自分磨き

真面目な人になる
30の方法

お気に入り1 読んだ
9

真面目な人は、
責任感が強い。
責任感があるからこそ、
よりよい仕事ができる。

真面目な人は、責任感が強い。責任感があるからこそ、よりよい仕事ができる。 | 真面目な人になる30の方法

責任感とは何か。

責任感とは、自分の仕事や行為について、きちんと果たそうとする気持ちのことをいいます。

責任感と聞けば「堅苦しい」「重い」「苦しい」といった印象があり、ストレスやプレッシャーを感じる人も多いでしょう。

 

たしかに責任を感じて喜ぶ人はいません。

責任を果たすには、努力・忍耐・鍛錬が必要です。

「できるだけ責任を負いたくない」

「逃げられるものなら逃げたい」

「無責任のほうが楽」

そう思うのが正直なところではないでしょうか。

 

しかし、真面目な人になるために、責任感は必要不可欠な要素です。

自分の仕事は、責任感を持って果たすことが大切です。

仕事の一つ一つは、お金や信用に関わること。

一度引き受けた仕事を途中で無責任に投げ出すのは、不真面目と思われても仕方ありません。

責任感が足りないと、批判の的になる可能性もあります。

上司やお客様から依頼された仕事なら、期待に応えていくことが大切です。

期待に応えると、次の仕事も依頼されるようになります。

責任感は、仕事の質にも関わるポイントです。

責任感を持って仕事をしたほうが、気持ちが引き締まる分だけ、気合も集中力も発揮しやすくなります。

ストレスはありますが、モチベーションが高まって、よりよい結果を出しやすくなります。

責任感があると、表情もよくなります。

「失敗を避けよう」「必ず成功させる」という気持ちは、自然と顔に出ます。

自然と真剣な顔つきになり、きりりとした雰囲気が出ます。

責任感は、ビジネスにかぎらずプライベートでも、大切にしたい。

 

たとえば、家事です。

炊事・掃除・洗濯などの家事も、1つの仕事です。

自分のためであれ、パートナーのためであれ、家事も責任感を大切にしながら果たしていくことが大切です。

真面目な人は、責任感が強い。

責任感があるからこそ、よりよい仕事ができるのです。

責任感が足りないときは、お金をイメージする

もし自分に責任感が足りないと感じるなら、お金をイメージしてみてください。

どんな小さな仕事でも、お金が関係しています。

仕事を振り返ってみると、ほとんどの仕事はお金が関係しているはずです。

1円でもお金が関係しているなら、責任があります。

たとえ小さな家事であっても「仕事をするための土台」として考えれば、お金をイメージしやすくなるはずです。

仕事とお金がリンクしているイメージができれば、自然と「中途半端ではいけない」という気持ちが湧いてくるはずです。

まとめ

真面目な人になる方法 その9
  • 責任感を大切にしながら仕事をする。
いきなり100パーセントの真面目でなくていい。
まず1パーセントの真面目から始めよう。

もくじ
真面目な人になる30の方法
真面目な人は、責任感が強い。責任感があるからこそ、よりよい仕事ができる。 | 真面目な人になる30の方法

  1. 真面目は、ビジネスでもプライベートでも大切な要素。
  2. 真面目になるために必要なのは、性格の改善ではなく、習慣の改善。
  3. 真面目で得をする7つのポイント。
  4. 真面目で損をする7つのポイント。
  5. 真面目な性格は、損をするのか。
  6. 真面目は「きちんとしたい」という気持ちから始まる。
  7. 喜んでくれる人をイメージすると、真面目な気持ちが湧いてくる。
  8. 「真剣」と「一生懸命」は、真面目な人の基本。
  9. 真面目な人は、責任感が強い。
    責任感があるからこそ、よりよい仕事ができる。
  10. いきなり100パーセントの真面目でなくていい。
    まず1パーセントの真面目から始めよう。
  11. 約束を守ることは、真面目な人になる基本。
  12. 真面目な人は、最善を尽くす習慣がある。
  13. 計画と準備にたっぷり時間をかけたほうが、仕事はうまくいく。
  14. 安易な決断はしない。
    よく考えてから、決断する。
  15. すぐ人を頼らない。
    まず自分なりに努力してみる。
  16. 真面目な人ほど、余計な言い訳をせず、素直に謝る。
  17. 真面目な人は、自分に不利なことでも、正直に報告する。
  18. 無理をすることが真面目ではない。
    無理をしないことが真面目。
  19. 記憶力の過信はトラブルの元。
    きちんとメモを取る習慣を心がけよう。
  20. マナーやルールはきちんと守る。
    特に法律は絶対守ろう。
  21. 真面目な人は、感謝の習慣を大切にしている。
  22. 真面目な人になるには、身だしなみへの気遣いが欠かせない。
  23. きちんと遊ばないと、真面目になれない。
    遊びも、真面目になるために必要な要素。
  24. 横柄な態度は控える。
    謙虚な態度を心がける。
  25. 誘惑を断ち切る人が、目標を達成できる人。
  26. いつも冗談ばかり言っていると、大切な話のとき、信用されない。
  27. 断れない人が真面目というわけではない。
    きちんと断れる人のほうが、本当は真面目。
  28. 人のミスを笑う人は、自分がミスをしたとき、笑われる。
    人の失敗をばかにする人は、自分が失敗をしたとき、ばかにされる。
  29. 何でも真面目にしていいわけではない。
    人として正しい行為だからこそ、真面目が生きてくる。
  30. 真面目を心がけても、家族や健康まで犠牲にしない。

同じカテゴリーの作品