自分磨き

真面目な人になる
30の方法

お気に入り1 読んだ
3

真面目で得をする7つのポイント。

真面目で得をする7つのポイント。 | 真面目な人になる30の方法

真面目は、長所か短所か。

そう聞かれれば、明らかに長所です。

短期的に見れば、損になるような短所もいくつかありますが、総合的には確実に長所です。

真面目は、素晴らしい強みです。

勉強でも仕事でも人間関係でも、真面目であることはプラスの効果を発揮します。

真面目だからこそ得することが数多くあります。

真面目で得をするポイントは、次の7つです。

(真面目で得するポイント1)
成長や上達が早い

真面目な人は「真剣」「一生懸命」という特徴があります。

こつこつした地道な努力も得意です。

知識も技術もどんどん身につけていきます。

休憩をすることはあっても、サボることはありません。

怠け心を振り払い、誘惑を断ち切り、目標に向かってまっすぐ突き進みます。

ここ一番では集中力も発揮します。

そのため勉強でも仕事でも、成長や上達が早くなります。

(真面目で得するポイント2)
責任感が強く、信用されやすい

真面目な人は、責任感があるため、嘘や言い訳をしません。

オブラートに包むことはあっても、隠したりごまかしたりすることはありません。

たとえ自分が不利になることでも、責任を第一に考え、正直に報告します。

そのため、上司や先輩から厚い信頼を得ることができます。

信頼されると、困ったことがあったとき、上司や先輩から快く協力が得られます。

(真面目で得するポイント3)
結果を出しやすく、昇進・昇級をしやすい

真面目な姿勢があると、仕事で結果を出しやすいため、実績が積み重なります。

たとえなかなか結果が出なくても、真面目な姿勢があると、成長を期待できるので評価を得やすくなります。

周りから熱心な仕事ぶりを認められ、昇進や昇給をしやすくなります。

(真面目で得するポイント4)
浮気をしにくい

真面目な人は、マナーやルールを大切にします。

また倫理観や道徳観念にも優れていて、善悪の区別がしっかりしています。

恋愛や交際では、裏切るような行為をしません。

自己管理・自己コントロールにも優れているため、理性や自制心を保つことが得意です。

たとえ甘い誘惑があっても、強い心で断ち切れます。

(真面目で得するポイント5)
目標を達成しやすい

真面目な人は「これだ」と決めたら、目標の達成に向けて地道な努力ができます。

なかなかうまくいかなくても、簡単には諦めません。

ほかに方法や解決策がないか試行錯誤を繰り返します。

どうしても1人で解決できそうになければ、見栄やプライドを捨て、人に助けを求めます。

結果として、目標を達成しやすくなります。

(真面目で得するポイント6)
ミスや失敗をしても、許してもらいやすい

普段から真面目な仕事ぶりがあると、ミスや失敗があっても、寛大に許してもらいやすくなります。

「たまにはミスすることもあるだろう」「次から注意してね」という程度です。

厳しく叱らなくても、真面目に反省しているのが分かるので、小さな注意で済まされます。

(真面目で得するポイント7)
大切な場面で迷わない

真面目な人の生き方は、いつもまっすぐです。

心は純粋で正直。

考え方は、いつもシンプル。

仕事は、常に真剣で一生懸命。

選択や判断は、マナーやルールを尊重。

迷ったときは、良心に従って決断します。

「当たり前を当たり前にする」という基本が分かっているため、大切な場面でも迷いません。

まとめ

真面目な人になる方法 その3
  • 真面目で得するポイントを理解する。
真面目で損をする7つのポイント。

もくじ
真面目な人になる30の方法
真面目で得をする7つのポイント。 | 真面目な人になる30の方法

  1. 真面目は、ビジネスでもプライベートでも大切な要素。
  2. 真面目になるために必要なのは、性格の改善ではなく、習慣の改善。
  3. 真面目で得をする7つのポイント。
  4. 真面目で損をする7つのポイント。
  5. 真面目な性格は、損をするのか。
  6. 真面目は「きちんとしたい」という気持ちから始まる。
  7. 喜んでくれる人をイメージすると、真面目な気持ちが湧いてくる。
  8. 「真剣」と「一生懸命」は、真面目な人の基本。
  9. 真面目な人は、責任感が強い。
    責任感があるからこそ、よりよい仕事ができる。
  10. いきなり100パーセントの真面目でなくていい。
    まず1パーセントの真面目から始めよう。
  11. 約束を守ることは、真面目な人になる基本。
  12. 真面目な人は、最善を尽くす習慣がある。
  13. 計画と準備にたっぷり時間をかけたほうが、仕事はうまくいく。
  14. 安易な決断はしない。
    よく考えてから、決断する。
  15. すぐ人を頼らない。
    まず自分なりに努力してみる。
  16. 真面目な人ほど、余計な言い訳をせず、素直に謝る。
  17. 真面目な人は、自分に不利なことでも、正直に報告する。
  18. 無理をすることが真面目ではない。
    無理をしないことが真面目。
  19. 記憶力の過信はトラブルの元。
    きちんとメモを取る習慣を心がけよう。
  20. マナーやルールはきちんと守る。
    特に法律は絶対守ろう。
  21. 真面目な人は、感謝の習慣を大切にしている。
  22. 真面目な人になるには、身だしなみへの気遣いが欠かせない。
  23. きちんと遊ばないと、真面目になれない。
    遊びも、真面目になるために必要な要素。
  24. 横柄な態度は控える。
    謙虚な態度を心がける。
  25. 誘惑を断ち切る人が、目標を達成できる人。
  26. いつも冗談ばかり言っていると、大切な話のとき、信用されない。
  27. 断れない人が真面目というわけではない。
    きちんと断れる人のほうが、本当は真面目。
  28. 人のミスを笑う人は、自分がミスをしたとき、笑われる。
    人の失敗をばかにする人は、自分が失敗をしたとき、ばかにされる。
  29. 何でも真面目にしていいわけではない。
    人として正しい行為だからこそ、真面目が生きてくる。
  30. 真面目を心がけても、家族や健康まで犠牲にしない。

同じカテゴリーの作品