気力

挑戦する力がつく
30の言葉

2
24

「くだらない」という口癖があると、
何でも嫌になる。
「面白い」という口癖があると、
何でも楽しくなる。

「くだらない」という口癖があると、何でも嫌になる。「面白い」という口癖があると、何でも楽しくなる。 | 挑戦する力がつく30の言葉

「くだらない本だね」

「くだらない仕事だね」

「くだらないイベントだね」

「くだらない」という口癖に心当たりがあるなら要注意です。

「くだらない」という一言は、不運と不幸を引き寄せる言葉だからです。

 

もちろん世の中には、くだらないこともあるでしょう。

無益・無意味・無価値なことなら、正直な意見として「くだらない」と言いたくなるでしょう。

 

しかし「くだらない」と感じることはあっても、口に出して言わないことです。

口に出したら、くだらないことが確定します。

「くだらない」と言った瞬間、ネガティブのスイッチが入ります。

「くだらない」というのは「無駄」「意味がない」「価値がない」という意味になります。

日常が色あせて見えるようになり、テンションも下がります。

あれもこれも「くだらない」と言えば、あれもこれも色あせて見えるようになります。

やる気も元気も奪っていきます。

くだらないことを、どう楽しみ、どう頑張れるのでしょうか。

「くだらない」という口癖がある人は、ことあるたびに「くだらない」と言ってしまいます。

たとえ面白いことであっても「くだらない」と言ってしまうと、ネガティブな思い込みが生まれ、不快に感じてきます。

「くだらない」という口癖があると、何でも嫌になるのです。

 

「くだらない」という口癖は禁句にしましょう。

害があるだけで、役立つことは1つもありません。

「くだらない」という口癖は禁句にする代わりに、ぜひ心がけたい口癖があります。

 

「面白い」です。

 

普段から「面白い」という口癖を身につけておくことです。

どんなことでも、楽しいことや面白いことが必ず1つはあります。

「面白い」という口癖があると、ポジティブのスイッチが入ります。

「面白い」と言った瞬間、楽しさや面白さを発見する力が高まり、意義や価値を見いだしやすくなります。

「面白い」と思いながら仕事に取り組めば、つまらない仕事も面白く感じてくるでしょう。

難しい仕事であっても、面白がる気持ちがあれば、簡単に感じるはずです。

たとえつまらない仕事でも、嘘でもいいので「面白い」と言いながら取り組めば、本当に面白くなってきます。

 

口癖とはいえ、日常の感じ方に関わる重要なポイントです。

「くだらない」という口癖は禁句にしましょう。

代わりに「面白い」という口癖を心がけましょう。

「面白い」という口癖があると、何でも楽しくなるのです。

挑戦する力がつく言葉(24)
  • 「くだらない」という口癖は禁句にして「面白い」という口癖を心がける。
「うまくいった試しがない」と言われたら、こう切り返そう。
「じゃあ、次はうまくいかせます」

もくじ
挑戦する力がつく30の言葉
「くだらない」という口癖があると、何でも嫌になる。「面白い」という口癖があると、何でも楽しくなる。 | 挑戦する力がつく30の言葉

