人生の教科書



生き方
好きなことでも、やる気が出ないときもある。
片思い
メールは、やる気が出るまで待たなくていい。
ニート
やる気が出ないのは、やりたいことではないから。
気力
やる気は、出そうとするから出なくなる。
気力

やる気が出る
30の言葉

  • やる気が出ないときは、
    とりあえず深呼吸。
やる気が出る30の言葉

もくじ

1
★4

やる気が出ないときは、とりあえず深呼吸。

やる気が出ないときは、ぜひ試してほしいことがあります。 とりあえず深呼吸をしましょう。 どんなにやる気がなくても、どれだけ無気力であっても、深呼吸くらいならできるはずです。 肺いっぱいに大きく息を吸い込みましょう。 急ぐのではなく、ゆっくり息を吸うのがポイントです。 大きく息を吸ったら、次に息を吐きましょう。 肺の中にある空気を全部吐き出すつもりで、息を吐いてください。 吸うときより時間をかけて吐くようにしましょう。 すると、どうでしょう。 深呼吸をするだけで、少し気持ちが明るくなって、やる気が出てくるはずです。 下向きだった心が上向きに変わるでしょう。 暗い気持ちに光が差し込んでくるでしょう。 不安が小さくなり、安心が大きくなるでしょう。 やる気が出ないときは、元気がないため、自然と呼吸が浅くなっています。 物事に行き詰まったときは、息も詰まっているもの。 呼吸が浅いと、脳に酸素が行き渡りません。 酸素不足では、なかなかやる気が出ないのも当然です。 やる気を出したくても、肝心の酸素がなければ、気力の出しようがありません。 だからこそ、深呼吸です。 空気中には「酸素」という名の、気力の材料が漂っています。 深呼吸をすると、体内にたっぷり酸素を取り込めます。 脳にも酸素が供給されることで脳細胞の活動が活発になり、やる気が出てくるのです。 知識も練習も必要ありません。 簡単ですね。 簡単ですが、効果は抜群です。 即効性があって、副作用もありません。 1回の深呼吸で足りなければ、何回か繰り返しましょう。 回数制限はありません。 もし誰かのやる気を促したいなら「とりあえず深呼吸をしよう!」というアドバイスが役立つでしょう。 深呼吸をした相手はきっと目を輝かせ、笑顔になってくれるでしょう。 やる気を出すのは簡単です。 やる気が出ないときは、深呼吸するだけでいいのです。 やる気が出ないときは、とりあえず深呼吸をする。

2
★6

「大変だ」と思うことは、意外と大変なことではない。

重大なトラブルが起こると「大変だ!」と思います。 「これは大変だ!」 「大変なことになった!」 トラブルが大きければ大きいほど、大きなストレスを感じるでしょう。 あたふたして対処に困り、パニックに陥ることもあるでしょう。 絶望を感じたり、頭が真っ白になったりすることもあるかもしれません。 「大変だ」と思うくらいですから、大変な未来が待っているように思えます。 しかし、ここに誤解があります。 実際のところ「大変だ」と思うことは、意外と大変なことではありません。 本当に大変な状況に直面すると、もはや人は「大変だ」とは思いません。 「大変だ」とは思う余裕すらなくなります。 たとえば、あなたにとって本当に大切な人が亡くなったとします。 そんなとき「大変だ」とは思わないです。 頭が真っ白で、何も考えられず、ぼうぜんとするでしょう。 大きな病気になって、余命が短いとします。 そんなときも「大変だ」とじたばた騒がないはずです。 大変を超越した出来事なら、もはや静かに余命を受け入れるでしょう。 つまり「大変だ」と思っているなら、まだ大変ではない証拠です。 呼吸を整えて落ちてついてから、その出来事を振り返ってみましょう。 じっくり考えれば、意外と何とかなりそうなことではないでしょうか。 大げさに考えているだけです。 妄想がエスカレートしているだけです。 トラブルによるショックのせいで、一時的に視野が狭くなっているだけです。 取り返しがつかないトラブルに思えても、じっくり考えると、取り返せる手段があるのではないでしょうか。 友達と喧嘩しても大丈夫。 仲直りをすれば、後から仲直りすればいいことです。 自分が悪くなくても、ひとまず謝っておくと、仲直りもスムーズになるでしょう。 解雇されて仕事を失っても大丈夫。 また新しい仕事を探せばいいだけです。 贅沢を言わず、見栄と体裁を気にしなければ、意外と早く仕事が見つかるはずです。 財布を落としても大丈夫。 財布を失っても、命や健康まで失ったわけではない。 財布が見つからず、お金を失ったとしても、また働いて稼げばいいだけです。 家が焼けても大丈夫。 また新しく建てればいい。 保険が下りるなら、経済的ダメージは小さいはずです。 家を建てることができないなら、賃貸アパートに住めばいいだけです。 「のんきに考えていられない」と思うかもしれませんが、じたばた騒いでも、状況が変わるわけではありません。 心を大きくして、どっしり構えようではありませんか。 「大変だ」と思うことは、意外と大変なことではないのです。 「大変だ」と思うことは、意外と大変なことではないことに気づく。

3
★4

あなたは毎朝、出発点に立っている。
新鮮な気持ちで1日をスタートしよう。

地平線から太陽が顔を出せば、空が明るくなります。 新しい1日の始まりです。 毎朝、意識してほしいことがあります。 出発点に立っていることを意識しましょう。 特別なことではありませんが、大切なことです。 新しく出発していることを意識して、新鮮な気持ちになってください。 出発点に立っていると意識したほうが、気持ちが引き締まってテンションも上がります。 澄み切った心になると、やる気もモチベーションも自然と上がります。 朝にスタートダッシュができれば、1日全体の調子もよくなるでしょう。 毎朝、新鮮な気持ちでいることが大切です。 毎朝意識すれば、毎朝新鮮な気持ちで1日を始めることができます。 朝になれば、新しく出発している気持ちになりましょう。 昨日のことはもう考えません。 昨日のことはすでに過去の話。 過去を引きずっていても仕方ない。 つらいことや嫌なことがあったとしても振り返りません。 朝になれば、顔を上げ、きちんと前を向きましょう。 太陽が上がっていく様子を見ながら、自分の気持ちも上げていきます。 睡眠中、嫌な夢を見てしまったら、さっさと忘れましょう。 きちんと朝食を食べて、元気を出しましょう。 おいしいものを食べれば、元気が出ます。 寝ぼけているなら、冷たい水で顔を洗いましょう。 水に触れることで、気持ちがしゃきっとします。 さあ、今日も1日が始まりました。 じわじわ上がっていく太陽を手本にして、あなたも気持ちを上げていきましょう。 あなたは毎朝、出発点に立っています。 新鮮な気持ちで1日をスタートしましょう。 毎朝、出発点に立っていることを意識して、新鮮な気持ちで1日をスタートする。

4
★2

恋愛は、こじれたときこそ正念場。

時に恋愛では、こじれることがあります。 誤解やすれ違いで、喧嘩をしてしまった。 つい感情をぶつけてしまい、不快にさせてしまった。 想定外のトラブルが起こって、険悪な雰囲気になった。 マンネリが出てきて、だんだん2人の関係に不安が生じてきた。 原因はさまざまですが、いったん恋愛がこじれると、なかなか解決が難しい。 最初は小さな亀裂でも、だんだん大きく広がっていきます。 じわじわ気持ちが冷めていき、2人の心の距離が離れていくのは、心苦しいでしょう。 しかし、恋愛がこじれて、そのまま終わりにするのはよくありません。 恋愛は、こじれたときこそ正念場です。 本人に成長がないかぎり、同じ失敗は何度も繰り返されます。 こじれてしまったのは仕方ありません。 関係がこじれたとしても、解決するか放置するかは、あなた次第です。 恋愛がこじれても、気持ちが冷めつつあっても、諦めてはいけません。 スープが冷めても、温め直せばおいしくなるように、恋愛が冷めても、温め直せばぬくもりを取り戻せます。 どんなに恋愛がこじれても、深い愛情と誠実な対応さえあれば、以前と同じ関係に戻すことは可能なのです。 誤解があれば、解きましょう。 焦って強引に誤解を解こうとすると、誤解が誤解を招き、かえってこじれが悪化します。 慎重に言葉を選んで、丁寧に誤解を解くほうが確実です。 自分が悪いなら、きちんと謝りましょう。 意地を張るのはよくありません。 見栄やプライドは捨てて、素直に謝れば、きっと相手も心を開いてくれます。 相手の態度が悪くて不快なら、丁寧に改善をお願いしましょう。 「直しなさい」と命令口調で言うと、反感を持たれ、受け入れてもらいにくくなります。 「○○してもらえると嬉しい」という優しい言い方のほうが受け入れてもらえます。 こじれた原因を探りましょう。 原因が見つかれば、誠実に向き合ってください。 誤解があるなら解き、自分が悪いなら謝って、直してほしいところがあるならお願いをしましょう。 恋愛関係がこじれたとき、自暴自棄になって「どうにでもなれ」と思うかもしれませんが、よくありません。 簡単に諦めるのは悪い癖。 諦め癖があると、同じ失敗は何度も繰り返されます。 ほかの人と交際になっても、同じ過ちを繰り返すでしょう。 恋愛がこじれたときは、2人の関係を深めるチャンスと考えてください。 きちんと仲直りを果たせば、以前より深い関係になれます。 「必ず解決策はある」と考えること。 強い意志を持って、きちんと困難を乗り越えましょう。 こじれた恋愛に立ち向かえば、自分にとっても人間的成長を促すチャンスになります。 恋愛は、こじれたときこそ正念場なのです。 恋愛関係は、こじれたときこそ正念場と思って、誠実に立ち向かう。

