2つに割ればいのです。 分厚い本も、半分にすれば薄くなります。 同じ内容でも、受ける印象が変わり、読みやすくなるでしょう。 分量が半分になることで、抵抗感が小さくなり、読みやすくなるでしょう。 2つに割ってもまだ量が多く感じるなら、さらに分ければいいだけです。 ●結合 「運動不足を解消したい」「映画を楽しみたい」という欲求があるとします。 毎日忙しいと、なかなかまとまった時間を取れません。 普通に考えれば、それぞれの時間を捻出しなければいけないと思いますが、ここで「結合」の考え方です。 運動と映画鑑賞の要素を組み合わせてみましょう。 「ウォーキングマシンを使えば、運動しながら映画を見ることができる」 2つの行為をまとめて行うことで、新しいアイデアが生まれます。 限られた時間を有効に使うアイデアが生まれ、 § 何かに行き詰まったときは「分けることはできないか」「組み合わせることはできないか」と考えてみましょう。 分解と結合の考え方を持つと、どんどん頭が柔らかくなります。 壁にぶつかったときは「分解」と「結合」で考えてみる。

25
★2

改善意識を持つ人に、頭の固い人はいない。

頭を柔らかくするためには、ある意識が大切です。 それは「改善意識」です。 「改善するところはない」 そう思っているなら、すでに頭が固くなっている証拠です。 改善点がないのではなく、まだ気づいていないだけです。 どんなことにも、必ず改善すべきところがあります。 改善するためには、物事を深掘りしていかなければいけません。 いろんな角度から物事を見たり、さまざまな発想を膨らませたりすることになります。 「こうするとどうなるだろうか」「ああするとどうなるだろうか」と、呪文のように唱えることでしょう。 さまざまな可能性を模索していくことで、次第に頭が柔らかくなっていくのです。 ビジネスでは、改善意識を持って取り組みましょう。 「悪いところはないだろうか」 「どこかに直すべきところはないだろうか」 「効率を上げる方法はないだろうか」 「もっと精度を上げる工夫はないだろうか」 「何か経費を節約できる方法はないだろうか」 小さな欠点が見つかれば、早速改善に取りかかりましょう。 たとえ特に問題は発生していないとしても、さらに上を目指して改善を考えることが大切です。 すでに100点なら、101点を目指していくことです。 ビジネスだけでなく、プライベートでも改善意識を取り入れましょう。 たとえば、家事です。 掃除なら「もっときれいにできる工夫はないだろうか」と考えます。 洗濯なら「洗濯物を少しでも早く乾かす方法はないだろうか」と考えます。 炊事なら「もっとおいしくなる味付けはないだろうか」と考えます。 趣味も忘れてはなりません。 「もっと面白くなる方法はないだろうか」 「さらにスコアを上げるためにはどうすればいいだろうか」 「趣味で終わらせず、社会貢献につなげる工夫はないだろうか」 趣味のためなら、自然とやる気も出てきてくるはずです。 1ミリでもいいので、何か改善を果たしたい。 難しく考えないでください。 面倒な気持ちではなく、楽しむ気持ちで改善に取り組んでいきましょう。 「改善」を1つの遊びとして考えると、楽しく取り組めるはずです。 「明るい未来を切り開くための課題」と思えば、心に火がついて「いいアイデアを出したい!」という気持ちも強くなります。 時には改善が改悪になってしまうこともありますが、失敗も1つの経験です。 「頭を柔らかくするために役立った」と考え、ポジティブに受け止めましょう。 改善に終わりはありません。 改善、改善、また改善。 改善意識を持つ人に、頭の固い人はいないのです。 改善意識を持って、仕事に取り組む。

