自分磨き

真面目な人になる
30の方法

読んだ お気に入り2
28

人のミスを笑う人は、
自分がミスをしたとき、
笑われる。
人の失敗をばかにする人は、
自分が失敗をしたとき、
ばかにされる。

人のミスを笑う人は、自分がミスをしたとき、笑われる。人の失敗をばかにする人は、自分が失敗をしたとき、ばかにされる。 | 真面目な人になる30の方法

人がミスをしたとき、どう反応するか。

人のミスは笑ってしまうこともあるでしょう。

単純なミスなら「そんなこともできないの?」と思って、笑ってしまいます。

人が失敗をしたとき、どう反応するか。

人の失敗をばかにする人もいるでしょう。

失敗の仕方が滑稽なら「かっこ悪い」と、ばかにしたくなるかもしれません。

 

しかし、人のミスや失敗を、笑ったりばかにしたりするのはスマートではありません。

人間は、ミスや失敗を犯す生き物。

世の中に、完璧な人間は一人もいません。

不完全なのが普通です。

誤解や勘違いでミスをすることもあれば、仕方ない事情で失敗することもあるでしょう。

ミスや失敗をした相手の気持ちを考えてみてください。

笑われた相手は、むっとするでしょう。

ばかにされた相手は、不快になるでしょう。

すると、どうなるか。

人のミスを笑う人は、自分がミスをしたとき、笑われるでしょう。

人の失敗をばかにする人は、自分が失敗をしたとき、ばかにされるでしょう。

人にした行為が、自分に跳ね返ってくるのです。

人のミスや失敗は、笑ったりばかにしたりしないことです。

ミスを笑いそうになっても、表に出さないこと。

失敗をばかにしたくても、控えるのがマナーです。

「自分も人のことを言えない」

「自分の代わりにミスをしてくれた」

「自分に人の失敗を笑う資格はない」

真面目に受け止めるのがいいでしょう。

また「自分も気をつけよう」と、自分の注意喚起を促すことも大切です。

人のミスや失敗を自分のことのように受け止めれば、成長の糧として生かせます。

人のミスや失敗を教訓として生かせば、笑ったりばかにしたりしようとは思わないはずです。

人のミスや失敗を吸収して、生かすことで、どんどん成長していけます。

また、相手の気持ちに寄り添うことも大切です。

「大丈夫だよ」「落ち込まないでね」「また次はうまくいくよ」と励ます。

「つらい気持ちだよね」「自分も同じ経験があるよ」と同情や共感の声をかける。

相手の気持ちに寄り添った言葉をかければ、相手は優しい気持ちに包まれます。

心の傷が癒され、落ち込みから早く立ち直れるのです。

まとめ

真面目な人になる方法 その28
  • 人のミスを笑わない。
  • 人の失敗をばかにしない。
何でも真面目にしていいわけではない。
人として正しい行為だからこそ、真面目が生きてくる。

もくじ
真面目な人になる30の方法
人のミスを笑う人は、自分がミスをしたとき、笑われる。人の失敗をばかにする人は、自分が失敗をしたとき、ばかにされる。 | 真面目な人になる30の方法

  1. 真面目は、ビジネスでもプライベートでも大切な要素。
  2. 真面目になるために必要なのは、性格の改善ではなく、習慣の改善。
  3. 真面目で得をする7つのポイント。
  4. 真面目で損をする7つのポイント。
  5. 真面目な性格は、損をするのか。
  6. 真面目は「きちんとしたい」という気持ちから始まる。
  7. 喜んでくれる人をイメージすると、真面目な気持ちが湧いてくる。
  8. 「真剣」と「一生懸命」は、真面目な人の基本。
  9. 真面目な人は、責任感が強い。
    責任感があるからこそ、よりよい仕事ができる。
  10. いきなり100パーセントの真面目でなくていい。
    まず1パーセントの真面目から始めよう。
  11. 約束を守ることは、真面目な人になる基本。
  12. 真面目な人は、最善を尽くす習慣がある。
  13. 計画と準備にたっぷり時間をかけたほうが、仕事はうまくいく。
  14. 安易な決断はしない。
    よく考えてから、決断する。
  15. すぐ人を頼らない。
    まず自分なりに努力してみる。
  16. 真面目な人ほど、余計な言い訳をせず、素直に謝る。
  17. 真面目な人は、自分に不利なことでも、正直に報告する。
  18. 無理をすることが真面目ではない。
    無理をしないことが真面目。
  19. 記憶力の過信はトラブルの元。
    きちんとメモを取る習慣を心がけよう。
  20. マナーやルールはきちんと守る。
    特に法律は絶対守ろう。
  21. 真面目な人は、感謝の習慣を大切にしている。
  22. 真面目な人になるには、身だしなみへの気遣いが欠かせない。
  23. きちんと遊ばないと、真面目になれない。
    遊びも、真面目になるために必要な要素。
  24. 横柄な態度は控える。
    謙虚な態度を心がける。
  25. 誘惑を断ち切る人が、目標を達成できる人。
  26. いつも冗談ばかり言っていると、大切な話のとき、信用されない。
  27. 断れない人が真面目というわけではない。
    きちんと断れる人のほうが、本当は真面目。
  28. 人のミスを笑う人は、自分がミスをしたとき、笑われる。
    人の失敗をばかにする人は、自分が失敗をしたとき、ばかにされる。
  29. 何でも真面目にしていいわけではない。
    人として正しい行為だからこそ、真面目が生きてくる。
  30. 真面目を心がけても、家族や健康まで犠牲にしない。

同じカテゴリーの作品