気力

挑戦する力がつく
30の言葉

4
21

元気を出しすぎてはいけない。

元気を出しすぎてはいけない。 | 挑戦する力がつく30の言葉

元気を出すのはいいことです。

落ち込むくらいなら、元気であるほうがいいのは間違いありません。

私たちは幼いころから元気になることを勧められてきました。

「元気を出しましょう」

「元気な毎日を送りましょう」

「元気いっぱいになりましょう」

元気になると、明るい日常が待っています。

元気であれば生き生きすることができ、パワーを発揮することができます。

明るい雰囲気が漂うようになり、幸せを引き寄せることができるでしょう。

しかし、元気を出すとき、注意したいことがあります。

元気を出すのはいいですが、出しすぎてはいけません。

「元気を出して何が悪い」と思いますが、元気の出しすぎには落とし穴があります。

元気を出すにも、気力や体力を使います。

元気を出しすぎると、短時間で気力や体力を使い果たしてしまい、エンストを起こしてしまいます。

せっかく元気であっても、短時間しか続きません。

元気を出しすぎると、その後どっと疲れが襲ってきます。

そうと鬱の状態が繰り返されることになる。

往々にして元気を出しすぎると、うるさくなります。

わあわあがやがや騒ぎすぎると、周りの迷惑になります。

かんかんと照りつける真夏の直射日光のように、熱くなりすぎてしまいます。

力の加減を誤ってしまうことも少なくありません。

周りが見えなくなったり、勢いやスピードを出しすぎてしまったりします。

場合によっては、自制心を失ってしまい、ミスや間違いを増やす可能性もあります。

よかれと思って元気を出しすぎると、後から代償を払うことになるのです。

元気を出すなら「7割前後」が目安

元気を出すなら、適度が一番です。

目安は「7割前後」です。

人生は長丁場ですから、元気が長続きするようなコントロールが適切です。

車の運転では、アクセルだけでなくブレーキが大切であるように、元気を出すときも、アクセルだけでなくブレーキが大切です。

「元気を出しすぎているかな」と思ったら、少しブレーキを踏んで、勢いを調整するといいでしょう。

元気の制限速度を守りましょう。

そのほうが元気が安定して、長続きもします。

まとめ

挑戦する力がつく言葉 その21
  • 元気の出しすぎには注意する。
  • 元気を出すなら「7割前後」を目安にする。
背伸びには2種類ある。
「無理な背伸び」と「安全な背伸び」

もくじ
挑戦する力がつく30の言葉
元気を出しすぎてはいけない。 | 挑戦する力がつく30の言葉

  1. あれこれ考えるな。
    とにかく動け!
  2. 無難なことばかり選んでいると、心が弱って臆病になる。
    たまには危険なことを選んでみよう。
  3. 他人が断った仕事は、あなたが引き受けるチャンス。
  4. 縁起の悪いことがあれば、わざとやってみよう。
    意外と何でもないことに気づくだろう。
  5. チャレンジする前から「どうせ無理」と諦めていないか。
  6. お礼の言葉を強調する一工夫。
  7. いい思い込みをして、ポジティブな錯覚を引き起こそう。
    「以前に経験したことがある」と思えば、恐怖が半減する。
  8. 機嫌がいいときは、新しいことを始めるベストタイミング。
  9. 恥ずかしいなら、恥ずかしがる暇がなくなるくらい、スピードを出せばいい。
  10. 「トラブル」と呼ぶから、苦しく感じる。
    「イベント」と呼べば、楽しく感じる。
  11. 必ずうまくいくことばかり挑戦していないか。
    うまくいくとは限らないことに挑戦するのがかっこいい。
  12. あなたは「勇気がない」と思い込んでいる。
    小さな勇気しか出ないなら、小さな勇気でできることをすればいい。
  13. 今からでも遅くない。
    諦めていたことに、もう一度挑戦してみよう。
  14. 「あと○○しかない」を「まだ○○もある」と言い換えるだけで、可能性が見えてくる。
  15. 野球のストライクゾーンは、すでに決まっている。
    あなたのストライクゾーンは、自由に決めていい。
  16. あなたの心は、もっと軽くなる。
    心が軽くなるだけで、新しい自分に生まれ変われる。
  17. 自分のことを「大物」という人に、大物はいない。
  18. 小さな夢だから、叶わない。
    大きな夢のほうが、叶う。
  19. 強い人は、そこそこの成功しかできない。
    弱い人こそ、大きな成功を成し遂げる。
  20. 「挑戦」は「冒険」と言い換えよう。
    恐怖が半減して、わくわく感が倍増する。
  21. 元気を出しすぎてはいけない。
  22. 背伸びには2種類ある。
    「無理な背伸び」と「安全な背伸び」
  23. たっぷり趣味を楽しんでぐったり疲れた日を「充実した1日」と呼ぶ。
  24. 「くだらない」という口癖があると、何でも嫌になる。
    「面白い」という口癖があると、何でも楽しくなる。
  25. 「うまくいった試しがない」と言われたら、こう切り返そう。
    「じゃあ、次はうまくいかせます」
  26. お金より夢を追いかけよう。
    流行より自分らしさを追いかけよう。
  27. 精神的な時間を作って、心の健康を保とう。
    精神的な時間を大切にすると、仕事も質も向上する。
  28. 意地を張って名作を見ないのは、機会損失になっている。
  29. 大人になってから遊ぶときは、制限を設けておくほうがいい。
  30. あなたは今、明日の自分を作っている。

同じカテゴリーの作品