26
★0

頭を柔らかくする本や問題集を傾倒しない。
実生活こそ、頭を柔らかくする教科書であり、問題集。

本屋に行くと、頭を柔らかくする本を見かけることがあります。 「頭が柔らかくなる本」 「頭を柔らかくする問題集」 「頭が柔らかくなる脳のトレーニング」 こうしたタイトルの本があれば、興味が出てくるでしょう。 「これを活用すれば、きっと頭が柔らかくなるだろう」 そう思って手に取り、利用したくなるかもしれません。 本を開くと、頭をひねる問題がずらっと並んでいます。 どの問題も、想像力や発想力が求められるものばかり。 頭を柔らかくする考え方を学んだり、問題を解いて慣れたりすることで、頭を柔らかくしていきます。 さて、頭を柔らかくする本に効果はあるのでしょうか。 少なくとも無駄ではないでしょう。 頭を柔らかくするためには「方法論」があります。 頭を柔らかくする本には、頭を柔らかくするコツやヒントがたくさん詰まっているでしょう。 1つの価値観や考え方にとらわれないための、ヒントを学んだり発想力を鍛えたりする上では役立つはずです。 また、頭を柔らかくする問題を解いていくことで、慣れたりコツをつかんだりできるはずです。 創意工夫が詰まった問題を解いていくことで、想像力や発想力が刺激され、思考力を活性化できます。 頭を柔らかくするトレーニングの1つになるのは間違いありません。 では、本や問題集で十分かというと、それは違います。 頭を柔らかくする本や問題集だけで、すべて完結させるのはよくありません。 頭を柔らかくする本とはいえ、ヒントに過ぎません。 ヒントを知っただけでは、頭を柔らかくすることはできません。 そもそも「こうすれば頭が柔らかくなる」という考え方が、すでに固定的であるため、注意が必要です。 物事を限定的に捉えていること自体が、すでに頭を固くする可能性があります。 実際に頭を柔らかくするためには、座学だけでなく、しっかり生活の中で実践していくことが必要です。   また、問題集についても注意が必要です。 問題集とはいえ、すべてのパターンを網羅しているわけではないでしょう。 100ページには、100ページ分の問題しかありません。 本に書かれている内容は、あくまでサブに過ぎません。 頭を柔らかくするためには、1つの考えにとらわれず、さまざまな価値観を取り入れることが必要です。 頭を柔らかくする本や問題集には利用価値があるものの、傾倒するは要注意。 あくまで「サブ」「参考」「手始め」としての利用にとどめるのが賢明です。 このことは、頭を柔らかくするゲームについても同じことが言えます。   頭を柔らかくするためのトレーニングは、実生活にあります。 勉強、仕事、運動、節約、家事、恋愛、人付き合い。 さまざまな課題に触れながら、悩んだり考えたりすることで、頭を柔らかくしていけます。 実生活こそ、頭を柔らかくする教科書であり、問題集なのです。 頭を柔らかくする本や問題集は「サブ」や「手始め」としての利用にとどめておく。

27
★1

許さない人になると、頭が固くなる。
許す人になると、頭が柔らかくなる。

トラブルがあったとき、相手を許すか許せないか。 ここが大切なポイントです。 人から不快なことをされるときがあります。 悪気のあることもあれば、悪気のないこともあります。 たとえば、傷つくことを言われると、むっとするでしょう。 怒りっぽい性格なら、ちょっとしたことで不快になり「許せない!」と思うでしょう。 ひどく腹立たしいことなら「絶対許さない!」と騒ぎ立てることもあるかもしれません。 しかし、いちいち小さなことに「許せない」と騒ぐのは「私は心の狭い人間です」と公言しているようなもの。 適応力や理解力が足りず、自分の考えに融通が利かなくなっている状態です。 許さない気持ちに固執していると、どんどん視野が狭くなる一方。 人を憎んだり恨んだりしてしていると、心の中で不快感や嫌悪感が生まれ、性格まで悪くなります。 また、許さないことが増えるにつれて、恨みや憎しみの感情が心を支配します。 許せない気持ちに固執することは、看守の仕事を24時間しているのと同じこと。 ネガティブな感情が思考を支配して、神経をすり減らしてしまい、自分が疲れてしまいます。 許さない人になると、頭が固くなってしまうのです。   頭を柔らかくするためには、許す人になりましょう。 不快なことがあっても、その場ですぐ許しましょう。 小さなことなら「全然気にしないで」と声をかけます。 にこにこしながら許せば、相手もほっとしてくれるでしょう。 たとえ100パーセント相手に非があっても「大丈夫です」とあっさり許したい。 許す気持ちを持つと、ネガティブなストレスから解放されます。 許してしまえば、恨みや憎しみに苦しまなくて済むため、思考が楽になります。 「どんなことでも絶対許そう」と自分に誓ってください。 そして、どんなことでも許せる人になりましょう。 「そんなことはできない」と思うかもしれませんが、心を大きくすれば、必ずできます。 世の中に、完璧な人間は1人もいません。 相手のミスや失敗は、自分にも起こりえるでしょう。 「自分も人のことは言えない」と思えば、同情や共感の気持ちが湧いて、許せるはずです。 許す習慣を続けていくことで、適用力や理解力が鍛えられ、心の器が広くなります。 考えに融通が利くようになり、頭が柔らかくなっていくのです。 頭が柔らかいから、許せるのではありません。 許すから、頭が柔らかくなっていくのです。 にこにこしながら許すことができればベストです。 許すことが、頭を柔らかくするトレーニングなのです。 許す人になる。

