読み上げ動画・音声
年の差恋愛
つまらない冗談にものっていくほうが、恋愛はうまくいく。
出会い
冗談でも口にすると、現実になる。
就職活動
面接官の険しい表情に、つられない。
会話
話し上手は、雰囲気を壊さない。
つまらない冗談にも、笑ってあげよう。

真面目になる
30方法

お気に入り0 読んだ
その25

いつも冗談ばかりっていると、
大切のとき、
信用されない

いつも冗談ばかり言っていると、大切な話のとき、信用されない。 | 真面目な人になる30の方法

面目になるなら、冗談に注意が必要です。

もちろん冗談が悪いわけではありません。

禁止というわけでもありません。

時には冗談も有効です。

たとえば、笑いを取りたいときです。

プレゼンの冒頭で雰囲気を柔らかくしたいとき、ちょっとした冗談が役立ちます。

面白おかしい冗談で、場を和ませることができれば、企画も通りやすくなるでしょう。

また、人間関係の潤滑油としても有効です。

たまには面白い冗談を言ったほうが、明るい印象が出るでしょう。

くすっと笑ってしまうような冗談なら、打ち解けるのも早くなります。

冗談も、役立つ場面があるのは間違いありません。

しかし、いつも冗談ばかり言っているのはよくありません。

話をするたびに、冗談を言う。

時には下品な冗談をかまわず言う。

TPOをわきまえず、自分勝手に冗談を言う。

いつも冗談ばかり言っていると、大切な話のとき、信用されません。

真面目に受け止めてもらえず、話を聞き流されてしまうでしょう。

冗談の頻度が多すぎると、相手に不快感を与えることもあります。

ふざけた印象が目立ってしまい、不真面目な印象にもつながります。

冗談の中でも、特に注意したいのは「悪い冗談」です。

悪口や下ネタなど、人を不快にさせる冗談は趣味がよくありません。

真面目になるなら、できるだけ冗談は避けるのが得策です。

冗談を言うなら、場面を選んだ上で、適度を心がけるのが得策です。

また、冗談ではなく、ユーモアならOKです。

ユーモアは、会話をスムーズにさせる潤滑油。

冗談に言いすぎはありますが、ユーモアに言いすぎはありません。

知性と教養を感じさせるしゃれなら、相手を温かい気持ちにさせるので、いくら言っても大丈夫です。

真面目な人になる方法 その25

  • 冗談は、
    必要がないかぎり、
    できるだけえる

次の記事

断れない人が真面目というわけではない。
きちんと断れる人のほうが、本当は真面目。

もくじ
(真面目な人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品