気力

挑戦する力がつく
30の言葉

2
2

無難なことばかり選んでいると、
心が弱って臆病になる。
たまには危険なことを選んでみよう。

無難なことばかり選んでいると、心が弱って臆病になる。たまには危険なことを選んでみよう。 | 挑戦する力がつく30の言葉

無難なことばかり選んでいませんか。

余計な危険を冒したくないときは、無難なことを選びたくなります。

  • 無難な料理を作る
  • 無難なプレーをする
  • 無難なファッションをする
  • 無難な人付き合いをする
  • 無難な方法で仕事をする

もちろん安全で安定した結果を出したいなら、無難なことを選ぶのがいいでしょう。

無難なことは、慣れや知識があります。

素早くスムーズにこなせ、安定した結果を発揮できるでしょう。

無難な選択だけすれば、スムーズな人生を送れるに違いありません。

 

しかし、無難なことばかり選んでいると「ある問題」が発生します。

無難なことを選ぶことが当たり前になるにつれて、だんだん心が弱って臆病になっていくのです。

人間は、慣れる生き物です。

体を鍛えていないと筋肉が衰えるように、心も鍛えていないとメンタルが衰えていきます。

無難ばかり選んでいると、緊張する機会が減っていきます。

はらはらどきどきする経験も減ります。

だんだん心が弱くなるにつれて、勇気が出にくくなる。

最終的に臆病になるのです。

もともと心が強くて勇敢な人でも、無難なことばかり選んでいると、いずれ臆病者になる可能性があるため油断できません。

無難なことばかり選んでいると、あなた自身が「つまらない人間」になってしまいます。

よかれと思って無難なことばかり選んでいると、どんどん心が弱くなっていくのです。

 

 

たまにはあえて危険なことを選ぼう

 

