自分磨き

真面目な人になる
30の方法

お気に入り2 読んだ
30

真面目を心がけても、
家族や健康まで犠牲にしない。

真面目を心がけても、家族や健康まで犠牲にしない。 | 真面目な人になる30の方法

真面目になろうとする際、犠牲にしやすいことが2つあります。

 

「家族」と「健康」です。

 

真面目を心がけるとき、仕事を第一に考え、家族や健康を後回しにする人が少なくありません。

家族とのコミュニケーションを省いて、仕事を優先させる。

健康を顧みず、毎晩遅くまで残業をして、仕事一色の生活を送る。

 

たしかに家族や健康を犠牲にすれば、より真面目な態度で仕事に打ち込めるでしょう。

家族と過ごす時間を仕事に回せば、かなり仕事の余力が増えるでしょう。

健康のことを忘れて、自分の私生活のすべてを仕事に注ぎ込めば、仕事でも成果を出しやすくなるはずです。

やる気も責任感も強く、一生懸命に仕事をする姿は、客観的に見て「真面目な人」と呼ばれるに違いありません。

 

しかし、いくら真面目とはいえ、家族や友達まで犠牲にするのは、やりすぎです。

「真面目」ではなく「真面目すぎる」という状態です。

家族とのコミュニケーションを省いてまで仕事をすると、家族関係が希薄になるでしょう。

仕事は安定しても、家族関係が不安定になる。

家族の支えがなくなってしまっては、真面目に仕事をしたくても難しくなります。

毎日残業ばかりしていると、いつか体を壊してしまうでしょう。

体と健康は資本です。

そして、唯一無二の財産です。

一度健康を崩してしまうと、真面目に仕事をしたくてもできなくなります。

体調の崩し方によっては、回復に長い期間を要することもあります。

人生が土台から崩れてしまうと「積み上げること」ができなくなります。

家族も健康も、人生の土台です。

人生の土台を犠牲にしてまで真面目を徹底するのは、本末転倒。

ブレーキのない車は交通事故を起こすように、ブレーキのない生き方も大きなトラブルを招きます。

いくら真面目な姿勢とはいえ、アクセルを踏むばかりでは、いずれ大きな破滅と後悔をもたらすでしょう。

時にはブレーキを踏むことも大切です。

折を見て、次の言葉を自分に問いかけてください。

「家族や健康を犠牲にしてまで、真面目になっていないだろうか」と。

心当たりがあれば、少しブレーキを踏むのが得策です。

止まる必要まではありませんが、少し速度を落としてみます。

人生の優先順位を間違えてはいけません。

最初に家族や健康があって、その後に仕事が続きます。

休憩なり有給休暇なり、人生の土台を大事にしてください。

欠けているなら、今すぐ補強してください。

真面目になっても、真面目になりすぎないこと。

真面目を心がけても、家族や健康まで犠牲にしないこと。

緊急や繁忙期など仕方ない状況があるなら、できるだけ悪影響を最小限に抑える努力をしたい。

特別な事情がある場合を除き、常に家族や健康は第一に考えるのが得策です。

まとめ

真面目な人になる方法 その30
  • 真面目を心がけても、家族や健康まで犠牲にしない。
まとめ

もくじ
真面目な人になる30の方法
真面目を心がけても、家族や健康まで犠牲にしない。 | 真面目な人になる30の方法

  1. 真面目は、ビジネスでもプライベートでも大切な要素。
  2. 真面目になるために必要なのは、性格の改善ではなく、習慣の改善。
  3. 真面目で得をする7つのポイント。
  4. 真面目で損をする7つのポイント。
  5. 真面目な性格は、損をするのか。
  6. 真面目は「きちんとしたい」という気持ちから始まる。
  7. 喜んでくれる人をイメージすると、真面目な気持ちが湧いてくる。
  8. 「真剣」と「一生懸命」は、真面目な人の基本。
  9. 真面目な人は、責任感が強い。
    責任感があるからこそ、よりよい仕事ができる。
  10. いきなり100パーセントの真面目でなくていい。
    まず1パーセントの真面目から始めよう。
  11. 約束を守ることは、真面目な人になる基本。
  12. 真面目な人は、最善を尽くす習慣がある。
  13. 計画と準備にたっぷり時間をかけたほうが、仕事はうまくいく。
  14. 安易な決断はしない。
    よく考えてから、決断する。
  15. すぐ人を頼らない。
    まず自分なりに努力してみる。
  16. 真面目な人ほど、余計な言い訳をせず、素直に謝る。
  17. 真面目な人は、自分に不利なことでも、正直に報告する。
  18. 無理をすることが真面目ではない。
    無理をしないことが真面目。
  19. 記憶力の過信はトラブルの元。
    きちんとメモを取る習慣を心がけよう。
  20. マナーやルールはきちんと守る。
    特に法律は絶対守ろう。
  21. 真面目な人は、感謝の習慣を大切にしている。
  22. 真面目な人になるには、身だしなみへの気遣いが欠かせない。
  23. きちんと遊ばないと、真面目になれない。
    遊びも、真面目になるために必要な要素。
  24. 横柄な態度は控える。
    謙虚な態度を心がける。
  25. 誘惑を断ち切る人が、目標を達成できる人。
  26. いつも冗談ばかり言っていると、大切な話のとき、信用されない。
  27. 断れない人が真面目というわけではない。
    きちんと断れる人のほうが、本当は真面目。
  28. 人のミスを笑う人は、自分がミスをしたとき、笑われる。
    人の失敗をばかにする人は、自分が失敗をしたとき、ばかにされる。
  29. 何でも真面目にしていいわけではない。
    人として正しい行為だからこそ、真面目が生きてくる。
  30. 真面目を心がけても、家族や健康まで犠牲にしない。

同じカテゴリーの作品