自分磨き

真面目な人になる
30の方法

読んだ お気に入り0
22

真面目な人になるには、
身だしなみへの気遣いが欠かせない。

真面目な人になるには、身だしなみへの気遣いが欠かせない。 | 真面目な人になる30の方法

真面目な人になるための要素の1つ。

それは、身だしなみへの気遣いです。

  • 裾が擦り切れたズボン
  • 穴の空いた服
  • 傷や汚れが目立つバッグ

心当たりがあれば要注意です。

不潔な身だしなみでは、なかなか真面目な印象を出すのは難しい。

「だらしない」「不真面目」「不快感」など、ネガティブな印象があります。

不潔な服装では、真面目な印象が出ないばかりか、相手に不快感を与える場合もあるため油断できません。

真面目な人になるには、身だしなみへの気遣いが欠かせない。

一番大切なのは、清潔感

まず心がけたいのは、清潔感です。

一にも二にも、清潔感。

やはり清潔感のある身だしなみのほうが、見た目も美しく、爽やかで好印象。

傷も汚れもなく、きれいな服装のほうが、真面目な印象も出やすくなります。

ビジネスでもプライベートでも、清潔感のある身だしなみを心がけるようにしましょう。

無理に流行を取り入れる必要はない

清潔感は「流行を取り入れる」という意味ではありません。

身だしなみに流行要素がなくても大丈夫です。

おしゃれな要素も必須ではなく、高級ブランド品を身につける必要もありません。

地味で平凡でも、清潔感のある身だしなみが整っていれば、十分好印象です。

清潔感はあっても、派手で安っぽい格好は控える

落とし穴として注意したいのは、派手で安っぽい格好です。

 

たとえば、派手な色や柄のTシャツ、品質の低いズボンなどです。

いくら清潔感があっても、派手や安っぽさが目立つと、真面目な印象が出にくくなります。

わざわざ高級な衣類を身につける必要はありませんが、少なくとも、ちゃらちゃらした格好は避けておくのがベターです。

真面目な印象を出すなら、できるだけ落ち着いた色や柄の衣類が好まれます。

新しく買い換えるのも選択肢

使い古した衣類は、新しく買い換えるのも選択肢の1つです。

同じ衣類を長く使い続けるのも味が深まっていいですが、不潔な印象が出るのはよくありません。

新しい服なら、清潔感だけでなく、新鮮な雰囲気も出ます。

服装は、自分の価値観が第一ですが、周りに与える印象も考慮したほうがいいでしょう。

少し出費は必要ですが「新しい自分になるための投資」と考えれば、無駄にはなりません。

古い衣類を捨てにくいなら「今までありがとう」と感謝すると、手放しやすくなります。

体のサイズに合った服装

見落としがちなのは、衣類のサイズです。

ぴちぴちの服・ぶかぶかのズボンを好む人もいるでしょう。

本人は気に入っているかもしれませんが、他人から見ると、体のサイズと合っていない身だしなみは少し違和感があります。

身につける服装は上下とも、サイズに合った服装を選ぶといいでしょう。

真面目な印象を出したいなら、きちんと体型に合った服装を心がけるのがベストです。

身だしなみへの気遣いがあってこそ、真面目な印象が出るのです。

必要なのは、本人の努力

「自分には才能がない」

「自分にはファッションセンスがない」

弱音を吐いていませんか。

諦める必要はありません。

清潔感に、才能もファッションセンスも必要ありません。

必要なのは、本人の努力です。

ファッション誌を買って参考にするだけですから、難しくありません。

ファッションセンスがなければ、洋服店の店員にコーディネートをお願いすればいいだけです。

おしゃれな友達がいれば、一緒に付き合ってもらい、アドバイスを受けるのもいいでしょう。

好印象の身だしなみは、努力をすれば報われるもの。

自分にはできないと諦めず、ぜひ挑戦してみてください。

身だしなみへの気遣いができると、自然と真面目な印象が出るようになります。

まとめ

真面目な人になる方法 その22
  • 身だしなみに気を遣う。
きちんと遊ばないと、真面目になれない。
遊びも、真面目になるために必要な要素。

もくじ
真面目な人になる30の方法
真面目な人になるには、身だしなみへの気遣いが欠かせない。 | 真面目な人になる30の方法

  1. 真面目は、ビジネスでもプライベートでも大切な要素。
  2. 真面目になるために必要なのは、性格の改善ではなく、習慣の改善。
  3. 真面目で得をする7つのポイント。
  4. 真面目で損をする7つのポイント。
  5. 真面目な性格は、損をするのか。
  6. 真面目は「きちんとしたい」という気持ちから始まる。
  7. 喜んでくれる人をイメージすると、真面目な気持ちが湧いてくる。
  8. 「真剣」と「一生懸命」は、真面目な人の基本。
  9. 真面目な人は、責任感が強い。
    責任感があるからこそ、よりよい仕事ができる。
  10. いきなり100パーセントの真面目でなくていい。
    まず1パーセントの真面目から始めよう。
  11. 約束を守ることは、真面目な人になる基本。
  12. 真面目な人は、最善を尽くす習慣がある。
  13. 計画と準備にたっぷり時間をかけたほうが、仕事はうまくいく。
  14. 安易な決断はしない。
    よく考えてから、決断する。
  15. すぐ人を頼らない。
    まず自分なりに努力してみる。
  16. 真面目な人ほど、余計な言い訳をせず、素直に謝る。
  17. 真面目な人は、自分に不利なことでも、正直に報告する。
  18. 無理をすることが真面目ではない。
    無理をしないことが真面目。
  19. 記憶力の過信はトラブルの元。
    きちんとメモを取る習慣を心がけよう。
  20. マナーやルールはきちんと守る。
    特に法律は絶対守ろう。
  21. 真面目な人は、感謝の習慣を大切にしている。
  22. 真面目な人になるには、身だしなみへの気遣いが欠かせない。
  23. きちんと遊ばないと、真面目になれない。
    遊びも、真面目になるために必要な要素。
  24. 横柄な態度は控える。
    謙虚な態度を心がける。
  25. 誘惑を断ち切る人が、目標を達成できる人。
  26. いつも冗談ばかり言っていると、大切な話のとき、信用されない。
  27. 断れない人が真面目というわけではない。
    きちんと断れる人のほうが、本当は真面目。
  28. 人のミスを笑う人は、自分がミスをしたとき、笑われる。
    人の失敗をばかにする人は、自分が失敗をしたとき、ばかにされる。
  29. 何でも真面目にしていいわけではない。
    人として正しい行為だからこそ、真面目が生きてくる。
  30. 真面目を心がけても、家族や健康まで犠牲にしない。

同じカテゴリーの作品