人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声

真面目な人になる
30の方法

お気に入り2 読んだ
14

安易な決断はしない。
よく考えてから、
決断する。

安易な決断はしない。よく考えてから、決断する。 | 真面目な人になる30の方法

真面目になるには、よく考えてから決断する習慣が大切です。

もちろん即座に決断することも、時には必要です。

 

たとえば、失敗してもダメージが小さい場面です。

金額が小さな買い物であったり、何度でもやり直しができたりすることなら、気軽に決断することもいいでしょう。

もしミスや失敗をしても、ダメージが小さいなら、スピード重視も悪くありません。

また、直感を大切にしたい場面もあるでしょう。

レストランでメニューを選ぶときには、勘やひらめきで選ぶのも悪くありません。

思考に頼らない、感覚的な選び方も面白い。

あえて難しいことは考えず、その場の素直な気持ちを大切にします。

第六感を頼りにした選び方をすれば、ユニークな出会いが待っているでしょう。

そして、新鮮な刺激が得られるに違いありません。

こうした例外があるのも事実ですが、インパクトの大きいこととなると、話は変わります。

判断を誤ったときのダメージが大きいことなら、安易な決断はよくありません。

やはり前もってよく考えることが必要です。

 

たとえば、重要な契約、大きな買い物、人生に関わる選択などです。

後からやり直しができる場合もありますが、取り返しが不可能なこともあります。

普段から衝動買いによる無駄遣いが目立つなら、安易な決断をしている可能性が高いと考えていいでしょう。

普段、周りから「もう少しよく考えて!」と注意されることが多いなら、安易な決断が多いのかもしれません。

よく考えてから決断する習慣を身につけましょう。

重要なことなら、たっぷり時間をかけ、十二分に考えてから決断します。

少し時間はかかりますが、正しい決断をするために必要な時間です。

無意味ではなく、有意義な時間です。

急がず、焦らず、諦めないこと。

大きな心でどっしり構え、ゆったり考えるのがいいでしょう。

分からないところがあれば、きちんと調べて、不明点を解消させます。

  • 「本当にこれでいいだろうか」

  • 「ほかに可能性はないだろうか」

  • 「見落としていることはないだろうか」

自問自答と試行錯誤を何度も繰り返します。

考える時間をかけたほうが、正しい決断をしやすくなり、二度手間を減らせます。

じっくり時間をかけた決断なら、もし失敗をしても「できるだけのことを考えた」と納得できます。

失敗をしても、後悔は減らせます。

特にせっかちな人は要注意です。

スピード重視の傾向があるため、落とし穴を見落としやすくなります。

「何とかなるだろう」というポジティブ思考も大切ですが、取り返しのつかない状況も存在します。

どんなときでも、慎重に考える余裕を持ちたい。

一度立ち止まって考えることも、時には必要です。

真面目な人になる方法 その14

  • よく考えてから決断する習慣を身につける。
すぐ人を頼らない。
まず自分なりに努力してみる。

もくじ
(真面目な人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品