5
★4

かっこ悪い自分を見せると、2つのメリットがある。
「メンタルを鍛える機会になる」「人間関係が楽になる」。

「かっこいいところを見せたい」 「かっこ悪いところは隠したい」 普通なら、かっこいいところを見せて、かっこ悪いところは隠そうとするでしょう。 たしかにかっこいいところを見せたほうがスマートです。 自分の評価や印象を上げたいなら、積極的にかっこいいところをアピールするはずです。 モテるためにも人気者になるためにも、かっこいいところを見せたほうが効果的なのは間違いありません。 自分の好感度が上がれば、自分の存在価値も上がったように感じて、嬉しくなるでしょう。 もちろんかっこいいところを見せるのもいいですが、ぜひかっこ悪いところも見せられるようになってください。 なぜかっこ悪いところを見せたほうがいいのか。 それは、2つのメリットがあるからです。 「メンタルを鍛える機会になるメリット」と「人間関係が楽になるメリット」です。 (メリット1)メンタルを鍛える機会になる かっこ悪い姿を見せるのは、心理的な抵抗感が伴います。 心理的な抵抗感が伴うから、メンタルトレーニングになります。 恥ずかしさを我慢しなければいけません。 見栄や体裁に振り切らなければいけません。 余計なプライドを断ち切らなければいけません。 強いから、かっこ悪いところを見せられるのではありません。 かっこ悪いところを見せられるから、強くなっていくのです。 精神的に強くなりたいなら、かっこ悪いところはきちんと見せて、笑われたほうがいい。 「かっこ悪いね」と笑われることも、強くなるために必要な経験です。 「かっこ悪いね」と笑われることで、メンタルが鍛えられ、精神的に強くなっていきます。 かっこ悪いところを見せても、大きな問題にはならないでしょう。 相手にとっては人ごとです。 そのとき笑っても、深く気にしません。 次の瞬間には忘れてしまっているでしょう。 最初は少し恥ずかしいですが、しばらくすればすぐ慣れます。 笑われることも、慣れてしまえば平気になり、むしろ快感になるのです。 (メリット2)人間関係が楽になる 誰にでもかっこ悪いところが1つはあるはずです。 隠し続けても疲れるだけ。 かっこ悪くても、それが本当の自分なら、きちんと見せたほうがいい。 かっこ悪いところも、自分の一部だからです。 恥ずかしい姿にこそ、その人の本質が表れます。 きちんとかっこ悪いところも見てもらったほうが、本当の自分を理解してもらえます。 無理にかっこつけたところで、それが偽りの自分なら、意味がありません。 自分を誤解されるくらいなら、かっこ悪くても、ありのままの自分を見せて正しく理解されたほうがいい。 かっこ悪いところを見せることは、自己開示の一環になります。 相手といっそう仲良くなるきっかけになるでしょう。 できないことは、正直に「できない」と言ったほうがいい。 分からないことなら、正直に「分からない」と言ったほうがいい。 無理に自分を演じる必要がなくなります。 友達なら、さらに仲良くなる機会になるでしょう。 異性になら、いっそう親密になるチャンスになるでしょう。 自然体でいられるので、人付き合いも楽になるのです。 かっこ悪い姿を見られて嫌われても、深く気にしないことです。 自分を理解してくれない人だと早く気づけただけのこと。 離れる人とは離れるだけです。 かっこ悪いところを見せることで、自然と人間関係が最適化されていくのです。 かっこ悪くてもいいから、ありのままの自分を見せる。

6
★3

過去の恋愛にしがみつくと、新しい恋愛の妨げになる。
終わったことは、潔く忘れよう。

失恋をして苦しいのは、過去の恋愛です。 過去を懐かしんで、別れた人の顔を思い出してしまう。 別れた人と過ごした楽しかった日々を振り返ってしまう。 別れてからも、ときどき過去の恋愛を振り返ることがあるかもしれません。 もちろんたまに過去の恋愛を振り返るくらいなら悪くありません。 甘酸っぱい思い出は、何度振り返っても心地よい。 幸せな日々・情熱的な時間・楽しかった出来事は、思い出すだけで心を癒やしてくれます。 思い出した瞬間、頭の中で当時にタイムスリップして、幸せな気持ちがよみがえるでしょ。 悲しい心や寂しい気持ちが軽くなり、心の闇を吹き飛ばしてくれるでしょう。 愛に燃えた日々は、自信につながっていることもあるはずです。 しかし、過去の恋愛を振り返るのはよくても、しがみつくのはよくありません。 過去の恋愛にしがみつくと、新しい恋愛の妨げになるからです。 「また同じことが起こるのではないか」という不安になるでしょう。 ごたごたした終わり方だったことを思い出し、自己嫌悪になるでしょう。 思い出す頻度が高くなると、未練も出てきます。 復縁をしたい気持ちが高まってくると、大きな足かせになり、新しい恋愛に向かえなくなります。 過去を思い出して懐かしむのはいいですが、執念深く思い出すと、新しい恋愛の妨げになります。 過去に引きずれると、新しい恋愛をするのが面倒くさくなります。 心が卑屈になると、新しい人生を切り開く力も弱くなってしまうのです。 たとえ新しい恋が始まりかけていても、過去の恋愛が思い浮かぶと、中途半端になるでしょう。 最終的に「自分は恋愛に向いていない」という言い訳で、自分を慰めるしかできなくなります。 もう過去の恋愛にしがみつくのはやめましょう。 しがみついたところで、貴重な時間が過ぎるばかり。 どれだけ愛した人であっても、別れてしまえば、ただの人。 過去は過去であり、今は今です。 たとえ友達に戻ったとしても、すでに2人は別々の人生を歩んでいます。 恋が終われば、さっと気持ちを切り替えて、前を向きましょう。 自分と約束してください。 「過去の恋愛にしがみつかない」と。 いくら過去の恋愛が尊く輝かしいものであっても、過去は過去です。 大切なのは、今です。 過去の恋愛は、しがみつくものではなく、踏み台にするもの。 次に向かうための足場にして、さらに上を目指しましょう。 もう後ろは振り向きません。 終わったことは潔く忘れ、次に向かいましょう。 新しい恋愛がやってくるから、過去の恋愛を振り切れるのではありません。 過去の恋愛を振り切るから、新しい恋愛がやって来るのです。 新しい恋愛を始めたいなら、まず過去の恋愛を振り切ることが大切です。 過去の恋愛にしがみつくのはやめる。

7
★1

口外厳禁をお願いされていない秘密は、どう扱えばいいのか。

人と会話中、ふと相手の秘密を知ってしまう瞬間があります。 あなたを信用して、思いきって打ち明けてくれた秘密もあるでしょう。 話の流れで話してくれた秘密もあるでしょう。 相手の秘密を知ると、どきっとします。 このとき「誰にも言わないで」と相手からお願いされたなら、まだいいのです。 口外厳禁をお願いされたら、秘密を守るだけです。 秘密は、そっと心の奥にしまっておきます。 ほかの人から聞かれても、知らないふりをします。 言いたくなっても衝動を抑え、徹底的に秘密を守り抜くことが大切です。 注意したいのは「誰にも言わないで」とお願いされてないときです。 口外厳禁をお願いされていないと、秘密の扱い方に戸惑います。 このとき「人に話してもいいのではないか」と考える人もいるかもしれません。 他人の秘密は、絶好のネタ。 「面白いネタを仕入れた」と思う人もいるでしょう。 口外厳禁をお願いされていないなら「話してもいい」という意味で考える人もいるかもしれませんが、油断は禁物です。 口外厳禁をお願いされていないのは「ほかの人に話してもよい」という意味とは限りません。 相手が「誰にも言わないで」と言い忘れただけかもしれません。 デリケートな話に夢中で、あなたに注意するのを忘れていたのかもしれない。 人間ですから、うっかりすることはよくあることです。 では、どうするか。 心がけることは、シンプルです。 相手のプライバシーに関わるなら、口外厳禁をとお願いされていなくても、黙っておくのが得策です。 大切にしたいのは、配慮と気遣いです。 立場になって、ばらされたらどんな気持ちになるか、想像してみることが大切です。 相手のプライバシーに関わることは、小さなことでもデリケートです。 軽微な秘密だとしても、軽視できません。 自分にとって「軽微な秘密」と思っても、相手にとっては「重大な秘密」と思っているかもしれません。 プライバシーに対する価値観は、人によって違います。 人付き合いの落とし穴は、どこにあるか分かりません。 人付き合いは、小さなことで亀裂が生じ、トラブルに発展します。 そのため、少しでもプライバシーに関わるなら、黙っておくのが賢明です。 三者から聞かれても、知らないふりをすればいいでしょう。 演技をすることになりますが、うっかりばらしてトラブルを招くくらいなら、きちんと黙っておくのがマナーです。 ぺらぺら話していると、あなたの信用も落とします。 相手のプライバシーに関わるなら、口外厳禁をお願いされていなくても、秘密にしておくのが賢明なのです。 口外厳禁をお願いされていなくても、相手のプライバシーに関わるなら、黙っておく。

