自分磨き

真面目な人になる
30の方法

お気に入り3 読んだ
21

真面目な人は、
感謝の習慣を大切にしている。

真面目な人は、感謝の習慣を大切にしている。 | 真面目な人になる30の方法

真面目な人になるためには、感謝の習慣が大切です。

「お礼を言うくらい当たり前」

「感謝なら普段からできている」

「親切があれば、きちんと『ありがとう』と言っている」

そう思っていても、油断は禁物です。

自分の態度を振り返ってみると、意外とできていない場合があります。

もちろん大きな親切なら、誰でも感謝するのは普通ですが、注意したいのはそこではありません。

注目したいのは、もっと程度の低い親切です。

 

たとえば、小さな親切です。

電車で席を譲ってもらったとき。

落としたハンカチを拾ってくれたとき。

頑張っている仕事を応援されたとき。

小さな親切なら「別にお礼を言うほどでもない」と思う人も多いのではないでしょうか。

小さな親切は重要性が低いため、軽く考えがちです。

また、定例で当たり前になっていることも、感謝を忘れがちです。

親が洗濯物を洗ってくれたとき。

親が部屋のごみを捨てておいてくれたとき。

友達との協力作業をするとき。

定例で普通になっていることは、喜びも感動もほとんどないため、感謝も忘れやすい。

「いつものことだから、いちいちお礼を言う必要はない」と考える人も多いかもしれません。

 

しかし、感謝を省く姿勢は、真面目とは言えません。

親切があったときに感謝を伝えるのは、人間関係の基本です。

「お礼がなくても大丈夫」と思うかもしれませんが、ないよりあったほうが丁寧です。

小さな親切まで丁寧にお礼を言うと、相手に喜ばれます。

また、相手は平気の様子であっても、実際は心の中でお礼がなかったことにがっかりしているかもしれません。

真面目になるためには、お礼の習慣が欠かせません。

小さなことから大きなことまで、人から親切があれば、きちんとお礼を言いましょう。

たとえ当たり前のことでも、お礼は欠かせません。

 

たとえば、自分がお客さんの立場のときです。

「お客の立場だからお礼は不要」と思うのは誤解です。

自分がお金を払ってサービスを受ける立場でも、感謝は大切です。

コンビニの店員から商品を受け取るときでも「ありがとうございます」と言えるはずです。

きちんとお礼を伝えれば、相手に喜んでもらえるでしょう。

また家族が毎日作ってくれる食事も、感謝を伝えたい。

「作ってくれて当たり前」と思っていても、手間暇をかけて作ってくれたのは事実。

「いつもありがとう」「おいしかった」という感謝の一言は、良好な家族関係にもつながります。

感謝を言い忘れてトラブルになることはあっても、感謝しすぎてトラブルになることはありません。

生活の隅々まで注意を向けると、感謝の機会はたくさんあることに気づくはずです。

「ありがとう」が口癖になるくらい、頻繁に感謝を伝えることが大切です。

もしお礼を言い忘れたことを思い出したら、遅れてでも伝えたい。

まだ相手の姿が見えるなら、走って追いかけてでも伝えたい。

感謝の習慣が徹底されていると、人間関係だけでなく、人生もうまくいきます。

まとめ

真面目な人になる方法 その21
  • 小さなことや当たり前のことでも、きちんとお礼を伝える。
真面目な人になるには、身だしなみへの気遣いが欠かせない。

もくじ
真面目な人になる30の方法
真面目な人は、感謝の習慣を大切にしている。 | 真面目な人になる30の方法

  1. 真面目は、ビジネスでもプライベートでも大切な要素。
  2. 真面目になるために必要なのは、性格の改善ではなく、習慣の改善。
  3. 真面目で得をする7つのポイント。
  4. 真面目で損をする7つのポイント。
  5. 真面目な性格は、損をするのか。
  6. 真面目は「きちんとしたい」という気持ちから始まる。
  7. 喜んでくれる人をイメージすると、真面目な気持ちが湧いてくる。
  8. 「真剣」と「一生懸命」は、真面目な人の基本。
  9. 真面目な人は、責任感が強い。
    責任感があるからこそ、よりよい仕事ができる。
  10. いきなり100パーセントの真面目でなくていい。
    まず1パーセントの真面目から始めよう。
  11. 約束を守ることは、真面目な人になる基本。
  12. 真面目な人は、最善を尽くす習慣がある。
  13. 計画と準備にたっぷり時間をかけたほうが、仕事はうまくいく。
  14. 安易な決断はしない。
    よく考えてから、決断する。
  15. すぐ人を頼らない。
    まず自分なりに努力してみる。
  16. 真面目な人ほど、余計な言い訳をせず、素直に謝る。
  17. 真面目な人は、自分に不利なことでも、正直に報告する。
  18. 無理をすることが真面目ではない。
    無理をしないことが真面目。
  19. 記憶力の過信はトラブルの元。
    きちんとメモを取る習慣を心がけよう。
  20. マナーやルールはきちんと守る。
    特に法律は絶対守ろう。
  21. 真面目な人は、感謝の習慣を大切にしている。
  22. 真面目な人になるには、身だしなみへの気遣いが欠かせない。
  23. きちんと遊ばないと、真面目になれない。
    遊びも、真面目になるために必要な要素。
  24. 横柄な態度は控える。
    謙虚な態度を心がける。
  25. 誘惑を断ち切る人が、目標を達成できる人。
  26. いつも冗談ばかり言っていると、大切な話のとき、信用されない。
  27. 断れない人が真面目というわけではない。
    きちんと断れる人のほうが、本当は真面目。
  28. 人のミスを笑う人は、自分がミスをしたとき、笑われる。
    人の失敗をばかにする人は、自分が失敗をしたとき、ばかにされる。
  29. 何でも真面目にしていいわけではない。
    人として正しい行為だからこそ、真面目が生きてくる。
  30. 真面目を心がけても、家族や健康まで犠牲にしない。

同じカテゴリーの作品