人生の教科書



プラス思考
「褒める」
自分磨き
面白い人は、性格が明るく、ポジティブ思考。
自分磨き

真面目な人になる
30の方法

お気に入り3 読んだ
2

真面目になるために必要なのは、
性格の改善ではなく、
習慣の改善。

真面目になるために必要なのは、性格の改善ではなく、習慣の改善。 | 真面目な人になる30の方法

真面目な人になるためには、どうすればいいか。

まず思い浮かぶのは「性格の改善」ではないでしょうか。

「あの人は真面目な性格だね」

「真面目な性格で優秀だね」

「真面目な性格は就職活動で有利」

真面目は「性格」という言葉も一緒に使われることが多い。

そのため、真面目な人になるためには、性格の改善が必要であるように思えます。

ここに誤解があります。

 

たしかに真面目は、性格に関わる要素です。

実際のところ、真面目に関係する遺伝や先天的な要因も存在します。

 

たとえば、几帳面な性格です。

現在、几帳面に関する遺伝子の存在が確認されています。

もともと几帳面な性格は、細かい点まで配慮が行き届きやすいため、真面目になりやすい素質があります。

また、神経質に関する遺伝子も確認されています。

生まれつき神経質なら、小さな変化まで気づきやすいため、真面目になりやすい傾向があります。

遺伝に加え、育った環境の影響があれば、ますます真面目になるでしょう。

もちろん性格を改善できればベストですが、実際はなかなか難しい。

幼少から続いている性質を変えるのは容易ではありません。

性格を変えることは不可能ではありませんが、時間がかかるのが難点です。

先天的な要素も関係しているなら、ますます改善しにくいように思えますが、心配は無用です。

真面目になるために必要なのは、性格の改善ではありません。

習慣の改善です。

考え方や行動パターンを変えるだけでいいのです。

生活の中で繰り返し行う行動パターンを少し変えるだけです。

性格を変えなくても、習慣を変えるだけなら難しくないでしょう。

習慣を変えるだけなら、時間も才能も必要ありません。

ほんの少しの心がけで実現できます。

 

たとえば、メモを取る習慣です。

今までメモを取る習慣がないなら、これからメモを取る習慣を心がけましょう。

会話の中で覚えるべき重要な話が出たら、すぐメモ帳を取り出し、メモを取ります。

紙のメモ帳でも、携帯電話のアプリのメモ帳でもかまいません。

メモを取る習慣を心がけるだけで、ど忘れを防げるだけでなく、きちんと記録に残せるため、真面目な人になれます。

また、最善を尽くす習慣も大切です。

今まで手抜きや中途半端で仕事を終わらせていたなら、これからは最善を尽くす習慣を心がけます。

できるかぎりの方法で、自分のすべてを発揮できるようにします。

最善を尽くす習慣があると、上司やお客様に満足してもらえる結果を発揮しやすくなります。

たとえ結果が出なくても、自分なりに納得できるので、後悔を減らせます。

性格を変えるのではありません。

習慣を変えるのです。

習慣を改善することで、結果として、真面目になることが可能です。

習慣を変えると、自分の価値観に変化が現れ、だんだん性格も変わっていきます。

日々の考え方や行動パターンを変えることで、自分の性質にも変化が現れてきます。

つまり、習慣を変えていくことで、だんだん性格も変わってくるのです。

真面目な性格でなくても大丈夫。

不真面目であっても希望があります。

改善すべきは、性格ではなく、習慣なのです。

まとめ

真面目な人になる方法 その2
  • 性格ではなく、習慣を改善する。
次のページ >>
真面目で得をする7つのポイント。

もくじ
(真面目な人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品