気力

挑戦する力がつく
30の言葉

0
22

背伸びには2種類ある。
「無理な背伸び」と
「安全な背伸び」

背伸びには2種類ある。「無理な背伸び」と「安全な背伸び」 | 挑戦する力がつく30の言葉

成長のためには、時に実力以上のことに挑戦することが必要です。

つまり「背伸び」です。

簡単なことばかり繰り返しては、レベルアップができません。

できることばかりを繰り返していては成長が停滞したままになります。

成長するどころか衰えていくことも少なくありません。

スムーズに成長するためには「背伸び」が必要です。

あえて実力以上のことに挑戦することで、自分に適度な負荷をかけます。

適度な負荷によって、自分の限界を超えていけ、少しずつ成長していけます。

しかし、一言で「背伸び」と言っても、大きく分けると2種類あります。

 

「安全な背伸び」と「無理な背伸び」です。

 

どちらも背伸びに変わりありませんが、実際は「別物」と考えておくほうがいいでしょう。

それぞれきちんと区別しておくことが大切です。

 

安全な背伸び

 

安全な背伸びとは、達成可能を前提とした背伸びのことをいいます。

たとえば、実力が100とすると、110や120あたりを目安に取り組もうとします。

そもそも達成可能を前提としているため、度が過ぎることはありません。

少し頑張ればできます。

無理がないため、挫折も少ない。

「少し頑張ればできる」ということに取り組むと、少し大変ではあるものの、自分の限界を超えていけます。

挫折することなく、着実にレベルアップしていけます。

 

無理な背伸び

 

無理な背伸びとは、自分の許容範囲を超えた背伸びのことをいいます。

たとえば、実力が100とすると、200や300の難題に挑戦しようとします。

積極的な姿勢は立派ですが、あまりに実情を大きく越えるのはよくありません。

これは、勇敢というより、無謀です。

大幅に限界を超えた背伸びは、自分から失敗に飛び込んでいくようなもの。

あまりに自分を大きく見せすぎると、こっけいです。

背伸びをしすぎると、自分の実力を大きく越えているため、ミスや失敗するのも当然です。

「無理をしすぎた。こんな挑戦をするべきではなかった」と後悔することになるでしょう。

アニメや漫画の世界では、限界を超えていくシーンを見かけますが、現実の世界ではそう単純にうまくいくものではありません。

無理な背伸びは、100パーセント挫折を招くことになるのです。

 

 

安全な背伸びはOKであっても無理な背伸びはNG

 

