アイデア発想

クリエイティブな人になる
30の方法

2
29

駄作でも凡作でもいいから、
恥をさらす覚悟で発表する。

駄作でも凡作でもいいから、恥をさらす覚悟で発表する。 | クリエイティブな人になる30の方法

作品ができたらどうするか。

ここがクリエイティブの分かれ道です。

作った作品に納得できない部分があると、発表をためらうことがあります。

「まだ不十分な点が多く、発表できるような状態ではない」

「もっと完成度を上げてから発表しよう」

「完璧にしてから発表しよう」

せっかく作品を作ったにもかかわらず、発表しない。

まだ作品に自信がないため、あれこれ言い訳をしながら、発表を先延ばしにします。

もちろん明らかに未完成なら、話は別です。

まだ半分も仕上がっていない状態なら、形が整うまで仕上げたほうがいいでしょう。

未熟な点・中途半端な点が目立つのなら、きちんと直すのが先決です。

また「内容が間違っている」とわかっていながら発表するのもよくありません。

その内容を信じた人に迷惑をかけてしまう可能性があります。

数字や内容に重大な誤りがある場合も、きちんと修正してから公開したほうがいいでしょう。

 

しかし、そうしたケースを除けば、余計な公開の後回しは毒です。

発表しなければ、ないも同然。

どんなに素晴らしい作品も、発表しなければ、意味がありません。

発表しなければ、自分の問題点や改善点を知ることができません。

恥をかくのを恐れていては、クリエイティブを磨いていけません。

発表することで、自分の評価が落ちるリスクもありますが、発表しないで問題に気づけないリスクのほうが、よほど重大です。

低評価を恐れて発表から逃げていると、いつまで経っても上達できません。

「問題はない」と誤解したまま、誤った方向に突き進んでしまう可能性があります。

「もっと整えてから……」

「もっと上達してから……」

「もっと完璧にしてから……」

どんどん発表を先送りしているうちに、お蔵入りとなるのです。

クリエイティブな人になりたいなら、まず作った作品を発表する勇気を持ちましょう。

恥をさらす覚悟で、まず発表することです。

笑われたり批判されたりするかもしれませんが、それでもいい。

発表することで、世間の反応を知ることができます。

上司や先生から間違いを指摘されるかもしれませんが、大切なことです。

発表するからこそ、問題点や改善点を把握でき、自分の才能を高めていけます。

ファンが増えたりリピーターがついたりして、あなたの存在が認知されます。

クリエイティブになりたいなら、発表は、通らなければいけない登竜門。

作品を露出に耐えられる形まで仕上げれば、どんどん積極的に発表していきましょう。

発表するから、ますますクリエイティブになっていけるのです。

クリエイティブな人になる方法(29)
  • 駄作でも愚作でも凡作でもいいから、恥をさらす覚悟で、発表する。
現状に満足しない。
向上意識を持って、さらなる高みを目指していく。

もくじ
クリエイティブな人になる30の方法
駄作でも凡作でもいいから、恥をさらす覚悟で発表する。 | クリエイティブな人になる30の方法

  1. 芸術とは、自己表現の手段。<br>作品とは、もう1人の自分。
    芸術とは、自己表現の手段。
    作品とは、もう1人の自分。
  2. クリエイティブな力は、身につけるものではなく、引き出すもの。
    クリエイティブな力は、身につけるものではなく、引き出すもの。
  3. 自然体を意識すると、クリエイティブな力が引き出される。
    自然体を意識すると、クリエイティブな力が引き出される。
  4. 「クリエイティブな人になる」と決意をしよう。
    「クリエイティブな人になる」と決意をしよう。
  5. 同じパターンの繰り返しばかりでは、クリエイティブな人になれない。
    同じパターンの繰り返しばかりでは、クリエイティブな人になれない。
  6. 批判の声に強くなることで、クリエイティブな力を高めていける。
    批判の声に強くなることで、クリエイティブな力を高めていける。
  7. 量は質に転化する。
    量は質に転化する。
  8. 質を高めるには、量が必要。<br>量をこなすには、スピードが必要。
    質を高めるには、量が必要。
    量をこなすには、スピードが必要。
  9. 1つの価値観にこだわらない。<br>さまざまな価値観を受け入れる。
    1つの価値観にこだわらない。
    さまざまな価値観を受け入れる。
  10. 理屈より感性を大切にすることで、クリエイティブな力が高まる。
    理屈より感性を大切にすることで、クリエイティブな力が高まる。
  11. クリエイティブで大切なのは、観察力より洞察力。
    クリエイティブで大切なのは、観察力より洞察力。
  12. 観察力と洞察力の違いとは。
    観察力と洞察力の違いとは。
  13. 集中力なくして、クリエイティブな仕事はできない。
    集中力なくして、クリエイティブな仕事はできない。
  14. 一流作品に触れることで、創作意欲が刺激される。
    一流作品に触れることで、創作意欲が刺激される。
  15. 失敗を避ける姿勢があると、クリエイティブな力を鍛えられない。
    失敗を避ける姿勢があると、クリエイティブな力を鍛えられない。
  16. 意見は変えていい。<br>クリエイティブは、意見を変えながら高めていくもの。
    意見は変えていい。
    クリエイティブは、意見を変えながら高めていくもの。
  17. クリエイティブな人は、子供っぽいところがある。
    クリエイティブな人は、子供っぽいところがある。
  18. 個性は、殺すものではなく、生かすもの。<br>個性を生かせば、クリエイティブな才能が開花する。
    個性は、殺すものではなく、生かすもの。
    個性を生かせば、クリエイティブな才能が開花する。
  19. みんなと同じことをしていては、クリエイティブになれない。
    みんなと同じことをしていては、クリエイティブになれない。
  20. 批判や悪口は、クリエイティブな力を低下させる。
    批判や悪口は、クリエイティブな力を低下させる。
  21. 褒める習慣を持つと、クリエイティブなセンスが研ぎ澄まされる。
    褒める習慣を持つと、クリエイティブなセンスが研ぎ澄まされる。
  22. 100の知識より、1の経験。
    100の知識より、1の経験。
  23. クリエイティブは、フットワークが命。<br>ぱっとひらめいたら、さっと試そう。
    クリエイティブは、フットワークが命。
    ぱっとひらめいたら、さっと試そう。
  24. 問題を芸術に生かす発想も、クリエイティブの1つ。
    問題を芸術に生かす発想も、クリエイティブの1つ。
  25. インスピレーションは、いつ浮かぶかわからない。<br>あらゆる場所を仕事場にしよう。
    インスピレーションは、いつ浮かぶかわからない。
    あらゆる場所を仕事場にしよう。
  26. 数字に強くなくても、クリエイティブな人になれる。
    数字に強くなくても、クリエイティブな人になれる。
  27. 問題を解く側ではなく、作る側になる。
    問題を解く側ではなく、作る側になる。
  28. クリエイティブだから、夢を持つのではない。<br>夢を持つから、クリエイティブになれる。
    クリエイティブだから、夢を持つのではない。
    夢を持つから、クリエイティブになれる。
  29. 駄作でも凡作でもいいから、恥をさらす覚悟で発表する。
    駄作でも凡作でもいいから、恥をさらす覚悟で発表する。
  30. 現状に満足しない。<br>向上意識を持って、さらなる高みを目指していく。
    現状に満足しない。
    向上意識を持って、さらなる高みを目指していく。

同じカテゴリーの作品