成功哲学

大物になる人の
30の特徴

読んだ お気に入り17
5

大物は、
大失敗をしたときほど、
失敗した表情を出さない。

大物は、大失敗をしたときほど、失敗した表情を出さない。 | 大物になる人の30の特徴

あなたは失敗してしまったとき、どのようなリアクションをしていますか。

ある人は、悲しい表情をすることでしょう。

「しまった」と泣き叫ぶ人もいます。

あまりの出来事に、呆然とする人もいるかもしれません。

反応は人それぞれですが、おおむね「残念なリアクション」を取っていることでしょう。

気持ちは分かります。

 

しかし、大物になりたければ、失敗したときのリアクションこそ手を加えるところです。

大物は失敗したときにどうするかというと「がはは」と豪快に笑い飛ばします。

笑う理由は、3つあります。

  1. 「このくらい、ヘでもない」と周囲の人にアピールするため
  1. 「大丈夫だ」と自己暗示をかけるため
  1. 動揺した気持ちから、すぐ立ち直るため

まず1つ目の理由は「このくらい、ヘでもない」と周囲の人にアピールするためです。

失敗したとき、普通は落ち込みます。

 

しかし、失敗しているにもかかわらず笑うことで「このくらいの失敗は大したことじゃないよ」という器の大きさが感じられます。

2つ目の理由として、自己暗示をかける効果があります。

元気が出るから笑うのではなく、笑っているから元気になります。

実際に「ははは」と声を出すことで、覇気が出ます。

つらい気持ちや悲しい気持ちまでも吹き飛ばしてくれる効果があります。

笑ってでもいいので、落ち込んでいる気持ちを消して、本来の自分を取り戻します。

元気だから笑うのではなく、笑うから元気になれます。

元気がないときには、お笑い番組を見て大笑いすれば、自然と元気がでてきます。

笑ったから元気が出ます。

3つ目として、笑うことで落ち込みからの立ち直りが早くなります。

落ち込んだときは元気がないため、仕事にも集中できなくなります。

 

しかし、笑うことで元気が戻り、立ち直りが早くなります。

仕事に空白を作ることもないのです。

まとめ

大物になる人の特徴 その5
  • 大失敗をしたときほど、笑って吹き飛ばす。
大物は、元気を自家発電しようとする。

もくじ
大物になる人の30の特徴
大物は、大失敗をしたときほど、失敗した表情を出さない。 | 大物になる人の30の特徴

  1. まず、口数から減らすこと。
  2. 大物ほど、外見にお金をかけて仕事に生かす。
  3. 大物に見られる色は、黒である。
  4. 低い声の重みは、言葉の重みにまで影響する。
  5. 大物は、大失敗をしたときほど、失敗した表情を出さない。
  6. 大物は、元気を自家発電しようとする。
  7. 大物は、どんな状況も「勉強になります」と胸を張る。
  8. アマチュアは、ライバルを蹴落とそうとする。
    プロは、ライバルを励みにする。
  9. 人としての限界の大小は、細かいことを気にするかどうかで決まる。
  10. 大物は、結果を武器に説得する。
  11. 好きなことに接していると、冬でもヒーターがいらなくなる。
  12. 本当の自分の魅力に気づいていますか。
  13. 人脈が広い人は、大物になる。
  14. 大物ほど、過ちを犯したとき、すぐ改める。
  15. 断る勇気があれば、必ず才能は伸びる。
  16. 邪魔と思えるひげも、使い方しだい。
  17. いくら頭の回転が速くても、早口になると軽い印象になる。
  18. むっとするところで、にっこりできるのが大物。
  19. 軸がなくて話に流される人は小物。
    軸を持って話に同調できる人が大物。
  20. 絶対に下を向かない。
  21. スローテンポの曲は、威厳のある雰囲気を演出する。
  22. 悟った人の目は、半開きになる。
  23. 果たした仕事の大きさが、存在感を大きくさせる。
  24. 大物は、普段は仏頂面で、ときおりにこっと笑顔になる。
  25. ぴんと伸びた背筋は、考え方や信念まで伸びている印象を与える。
  26. 会話の相槌は、一度だけでいい。
  27. 無駄な動きをしないのが大物の条件。
  28. 本気になっている言葉に、余計な飾りは必要ない。
  29. 美男美女と一緒に歩くと、自分の評価が上がる。
  30. 小物は逆境のとき、弱音を吐く。
    大物は逆境のとき、可能性を語る。

同じカテゴリーの作品