背伸びをするときは、しっかり許容範囲は見極めておきましょう。

それは「無理な背伸び」でしょうか。

それとも「安全な背伸び」でしょうか。

安全な背伸びであればOKですが、無理な背伸びはNGです。

背伸びをするのはいいですが、あくまで無理のない範囲が大切です。

無理のない背伸びだからこそ、無理のない成長ができるのです。

挑戦する力がつく言葉(22)
  • 背伸びをするときは、無理をせず、きちんと許容範囲を守る。
たっぷり趣味を楽しんでぐったり疲れた日を「充実した1日」と呼ぶ。

もくじ
挑戦する力がつく30の言葉
背伸びには2種類ある。「無理な背伸び」と「安全な背伸び」 | 挑戦する力がつく30の言葉

  1. あれこれ考えるな。<br>とにかく動け!
    あれこれ考えるな。
    とにかく動け!
  2. 無難なことばかり選んでいると、心が弱って臆病になる。<br>たまには危険なことを選んでみよう。
    無難なことばかり選んでいると、心が弱って臆病になる。
    たまには危険なことを選んでみよう。
  3. 他人が断った仕事は、あなたが引き受けるチャンス。
    他人が断った仕事は、あなたが引き受けるチャンス。
  4. 縁起の悪いことがあれば、わざとやってみよう。<br>意外と何でもないことに気づくだろう。
    縁起の悪いことがあれば、わざとやってみよう。
    意外と何でもないことに気づくだろう。
  5. チャレンジする前から「どうせ無理」と諦めていないか。
    チャレンジする前から「どうせ無理」と諦めていないか。
  6. お礼の言葉を強調する一工夫。
    お礼の言葉を強調する一工夫。
  7. いい思い込みをして、ポジティブな錯覚を引き起こそう。<br>「以前に経験したことがある」と思えば、恐怖が半減する。
    いい思い込みをして、ポジティブな錯覚を引き起こそう。
    「以前に経験したことがある」と思えば、恐怖が半減する。
  8. 機嫌がいいときは、新しいことを始めるベストタイミング。
    機嫌がいいときは、新しいことを始めるベストタイミング。
  9. 恥ずかしいなら、恥ずかしがる暇がなくなるくらい、スピードを出せばいい。
    恥ずかしいなら、恥ずかしがる暇がなくなるくらい、スピードを出せばいい。
  10. 「トラブル」と呼ぶから、苦しく感じる。<br>「イベント」と呼べば、楽しく感じる。
    「トラブル」と呼ぶから、苦しく感じる。
    「イベント」と呼べば、楽しく感じる。
  11. 必ずうまくいくことばかり挑戦していないか。<br>うまくいくとは限らないことに挑戦するのがかっこいい。
    必ずうまくいくことばかり挑戦していないか。
    うまくいくとは限らないことに挑戦するのがかっこいい。
  12. あなたは「勇気がない」と思い込んでいる。<br>小さな勇気しか出ないなら、小さな勇気でできることをすればいい。
    あなたは「勇気がない」と思い込んでいる。
    小さな勇気しか出ないなら、小さな勇気でできることをすればいい。
  13. 今からでも遅くない。<br>諦めていたことに、もう一度挑戦してみよう。
    今からでも遅くない。
    諦めていたことに、もう一度挑戦してみよう。
  14. 「あと○○しかない」を「まだ○○もある」と言い換えるだけで、可能性が見えてくる。
    「あと○○しかない」を「まだ○○もある」と言い換えるだけで、可能性が見えてくる。
  15. 野球のストライクゾーンは、すでに決まっている。<br>あなたのストライクゾーンは、自由に決めていい。
    野球のストライクゾーンは、すでに決まっている。
    あなたのストライクゾーンは、自由に決めていい。
  16. あなたの心は、もっと軽くなる。<br>心が軽くなるだけで、新しい自分に生まれ変われる。
    あなたの心は、もっと軽くなる。
    心が軽くなるだけで、新しい自分に生まれ変われる。
  17. 自分のことを「大物」という人に、大物はいない。
    自分のことを「大物」という人に、大物はいない。
  18. 小さな夢だから、叶わない。<br>大きな夢のほうが、叶う。
    小さな夢だから、叶わない。
    大きな夢のほうが、叶う。
  19. 強い人は、そこそこの成功しかできない。<br>弱い人こそ、大きな成功を成し遂げる。
    強い人は、そこそこの成功しかできない。
    弱い人こそ、大きな成功を成し遂げる。
  20. 「挑戦」は「冒険」と言い換えよう。<br>恐怖が半減して、わくわく感が倍増する。
    「挑戦」は「冒険」と言い換えよう。
    恐怖が半減して、わくわく感が倍増する。
  21. 元気を出しすぎてはいけない。
    元気を出しすぎてはいけない。
  22. 背伸びには2種類ある。<br>「無理な背伸び」と「安全な背伸び」
    背伸びには2種類ある。
    「無理な背伸び」と「安全な背伸び」
  23. たっぷり趣味を楽しんでぐったり疲れた日を「充実した1日」と呼ぶ。
    たっぷり趣味を楽しんでぐったり疲れた日を「充実した1日」と呼ぶ。
  24. 「くだらない」という口癖があると、何でも嫌になる。<br>「面白い」という口癖があると、何でも楽しくなる。
    「くだらない」という口癖があると、何でも嫌になる。
    「面白い」という口癖があると、何でも楽しくなる。
  25. 「うまくいった試しがない」と言われたら、こう切り返そう。<br>「じゃあ、次はうまくいかせます」
    「うまくいった試しがない」と言われたら、こう切り返そう。
    「じゃあ、次はうまくいかせます」
  26. お金より夢を追いかけよう。<br>流行より自分らしさを追いかけよう。
    お金より夢を追いかけよう。
    流行より自分らしさを追いかけよう。
  27. 精神的な時間を作って、心の健康を保とう。<br>精神的な時間を大切にすると、仕事も質も向上する。
    精神的な時間を作って、心の健康を保とう。
    精神的な時間を大切にすると、仕事も質も向上する。
  28. 意地を張って名作を見ないのは、機会損失になっている。
    意地を張って名作を見ないのは、機会損失になっている。
  29. 大人になってから遊ぶときは、制限を設けておくほうがいい。
    大人になってから遊ぶときは、制限を設けておくほうがいい。
  30. あなたは今、明日の自分を作っている。
    あなたは今、明日の自分を作っている。

同じカテゴリーの作品