8
★2

常識で考える人はかっこいい。
非常識で考える人はもっとかっこいい。

かっこいい人は「常識で考える」という特徴があります。 常識で考える人は、節度と分別があります。 自分を客観的に見ることができています。 当たり前のことが当たり前にできます。 一般的な知識と教養が身についていて、マナーや礼儀作法にも精通しています。 常識は、物事の基本でもあります。 常識で考える人は、人の道から大きく踏み外すことはないでしょう。 きちんと常識が備わっている人は、大人としても社会人としても、間違いなくかっこいい。 周囲からも「常識がある」「基本ができている」「悪くない」と評価されるでしょう。 常識で考えることができるなら、最低限の仕事はできるはずです。 もちろん常識で考えるのもかっこいいですが、もっとかっこいい人間性があります。 非常識で考えることです。 常に常識を疑って考えます。 普通の人が考えつかないようなアイデアをひねり出します。 常識にとらわれず、高い視点で物事を考え、大きなことに挑戦します。 斜めに見たり逆に考えたりして、普通の人が思いつかないようなアイデアを生み出します。 非常識には、一発逆転を狙う力もあります。 ほかの能力は平均以下であっても、非常識で考える力があると、素晴らしい価値を生み出し、注目を集めることができます。 非常識で考えることができれば、普通の人がなし得ないことをなし得ます。 世間では「非常識で考えるのはよくない」という風潮がありますが、誤解です。 非常識で考えないと、新しい価値を生み出せません。 世の中を変えるようなアイデアほど、非常識で考えることが必要です。 天才や成功者に共通しているのは「非常識で考える」という特徴です。 非常識で考えるからこそ、独創的なものを生み出しました。 普通の人にはできない、大きな偉業を達成しました。 もしあなたが非常識で考える人なら「成功者予備軍」と呼んでいいでしょう。 常識で考えることも大切ですが、非常識で考えることも大切にしてください。 頭が柔らかく、発想力に優れ、好奇心が旺盛な人は、魅力的です。 あなたの非常識を笑う人がいれば、非常識の力で価値を生み出し、ぎゃふんと言わせればいい。 「発想がすごい」「斬新なアイデアですね」「よく思いつきましたね」と驚かせようではありませんか。 常識で考える人はかっこいいですが、非常識で考える人はもっとかっこいいのです。 常識だけでなく、非常識で考える力も身につける。

9
★0

恋愛好きになっても、恋愛依存にはならない。
理性と自制心があってこそ、健全な恋愛が実現する。

あなたは、恋愛が好きですか。 「恋愛をしたい」 「恋愛に興味がある」 「いつも恋愛をしていない」 よい縁を求めて、積極的に行動している人もいるでしょう。 恋愛に興味があって、日頃から熱心に恋愛の勉強をしている人もいるでしょう。 「恋愛そのものが好き」というのも悪いわけではありません。 恋愛には、生活を華やかにする力があります。 喜びと幸せが増え、生活の彩度と明度が上がります。 日常のすべてが明るく輝いて見えるようになります。 恋愛には、人を成長させる力もあります。 人を好きになることで、心が大きくなったり、精神力を鍛えたりできます。 自然と考え方が前向きになったり、行動力が上がったりします。 恋愛を通して思い悩んでいるうちに、新しい自分を発見することもあります。 勇気と行動力が湧いて、メンタルが鍛えられることもあります。 恋愛で身につけた力は、普通の人付き合いでも生かされるでしょう。 恋愛には生理的な効果もあります。 恋をしているとホルモンの分泌もよくなるので、肌のつやがよくなったり、髪につやが出てきたりする効果も確認されています。 恋愛には、ポジティブな作用がたくさん詰まっています。 「恋愛が好きでたまらない!」 そんな人も多いのではないでしょうか。 しかし、恋愛が好きなのはいいですが、恋愛依存には注意しましょう。 恋愛好きと恋愛依存は、似ていますが違います。 恋愛好きは、普通に好きな人がいたり、恋愛に興味があったりする状態です。 視野が少し狭くなることはありますが、人生を踏み外したり自分を見失ったりすることはありません。 異性や恋愛に心が引かれ、興奮することはあっても、あくまで健全な範囲を保っています。 一方、恋愛依存となると、事情が変わります。 恋愛依存は、アルコール依存症・ギャンブル依存症のように、生活や健康を害するほど夢中になる状態です。 恋愛への執着心が強く、恋愛をしていない生活に支障が出るレベルに達している状態です。 「常に恋愛をしていなくてはいけない」 「常にパートナーがいなければいけない」 恋愛が生活の中心かつ人生のすべてになっていて、強迫観念にとらわれている状態になっています。 恋愛依存になると、理性と自制心が失われ、事故や借金など大きなトラブルを招きかねません。 恋に落ちると、誰でもある程度は理性や常識を失う側面もありますが、限度があります。 恋愛に没頭しすぎて、自分を見失わないことです。 恋愛も、エスカレートすると、人生を狂わせる側面があります。 最初は普通の恋愛好きであっても、エスカレートすると、恋愛依存に発展することがあるため注意が必要です。 恋愛好きになるのはいいですが、恋愛依存には陥らないよう注意してください。 理性と自制心があってこそ、健全な恋愛が実現します。 恋愛好きになっても、恋愛依存にはならないようにする。

10
★2

「○○も○○もできます」という人になるのではない。
「○○しかできない」という人になる。

多芸多才を目指そうとしていませんか。 何でもできる人を目指そうとしていませんか。 できることがたくさんあると、さぞ有能な印象があるでしょう。 幅広い仕事に対応するためには、さまざまな仕事ができるようになっておく必要があると思われます。 もちろん多芸多才な人を目指すのが悪いわけではありません。 幅広く仕事に対応できるのは素晴らしいこと。 さまざまな仕事に対応できるなら、出番も多くなるでしょう。 さまざまな仕事に対応できるようになれば、より多くの人から求められ、仕事も安定するように思えるでしょう。 急に人がいなくなったとき、代理代役として活躍できるはずです。 仕事の幅が広がれば、未来の可能性も広がります。 しかし、ここに注意したいポイントがあります。 多芸多才を目指して頑張ると、中途半端になる可能性が高くなります。 資源は有限です。 時間・労力・お金も限られています。 限られた資源をさまざまな能力に割り当てようとすると、どれも中途半端で終わるでしょう。 できることが多くても、中途半端な能力ばかりでは、活躍も中途半端。 能力が低く、必要条件を満たしていないなら、そもそも仕事を任せてもらえないでしょう。 社会で活躍するのは、中途半端な能力を持った人ではなく、優れた能力を持った人です。 できることの数は関係ありません。 特定の分野で優れた才能を発揮できることが大切です。 優れた仕事ができる人になってこそ、必要とされ、注目され、人気が出ます。 「○○も○○もできます」と聞けば、有能で頼りがいがありそうですが、中途半端な能力で意味がありません。 凡人でいいなら、多芸多才を目指すのも悪くありませんが、プロや一流を目指すなら、やめておくのが得策です。 多芸多才を目指そうとすると、かえって凡人で終わりかねないのが現実です。 では、プロや一流になるためには、どうすればいいのか。 「○○も○○もできます」という人になるのではありません。 「○○しかできない」という人になるのです。 「○○」に当たる部分は、自分の才能を発揮できる分野に絞ります。 一般的には「得意なこと」かつ「好きなこと」が該当します。 1つでもいいので、自分の才能を発揮できる分野を見極め、徹底的に深めます。 つまり「自分の専門に絞って、とことん突き詰める」ということです。 社会で活躍している「プロ」「一流」と呼ばれている人を思い浮かべてみてください。 多芸多才な人もいますが、極めてまれです。 プロや一流と呼ばれる人は「○○しかできない」という状態になっています。 専門分野を絞り、勝てる土俵の上で、徹底的に才能を発揮しています。 苦手分野は専門家に任せて、自分は自分の才能に集中しています。 集中するから、ぐいぐい能力を伸ばせ、素晴らしい才能を発揮できるようになります。 とことん突き詰めた能力は、必ず強力な武器になります。 凡人で終わりたいなら、多芸多才な人を目指してもいいですが、プロや一流を目指したいなら専門を絞ることです。 「○○も○○もできます」ではなく「○○しかできない」という人を目指すことが、プロや一流の近道です。 「○○も○○もできます」ではなく「○○しかできない」という人になる。

11
★2

失敗しない方法は簡単。
「失敗」と呼ばなければいいだけ。

どうすれば失敗を避けられるのでしょうか。 失敗を避けるには、どうすればいいのでしょうか。 実は、失敗しない方法があります。 いつでもどこでも誰でもできる上、とても簡単な方法です。 「失敗」と呼ばなければいいだけなのです。 なぜ失敗になるのかというと「失敗」と呼んでしまうことが原因です。 目的を果たせなかったとき、自分が「失敗」と呼ぶから、失敗になります。 「しくじった」「間違えた」「思ったとおりにならなかった」となります。 つまり「失敗」と呼ばなければ、失敗にはならないのです。 「たったこれだけ?」と思いますが、たったこれだけです。 シンプルな方法ですが、究極のポジティブ思考と言っても過言ではありません。 これほど素晴らしい方法を、学校では教えてくれないから不思議です。 失敗したくないなら、目的を果たせなくても「失敗」と呼ばないようにしてください。 試合で負けても「失敗」と呼ばない。 志望校に合格できなくても「失敗」と呼ばない。 学校を中退しても「失敗」と呼ばない。 恋に破れても「失敗」と呼ばない。 仕事でトラブルがあっても「失敗」と呼ばない。 けがや病気になっても「失敗」と呼ばない。 離婚しても会社を解雇されても自宅が全焼しても「失敗」と呼ばない。 悔しい出来事でも恥ずかしい出来事でも大泣きする出来事でも、とにかく失敗とは呼びません。 あなたの辞書から「失敗」という言葉を排除してください。 失敗を禁句にしましょう。 何が起ころうと、意地でも「失敗」と呼ばないようにします。 「失敗」と呼ばなければ、失敗にはなりません。 もし余裕があれば、失敗を「成功」や「卒業」という言葉で言い換えてみてください。 理由は自由です。 失敗と成功は真逆ですが、つながる部分が1つくらいあるはずです。 少しくらい強引なこじつけも許容範囲。 試験で悪い点をとっても仕事でトラブルがあっても、課題が見つかって改善につながれば「成功」と言えるでしょう。 失恋・離婚・解雇も、受け止め方を変えれば「卒業」と言えるはずです。 「失敗したおかげで成長できた、課題を発見できた、道が開けた」などの理由を付ければ、失敗が成功に変わります。 どんなマイナスも、ひっくり返せば、プラスに変わります。 どんな失敗でも、逆方向から見れば、発見や成長につながったことがあるはずです。 意地でも失敗と呼ばないようにしてください。 トラブルがあろうと、不幸があろうと、失敗と呼ばないこと。 失敗と呼ばなければ、後悔することもなくなります。 今後「失敗」という単語を使わなければ、あなたはもう人生で失敗も後悔もなくなります。 怖いものなしになるのです。 目的を果たせなくても「失敗」と呼ばないようにする。 失敗を「成功」や「卒業」という言葉に言い換えてみる。

