気力

自分の限界を超える
30の方法

  • あなたには
    「人生の暗黒時代」がありますか。
自分の限界を超える30の方法

もくじ
  1. あなたには「人生の暗黒時代」がありますか。

    「人生の暗黒時代」とは何か。
    ・思い出したくないほどつらかった時期
    ・不幸なことがあって、途方に暮れていた時期

  2. ぶつぶつ独り言を言う人にも、それなりの事情がある。

    ぶつぶつ独り言を言う人に出会うことがあります。
    誰かに向けて、小声でぼそぼそしゃべっています。
    ぶつぶつ独り言を言う人がいると、一瞬「自分に話しかけられているのかな」と思って気になります。

  3. 顔を上げるだけで、元気が出る。

    「なかなか元気になれない……」
    「いつも暗いことばかり考えてしまう……」
    「私は心の病気ではないだろうか……」

  4. 身体能力に限界はあっても、行動には限界がない。

    「思いは実現する」と言われていますが、当てはまらないこともあります。
    身体能力には、限界があります。
    年を取れば、肉体が衰えます。

  5. 何者かになりたいなら、1つの道を究めないといけない。

    「何者かになりたい」
    そう思ったら、必須条件があります。
    それは「1つの道を究める」ということです。

  6. あなたは、すでに多くの成功をつかんでいる。

    あなたは、すでに多くの成功をつかんでいます。
    「まだ何も成功をしていない」
    「成功らしいことはしていない」

  7. 「あの人は嫌いだけど、○○は尊敬している」

    あなたには「嫌いな人」はいますか。
    もちろん「イエス」と答える人が大半でしょう。
    誰にでも、1人や2人嫌いな人がいて当然です。

  8. 大変な時期を一緒に過ごした人が、大切な友達になる。

    大切な友達は何がきっかけでできるのでしょうか。
    もちろん普通に楽しい時期を過ごして関係が深まる場合もありますが、その限りではありません。
    大切な友達ができるパターンには、共通点があります。

  9. タクシーがつかまらないくらいで、いらいらしない。

    なかなかタクシーがつかまらなくて困ることがあります。
    タクシーはつかまるときはすぐつかまりますが、つかまらないときはなかなかつかまりません。
    道路脇で往来する車を眺めながら、タクシーが来るのを待ちます。

  10. ぼろぼろの財布を使っていると、お金から嫌われる。
    きれいな財布を使っていると、お金から愛される。

    財布を取り出してみてください。
    あなたは今、どんな財布を使っているでしょうか。
    もちろんどんな財布を使おうと自由です。

  11. 間違ったことを教わっても、その人を恨まない。

    分からないことがあって、人に聞くことがあります。
    親切に教えてもらって、その人に感謝します。
    ところが後になって、実は教えてもらっていた内容が間違っていると気づくことがあります。

  12. 我慢には限界がある。
    楽しみには限界がない。

    困難にまつわる誤解があります。
    「困難は、我慢しながら乗り越えなければいけない」という固定観念があることです。
    我慢で乗り越えようという考えを持つ人は、実に多い。

  13. 休憩は、したほうがいいものではなく、しなければいけないもの。

    「休憩はしたほうがいいもの」
    そう思っているなら、考えを改めたほうがいいでしょう。
    仕事や勉強を頑張っていると、長時間頑張りすぎてしまうことがあります。

  14. 悪口の運ぶ人には、不運と不幸が運ばれる。
    褒め言葉を運ぶ人には、幸運と幸福が運ばれる。

    人の悪口を聞かされたとき、どう対応するか。
    ここがあなたの運命を決める場面です。
     

  15. 憧れの人は、あなたの成長の限界。
    できるだけ高く設定しておくほうがいい。

    あなたにとって憧れの人は誰ですか。
    憧れの人を設定するとき「身の丈」を基準に設定する人がいます。
    一流の人を設定すると「自分の身の丈に合っていないのではないか」という不安があります。

