人生の教科書



自分磨き

真面目な人になる
30の方法

お気に入り0 読んだ
27

断れない人が真面目というわけではない。
きちんと断れる人のほうが、
本当は真面目。

断れない人が真面目というわけではない。きちんと断れる人のほうが、本当は真面目。 | 真面目な人になる30の方法

  • 「真面目な人は、断ることができない」

世間では、そうした認識があります。

 

たしかにできるだけ断らず、何でも仕事を引き受けたほうが、真面目な印象も出やすくなるでしょう。

何でも受け入れられる人のほうが、器が大きな印象もあります。

真面目な人は、真面目であるゆえに、何でも引き受ける印象を持つ人も多いのではないでしょうか。

ここに誤解があります。

断れない人が真面目というわけではありません。

断れないのは、気が小さいか、優しすぎるかのどちらかです。

  • 「嫌われたくない」

  • 「恥ずかしくて断れない」

  • 「断ると、相手に申し訳ない」

  • 「とにかく相手の役に立ちたい」

自意識過剰だったり、自分より相手を大事にしてしまったりすると「NO」という勇気がありません。

余計な不安や心配を考えていて、なかなか断ることができません。

何でも引き受けるのは立派な態度に思えますが、注意が必要です。

自分の許容範囲を無視して引き受けるのはよくありません。

「失敗する」「不可能」と分かっている仕事を引き受けるのは、かえって相手に迷惑をかけてしまいます。

真面目になりたいなら、きちんと断る力を身につけることです。

「仕事を断ると相手に迷惑がかかる」と思うのは、誤解です。

無理に引き受け、仕事に大きな穴を開けるほうが、はるかに迷惑です。

自分の許容範囲と照らし合わせて「できそう」と判断したことだけ引き受けるようにしましょう。

もし無理そうなら、丁寧に謝った上で断ります。

成し遂げられないことが分かっているなら、依頼の段階で断るのがマナーです。

無理なら「無理」と正直に言えるほうが、真面目です。

きちんと断ったほうが、信用や責任を大事にしていることが伝わるので、相手からも信頼されるようになります。

 

ただし、断るときには言い方に注意が必要です。

「無理」「不可能」「絶対できません」など、突っぱねるような言い方は避けたほうがいいでしょう。

意味ははっきり伝わりますが、とげとげしい響きがあるため、相手を不快にさせる可能性があります。

できるだけ相手を不快にさせないよう、柔らかい言い方のほうが、上手に断れます。

  • 「忙しいので、今は厳しい」

  • 「余裕がないので、別の人にお願いしたほうがいい」

  • 「また別の機会でお願いします」

相手の立場を考えながら丁寧な言葉を心がければいいだけです。

断る勇気を身につけてください。

たとえ相手に嫌われようと、当たり前を当たり前にするだけです。

まとめ

真面目な人になる方法 その27
  • 自分にできないことは、
    無理をせず、
    きちんと断る。
人のミスを笑う人は、自分がミスをしたとき、笑われる。
人の失敗をばかにする人は、自分が失敗をしたとき、ばかにされる。

もくじ
(真面目な人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品