12
★0

アンチの人数に落ち込むのではない。
ファンの人数に喜ぶのだ。

陰であなたをののしってくる存在。 それは、アンチです。 あなたには、アンチが何人いますか。 何人から嫌われていますか。 アンチがいて、根拠のない誹謗中傷に悩まされている人もいるでしょう。 「雰囲気が苦手」 「顔が気に入らない」 「声が嫌い」 「相性が合わない」 「存在自体が嫌い」 「とにかく気持ち悪い」 「どうせうまくいかないに決まっている」 ネガティブなことを言われて嬉しい人はいません。 自分の存在を否定されることを言われたら、誰でも落ち込みます。 自尊心が傷つき、自分の存在価値も低く感じて、つらい気持ちになります。 理由もなく攻撃してくるアンチも少なくありません。 自分に落ち度があれば別ですが、大きな理由もなく嫌われているとどうしようもありません。 たくさんの人から嫌われていればいるほど、落ち込むことも増えるでしょう。 アンチが多くなるにつれて、感情のコントロールも難しくなるでしょう。 自分を否定する人を1人でも減らしたいと思う。 アンチの人数に落ち込む人も多いのではないでしょうか。 しかし、アンチの人数に注目するのはよくありません。 そもそもすべての人から好かれるのは不可能です。 人によって好みも考え方も違います。 すべての人から好かれるのは不可能なのですから、最初から諦めるのが賢明です。 中には、特別な理由もなく、一方的にあなたをののしってくる人もいるはずです。 活躍するにつれて、アンチが増えるのは普通のこと。 アンチが増えるのは、それだけ立派に活躍できている証拠でもあります。 あなたがうらやましくて嫉妬している状態です。 アンチの人数を気にしたところでいいことはありません。 気持ちが落ち込んで、元気がなくなるだけ。 アンチを気にすると、自然とアンチに注意が向くため、落ち込むことも増えてしまいます。 アンチは、誹謗中傷が趣味です。 まともに相手にしていると、自分まで狂ってしまうのです。 大切なのは「アンチの人数」ではありません。 「ファンの人数」です。 嫌われている人数より、好かれている人数に注目しましょう。 あなたには何人のファンがいますか。 あなたは何人から好かれていますか。 アンチよりファンを見ることが大切です。 ファンだけを見るようにすれば、アンチの数に関係なく、喜べます。 ファンたちの顔を思い浮かべてみてください。 嫌われている人数は無視しましょう。 好かれている人数に注目しましょう。 アンチの人数は無視して、ファンの人数に注目すれば、落ち込むことはありません。 たとえ100人中99人に嫌われてもいいのです。 99人に嫌われていても、1人でもファンがいれば、きちんと喜びましょう。 自分を好いている人がいるのは、嬉しいことです。 自分を好いているファンが1人でもいるのは、喜ばしいこと。 そのファンが、あなたにとって特別な人なら、それで十分です。 アンチの人数に落ち込むのではなく、ファンの人数に喜ぶことが大切なのです。 アンチの人数は無視して、ファンの人数に注目する。

13
★1

最高の仕事とは、完璧ではなく、最善を尽くすことをいう。

最高の仕事をするには、どうすればいいのでしょうか。 「最高の仕事」と聞けば、まず思いつくのは「完璧」ではないでしょうか。 1つの漏れも欠点もない。 細かい点まで配慮が行き届いている。 すべてがきちんとできていて、丁寧に仕上がっている。 すべてが完璧の状態なら、まさしく最高の仕事です。 「完璧な仕事=最高の仕事」と考える人も多いのではないでしょうか。 しかし、いくら完璧が素晴らしいとはいえ、安易に目指すのは要注意です。 完璧な仕事は、言うのは簡単であっても、実現が困難です。 完璧を目指すと、多くの弊害があります。 細かい点に注意が向くため、仕事量が一気に増えます。 不安や悩み事が増えて、ストレスが倍増します。 プロセスが多くなるため、スピードも極端に遅くなります。 80パーセント程度までは楽ですが、そこから先が大変です。 完璧を目指すと、100パーセントに近づくにつれて、難易度も高くなります。 完璧を突き詰めるにつれて、細かい点が気になるようになり、仕事が減るどころか増えてしまいます。 膨大な作業に忙殺されるでしょう。 エンドレスの作業に陥るでしょう。 出口の見えないトンネルに入ってしまい、迷子になってしまう。 最終的に挫折を招いてしまうのです。 どれだけ完成度が高くても、途中で挫折したら、最高の仕事ができません。 特に完璧主義者は、完璧を目指す姿勢に注意したい。 よかれと思って安易に完璧を目指すと、その先には挫折と後悔が待ち受けているのです。 最高の仕事をするための考え方を変えてください。 完璧を目指すのではありません。 最善を尽くすのです。 自分にとって最善を尽くしたことを「完璧」と考えればいい。 最善を尽くせば、自分の100パーセントを発揮したことになるので、心の折り合いを付けられるようになります。 上手に仕事を区切れるようになります。 エンドレスの作業に陥ることもなくなります。 自分のすべてを出しきるようにすれば、悔いも残りません。 完璧を目指さなくなると、頓挫していた仕事が無限ループから抜け出し、再び前に進み始めるでしょう。 理想と現実のちょうどよい中間地点です。 最善を尽くすことが、結果として、最高の仕事につながります。 最高の仕事とは、完璧ではなく、最善を尽くすことをいうのです。 完璧を目指すのではなく、最善を尽くすようにする。

14
★5

くよくよした気持ちを吹き飛ばす、魔法の言葉。
「なるようになるさ」。

くよくよする気持ちを吹き飛ばす、魔法の言葉があります。 「なるようになるさ」です。 諦めや自暴自棄のような響きに聞こえますが、誤解です。 「なるようになるさ」は、ネガティブ思考ではありません。 すべてを明るく考えようとする、ポジティブ思考です。 自然体を促す考え方です。 もちろん何も努力せず「なるようになるさ」と考えるのはよくありません。 努力しなければ、成果もゼロ。 何も行動しなければ、何も変化しない未来が待っているでしょう。 何もしていないなら、まず自分がやるべきことに取り組んで、最善の努力を尽くしたほうがいいでしょう。 しかし、きちんとやるべきことをやっているなら、もうくよくよすることはありません。 じたばた騒いだところで、どうしようもありません。 くよくよ思い悩んでも、気持ちが落ち込むだけでいいことはない。 幸運も幸せも逃げてしまいます。 やれるだけのことはやれば、後は結果が出るのを待つだけです。 堂々と構え、成り行きを見守ろうではありませんか。 開き直ることは悪いことではありません。 開き直って考えることも、ポジティブ思考の一環です。 さあ、くよくよしたら、魔法の言葉を唱えましょう。 「なるようになるさ」と。 天に祈りを捧げ、運命に従いましょう。 どんな展開になるかは、後からのお楽しみ。 成り行きを、天に任せることも大切です。 開き直ると、すっと心が軽くなり、気持ちが明るくなっていくでしょう。 よい結果になれば、ラッキー。 悪い結果になれば、残念。 どんな結果であっても、快く受け止めましょう。 最悪で絶望の状況でも「なるようになるさ」と明るく開き直れば、一瞬でくよくよする気持ちを吹き飛ばせます。 物事に行き詰まったときも、トラブルでくよくよしたときも「なるようになるさ」と考えましょう。 いつまでもくよくよしないで、さっさと元気を出しましょう。 「なるようになるさ」という一言は、応用範囲が広いので便利です。 くよくよしたときだけでなく、焦ったときや緊張したときも「なるようになるさ」という言葉が有効です。 思い悩んで暗い気持ちになってきたら「なるようになるさ」と考えて、前を向きましょう。 「なるようになるさ」と考えと、自然と明るい雰囲気が出るため、幸運と幸せを引き寄せるでしょう。 前向きに生きていれば、運も天も味方してくれるでしょう。 「なるようになるさ」と考える人には、素晴らしい未来がやってくるのです。 くよくよしたら「なるようになるさ」と開き直って、暗い気持ちを吹き飛ばす。