  1. あれこれ考えるな。<br>とにかく動け!
    あれこれ考えるな。
    とにかく動け!
  2. 無難なことばかり選んでいると、心が弱って臆病になる。<br>たまには危険なことを選んでみよう。
    無難なことばかり選んでいると、心が弱って臆病になる。
    たまには危険なことを選んでみよう。
  3. 他人が断った仕事は、あなたが引き受けるチャンス。
    他人が断った仕事は、あなたが引き受けるチャンス。
  4. 縁起の悪いことがあれば、わざとやってみよう。<br>意外と何でもないことに気づくだろう。
    縁起の悪いことがあれば、わざとやってみよう。
    意外と何でもないことに気づくだろう。
  5. チャレンジする前から「どうせ無理」と諦めていないか。
    チャレンジする前から「どうせ無理」と諦めていないか。
  6. お礼の言葉を強調する一工夫。
    お礼の言葉を強調する一工夫。
  7. いい思い込みをして、ポジティブな錯覚を引き起こそう。<br>「以前に経験したことがある」と思えば、恐怖が半減する。
    いい思い込みをして、ポジティブな錯覚を引き起こそう。
    「以前に経験したことがある」と思えば、恐怖が半減する。
  8. 機嫌がいいときは、新しいことを始めるベストタイミング。
    機嫌がいいときは、新しいことを始めるベストタイミング。
  9. 恥ずかしいなら、恥ずかしがる暇がなくなるくらい、スピードを出せばいい。
    恥ずかしいなら、恥ずかしがる暇がなくなるくらい、スピードを出せばいい。
  10. 「トラブル」と呼ぶから、苦しく感じる。<br>「イベント」と呼べば、楽しく感じる。
    「トラブル」と呼ぶから、苦しく感じる。
    「イベント」と呼べば、楽しく感じる。
  11. 必ずうまくいくことばかり挑戦していないか。<br>うまくいくとは限らないことに挑戦するのがかっこいい。
    必ずうまくいくことばかり挑戦していないか。
    うまくいくとは限らないことに挑戦するのがかっこいい。
  12. あなたは「勇気がない」と思い込んでいる。<br>小さな勇気しか出ないなら、小さな勇気でできることをすればいい。
    あなたは「勇気がない」と思い込んでいる。
    小さな勇気しか出ないなら、小さな勇気でできることをすればいい。
  13. 今からでも遅くない。<br>諦めていたことに、もう一度挑戦してみよう。
    今からでも遅くない。
    諦めていたことに、もう一度挑戦してみよう。
  14. 「あと○○しかない」を「まだ○○もある」と言い換えるだけで、可能性が見えてくる。
    「あと○○しかない」を「まだ○○もある」と言い換えるだけで、可能性が見えてくる。
  15. 野球のストライクゾーンは、すでに決まっている。<br>あなたのストライクゾーンは、自由に決めていい。
    野球のストライクゾーンは、すでに決まっている。
    あなたのストライクゾーンは、自由に決めていい。
  16. あなたの心は、もっと軽くなる。<br>心が軽くなるだけで、新しい自分に生まれ変われる。
    あなたの心は、もっと軽くなる。
    心が軽くなるだけで、新しい自分に生まれ変われる。
  17. 自分のことを「大物」という人に、大物はいない。
    自分のことを「大物」という人に、大物はいない。
  18. 小さな夢だから、叶わない。<br>大きな夢のほうが、叶う。
    小さな夢だから、叶わない。
    大きな夢のほうが、叶う。
  19. 強い人は、そこそこの成功しかできない。<br>弱い人こそ、大きな成功を成し遂げる。
    強い人は、そこそこの成功しかできない。
    弱い人こそ、大きな成功を成し遂げる。
  20. 「挑戦」は「冒険」と言い換えよう。<br>恐怖が半減して、わくわく感が倍増する。
    「挑戦」は「冒険」と言い換えよう。
    恐怖が半減して、わくわく感が倍増する。
  21. 元気を出しすぎてはいけない。
    元気を出しすぎてはいけない。
  22. 背伸びには2種類ある。<br>「無理な背伸び」と「安全な背伸び」
    背伸びには2種類ある。
    「無理な背伸び」と「安全な背伸び」
  23. たっぷり趣味を楽しんでぐったり疲れた日を「充実した1日」と呼ぶ。
    たっぷり趣味を楽しんでぐったり疲れた日を「充実した1日」と呼ぶ。
  24. 「くだらない」という口癖があると、何でも嫌になる。<br>「面白い」という口癖があると、何でも楽しくなる。
    「くだらない」という口癖があると、何でも嫌になる。
    「面白い」という口癖があると、何でも楽しくなる。
  25. 「うまくいった試しがない」と言われたら、こう切り返そう。<br>「じゃあ、次はうまくいかせます」
    「うまくいった試しがない」と言われたら、こう切り返そう。
    「じゃあ、次はうまくいかせます」
  26. お金より夢を追いかけよう。<br>流行より自分らしさを追いかけよう。
    お金より夢を追いかけよう。
    流行より自分らしさを追いかけよう。
  27. 精神的な時間を作って、心の健康を保とう。<br>精神的な時間を大切にすると、仕事も質も向上する。
    精神的な時間を作って、心の健康を保とう。
    精神的な時間を大切にすると、仕事も質も向上する。
  28. 意地を張って名作を見ないのは、機会損失になっている。
    意地を張って名作を見ないのは、機会損失になっている。
  29. 大人になってから遊ぶときは、制限を設けておくほうがいい。
    大人になってから遊ぶときは、制限を設けておくほうがいい。
  30. あなたは今、明日の自分を作っている。
    あなたは今、明日の自分を作っている。

同じカテゴリーの作品