28
★1

手を使う機会を増やせば、どんどん頭が柔らかくなる。

頭を柔らかくするのは、手がポイントです。 手を使わなくて済む方法を考えるではありません。 積極的に手を使う方法を考えていきましょう。 頭を柔らかくするためには、手を使う機会を増やすことが有効です。 「手は、体の外に出た脳」と言われています。 手と脳は連動しています。 手は、最も脳を刺激する器官の1つ。 手は、人類の進化と大きく関係しているして部位です。 人類は、2足歩行をすることで、手が自由に使えるようになりました。 その結果、ものを作ったり、火をおこせるようになったり、字を書けるようになったりできるようになりました。 「人類は、手によって進化した」と言っても過言ではありません。 目・耳・鼻・舌などの感覚器以外で感知する感覚を「体性感覚」と呼びます。 脳にある体性感覚は、体の領域ごとにエリアが分かれています。 体性感覚の中でも、特に手の感覚は、脳の面積が大きく割り当てられています。 そのため、積極的に手を動かすと、脳も活発に活動を始めるのです。 手を使う機会を増やしましょう。 ●趣味 手を動かす趣味を持ってみてはいかがでしょうか。 習字、彫刻、切り絵、絵画、生け花、編み物、お手玉、ピアノ、バイオリン、トランペット。 指を動かす趣味はたくさんあります。 手先が不器用であっても大丈夫です。 あくまで手を動かすことが重要であり、手先の器用・不器用は問いません。 片手でもいいですが、なるべく両手を使うほうがいいでしょう。 両手を使えば、手を動かす量も2倍に増えるため、頭を柔らかくする効果が倍増します。 ●家事 掃除・洗濯・炊事といった家事も、手を動かす機会になります。 積極的に家事を行えば、たくさん手を動かすことになります。 家事を頑張れば頑張るほど、しっかり手を使うことになり、頭も柔らかくなっていきます。 家事を「つまらない仕事」と思うのではなく「楽しい遊び」と考えてはいかがでしょうか。 楽しみながら頑張れば、ストレス発散にも役立つでしょう。 ●手書きの日記 手書きの日記も、よい習慣です。 汚い字でもかまいません。 筆記用具を持って、日記を毎日続けていると、過去の出来事を振り返りやすくなります。 その日の出来事を思い出しながら書くことで、想起力や記憶力も刺激され、脳の健康維持にも役立ちます。 日記は、生きた証しでもあります。 長年続けていくことで、かけがえないのない宝物になっているでしょう。 手を使う機会を増やす。