15
★2

挫折してもいい。
後から再挑戦すればいい。

大きなことに挑戦した結果、途中で挫折することがあります。 自分のレベルを大きく超えた仕事は、乗り越えたくても、途中で行き詰まります。 難易度が高すぎると、何が悪いのかすら分からないこともあります。 挫折をすると、かっこ悪く、面目を失います。 経験不足や実力不足もあれば、時間不足や資金不足もあるでしょう。 成功を期待して取り組んだものの、乗り越えられない大きな壁にぶち当たると、途中で諦めざるを得なくなります。 挫折すると、悔しい気持ちでいっぱいになります。 自分が情けなくて、涙を流すこともあるでしょう。 挫折を経験すると、非力な自分を認めざるを得なくなり、精神的に落ち込みます。 挫折経験は、人生の汚点と考える人もいるかもしれません。 しかし、ここで気づいてほしいことがあります。 挫折したことは、二度と再挑戦ができないことでしょうか。 中には再挑戦が不可能なこともあるかもしれませんが、実際は再挑戦ができることが多いはずです。 そうと分かれば、光が見えてきます。 挫折して中断しても、後から再挑戦すればいいのです。 挫折は、罪ではありません。 借金をしたわけでもなければ、何かを失ったわけでもありません。 途中でダメになっただけのこと。 悲しんだり落ち込んだりするかもしれませんが、立ち直って元気を出せばいいことです。 どんな落ち込みも、時間が経てば、立ち直れます。 むしろ挫折を経験したことを喜ぶことです。 挫折のない人生なんて、タネのないスイカのようなものです。 タネは邪魔に思えますが、なければないで物足りない。 邪魔に思えるタネがあるからこそ、スイカがスイカらしくなります。 挫折したとはいえ、一生達成できないとは限りません。 いったんその場は引き下がり、後から再挑戦すればいいこと。 しばらく時間を置いて、実力を身につけ、実績を積み上げます。 十分成長してから再び挑戦すれば、次こそは達成できるでしょう。 時間が経ってから再挑戦すると、あっさり達成できるのはよくあることです。 とても難しく感じたことが、とても簡単に感じることも少なくありません。 挫折してもいいのです。 後から再挑戦すればいいだけです。 挫折したことを乗り越えていくことに、人生の喜びと面白さがあります。 負けたときは「達成をお預けにしている」と考えればいいこと。 未来に待っている楽しみが、1つ増えました。 そのとき達成できなくても、後から達成すればいいのです。 途中で挫折しても、完全に諦めるのではなく、後から再挑戦する。

16
★3

落ち込みから立ち直るのが早くなったら、メンタルが強くなった証拠。

メンタルが強い人の条件に「落ち込まないこと」があります。 なかなか落ち込まない人がいれば、メンタルが強い印象を受けるでしょう。 ・悲しいことがあっても落ち込まない ・ショックなことがあっても動揺しない ・落ち込みそうになっても笑って吹き飛ばす もちろん落ち込まないことも、メンタルが強い条件の1つです。 年齢を重ねて経験を積んでいけば、心が強くなっていきます。 精神的に成長して、打たれ強くなれば、少々のことでも落ち込まなくなります。 ところが、年齢を重ねて経験を積んでも、昔と相変わらず落ち込むこともあるはずです。 「つらい経験は、何度経験しても慣れない」 「つらいことがあると、今でも落ち込んでしまう」 叱られたら、落ち込みます。 落ち込む出来事があれば、やはり落ち込みます。 昔と変わらず、年齢を重ねた今でも落ち込むことがあると、メンタルの成長がないように思えます。 しかし、本当に成長していないのでしょうか。 ここで確認してほしいことがあります。 「落ち込んでから立ち直るまでの早さ」に注目してください。 昔と比べて、落ち込みから立ち直るのが早くなっていませんか。 以前は立ち直るのに時間がかかっていたことが、今では早く立ち直れるようになっていませんか。 もし立ち直るのが早くなっていれば、喜んでください。 落ち込んで立ち直るのが早くなったら、メンタルが強くなった証拠です。 つらい経験に慣れて、心の免疫力が高まり、メンタルが強くなっています。 メンタルはゆっくり成長していくため、自分でも気づけないことがあります。 成長の変化が小さいから気づいていないだけで、実際はきちんと成長できています。 メンタルのゆるやかな成長に気づいてください。 自分では大きな変化を感じなくても、落ち込みから立ち直る早さが、メンタルの成長を証明しています。 自分の内側で起こっている変化に気づけば、成長を実感できるため、メンタルトレーニングのモチベーションも上がります。 強い人になりたいなら、落ち込まないことより、立ち直ることのほうが大切です。 落ち込まない強さには限界がありますが、立ち直る強さには限界がないからです。 立ち直ることさえできれば、何度落ち込んでも、這い上がっていけます。 落ち込まない人を目指すのもいいですが、立ち直る人を目指すのはもっと大切です。 早く立ち直れるようになれば、落ち込むことも怖くなくなります。 落ち込みから早くなっていることに気づいて、メンタルのゆるやかな成長に気づく。

17
★2

「これ以上頑張れない」と思ったら逃げてもいい。
逃げることも、新しい人生を切り開く選択肢。

人生では「これ以上頑張れない」と思う瞬間があります。 たとえば、過酷な労働環境です。 毎日夜遅くまで残業で、睡眠不足が当たり前。 休日出勤も多くて、なかなか有給休暇を取らせてもらえない。 会社から奴隷のような扱いを受けている。 仕事量が大変で残業が多いと、ストレスも多くなります。 睡眠不足では、疲労とストレスの蓄積も深刻になります。 肉体にも精神にも限界があります。 自分の限界を感じると、頑張りたくても頑張れません。 「これ以上頑張れない」と思ったら、どうするか。 逃げるのです。 逃げる勇気を持ってください。 「これ以上頑張れない」と思ったら逃げてもいい。 現実逃避ではありません。 賢明な選択です。 逃げるのは、最悪を回避するための手段。 逃げるのは悪いことに思えますが、本当に限界を感じているなら、逃げることは必要です。 「責任があるから最後まで頑張りたい」と思う人もいるでしょう。 「周りに迷惑がかかるから逃げられない」という人もいるでしょう。 もちろん使命感・責任感は素晴らしいですが、緊急事態では例外です。 職務を全うするのは、あくまで健康が前提です。 責任を背負いすぎたせいで健康を崩してはいけません。 過剰な責任感は、かえって毒になります。 「これ以上頑張れない」と思うのは緊急事態です。 体は悲鳴を上げ、心は泣いています。 もし理由もなく、急に涙が流れることがあるなら、体が限界に達しているサインです。 見た目は正常に見えても、実際は崩壊の一歩手間です。 限界に達しているにもかかわらず、無理に頑張り続けていると、心身を壊すのは時間の問題です。 不謹慎な話ですが、放置していると、過労死に発展する可能性もゼロではありません。 ロールプレーイングゲームでは「逃げる」という選択肢があるように、人生でも「逃げる」という選択肢があります。 これ以上頑張れないなら、逃げるのが正解です。 無理に頑張って心身を壊すくらいなら、恥をかいてもいいので、潔く逃げるのがベターです。 まだ理性と自制心がぎりぎり残っている今だからこそ、決断すべきです。 理性と自制心すらなくなってしまえば、もはや普通の思考すらできなくなります。 生活や収入が不安定になったり、周りに迷惑をかけたりするかもしれません。 悪印象や低評価につながるかもしれませんが、不名誉なんて気にしないこと。 緊急事態では、自分を第一に考えることが最重要です。 「これ以上頑張れない」と思ったら、逃げてもいい。 逃げることも、新しい人生を切り開く選択肢です。 「これ以上頑張れない」と思ったら、潔く逃げる。

18
★0

あっさり手に入ると、ありがたみが湧かない。
なかなか手に入らないなら、ありがたみが湧く。

なかなか手に入らなくて苦労することはありませんか。 なかなか手に入らない種類はさまざまです。 絶版になった本。 非売品のグッズ。 競争倍率の高いチケット。 お金があったとしても、在庫数が少なかったり競争が激しかったりすると、なかなか手に入りません。 なかなか手に入らないと、もどかしくて心がつらい。 いらいらして、ストレスもたまります。 欲しいものに限ってなかなか手に入らないのが人生の法則です。 手に入れたい気持ちが強いほど、ストレスも強く感じるようになります。 しかし、入手困難であっても、どうかふてくされないでください。 想像してみてください。 あっさり手に入ると、どう感じるでしょうか。 苦労も努力もなく、あっさり手に入ると、ありがたみが湧かないに違いありません。 「いつでもすぐ手に入れられる」「壊れたらまた買えばいい」と安易に考え、価値を感じにくくなります。 手に入れても、感情が冷めるのも早いため、すぐ飽きてしまうでしょう。 乱暴に扱ってしまい、すぐ壊してしまうかもしれません。 あまりにあっさり手に入ると、ありがたみも限りなくゼロに近くなるはずです。 それは、人生の喜びや楽しみが減っている状態でもあります。 簡単に手に入ることが、必ずしもよいとは限らないのです。 大切なのは「どれだけ手に入れるのが難しいか」です。 絶版になった本を探し回った末、ようやく手に入れれば、飛び上がるほど嬉しいでしょう。 1文字ずつ丁寧に熟読して、吸収力も倍増するでしょう。 「手に入れるのに苦労した」という思い出がある分だけ、本にも愛着が湧くはずです 希少なグッズを苦労して手に入れれば、大事に扱うでしょう。 「ようやく手に入れた!」と感動して、泣いて喜ぶでしょう。 手に入れるのに苦労した分だけで貴重に感じられ、愛情のある宝物になるでしょう。 競争倍率の高いチケットを頑張って手に入れれば、ありがたみが湧くでしょう。 「しっかり楽しもう」という気持ちが強くなります。 コンサートライブでは、1分1秒が貴重に感じられ、感動が倍増するはずです。 なかなか手に入らないことにも意味があることに気づいてください。 入手困難だから、手に入れたとき、ありがたみが湧きます。 ありがたみが湧くと、大事に扱うようになるので、愛着も湧きやすくなります。 待つべきときは待ち、耐えるときは耐えましょう。 粘るときには粘り、頑張るときには頑張りましょう。 今のうちに、もどかしい気持ちをたっぷり味わっておきましょう。 なかなか手に入らない状況を前向きに肯定して、感謝することです。 入手困難だから不幸ではありません。 入手困難だから幸せです。 なかなか手に入らないもどかしさは、必ず後からプラスに変わります。 なかなか手に入らないことを喜ぶ。

