気力

逆境を乗り越える
30の方法

  • 「もうダメだ」に続く言葉は
    「でも諦めない」。
逆境を乗り越える30の方法

もくじ
  1. 「もうダメだ」に続く言葉は「でも諦めない」。

    人生では「もうダメだ」と思うことがあります。
    何度やっても成功しない。
    いくらやっても失敗続き。

  2. 簡単にうまくいったら、つまらない。
    なかなかうまくいかないから、面白い。

    「物事は簡単にうまくいってほしい」と願っている人は多い。
    たしかになかなかうまくいかないと大変です。
    頭をひねって解決策を考えるのは面倒です。

  3. 追い抜かれることがあっても、慌ててはいけない。
    最後までマイペースを貫くこと。

    人生では追い抜かれてしまう瞬間があります。
    自分のほうが先輩なのに、急成長する後輩がいて、成績が逆転してしまうことがあるでしょう。
    自分のほうがキャリアがあるにもかかわらず、年下のほうが早く昇進してしまうこともあるでしょう。

  4. できない理由を探すのではない。
    できる理由を探すのだ。

    行動しない人に見られる特徴の1つ。
    それは「できない理由探し」です。
    「お金がないからできない」

  5. 集中力を鍛えるのではない。
    集中力の阻害要因をなくすのだ。

    集中力を出すにはどうすればいいのでしょうか。
    一般的によく聞かれるのが「集中力のトレーニング」です。
    集中力をつけるには、鍛えることが必要になるのではないかと思われます。

  6. 「理解されなかった」と、くよくよするのではない。
    「理解できない相手だった」と、さらりと流すのだ。

    自分が理解されなかったときどうするか。
    ここは大切な場面です。
    あるとき、自分の意見や考え方が理解されなくて、もやもやすることがあります。

  7. 体調が悪いときこそ、○○。

    突然ですが、あなたに質問です。
    「体調が悪いときこそ○○」
    さて、あなたなら、このフレーズの後にどんな言葉を続けますか。

  8. 一番よく間違える人が、一番よく覚える。

    記憶力が高まるのは、正解したときではありません。
    間違えたときです。
    間違えたとき、心の中で「しまった!」と思います。

  9. 「解決策はない」と諦めた瞬間、解決策がなくなる。
    「解決策はある」と信じている限り、解決策がある。

    解決策がなくて、困り果てる場面があります。
    難しい問題に直面して行き詰まり、解決の手だてがない状態です。
    解決策がないと、どうしようもなく、諦めるしかないように思えます。

  10. 追い出されているのではない。
    背中を押してくれているのだ。

    小鳥たちが巣立つ瞬間をご存じですか。
    自分たちで積極的に羽ばたいて巣立っていく様子をイメージしているかもしれません。
    もちろん自分から羽ばたいて巣立つ小鳥たちも存在しますが、すべてがその限りではありません。

  11. 選択肢は、選ぶためにあるのではなく、増やすためにある。

    「Aにするか、Bにするか」
    日常では、2択から選ばなければいけない状況があります。
    2択なので、どちらか一方を選ばなければいけません。

  12. 「大変、大変」と騒いでいると、ますます大変になる。
    「大丈夫、大丈夫」と笑っていれば、本当に大丈夫になる。

    問題が起こったとき、どんな言葉を発するか。
    ここは問題解決の成り行きを決める、大切な場面です。
    ●「大変、大変」と騒いでいると、ますます大変になる

  13. なぜ旅行のときは、底力が出るのか。

    なぜ旅行のときは、あれほど底力が出るのでしょうか。
    「あまり眠れなかった」と寝不足であっても、現地に着くと、急に目がさえて「さあ、行くぞ!」となります。
    観光地を歩き回って「もう疲れた」と思いつつも、次の観光地に着くと「よし、行ってみよう!」となります。

  14. 間違えるから慌てるのではない。
    慌てるから間違える。

    残り時間が少なくなったとき、私たちは焦りを感じます。
    試験の残り時間が少なくなると「時間がない。早く問題を解かなきゃ!」と焦ります。
    納期の期限が迫ると「もう余裕がない。急いで終わらせよう!」と焦ります。