  16. 「給料が少ない」と文句を言う人は出世できない。
    「給料をもらいすぎ」と感謝する人が出世する。

    「給料が少ない」
    そんなセリフに心当たりがあれば、残念なお知らせがあります。
    残念ですが「出世は難しい」と考えていいでしょう。

  17. 誰も応援しない人は、誰からも応援されない。

    あなたは最近、誰かを応援していましたか。
    「誰も応援していない。人を応援しても意味がない」
    そう考えているなら、大変です。

  18. チャンスの少ない場所では、なかなかチャンスが得られない。
    チャンスの多い場所に行くから、チャンスに恵まれる。

    チャンスを手に入れるにはどうすればいいのでしょうか。
    チャンスを手に入れたいなら、方法は簡単です。
    チャンスの多い場所に行きましょう。

  19. 仕事のできる人になるには、結論から話をする癖が必要不可欠。

    仕事ができる人になるには、どんな心がけが必要でしょうか。
    その1つが「結論から話をする癖」です。
     

  20. 差が生まれるのは、100で十分の仕事を101まで仕上げるとき、

    仕事の差は、どこで生まれるのか。
    仕事の差は、100で十分のところを101まで仕上げるときに生まれます。
    100で十分なら、100で終えるのが普通です。

  21. 最大の油断は、最高の仕事ができた直後にやってくる。

    最大の油断は、いつやってくるのか。
    最大の油断は、意外な場面でやってきます。
    それは「最高の仕事ができた直後」です。

  22. 「限界」という言葉を口にするから、限界ができる。

    「これが自分の限界だ」
    こうした口癖はありませんか。
    自分の最高点だと感じたときに、ふと口にする言葉です。

  23. 「限界」という言葉は、人生には不要。

    「考えたことは現実になる」という法則があります。
    「ここまではできる」と思った分だけ、できるようになります。
    できると思っているので、実現に向けて行動しますし努力もします。

  24. マンネリは、サプライズをするベストタイミング。

    マンネリは、サプライズをするベストタイミングです。
    想像してみてください。
    刺激的で楽しい日々を送っていれば、サプライズがあっても、驚きや喜びが小さくなるでしょう。

  25. 下品な人には、上品に接するのがスマート。

    下品な人と接するときは、態度に気をつけましょう。
    下品な人は、がさつで乱暴でとげとげしく、不快感があるため、むっとすることが増えるでしょう。
    態度や言葉遣いの悪い様子が目立つと、感情が刺激され、いらいらすることが増えます。

  26. 細部にこだわるのは、本気になっている証拠。
    細部を手抜きするのは、まだ本気になっていない証拠。

    本気になっているかどうか。
    それが分かるポイントの1つは「細部に対する態度」です。
    「細部なんてどうでもいい」

  27. 「ありがとうございます」と言われる仕事で満足しない。
    「本当にありがとうございます」と言われる仕事を目指す。

    喜ばれる仕事をしたときに言われる、お礼の言葉があります。
    「ありがとうございます」です。
    基本的なお礼の言葉です。

  28. 夢を叶えられなかった人をばかにしてはいけない。
    何も挑戦しないで生きた人生より、何かに挑戦した人生のほうが貴い。

    ときどき夢を叶えられなかった人がいます。
    ・夢を追いかけていたものの、厳しい現実に直面して、諦めることになった人
    ・自分の才能の限界を感じて、悔しい現実を受け入れた人

  29. 「分からないので教えてください」と聞く前に、もう少し粘ってみる。

    不明点があったとき、まず自分で考えることです。
    すぐ人に聞くのはよくありません。
    ろくに考えもせず、すぐ人に聞くのは、先輩からも上司からも嫌われます。

  30. 批判に批判で返すのは、子供の対応。
    批判に感謝で返すのが、大人の対応。

    夢や目標に向かっていると、批判を言われる場面に遭遇します。
    批判を言われないようにしたいところですが、あなたを悪く思う人はいるもの。
    批判されたとき、どんな対応をするか。

同じカテゴリーの作品