29
★1

幼い子供と接しよう。
一回り若い人はすべて、頭を柔らかくする先生。

頭を柔らかくするための先生がいます。 それは、幼い子供です。 幼い子供は、素直で無邪気で純粋な心を持っています。 まだ世の中を知らず、物事をありのまま受け止めようとします。 幼い子供と接していると、思わぬ言動に、はっとさせられることがあります。 転がるボールを見たとき、大人は何とも思いませんが、子供は笑ったり面白がったりします。 山を見たとき、子供は「いつ山は歩くの?」とユニークな発想をして、驚かされることもあるでしょう。 テレビを見たとき「中にいる人はいつ出てくるの?」と本気で質問してきます。 青空に浮かぶ雲を見たとき、子供は「柔らかそう」「おいしそう」といった面白い発想で楽しませてくれることがあります。 サンタクロースの存在を信じている子供の様子も、大人にとって新鮮に映るでしょう。 「どうして時間は前にしか進まないの」という哲学的な質問をされて、大人でさえ動揺することがあるはずです。 大人が見過ごすことでも、子供たちは興味関心を持って楽しもうとします。 幼い子供は、頭を柔らかくする先生です。 子供に大人の考え方を押しつけるのではありません。 むしろ大人である私たちが、子供から柔らかい考え方を学ばせてもらいましょう。 子供が変な発想をしても「それは違う」と否定するのではなく「なるほど」と肯定しましょう。 楽しむつもりになれば、何でも面白おかしく吸収できるでしょう。 子供と一緒に遊んでみるのもいいでしょう。 のろのろした動きにいらいらするのでなく、余裕を持って接しましょう。 自然と無邪気な気持ちになり、昔の自分を思い出すはずです。 「そういえば自分も昔はこんな考え方をしていたよね」と思うでしょう。 子供の無邪気な言動を参考にすることで、どんどん頭が柔らかくなっていきます。 ●身近に幼い子供がいないなら、一回り若い人と接するだけでもいい 先生になるのは、幼い子供ばかりだけではありません。 一回り若い人も、先生です。 ある程度年齢を重ねているとはいえ、自分より一回り若い人はまだまだ頭が柔らかい。 「相手が若すぎて話が合わない」「世代が違って価値観が合わない」と言ってしまえば、それまでです。 否定していると、ますます頭が固くなるばかり。 「まだまだ若いね」とばかにするのではなく「そうだよね。楽しみだね」と一緒にわくわくしましょう。 若々しい考え方に接したなら、吸収するように受け入れていきましょう。 無邪気な子供と接する。 自分より一回り若い人とも接する。

30
★0

夢がないと、頭が固くなる。
夢があると、頭が柔らかくなる。

あなたには夢がありますか。 夢を持つのは、個人の自由。 夢の持つ・持たないは個人の自由ですが、頭の柔らかさに影響するポイントの1つです。 夢は、なくても生きていけますが、消極的な考え方・生き方になりがちです。 「どうせ無理」 「今さら努力しても無駄」 「夢を持ったところで叶わないに決まっている」 夢がないと、気持ちを引き締めることがなくなり、無気力や虚無感に襲われることが増えるでしょう。 目的や目標がないと「何かに向かって生きる」ということがなくなり、宙に浮いたような感覚に陥ります。 お金のために、自宅と会社を往復するだけになります。 生きるために、食べて寝ることを繰り返すだけになります。 生まれてしまったから、仕方なく生きるという状態になります。 心も気持ちも下向きになってしまい、自堕落な生き方になってしまうのです。   頭を柔らかくしたいなら、夢を持ちましょう。 夢を持つと、目的や目標に向かって努力ができます。 夢と聞くと、スケールの大きな印象を受けますが、言い換えると「将来実現させたい願い」にすぎません。 目的や目標を持って生きるのは、なんと素晴らしいことなのでしょう。 夢があるから、心の中で希望の光が輝き始めます。 生活に潤いが生まれ、生き方に張りも出る。 つらいことや悔しいことも増えますが、楽しいことや嬉しいことも増えます。 大変な出来事も、時が経てば、いい思い出に変わります。 夢を持つと、将来にわくわくすることが増えます。 気持ちだけでなく、生活や生き方も引き締まります。 未来について考える機会が増えることになるため、想像力や発想力を膨らませる機会も増える。 積極的に生きることができるようになり、情報の吸収力も高まります。 大きな夢である必要はなく、小さな夢でもいいのです。 「資格を取りたい」 「会計が分かるようになりたい」 「ピアノ演奏の初歩をマスターしたい」 小さなことでも、本人にとって貴いことなら夢になります。 たとえ夢が叶わなくてもいいのです。 大切なことは「夢に向かって努力する」ということ。 夢を持つだけで終わらせず、きちんと叶えるために努力をしましょう。 いきなり難しいことに挑戦するのではなく、できることから少しずつ取り組むようにしましょう。 夢を持って、夢のために生きましょう。 夢があると、頭が柔らかくなるのです。 夢を持って生きる。

同じカテゴリーの作品