  15. 必ずうまくいくことばかり挑戦していないか。
    うまくいくとは限らないことに挑戦するのがかっこいい。

    必ずうまくいくことばかり挑戦していませんか。
    無駄な失敗はしたくありません。
    余計な苦労もしたくありません。

  16. 恥じらいがなくなるのは、勇気ではなく、心の老化現象。

    年齢を重ねていくにつれて、失いやすい感情があります。
    それは「恥じらい」です。
    若いころは、ちょっとした失態に恥じらいを感じていました。

  17. 昔の失敗を引きずらない。
    昔の自分も引きずらない。

    「どうして間違ってしまったのだろう」
    「あんなことをしなければよかったな」
    「つまらない失敗をした自分が情けない」

  18. ストレスで頭がいっぱいになったら、情報を得るのではなく、遮断する。

    ストレスを苦しくなったとき、どんな対処をしますか。
    ストレスを苦しいとき、情報を得たくなる人もいるでしょう。
    「何かストレスを解消できる方法はないだろうか」とインターネットで検索する。

  19. 謝っても死ぬことはない。
    命までは取られない。

    「恥ずかしくて謝れない」
    「謝るとかっこ悪い」
    「プライドが邪魔して謝れない。こけんに関わる」

  20. わくわくしながら迷うなら、両方選べばいい。
    もやもやしながら迷うなら、両方選ばないほうがいい。

    選択肢があって、迷うことがあります。
    迷っているとはいえ、意外とエネルギーを消耗します。
    迷う時間は、生産的な時間でもクリエイティブな時間でもありません。

  21. 頭の回転が速いから、即答ができるのではない。
    即答を心がけるから、頭の回転が速くなる。

    普段からできるだけ即答を心がけましょう。
    即答をすると、相手に喜ばれます。
    すぐレスポンスが返ってくると、待ち時間が少なくなって仕事もすいすい進みます。

  22. 何事も、最初が一番大変で、後から楽になる。

    新しいことに挑戦すると、思ったより大変で戸惑うことがあります。
    「こんなに苦しいことなのか!」
    「こんな恥ずかしいことなのか!」

  23. 不安と面白いはセットになっている。
    面白いことをしたいなら、不安を受け入れること。

    あるとき面白そうなことを発見することがあります。
    「面白そうなこと見つけた。やってみようかな?」
    ところが次の瞬間、別の感情が襲ってきます。

  24. 泣いて笑って生きるのが人生。
    泣き顔の後には、笑顔がやってくる。

    泣くのがいけないなんて誰が言ったのでしょうか。
    泣くのがいけないなんて思い込みにすぎません。
    人生ではあ、涙を流して泣くこともあります。

  25. 誰かに裏切られても、やけになってはいけない。
    あなただけは「信用される側」の人間でいること。

    誰かに裏切られても、やけになってはいけません。
    裏切られると、大きなショックを受けます。
    特に信用している人から裏切られると、特大のショックを受けるでしょう。

  26. 動きが遅い人をばかにしてはいけない。
    勝てるとは限らないから。

    動きが遅い人がいます。
    歩くのが遅い、話すのも遅い、仕事も遅い。
    全体的にスピードが遅く、のろのろしています。

  27. いらいらしたときこそ、勇気が必要なことに挑戦するチャンス。

    あなたがいらいらしたとき、どう感情を落ち着かせますか。
    定番の方法の1つが「時間を置くこと」です。
    時間は、心を癒やす万能薬です。

  28. 負けそうになったら、強気のセリフで切り抜けろ。
    「かわいそうだから、今回は負けてあげよう」

    負けそうになったら、窮地を切り抜ける一言があります。
    「かわいそうだから、今回は負けてあげよう」です。
    お互いの立場が逆転する一言。

  29. つらいのは気のせい。
    本当はつらくない。

    「ああ、つらい……」
    そう思ったら、気づいてほしいことがあります。
    実のところ「つらい」という感覚の大半は、気のせいです。

  30. どん底のときは、空を指さして、神様に宣言しよう。
    「今ここから這い上がる!」

    最悪・最低の状態のことを、私たちは「どん底」と呼びます。
    どん底のときは、心が真っ暗で元気がなく、気力もありません。
    谷に例えると、一番下の底の状態です。

同じカテゴリーの作品