19
★3

人の本性は「足元」に現れる。

人の本性が現れるのはどこか。 その1つが、あなたの足元です。 足元は、視界に入りにくく、目立ちにくいところです。 手元に注意を向けている人は多くても、足元に注意を向けている人は少ない。 手元なら視界に入りやすいので注意しますが、足元は視界に入りにくいので油断しやすい部分です。 足元は油断しやすいため、人の本性が現れやすいのです。 「足元は目立ちにくいから、少しくらい乱れていても大丈夫だろう」 そう思うかもしれませんが、油断は禁物です。 たしかに目立ちにくいところに思えますが、それはあくまで自分目線だからです。 主観ではなく、客観を意識しましょう。 自分から見たとき、足元は目立ちにくいですが、周りから見ると、よく目立ちます。 足を広げて座っていませんか。 大胆に足を大きく広げて座ると、下品に見えます。 無理に膝をくっつける必要はありませんが、両足をきちんとそろえて座るようにしましょう。 貧乏揺すりをしていませんか。 貧乏揺すりは、ストレスを発散させる様子と言われています。 小刻みに足を動かしていると、自分はリラックスできるかもしれませんが、周りからは落ち着きのない様子に見えます。 足を組んだ座り方も注意が必要です。 もちろん親しい人の前なら、足を組んで座ってリラックスするのも悪くありませんが、ビジネスシーンでは不適切です。 「無礼」「偉そう」といった誤解を与えてしまい、余計な摩擦を生む原因になるでしょう。 見落としがちなのは、靴です。 汚れた靴を履いていませんか。 靴が不衛生になっていませんか。 古い靴はいいですが、不潔な靴は要注意です。 不潔な靴を履いていると、手入れが行き届いていないことが分かります。 相手に不快感を与える原因にもなるため、注意したほうがいいでしょう。 1日に足から出る汗の量は、コップ1杯分と言われています。 靴を洗濯しないでいると、どんどん菌が繁殖して、悪臭を放ち始めます。 拭いても洗っても、汚れや悪臭が取れず目立つようなら、新しく買い換えるのもいいでしょう。 マナーや身だしなみの一環として、足元もしっかり注意を向けておきましょう。 「足元くらいで人を判断されてはたまらない」と思いますが、足元で人間性を判断する世の中があります。 足元がだらしない人は、性格もだらしない。 油断しやすい足元は、あなたの心が映し出されています。 人の本性は「足元」に現れるのです。 手元だけでなく、足元にも注意を払う。

20
★2

過去には戻れないが、新しいスタートならいつでもできる。

「過去に戻りたい」と思ったことはありますか。 過去の後悔を嘆いていませんか。 勉強、就職、仕事、恋愛、人付き合い。 「あのとき、こうしていればよかった……」 そう悔やむことがあるはずです。 消したい過去があるでしょう。 過去を消せる消しゴムがあるなら、どれだけ楽でしょうか。 やり直したい過去があるでしょう。 タイムマシンがあって過去をやり直せるなら、今すぐ飛び乗りたいでしょう。 大きな後悔があるなら「過去に戻って人生をやり直したい」と考えることもがあるはず。 過去に戻ってやり直せるなら、人生をもっと幸せにできると思うでしょう。 しかし、残念ながら過去には戻れません。 時の流れは前しか進みません。 過去に戻ることは、1秒たりとも不可能。 過去を消せる消しゴムは、どこにも売っていません。 タイムマシンも夢物語。 過去に戻ろうとする努力は不毛でしかありません。 では、人生を諦めるしかないかというと、そうではありません。 気づいてください。 過去には戻れませんが、新しいスタートならいつでもできます。 過去は終わりましたが、未来はまだ始まってません。 未来はこれからやってきます。 スタートなら制限はありません。 24時間365日、いつでもスタートできます。 新しい仕事、新しい遊び、新しい趣味。 新しい生活、新しい人付き合い、新しい恋愛。 中年以降であっても、スタートはできます。 たとえ高齢であっても、本人が努力さえすれば、新しくスタートできます。 新しい冒険は常にオープンです。 過去に後悔があるなら、その後悔を生かすような未来をこれから作っていけばいいのです。 過去に未練があるなら、その未練を忘れるような未来をこれから作っていけばいいのです。 過去は捨ててもかまいません。 後悔は忘れてもかまいません。 その代わり、過去や後悔を生かした生き方を心がけ、新しい未来をスタートしましょう。 過去をやり直せなくても、過去をやり直すかのような人生をスタートすればいいのです。 前を向いて、これからの人生に希望を持つことが大切です。 いつでもスタートができるのですから、間違いなく人生は素晴らしい。 過去には戻れませんが、新しいスタートならいつでもできるのです。 過去に戻れない代わりに、新しくスタートする。

21
★3

苦しいときには、楽な道を選んでいい。
つらいときには、傷つかない道を選んでいい。

世間では、ときどき厳しい言葉が聞かれます。 「楽な道を選んではいけない」 「傷つかない道に選んではいけない」 「苦しいとき・つらいときこそ、困難な道を選ぼう」 もちろん余裕があるときなら、あえて厳しい道を選ぶのもいいでしょう。 厳しい道は、リスクはあるものの、成長できるチャンスがあります。 ストレスは多いですが、刺激的で、よいトレーニングになります。 自分を鍛え上げるために、あえて厳しい道を選ぶという考え方も一理あります。 しかし、すでにぎりぎりの状態で厳しい道を選ぶのは大変です。 体調が悪いときに、ストレスの多い道を選ぶのは無理があります。 自分がぎりぎりのときにストレスの多い道を選べば、ますます体調が悪化するでしょう。 わざわざ自分から地獄の中に飛び込んでいくようなもの。 さらに精神が消耗して、心が疲弊します。 限界に達して壊れてしまうと、回復するのに時間がかかります。 だからとはいえ、何もしないでいるのもよくありません。 立ち止まれば、何も変化が起きず、成長も進展もゼロ。 じっとしている時間が長くなると、堕落と衰退が始まります。 では、どうするか。 苦しいときには、楽な道を選びましょう。 苦しいときには、楽な道を選んでもかまいません。 レベルが低くて、生易しくて甘い選択肢に思えますが、すでに苦しいなら仕方ありません。 楽な道なら、苦しいときでも何とか歩いていけるでしょう。 ペースは少し遅いかもしれませんが、無理をしない程度で歩けばいいのです。 追いつかれても追い抜かれても、気にしない。 無理をせず、自分の体調に合わせて、こつこつ歩いていきましょう。 さて、人生では、つらいときもあります。 つらいときが、どんな道を選ぶか。 つらいときには、傷つかない道を選んでもいい。 つらいときにわざわざ傷つく道を歩くのは、大変です。 途中で挫折するかもしれません。 周りに迷惑をかけるかもしれません。 仕事の完成も中途半端になるかもしれません。 ただでさえつらいのに、ストレスの多い道を選ぶのは、非現実的です。 自分に許可を与えてください。 苦しいときには、堂々と楽な道を選びましょう。 つらいときには、堂々と傷つかない道を選びましょう。 甘えているのではありません。 逃げているのでもありません。 賢明な選択をしているのです。 楽な道でも傷つかない道でも、少なくとも前進ができます。 自分の状態に合わせた道を選んだほうが、スムーズに人生を歩めるのです。 苦しいときには、楽な道を選ぶ。 つらいときには、傷つかない道を選ぶ。

22
★2

人生の曲がり角に直面したら、素直に曲がるだけでいい。
新しい景色は、曲がり角の先にある。

人生では、ときどき曲がり角に直面することがあります。 就職・結婚・出産など、人生の岐路に立つ場面があるでしょう。 進路変更によって、ライフスタイルを変えなければいけないときもあるでしょう。 大きな不幸に直面して、生き方や人生観を変えざるを得ないときもあるはずです。 人生の曲がり角に直面すると、変化が大きくてあたふたします。 急に曲がる道はストレスも大きい。 「どうして曲がり角があるのだろう」と思って、いらいらすることもあるかもしれません。 あまり変化はしたくない。 余計なことはせず、できるだけ現状維持をしたい。 特に保守的な人は、変化を嫌い、安定と現状維持を好むでしょう。 「曲がり角なんて曲がりたくない。私はまっすぐ進みたい」 そう思うかもしれませんが、ここは慎重になりたいところです。 「曲がり角」という言葉のせいでしょうか。 曲がり角を曲がったら、悪いことが待っているように聞こえるかもしれませんが、誤解です。 道が途切れているわけではありません。 落とし穴があるわけでもありません。 単に道が曲がっているだけのこと。 曲がり角があるくらいで、いらいらしないでください。 曲がり角を嫌がって拒んでいると、それ以上前に進めなくなります。 曲がり角も、人生の大切な一部です。 何度も曲がり角を曲がりながら生きていくのが人生です。 ときどき曲がり角があったほうが、変化があって人生は楽しくなります。 大切なのは「曲がり角の先には新しい景色が広がっている」ということです。 現実では、曲がり角の先に新しい景色が広がっていますが、人生でも同じこと。 人生も、曲がり角の先に新しい景色が広がっています。 新しい景色を楽しみにしながら、素直に曲がってください。 「あの曲がり角の先には、どんな景色が広がっているのだろう」と。 曲がり角があるのですから、無駄な抵抗はせず、素直に曲がっておくほうがいい。 そうすれば、人生の停滞を防ぎ、前に進み続けることができます。 素直に曲がると、その先には新しい景色が広がっているでしょう。 どんな景色が広がっているのかは、曲がってからのお楽しみです。 わくわくしながら曲がり角を曲がったほうが、ストレスも小さくなり、よい未来にできるでしょう。 スムーズに新しいステージを始めることができます。 人生の曲がり角があれば、無駄な抵抗はせず、素直に曲がっておく。

