自分磨き

真面目な人になる
30の方法

お気に入り1 読んだ
15

すぐ人を頼らない。
まず自分なりに努力してみる。

すぐ人を頼らない。まず自分なりに努力してみる。 | 真面目な人になる30の方法

難しい仕事を依頼されたとき、どう対応するか。

真面目な人とそうでない人の差は、ここに表れます。

難しそうな仕事なら、すぐ人に頼る人もいるかもしれません。

疑問や不明点があっても、先輩に質問すれば、丁寧に教えてくれるでしょう。

方法が分からなくても、上司に聞けば、スマートな方法を教えてくれるでしょう。

量の多い仕事でも、同僚に手伝ってもらえれば、早く終わるでしょう。

人の協力が得られれば、難しい仕事もスムーズに進み、早く完了します。

自分ではできそうにない仕事なら、すぐ人に頼る人もいるのではないでしょうか。

もちろん人を頼るのはいいのです。

仕事の進行が停滞すると、時間ばかりが過ぎていきます。

自分だけでできないなら、人の力を借りるのは、恥でも罪でもありません。

自分一人では対処が難しい仕事なら、素直に人を頼るのが得策です。

 

しかし、ここに注意点があります。

人を頼るのはいいですが、最初から頼るのは避けたほうがいいでしょう。

まだ努力も何もしていない段階から人を頼るのは、真面目とは言えません。

「自分で努力する」というプロセスが省略されています。

あっさり諦めているように見えます。

すぐ人に頼ると「諦めやすい」「仕事の責任感が足りない」と判断され、悪印象につながるかもしれない。

これでは不真面目な人と思われても仕方ないのです。

真面目になりたいなら、まず自分なりに努力しましょう。

疑問や不明点があれば、自分なりに調べる。

方法が分からなくても、自分なりに試行錯誤してみる。

仕事量が多くても、1人でできる方法はないか、知恵を絞ってみる。

たとえ難しそうな仕事でも、まず自分なりに努力してみる姿勢が大切です。

試行錯誤を繰り返し、考え抜く。

全部できそうになければ、できるところまで進めてみる。

努力の過程の中で、知識や技術を身につけたり、論理的思考力が鍛えられたりできます。

難しい仕事を対応するから、自分の成長にとって有効です。

また、難しそうに見える仕事であっても、そう見えるだけかもしれません。

実際に取り組んでみると、意外と簡単に達成できる可能性もあるでしょう。

先入観や固定観念で「難しい」「できるはずがない」と思い込んでいる可能性もあります。

自分なりに努力をして頑張って、それでもできなかったとき、初めて人を頼ります。

そうすれば、上司や先輩は、快く助けてくれるでしょう。

最初から人を頼るのではなく、まず自分なりに努力したい。

自分で努力する人こそ、真面目な人です。

まとめ

真面目な人になる方法 その15
  • 難しそうなことでも、すぐ人を頼らず、まず自分なりに努力してみる。
真面目な人ほど、余計な言い訳をせず、素直に謝る。

もくじ
真面目な人になる30の方法
すぐ人を頼らない。まず自分なりに努力してみる。 | 真面目な人になる30の方法

  1. 真面目は、ビジネスでもプライベートでも大切な要素。
  2. 真面目になるために必要なのは、性格の改善ではなく、習慣の改善。
  3. 真面目で得をする7つのポイント。
  4. 真面目で損をする7つのポイント。
  5. 真面目な性格は、損をするのか。
  6. 真面目は「きちんとしたい」という気持ちから始まる。
  7. 喜んでくれる人をイメージすると、真面目な気持ちが湧いてくる。
  8. 「真剣」と「一生懸命」は、真面目な人の基本。
  9. 真面目な人は、責任感が強い。
    責任感があるからこそ、よりよい仕事ができる。
  10. いきなり100パーセントの真面目でなくていい。
    まず1パーセントの真面目から始めよう。
  11. 約束を守ることは、真面目な人になる基本。
  12. 真面目な人は、最善を尽くす習慣がある。
  13. 計画と準備にたっぷり時間をかけたほうが、仕事はうまくいく。
  14. 安易な決断はしない。
    よく考えてから、決断する。
  15. すぐ人を頼らない。
    まず自分なりに努力してみる。
  16. 真面目な人ほど、余計な言い訳をせず、素直に謝る。
  17. 真面目な人は、自分に不利なことでも、正直に報告する。
  18. 無理をすることが真面目ではない。
    無理をしないことが真面目。
  19. 記憶力の過信はトラブルの元。
    きちんとメモを取る習慣を心がけよう。
  20. マナーやルールはきちんと守る。
    特に法律は絶対守ろう。
  21. 真面目な人は、感謝の習慣を大切にしている。
  22. 真面目な人になるには、身だしなみへの気遣いが欠かせない。
  23. きちんと遊ばないと、真面目になれない。
    遊びも、真面目になるために必要な要素。
  24. 横柄な態度は控える。
    謙虚な態度を心がける。
  25. 誘惑を断ち切る人が、目標を達成できる人。
  26. いつも冗談ばかり言っていると、大切な話のとき、信用されない。
  27. 断れない人が真面目というわけではない。
    きちんと断れる人のほうが、本当は真面目。
  28. 人のミスを笑う人は、自分がミスをしたとき、笑われる。
    人の失敗をばかにする人は、自分が失敗をしたとき、ばかにされる。
  29. 何でも真面目にしていいわけではない。
    人として正しい行為だからこそ、真面目が生きてくる。
  30. 真面目を心がけても、家族や健康まで犠牲にしない。

同じカテゴリーの作品