気力

挑戦する力がつく
30の言葉

3
15

野球のストライクゾーンは、
すでに決まっている。
あなたのストライクゾーンは、
自由に決めていい。

野球のストライクゾーンは、すでに決まっている。あなたのストライクゾーンは、自由に決めていい。 | 挑戦する力がつく30の言葉

野球では、すでにストライクゾーンが決まっています。

一般的なストライクゾーンは、本塁上の空間で、打者の胸から膝までの高さの部分です。

国によってストライクゾーンに違いはありますが、基本的な範囲はおおむね同じです。

野球のストライクゾーンは変えることができません。

ルールとして、厳密に定められているため、従うしかありません。

その厳しさが野球の面白さでもあります。

決められたルールの中でベストを尽くし、勝利を目指して最高のパフォーマンスを発揮するのが、ゲームの面白さ。

ピッチャーは、ストライクゾーンのぎりぎりを狙ってボールを投げます。

コントロールの優れたピッチャーほど、成績もよくなります。

ストライクゾーンのぎりぎりを投げることで、打ちにくいボールになり、バッターから三振を奪えます。

 

一方、あなたにもストライクゾーンがあります。

仕事の範囲。

人間関係の範囲。

恋愛対象の範囲。

好き嫌いの範囲。

興味関心の範囲。

さまざまなストライクゾーンがあります。

あなたのストライクゾーンは誰が決めるのか。

あなたが決めるのです。

あなた自身がルールブック。

あなた独自のストライクゾーンを作りましょう。

どんなストライクゾーンも自由ですから、自分の好きに決めてOKです。

正方形でもだ円形でもOK。

いびつな形をしたストライクゾーンでもOKです。

ストライクゾーンは、狭くするより広くしたほうがいいでしょう。

ストライクゾーンを広げると、可能性と許容範囲が広がって、楽しみが増えます。

あらゆるボールを受け止めるのは難しくても、少しでもストライクゾーンを広げるくらいならできるでしょう。

一度ルールを決めた後でも、都合が悪ければ、自由に書き換えることもできます。

あなたのストライクゾーンも、個性の1つです。

挑戦する力がつく言葉(15)
  • 自由に自分独自のストライクゾーンを作る。
あなたの心は、もっと軽くなる。
心が軽くなるだけで、新しい自分に生まれ変われる。

もくじ
挑戦する力がつく30の言葉
野球のストライクゾーンは、すでに決まっている。あなたのストライクゾーンは、自由に決めていい。 | 挑戦する力がつく30の言葉

  1. あれこれ考えるな。<br>とにかく動け!
    あれこれ考えるな。
    とにかく動け!
  2. 無難なことばかり選んでいると、心が弱って臆病になる。<br>たまには危険なことを選んでみよう。
    無難なことばかり選んでいると、心が弱って臆病になる。
    たまには危険なことを選んでみよう。
  3. 他人が断った仕事は、あなたが引き受けるチャンス。
    他人が断った仕事は、あなたが引き受けるチャンス。
  4. 縁起の悪いことがあれば、わざとやってみよう。<br>意外と何でもないことに気づくだろう。
    縁起の悪いことがあれば、わざとやってみよう。
    意外と何でもないことに気づくだろう。
  5. チャレンジする前から「どうせ無理」と諦めていないか。
    チャレンジする前から「どうせ無理」と諦めていないか。
  6. お礼の言葉を強調する一工夫。
    お礼の言葉を強調する一工夫。
  7. いい思い込みをして、ポジティブな錯覚を引き起こそう。<br>「以前に経験したことがある」と思えば、恐怖が半減する。
    いい思い込みをして、ポジティブな錯覚を引き起こそう。
    「以前に経験したことがある」と思えば、恐怖が半減する。
  8. 機嫌がいいときは、新しいことを始めるベストタイミング。
    機嫌がいいときは、新しいことを始めるベストタイミング。
  9. 恥ずかしいなら、恥ずかしがる暇がなくなるくらい、スピードを出せばいい。
    恥ずかしいなら、恥ずかしがる暇がなくなるくらい、スピードを出せばいい。
  10. 「トラブル」と呼ぶから、苦しく感じる。<br>「イベント」と呼べば、楽しく感じる。