ここで大切な心がけがあります。

たまにはあえて危険なことを選んでみましょう。

もちろん危険なこととはいえ、重大なリスクがあることを選ぶ必要はありません。

少しストレスを感じるチャレンジでいいのです。

リスクの小さなことなら、比較的軽い気持ちで挑戦できるでしょう。

「恥をかきに行こう」

「少しくらい損があってもいいよね」

「たまには苦しむこともあっていいよね」

痛い目に遭ったとしても、ちょっと小さな恥や損がある程度で済むなら、許容範囲でしょう。

恥ずかしいなら、笑ってごまかすのもありです。

いくらかお金を失って損をすることがあれば「心を鍛えるための授業料」と思えばいい。

誰かに無理やり強制されるとおっくうですが、自分の意思で危険なことをするならやる気が出るでしょう。

無理のない範囲で危険なことをしてみると、はらはらどきどきしたイベントになるので、積極的に楽しめます。

心が弱って臆病にならないよう、ときどき心に適度なストレスを与えましょう。

リスクに飛び込んでいくのも、なかなか面白い経験になるはずです。

たまには危険なことを選ぶことでメンタルが鍛えられ、強い心を維持できるのです。

挑戦する力がつく言葉(2)
  • 無難なことばかり選ぶのではなく、たまには危険なことを選んでみる。
他人が断った仕事は、あなたが引き受けるチャンス。

もくじ
挑戦する力がつく30の言葉
無難なことばかり選んでいると、心が弱って臆病になる。たまには危険なことを選んでみよう。 | 挑戦する力がつく30の言葉

  1. あれこれ考えるな。<br>とにかく動け!
    あれこれ考えるな。
    とにかく動け!
  2. 無難なことばかり選んでいると、心が弱って臆病になる。<br>たまには危険なことを選んでみよう。
    無難なことばかり選んでいると、心が弱って臆病になる。
    たまには危険なことを選んでみよう。
  3. 他人が断った仕事は、あなたが引き受けるチャンス。
    他人が断った仕事は、あなたが引き受けるチャンス。
  4. 縁起の悪いことがあれば、わざとやってみよう。<br>意外と何でもないことに気づくだろう。
    縁起の悪いことがあれば、わざとやってみよう。
    意外と何でもないことに気づくだろう。
  5. チャレンジする前から「どうせ無理」と諦めていないか。
    チャレンジする前から「どうせ無理」と諦めていないか。
  6. お礼の言葉を強調する一工夫。
    お礼の言葉を強調する一工夫。
  7. いい思い込みをして、ポジティブな錯覚を引き起こそう。<br>「以前に経験したことがある」と思えば、恐怖が半減する。
    いい思い込みをして、ポジティブな錯覚を引き起こそう。
    「以前に経験したことがある」と思えば、恐怖が半減する。
  8. 機嫌がいいときは、新しいことを始めるベストタイミング。
    機嫌がいいときは、新しいことを始めるベストタイミング。
  9. 恥ずかしいなら、恥ずかしがる暇がなくなるくらい、スピードを出せばいい。
    恥ずかしいなら、恥ずかしがる暇がなくなるくらい、スピードを出せばいい。
  10. 「トラブル」と呼ぶから、苦しく感じる。<br>「イベント」と呼べば、楽しく感じる。
    「トラブル」と呼ぶから、苦しく感じる。
    「イベント」と呼べば、楽しく感じる。
  11. 必ずうまくいくことばかり挑戦していないか。<br>うまくいくとは限らないことに挑戦するのがかっこいい。
    必ずうまくいくことばかり挑戦していないか。
    うまくいくとは限らないことに挑戦するのがかっこいい。
  12. あなたは「勇気がない」と思い込んでいる。<br>小さな勇気しか出ないなら、小さな勇気でできることをすればいい。
    あなたは「勇気がない」と思い込んでいる。
    小さな勇気しか出ないなら、小さな勇気でできることをすればいい。
  13. 今からでも遅くない。<br>諦めていたことに、もう一度挑戦してみよう。
    今からでも遅くない。
    諦めていたことに、もう一度挑戦してみよう。
  14. 「あと○○しかない」を「まだ○○もある」と言い換えるだけで、可能性が見えてくる。
    「あと○○しかない」を「まだ○○もある」と言い換えるだけで、可能性が見えてくる。
  15. 野球のストライクゾーンは、すでに決まっている。<br>あなたのストライクゾーンは、自由に決めていい。
    野球のストライクゾーンは、すでに決まっている。
    あなたのストライクゾーンは、自由に決めていい。
  16. あなたの心は、もっと軽くなる。<br>心が軽くなるだけで、新しい自分に生まれ変われる。
    あなたの心は、もっと軽くなる。
    心が軽くなるだけで、新しい自分に生まれ変われる。
  17. 自分のことを「大物」という人に、大物はいない。
    自分のことを「大物」という人に、大物はいない。
  18. 小さな夢だから、叶わない。<br>大きな夢のほうが、叶う。
    小さな夢だから、叶わない。
    大きな夢のほうが、叶う。
  19. 強い人は、そこそこの成功しかできない。<br>弱い人こそ、大きな成功を成し遂げる。
    強い人は、そこそこの成功しかできない。
    弱い人こそ、大きな成功を成し遂げる。
  20. 「挑戦」は「冒険」と言い換えよう。<br>恐怖が半減して、わくわく感が倍増する。
    「挑戦」は「冒険」と言い換えよう。
    恐怖が半減して、わくわく感が倍増する。
  21. 元気を出しすぎてはいけない。
    元気を出しすぎてはいけない。
  22. 背伸びには2種類ある。<br>「無理な背伸び」と「安全な背伸び」
    背伸びには2種類ある。
    「無理な背伸び」と「安全な背伸び」
  23. たっぷり趣味を楽しんでぐったり疲れた日を「充実した1日」と呼ぶ。
    たっぷり趣味を楽しんでぐったり疲れた日を「充実した1日」と呼ぶ。
  24. 「くだらない」という口癖があると、何でも嫌になる。<br>「面白い」という口癖があると、何でも楽しくなる。
    「くだらない」という口癖があると、何でも嫌になる。
    「面白い」という口癖があると、何でも楽しくなる。
  25. 「うまくいった試しがない」と言われたら、こう切り返そう。<br>「じゃあ、次はうまくいかせます」
    「うまくいった試しがない」と言われたら、こう切り返そう。
    「じゃあ、次はうまくいかせます」
  26. お金より夢を追いかけよう。<br>流行より自分らしさを追いかけよう。
    お金より夢を追いかけよう。
    流行より自分らしさを追いかけよう。
  27. 精神的な時間を作って、心の健康を保とう。<br>精神的な時間を大切にすると、仕事も質も向上する。
    精神的な時間を作って、心の健康を保とう。
    精神的な時間を大切にすると、仕事も質も向上する。
  28. 意地を張って名作を見ないのは、機会損失になっている。
    意地を張って名作を見ないのは、機会損失になっている。
  29. 大人になってから遊ぶときは、制限を設けておくほうがいい。
    大人になってから遊ぶときは、制限を設けておくほうがいい。
  30. あなたは今、明日の自分を作っている。
    あなたは今、明日の自分を作っている。

同じカテゴリーの作品