自分磨き

真面目な人になる
30の方法

お気に入り3 読んだ
17

真面目な人は、
自分に不利なことでも、
正直に報告する。

真面目な人は、自分に不利なことでも、正直に報告する。 | 真面目な人になる30の方法

仕事でミスをしてしまい、上司に報告が必要になった。

そんなとき、どう報告するかが大切です。

「叱られるかもしれない」

「恥や汚点をさらしてしまうだろう」

「自分の評価が落ちるだろう」

「うまくごまかせないだろうか」

「何とか責任転嫁できないだろうか」

自分に不利となると分かれば、自己保身の考えが浮かぶでしょう。

ふとモラルに反した考えが浮かび、とっさに隠したりごまかしたりしたくなるかもしれません。

むしろ不安や恐怖を感じるのは、人として当然の反応です。

上司が怖いなら、反射的に逃げたくなるでしょう。

もちろん不安や恐怖を感じるのは悪くありません。

自分の評価が落ちる心配があるなら、何とか回避策を考えたくなるのも普通です。

大切なのは、その後です。

不安や恐怖を感じるのはよくても、ごまかしたり隠したりするのはよくありません。

ごまかしたり隠したりするのは、不真面目な姿勢です。

仕事には、金銭と責任が発生しています。

ミスをごまかしたり隠したりすると、その場はうまくしのげても、表面化しない問題が増えていきます。

トラブルを隠し続けると、水面下でどんどん悪化していきます。

最終的に取り返しのつかないトラブルに発展する可能性もゼロではありません。

隠したりごまかしたりするのは、真面目な姿勢とは言えないのです。

ミスや失敗は、正直に報告するようにしましょう。

ストレスやプレッシャーがあって言いにくいかもしれませんが、大切な場面。

たとえ自分に不利なことでも、隠したりごまかしたりしません。

自己保身や私利私欲を忘れ、正確な情報を伝えます。

人にけなされようと、自分のプライドが傷つこうと、正直に伝えます。

たとえ軽微なミスでも、正直に報告したほうがいいでしょう。

軽微なミスであれ、ミスはミスです。

ダムの決壊も、最初は小さなひび割れから始まります。

自分は小さいと思っていても、相手にとっては大きいと感じるかもしれません。

自分に不利なことでも、正直に報告すれば、誠実さが伝わります。

叱られたり評価が落ちたりしても、信頼関係の低下だけは防げるでしょう。

自分に不利であるにもかかわらず、正直に伝えると、かえって信用を高めることもあります。

仕事は、金銭だけでなく、信用と人間関係で成り立っています。

信用は、得るのに時間がかかっても、失うのは一瞬です。

自分に不利なことでも、正直に報告するのが、真面目な人なのです。

まとめ

真面目な人になる方法 その17
  • 自分に不利なことでも、隠したりごまかしたりせず、正直に報告する。
無理をすることが真面目ではない。
無理をしないことが真面目。

もくじ
真面目な人になる30の方法
真面目な人は、自分に不利なことでも、正直に報告する。 | 真面目な人になる30の方法

  1. 真面目は、ビジネスでもプライベートでも大切な要素。
  2. 真面目になるために必要なのは、性格の改善ではなく、習慣の改善。
  3. 真面目で得をする7つのポイント。
  4. 真面目で損をする7つのポイント。
  5. 真面目な性格は、損をするのか。
  6. 真面目は「きちんとしたい」という気持ちから始まる。
  7. 喜んでくれる人をイメージすると、真面目な気持ちが湧いてくる。
  8. 「真剣」と「一生懸命」は、真面目な人の基本。
  9. 真面目な人は、責任感が強い。
    責任感があるからこそ、よりよい仕事ができる。
  10. いきなり100パーセントの真面目でなくていい。
    まず1パーセントの真面目から始めよう。
  11. 約束を守ることは、真面目な人になる基本。
  12. 真面目な人は、最善を尽くす習慣がある。
  13. 計画と準備にたっぷり時間をかけたほうが、仕事はうまくいく。
  14. 安易な決断はしない。
    よく考えてから、決断する。
  15. すぐ人を頼らない。
    まず自分なりに努力してみる。
  16. 真面目な人ほど、余計な言い訳をせず、素直に謝る。
  17. 真面目な人は、自分に不利なことでも、正直に報告する。
  18. 無理をすることが真面目ではない。
    無理をしないことが真面目。
  19. 記憶力の過信はトラブルの元。
    きちんとメモを取る習慣を心がけよう。
  20. マナーやルールはきちんと守る。
    特に法律は絶対守ろう。
  21. 真面目な人は、感謝の習慣を大切にしている。
  22. 真面目な人になるには、身だしなみへの気遣いが欠かせない。
  23. きちんと遊ばないと、真面目になれない。
    遊びも、真面目になるために必要な要素。
  24. 横柄な態度は控える。
    謙虚な態度を心がける。
  25. 誘惑を断ち切る人が、目標を達成できる人。
  26. いつも冗談ばかり言っていると、大切な話のとき、信用されない。
  27. 断れない人が真面目というわけではない。
    きちんと断れる人のほうが、本当は真面目。
  28. 人のミスを笑う人は、自分がミスをしたとき、笑われる。
    人の失敗をばかにする人は、自分が失敗をしたとき、ばかにされる。
  29. 何でも真面目にしていいわけではない。
    人として正しい行為だからこそ、真面目が生きてくる。
  30. 真面目を心がけても、家族や健康まで犠牲にしない。

同じカテゴリーの作品