人生の教科書



読み上げ動画・音声
ビジネスマナー
ふけは、見えないからこそ気をつける。
同棲
同棲の挨拶で心がけたい身だしなみ。
仕事効率化
挨拶は、まず自分から。
就職活動
おしゃれと身だしなみを、同じと考えない。

真面目になる
30方法

お気に入り0 読んだ
22

真面目になるには、
だしなみへの気遣いがかせない

面目な人になるための要素の1つ。

それは、身だしなみへの気遣いです。

  • 裾が擦り切れたズボン
  • 穴の空いた服
  • 傷や汚れが目立つバッグ

心当たりがあれば要注意です。

不潔な身だしなみでは、なかなか真面目な印象を出すのは難しい。

「だらしない」「不真面目」「不快感」など、ネガティブな印象があります。

不潔な服装では、真面目な印象が出ないばかりか、相手に不快感を与える場合もあるため油断できません。

真面目な人になるには、身だしなみへの気遣いが欠かせない。

一番大切なのは、清潔感

まず心がけたいのは、清潔感です。

一にも二にも、清潔感。

やはり清潔感のある身だしなみのほうが、見た目も美しく、爽やかで好印象。

傷も汚れもなく、きれいな服装のほうが、真面目な印象も出やすくなります。

ビジネスでもプライベートでも、清潔感のある身だしなみを心がけるようにしましょう。

無理に流行を取り入れる必要はない

清潔感は「流行を取り入れる」という意味ではありません。

身だしなみに流行要素がなくても大丈夫です。

おしゃれな要素も必須ではなく、高級ブランド品を身につける必要もありません。

地味で平凡でも、清潔感のある身だしなみが整っていれば、十分好印象です。

清潔感はあっても、派手で安っぽい格好は控える

落とし穴として注意したいのは、派手で安っぽい格好です。

 

たとえば、派手な色や柄のTシャツ、品質の低いズボンなどです。

いくら清潔感があっても、派手や安っぽさが目立つと、真面目な印象が出にくくなります。

わざわざ高級な衣類を身につける必要はありませんが、少なくとも、ちゃらちゃらした格好は避けておくのがベターです。

真面目な印象を出すなら、できるだけ落ち着いた色や柄の衣類が好まれます。

新しく買い換えるのも選択肢

使い古した衣類は、新しく買い換えるのも選択肢の1つです。

同じ衣類を長く使い続けるのも味が深まっていいですが、不潔な印象が出るのはよくありません。

新しい服なら、清潔感だけでなく、新鮮な雰囲気も出ます。

服装は、自分の価値観が第一ですが、周りに与える印象も考慮したほうがいいでしょう。

少し出費は必要ですが「新しい自分になるための投資」と考えれば、無駄にはなりません。

古い衣類を捨てにくいなら「今までありがとう」と感謝すると、手放しやすくなります。

体のサイズに合った服装

見落としがちなのは、衣類のサイズです。

ぴちぴちの服・ぶかぶかのズボンを好む人もいるでしょう。

本人は気に入っているかもしれませんが、他人から見ると、体のサイズと合っていない身だしなみは少し違和感があります。

身につける服装は上下とも、サイズに合った服装を選ぶといいでしょう。

真面目な印象を出したいなら、きちんと体形に合った服装を心がけるのがベストです。

身だしなみへの気遣いがあってこそ、真面目な印象が出るのです。

必要なのは、本人の努力

  • 「自分には才能がない」

  • 「自分にはファッションセンスがない」

弱音を吐いていませんか。

諦める必要はありません。

清潔感に、才能もファッションセンスも必要ありません。

必要なのは、本人の努力です。

ファッション誌を買って参考にするだけですから、難しくありません。

ファッションセンスがなければ、洋服店の店員にコーディネートをお願いすればいいだけです。

おしゃれな友達がいれば、一緒に付き合ってもらい、アドバイスを受けるのもいいでしょう。

好印象の身だしなみは、努力をすれば報われるもの。

自分にはできないと諦めず、ぜひ挑戦してみてください。

身だしなみへの気遣いができると、自然と真面目な印象が出るようになります。

真面目な人になる方法 その22

  • だしなみに
きちんと遊ばないと、真面目になれない。
遊びも、真面目になるために必要な要素。

もくじ
(真面目な人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品