    「トラブル」と呼ぶから、苦しく感じる。
    「イベント」と呼べば、楽しく感じる。
  11. 必ずうまくいくことばかり挑戦していないか。<br>うまくいくとは限らないことに挑戦するのがかっこいい。
    必ずうまくいくことばかり挑戦していないか。
    うまくいくとは限らないことに挑戦するのがかっこいい。
  12. あなたは「勇気がない」と思い込んでいる。<br>小さな勇気しか出ないなら、小さな勇気でできることをすればいい。
    あなたは「勇気がない」と思い込んでいる。
    小さな勇気しか出ないなら、小さな勇気でできることをすればいい。
  13. 今からでも遅くない。<br>諦めていたことに、もう一度挑戦してみよう。
    今からでも遅くない。
    諦めていたことに、もう一度挑戦してみよう。
  14. 「あと○○しかない」を「まだ○○もある」と言い換えるだけで、可能性が見えてくる。
    「あと○○しかない」を「まだ○○もある」と言い換えるだけで、可能性が見えてくる。
  15. 野球のストライクゾーンは、すでに決まっている。<br>あなたのストライクゾーンは、自由に決めていい。
    野球のストライクゾーンは、すでに決まっている。
    あなたのストライクゾーンは、自由に決めていい。
  16. あなたの心は、もっと軽くなる。<br>心が軽くなるだけで、新しい自分に生まれ変われる。
    あなたの心は、もっと軽くなる。
    心が軽くなるだけで、新しい自分に生まれ変われる。
  17. 自分のことを「大物」という人に、大物はいない。
    自分のことを「大物」という人に、大物はいない。
  18. 小さな夢だから、叶わない。<br>大きな夢のほうが、叶う。
    小さな夢だから、叶わない。
    大きな夢のほうが、叶う。
  19. 強い人は、そこそこの成功しかできない。<br>弱い人こそ、大きな成功を成し遂げる。
    強い人は、そこそこの成功しかできない。
    弱い人こそ、大きな成功を成し遂げる。
  20. 「挑戦」は「冒険」と言い換えよう。<br>恐怖が半減して、わくわく感が倍増する。
    「挑戦」は「冒険」と言い換えよう。
    恐怖が半減して、わくわく感が倍増する。
  21. 元気を出しすぎてはいけない。
    元気を出しすぎてはいけない。
  22. 背伸びには2種類ある。<br>「無理な背伸び」と「安全な背伸び」
    背伸びには2種類ある。
    「無理な背伸び」と「安全な背伸び」
  23. たっぷり趣味を楽しんでぐったり疲れた日を「充実した1日」と呼ぶ。
    たっぷり趣味を楽しんでぐったり疲れた日を「充実した1日」と呼ぶ。
  24. 「くだらない」という口癖があると、何でも嫌になる。<br>「面白い」という口癖があると、何でも楽しくなる。
    「くだらない」という口癖があると、何でも嫌になる。
    「面白い」という口癖があると、何でも楽しくなる。
  25. 「うまくいった試しがない」と言われたら、こう切り返そう。<br>「じゃあ、次はうまくいかせます」
    「うまくいった試しがない」と言われたら、こう切り返そう。
    「じゃあ、次はうまくいかせます」
  26. お金より夢を追いかけよう。<br>流行より自分らしさを追いかけよう。
    お金より夢を追いかけよう。
    流行より自分らしさを追いかけよう。
  27. 精神的な時間を作って、心の健康を保とう。<br>精神的な時間を大切にすると、仕事も質も向上する。
    精神的な時間を作って、心の健康を保とう。
    精神的な時間を大切にすると、仕事も質も向上する。
  28. 意地を張って名作を見ないのは、機会損失になっている。
    意地を張って名作を見ないのは、機会損失になっている。
  29. 大人になってから遊ぶときは、制限を設けておくほうがいい。
    大人になってから遊ぶときは、制限を設けておくほうがいい。
  30. あなたは今、明日の自分を作っている。
    あなたは今、明日の自分を作っている。

同じカテゴリーの作品