アイデア発想

クリエイティブな人になる
30の方法

1
25

インスピレーションは、
いつ浮かぶかわからない。
あらゆる場所を仕事場にしよう。

インスピレーションは、いつ浮かぶかわからない。あらゆる場所を仕事場にしよう。 | クリエイティブな人になる30の方法

仕事をする場所と言えば、どこを思い浮かべますか。

普通に考えるなら「職場」が一般的でしょう。

ビルの中にある、決められた一室で仕事をすることが多いはずです。

また、自営業やフリーランスなら、自宅が仕事場ということもあるでしょう。

もちろん職場は人それぞれですが、クリエイティブな人にとって仕事をする場所は、ユニークです。

クリエイティブな人は、あらゆる場所が仕事場です。

インスピレーションは、いつ浮かぶかわからないからです。

空想するのに、場所や時間は関係ありません。

アイデア発想は、頭さえあればできます。

そのため、会社の職場だけでなく、いろいろな場所で仕事をします。

インスピレーションのネタは日常に点在しているため、職場以外でもできます。

意外な場所やタイミングでも、アイデア発想は可能です。

 

たとえば、入浴中です。

クリエイティブな人にとっては、浴室は、もはや職場です。

浴室でリラックスしているときに限って、いいアイデアが浮かぶもの。

シャワーを浴びたり湯船に浸かったりしながら「何かいい方法はないだろうか」と考え、アイデアをひねり出します。

散歩中も大切な時間です。

クリエイティブな人は、歩きながら考え事をします。

散歩で気分転換を楽しみつつ、頭の片隅では問題について考えています。

のんびり歩いていると気持ちがリラックスするため、インスピレーションが湧きやすくなります。

クリエイティブな人は、電車やバスといった移動中にも仕事をします。

電車やバスは、クリエイティブを刺激するネタがたくさんあります。

車内の広告、窓からの風景、さまざまな乗客たち。

移動中に考え事をしていると、さまざまな頭の中で、ふと素晴らしい発想がひらめくことがあります。

デパートでウインドーショッピングをするときも、仕事の一環です。

デパートは刺激の宝庫なので、アイデアの化学反応が起こりやすい環境です。

ウインドーショッピングを楽しみつつ、頭の片隅では仕事のことを考えています。

さまざまな刺激を得ることができるため、ふとアイデアがひらめいて、秀逸な発想につながります。

アイデア発想は、職場でもできますが、職場以外でもできます。

むしろ職場以外のほうがはかどることも少なくありません。

刺激は、室内より室外のほうが多い。

そのため、クリエイティブな人は、いつでもどこでも仕事をすることになるのです。

働く場所を限定していませんか。

働く場所を限定していると、クリエイティブも限定することになります。

インスピレーションは、いつ浮かぶかわからないのですから、常に身構えておく必要があります。

クリエイティブな人になりたいなら、あらゆる場所を仕事場にしましょう。

クリエイティブな人になる方法(25)
  • 働く場所を限定しない。
数字に強くなくても、クリエイティブな人になれる。

もくじ
クリエイティブな人になる30の方法
インスピレーションは、いつ浮かぶかわからない。あらゆる場所を仕事場にしよう。 | クリエイティブな人になる30の方法

  1. 芸術とは、自己表現の手段。<br>作品とは、もう1人の自分。
    芸術とは、自己表現の手段。
    作品とは、もう1人の自分。
  2. クリエイティブな力は、身につけるものではなく、引き出すもの。
    クリエイティブな力は、身につけるものではなく、引き出すもの。
  3. 自然体を意識すると、クリエイティブな力が引き出される。
    自然体を意識すると、クリエイティブな力が引き出される。
  4. 「クリエイティブな人になる」と決意をしよう。
    「クリエイティブな人になる」と決意をしよう。
  5. 同じパターンの繰り返しばかりでは、クリエイティブな人になれない。
    同じパターンの繰り返しばかりでは、クリエイティブな人になれない。
  6. 批判の声に強くなることで、クリエイティブな力を高めていける。
    批判の声に強くなることで、クリエイティブな力を高めていける。
  7. 量は質に転化する。
    量は質に転化する。
  8. 質を高めるには、量が必要。<br>量をこなすには、スピードが必要。
    質を高めるには、量が必要。
    量をこなすには、スピードが必要。
  9. 1つの価値観にこだわらない。<br>さまざまな価値観を受け入れる。
    1つの価値観にこだわらない。
    さまざまな価値観を受け入れる。
  10. 理屈より感性を大切にすることで、クリエイティブな力が高まる。
    理屈より感性を大切にすることで、クリエイティブな力が高まる。
  11. クリエイティブで大切なのは、観察力より洞察力。
    クリエイティブで大切なのは、観察力より洞察力。
  12. 観察力と洞察力の違いとは。
    観察力と洞察力の違いとは。
  13. 集中力なくして、クリエイティブな仕事はできない。
    集中力なくして、クリエイティブな仕事はできない。
  14. 一流作品に触れることで、創作意欲が刺激される。
    一流作品に触れることで、創作意欲が刺激される。
  15. 失敗を避ける姿勢があると、クリエイティブな力を鍛えられない。
    失敗を避ける姿勢があると、クリエイティブな力を鍛えられない。
  16. 意見は変えていい。<br>クリエイティブは、意見を変えながら高めていくもの。
    意見は変えていい。
    クリエイティブは、意見を変えながら高めていくもの。
  17. クリエイティブな人は、子供っぽいところがある。
    クリエイティブな人は、子供っぽいところがある。
  18. 個性は、殺すものではなく、生かすもの。<br>個性を生かせば、クリエイティブな才能が開花する。
    個性は、殺すものではなく、生かすもの。
    個性を生かせば、クリエイティブな才能が開花する。
  19. みんなと同じことをしていては、クリエイティブになれない。
    みんなと同じことをしていては、クリエイティブになれない。
  20. 批判や悪口は、クリエイティブな力を低下させる。
    批判や悪口は、クリエイティブな力を低下させる。
  21. 褒める習慣を持つと、クリエイティブなセンスが研ぎ澄まされる。
    褒める習慣を持つと、クリエイティブなセンスが研ぎ澄まされる。
  22. 100の知識より、1の経験。
    100の知識より、1の経験。
  23. クリエイティブは、フットワークが命。<br>ぱっとひらめいたら、さっと試そう。
    クリエイティブは、フットワークが命。
    ぱっとひらめいたら、さっと試そう。
  24. 問題を芸術に生かす発想も、クリエイティブの1つ。
    問題を芸術に生かす発想も、クリエイティブの1つ。
  25. インスピレーションは、いつ浮かぶかわからない。<br>あらゆる場所を仕事場にしよう。
    インスピレーションは、いつ浮かぶかわからない。
    あらゆる場所を仕事場にしよう。
  26. 数字に強くなくても、クリエイティブな人になれる。
    数字に強くなくても、クリエイティブな人になれる。
  27. 問題を解く側ではなく、作る側になる。
    問題を解く側ではなく、作る側になる。
  28. クリエイティブだから、夢を持つのではない。<br>夢を持つから、クリエイティブになれる。
    クリエイティブだから、夢を持つのではない。
    夢を持つから、クリエイティブになれる。
  29. 駄作でも凡作でもいいから、恥をさらす覚悟で発表する。
    駄作でも凡作でもいいから、恥をさらす覚悟で発表する。
  30. 現状に満足しない。<br>向上意識を持って、さらなる高みを目指していく。
    現状に満足しない。
    向上意識を持って、さらなる高みを目指していく。

同じカテゴリーの作品