23
★2

「明日から頑張る」と言う人は、明日になっても頑張らない。
「今から頑張る」と言う人は、今日も明日も頑張れる。

「明日から頑張る」 そんな口癖に心当たりはありませんか。 重い腰を上げるのは大変です。 頑張りたいのは山々でも、今すぐ頑張るのは疲れる。 今はやる気がなくて行動をためらうこともあるでしょう。 たまたま今日は都合が悪くて、頑張りたくても頑張れないこともあるでしょう。 たとえ仕事を始めても、中途半端な時間から始めると、仕事も中途半端になります。 「明日から始めるほうが気持ちも区切りもよい」と考え「明日から頑張る」と思う。 しかし「明日から頑張る」と言う人は、定番のオチがあります。 「明日から頑張る」と言う人は、明日になっても頑張らないのです。 明日になれば「考えが変わった。明日から頑張る」という同じセリフを言って先延ばします。 その翌日になっても、再び「明日から頑張る」と言って先延ばします。 1週間経っても1カ月経っても、状況は同じまま。 「明日から頑張る」と言う人は、延々と同じセリフを繰り返し、いつまで経っても頑張りません。 結局のところ、先延ばしする癖であり、本気になっていないのです。 先延ばしの癖があるかぎり、いつまで経っても仕事に着手できません。 仕事が遅くなり、夢も叶えられず、人生が停滞するのです。 一方「今から頑張る」という人は違います。 やる気が出なくても、余計な先延ばしはしません。 最短で行動するポリシーがあるので、さっと重い腰を上げて、ひとまず行動に移します。 今から頑張ることを行動ポリシーにして、 中途半端な時間なら、中途半端なりにできる仕事を頑張り、1ミリでも前に進もうとします。 余計な先延ばしをしないので、どんどん仕事が前に進みます。 「今から頑張る」と言う人は、今日も明日も頑張れるのです。 § あなたは、どちらの人間ですか。 大切なのは「今から頑張る」ということです。 今すぐ頑張れないように思えても、本当にそうでしょうか。 どうしても都合が悪いなら仕方ありませんが、本気になればできることも多いはずです。 日付が変わるまで待つ必要はない。 「今から始めると区切りが悪い」と思いますが、区切りが悪くてもかまいません。 夢を叶える人は、区切りなんて気にしません。 区切りが悪くても、すぐ行動に移せる人が立派です。 中途半端なら、中途半端なりにできることがあるはずです。 仕事の着手が難しいなら、準備くらいならできるでしょう。 「明日から頑張る」は禁句にしましょう。 先延ばしの癖は、悪い癖です。 先延ばしの癖を改善するためにも、できるだけ今から頑張ることを行動ポリシーにしましょう。 「明日から頑張る」と言いたくなったら、喉のところでとめて「今から頑張る」と言い換えます。 「今から頑張る」と言う人は、今日も明日も頑張れるのです。 「明日から頑張る」は禁句にする。 余計な先延ばしはせず、今から頑張る人になる

24
★2

人生では一度くらい、がむしゃらに頑張ることを経験しておくほうがいい。

あなたは今までがむしゃらに頑張った経験はありますか。 脇目も振らず、1つのことに集中する。 時間も忘れ、人目も気にせず、とことん集中する。 寝ることも食べることも忘れるほど、必死で頑張る。 気が狂って倒れそうなくらい、一心不乱にひたすら努力する経験です。 普通に頑張ることはあっても、がむしゃらに頑張った経験となると、少ないのではないでしょうか。 もちろんがむしゃらに頑張る経験は、必須ではありません。 無理をせず、マイペースでこつこつ頑張るのもいいでしょう。 むしろマイペースで頑張るほうが、自分らしく自然体でいられるので、長続きするはずです。 しかし、人生では一度くらい、がむしゃらに頑張ることを経験しておくほうがいい。 がむしゃらに頑張ることも、人生の貴重な経験だからです。 がむしゃらに頑張った経験がある人とない人とでは、成長に差が出ます。 やはりがむしゃらに頑張った経験がある人のほうが、過酷な経験をしているだけあって、理解があって話も面白い。 人間としての深みも違います。 人生では、成り行きを決める勝負所があります。 本当に大切な場面では、やはりがむしゃらに頑張っておくほうがいい。 ストレスが多くて大変ですが、それだけの価値はあります。 がむしゃらに頑張ると、すさまじい集中力を発揮できます。 短期間で飛躍的な成長を達成でき、大きな結果も残せます。 人生の後悔を減らすことにもつながります。 後で思い返したとき「二度と経験したくない」と思うかもしれませんが「あのとき頑張っておいてよかった」と思えるはずです。 一度でもがむしゃらに頑張った経験をしておけば、がむしゃらに頑張った人の話を聞いたとき、共感できるようになります。 自分と重ね合わせながら、話を聞けるようになるでしょう。 「私にも同じような経験がある」という一言も言えるようになります。 いつもがむしゃらに頑張るのは健康によくありませんが、人生で一度くらい経験しておくのも悪くありません。 もしまだ経験がないなら、今からでも間に合います。 人生の勝負所なら、がむしゃらに頑張りましょう。 倒れそうなほど頑張る。 気が狂いそうなくらい頑張る。 頑張って、頑張って、頑張りまくる。 がむしゃらに頑張ることは、全力で生きたことになります。 一生懸命になっている姿は、必ず輝きます。 自分の限界も分かるようになります。 「自分にはこんな力が眠っていたのか」と驚くでしょう。 がむしゃらに頑張った先には、素晴らしい未来が待っているはずです。 人生では一度くらい、がむしゃらに頑張ることを経験しておくほうがいい。

25
★0

文句を言いたくなったときこそ、成長できるチャンス。

日常では文句を言いたくなるときがあります。 相手の態度が悪くて、いらいらする。 看過できない問題を見つけ、不満を感じる。 相手の対応に不手際があって、不快な気持ちになる。 文句を言いたくなったとき、あなたならどうしますか。 小さなことならまだ我慢できても、度が過ぎると、いらいらも大きくなって文句を言いたくなるでしょう。 黙ったままでは改善されません。 不満が限界に達すると、文句を言ってやりたい気持ちになるでしょう。 文句を言えば、ストレスを発散でき、すっきりします。 相手の様子も改善されるでしょう。 しかし、ここは大事な瞬間です。 文句を言いたくなったときこそ、成長できるチャンスだからです。 文句を言うのはいいですが、注意したいのは「態度」と「言葉遣い」です。 いらいらした感情に任せて文句を言うと、態度も言葉遣いも乱暴になります。 いらいらしているとはいえ、命令口調や見下すような言い方は不適切。 感情的な言い方をすると、相手は反感を持ち、素直に受け入れにくいでしょう。 相手に落ち度があったとしても、態度や言葉遣いが乱れていると、見苦しくなります。 かえって逆に相手を怒らせてしまうことも少なくありません。 ここで心がけたいのは「穏やかな態度」と「丁寧な言葉遣い」です。 いらいら感情を抑えながら、穏やかな態度と丁寧な言葉遣いで文句を言いましょう。 理性と自制心を鍛えるトレーニングです。 感情を抑えるのは大変ですが、だからこそ意味があります。 感情を抑えながら丁寧を心がけるとき、脳の前頭前野(ぜんとうぜんや)というところが鍛えられます。 前頭前野は、理性や自制心を制御する部位です。 文句を言いたくなってたとき、きちんと感情を抑え、穏やかな態度と丁寧な言葉遣いを心がけましょう。 穏やかな態度や丁寧な言葉遣いをするのは難しいですが、心をコントロールして心がけてみてください。 「自分が試されている」と考え、冷静で落ち着いた行動を取りましょう。 心の中で摩擦が発生して、もやもやした気持ちになるかもしれませんが、その感覚こそ成長できている証拠です。 理性と自制心が鍛えられ、成長できます。 文句を言いたくなったときこそ、成長できるチャンスなのです。 文句を言いたくなったときは、感情を抑えながら穏やかな態度と丁寧な言葉遣いを意識して、理性と自制心を鍛える。

26
★1

愛着のあるものを処分しなければいけないときの作法。

愛着を処分しなければいけないとき、抵抗感に悩みます。 手元に残しておきたい気持ちがある一方、大掃除や引っ越しなど、事情があって処分しなければいけないときもあるでしょう。 愛着のあるものを処分するのはつらい。 愛着があればあるほど、処分するのが心苦しい。 大事に育てたペットを見捨てるかのように感じて、心が痛むはずです。 自分がひどい人間であるかのような錯覚を覚える人もいるでしょう。 もし愛着のあるものを処分しなければいけないなら、心がけたい作法があります。 きれいな状態にしてから処分しましょう。 処分前に、洗ったり掃除したり整えたりしてきれいにしてからお別れをします。 たとえば、愛着のあるタオルなら、きれいに洗ってから処分します。 愛着のある机なら、ほこりや汚れを取ってから処分します。 愛着のある人形なら、身だしなみを整えてから処分します。 「どうせ捨てるのだから、きれいにしても意味がない」 そう思うかもしれませんが、誤解です。 きれいにするのは、お別れ前にできる、最後の愛情表現。 出会いの場面も大切ですが、別れの場面も大切です。 別れの場面こそ、今までお世話になったことに対する感謝と敬意を表したい。 きれいにすることで「今までお世話になりました。本当にありがとう」という気持ちを込めることができます。 命が宿っているわけではありませんが、命が宿っているかのような接し方をすることが大切です。 経年劣化が進んでいると、きれいにしたくても限界がありますが、できるだけきれいな状態にしておきましょう。 そうすれば、それも快く旅立っていけるでしょう。 処分するときの心の抵抗感を小さくできます。 愛着のあるものを処分しなければいけないときは、きれいにしてから処分する。

27
★3

「○○しかない」という口癖は、やる気と元気を奪う。
「○○もある」という口癖は、やる気と元気を生み出す。

「○○しかない」という口癖に心当たりはありませんか。 「3つしかない」 「10パーセントしかない」 「半分しかない」 たしかに数量が少ないのは事実なのでしょう。 数量が少ないと、可能性が低く感じます。 挑戦しても頑張っても、無駄な苦労に思えてきます。 しかし「○○しかない」という表現が正しいとしても、安易な使い方には要注意です。 やる気と元気を奪う口癖だからです。 「○○しかない」という口癖は「ダメに決まっている」「諦めたほうがいい」など、否定のニュアンスに聞こえます。 可能性が低くて、暗い気持ちになります。 わずかしかないことが強調され、不安感や絶望感が出てきます。 本人に悪気はなくても、自然と心に悪影響を与えます。 「○○しかない」という口癖があると、どんどんネガティブ思考がエスカレートします。 やる気と元気を奪っていくのです。 「○○しかない」という口癖は、必要な場合を除き、できるだけ禁句にしておくのがいいでしょう。 「○○しかない」と言いたくなったら、別の口癖がおすすめです。 「○○もある」です。 「3つしかない」と言いたくなったら「3つもある」と言い換えます。 「10パーセントしかない」と言いたくなったら「10パーセントもある」と言い換えます。 「半分しかない」と言いたくなったら「半分もある」と言い換えます。 慣れないうちは「○○しかない」と言いそうになるかもしませんが、ぐっと我慢です。 喉のところまで出かかっても、ぐっとこらえて「○○もある」と言い換えてください。 「○○もある」という言葉は、肯定のニュアンスがあるので、希望的な考え方ができるようになります。 自然と心に火がつき、前向きな気持ちになります。 たとえ可能性がわずかであっても、闇の中から光を感じて、行動意欲が湧いてくるでしょう。 言葉遣いは油断できません。 言葉遣いは、思考に影響を与えるポイントの1つ。 言葉の癖は、思考の癖にもつながります。 できるだけ前向きな口癖を身につけ、ポジティブ思考を身につけましょう。 たとえ絶望的な状況でも「○○もある」と言えば、前向きになります。 意地でも「○○しかない」と言い切りましょう。 前向きになるから、気力が湧いて行動力も出てきます。 「○○もある」という口癖は、やる気と元気を生み出すのです。 「○○しかない」という口癖はやめる。 「○○もある」という口癖をつける。

28
★2

つらくて苦しいのは、一生懸命頑張っている証拠。

なぜつらいのか。 なぜ苦しいのか。 それは、あなたが一生懸命頑張っているからです。 頑張らなければ、どうなるでしょうか。 楽かもしれませんが、成果の少ない人生が待っているでしょう。 小さな目標を達成できることはあっても、大きな目標は達成できなくなるでしょう。 平坦な道は、歩きやすいですが、刺激も単調です。 成長も向上も乏しい。 頑張らなければ、つらいことも苦しいこともなくなる代わりに、乗り越える喜びも成し遂げる感動もなくなります。 頑張らなくなったら、夢を叶えられないのは確定です。 人生は険しい道のりですから、きちんと前に進もうとすれば、つらく苦しく感じて正常です。 勉強やスポーツを思い出してください。 勉強を頑張っていれば、悩みやストレスが増え、つらくて苦しくなります。 スポーツの練習を頑張っているときも、悩みやストレスが増え、つらくて苦しくなります。 成果を出すには、頑張ることが必要不可欠。 つまり、つらくて苦しいのは、一生懸命頑張っている証拠です。 悪いことではなく、いいことです。 つらくて苦しくても、どうか自分を責めないでください。 やるべきことをやっています。 前を向いて、一生懸命になっています。 サボらず真面目に頑張っています。 無理をせず、こつこつ頑張っていきましょう。 疲れたときは、少し休めばいい。 「つらくて苦しいのは、一生懸命頑張っている証拠」と考え、自分を励ましてください。 他の人と比べるのではなく、自分に集中しましょう。 もっと頑張っている人がいたとしても、人それぞれです。 最善を尽くしているなら、自分に誇りを持ちましょう。 希望を捨てず、可能性を信じて生きていくことが大切です。 今はつらくて苦しい時期かもしれませんが、永遠に続くわけではありません。 そのまま続けていきましょう。 頑張り続けていれば、一定の成果が生まれます。 仕事に決着がつけば、ストレスから解放され、新しいステージにステップアップできます。 大きな山の向こうには、素晴らしい景色が広がっているでしょう。 素晴らしい結果とともに、素晴らしい未来が待っているでしょう。 「つらくて苦しいのは、一生懸命頑張っている証拠」と考える人が、夢を叶えるのです。 「つらくて苦しいのは、一生懸命頑張っている証拠」と考える。

29
★0

マンネリに悩んだら、昔にもらった手紙やメールを読み返そう。

2人の関係にマンネリが生じてきたら「あるもの」が役立ちます。 それは、昔にもらった手紙やメールです。 手紙なら、引き出しから引っ張り出しましょう。 大切に保管しているなら、最近の手紙でも、昔の手紙でもかまいません。 普通の手紙だけでなく、ラブレターでもかまいません。 メールなら、過去の受信ボックスをのぞいてみましょう。 削除していなければ、今でも残っているはずです。 大切に保管しているなら、今こそ役立つチャンス。 昔にもらった手紙やメールを読み返してみてください。 不安感、緊張感、焦燥感。 懐かしい気持ち、恥ずかしい気持ち、甘酸っぱい気持ち。 昔にもらった手紙やメールを読み返せば、一瞬で昔にタイムスリップできるでしょう。 「そういえばこんなやりとりをしたよね」 「恥ずかしいけど、嬉しい内容だな」 「このころは熱々で、周りが見えていなかったよね」 「まだ照れがあって、ぎこちなかったよね」 「すべてに全力投球だったよね」 当時の初々しい気持ちを思い出し、初心に返ることができるでしょう。 心がきゅっと引き締まり、これからも引き続き仲良くしていこうという気持ちになれるでしょう。 中には照れくさい内容もあるかもしれませんが、だからこそいいのです。 照れくさい内容こそ、忘れかけていた感情です。 恋人への感謝の気持ちが湧いて、これからも大切にしていこうという気持ちが芽生えるでしょう。 当時の気持ちを思い出すことで、当時と今とのギャップに気づくこともあります。 「自分のここが悪くなっているね。もっときちんとしよう」と思える何かが見つかるでしょう。 怠けている自分や冷めている自分に気づき、反省できるはずです。 改善点が見つかり、マンネリ打破のきっかけを見つけられるでしょう。 文字として残っているものは、どんなに古い内容でも貴重です。 昔にもらった手紙やメールを読み返し、初心に返るきっかけにしてください。 できれば、恋人と一緒に読み返してみるといいでしょう。 自分だけでなく、恋人も「こんなやりとりをしたね」と思い出してくれるはずです。 一緒に初心を思い出すことができれば、効果倍増です。 恋愛の初心を忘れたらときは、昔の手紙やメールを読み返す。

30
★0

交際成立は、ゴールではなく、新しいスタート。

好きな人ができて、恋に落ちる。 会話を楽しんで、お互いの理解を深めていく。 一緒に食事をしたり出かけたりして、思い出を増やしていく。 どんどん精神的な距離が縮まっていき、両思い・相思相愛の状態になれば、めでたく交際が成立です。 交際が成立すれば「大きな区切りができた」と言えるでしょう。 交際までに時間がかかっているほど、喜びも感動も大きいでしょう。 しかし、交際が成立したとはいえ、放置しているだけで愛は深まりません。 じっとしているだけで自然と愛が深まっていくわけではない。 「もうこれで安心」と思って交際を放置していると、2人の関係はどんどん離れていきます。 放置は、無関心と同じこと。 たとえ交際関係が成り立っていても、放置を続けていると、愛が深まるどころか冷めしまいます。 コミュニケーションの量も回数も減っていき、いずれ自然消滅になるでしょう。 交際が成立しても、引き続き愛を深めていくことが大切です。 愛を深めすぎることはありません。 交際を「ゴール」とするのではなく「新しいスタート」と考え、引き続き、2人の愛を深めていきましょう。 たくさん話をして、もっとお互いの理解を深めていきましょう。 コミュニケーションは、電話やメールでもOKです。 やりとりの頻度がすべてではありません。 きちんと気持ちが伝わる内容なら、頻度は少なくても大丈夫です。 たくさんデートをして、もっと思い出を増やしていきましょう。 気になる場所に1人で出かけるのもいいですが、2人で出かければ、楽しい時間を共有できます。 手をつないでぶらぶら歩くだけでも、心地よい時間を過ごせるでしょう。 たまには高級なレストランで食事をするのもよいアイデアです。 少し高額ですが、2人の愛を育めるなら大きな意味があります。 高級レストランで食事を楽しむことも、立派な思い出の1つになります。 記念日には、プレゼントを贈るのも大切です。 「もう付き合っているのだから、わざわざ贈らなくてもいいだろう」という油断はよくありません。 交際が成立してからも、プレゼントを贈る習慣は続けると、良好な関係が長続きします。 時間があれば、一緒に旅行をしましょう。 2人で思い出を作る絶好のチャンスになるでしょう。 お互いの知らなかった一面を知るチャンスにもなるでしょう。 交際を始めてからも、2人のイベントを大切にしていれば、愛情だけでなく、愛着も加わっていきます。 愛着は、2人を結びつける大切な要素。 愛着が生まれれば、ますます2人の関係は密になり、末永い関係につながります。 2人の関係がさらに深まるよう、アクションを起こしましょう。 交際が成立してからも愛は深めていく行動を続けていれば、2人の関係も安心です。 交際成立は、ゴールではなく、新しいスタートなのです。 交際が成立してからも、愛を深める努力をする。

同じカテゴリーの作品