自分磨き

真面目な人になる
30の方法

お気に入り1 読んだ
19

記憶力の過信はトラブルの元。
きちんとメモを取る習慣を心がけよう。

記憶力の過信はトラブルの元。きちんとメモを取る習慣を心がけよう。 | 真面目な人になる30の方法

真面目な人になる習慣の1つ。

それは、メモを取る習慣です。

会話の中で覚えるべき重要な話が出たら、すぐメモ帳を取り出し、メモを取りましょう。

紙のメモ帳でも、携帯電話のアプリのメモ帳でもかまいません。

大切なことは「きちんと記録に残す」という点です。

「メモを取るのが面倒」

「自分は記憶力が高いから大丈夫」

「いちいちメモなんて取っていられない」

 

たしかにメモを取るのは、少し手間暇がかかります。

メモに頼らなくても、脳で覚えることができます。

記憶力に自信があるなら、メモを取らなくても、きちんと覚えられるでしょう。

 

しかし、記憶力の過信はトラブルの元になります。

人の記憶力は、デジタルのコンピューターとは違い、曖昧なところがあります。

そのときはしっかり記憶ができても、時間が経つにつれて記憶が不確かになり、誤解や勘違いを起こすことがあります。

最終的に、完全に忘れてしまうこともあります。

同じことを2回聞くのは、相手の迷惑になることもあります。

たとえ記憶力に自信がある人でも、やはりメモを取る習慣を心がけたほうがいいでしょう。

どんな人でも、ど忘れが起こります。

一度メモを取れば、削除や処分でもしないかぎり、記録が消えることはありません。

どんなに記憶力の悪い人でも、メモさえすれば、ど忘れを防げます。

もし重要度がはっきりしないなら、とりあえずメモを取っておくのが無難です。

メモさえ取っておけば、記録に残るので、後から確認ができます。

メモを取るのに少し手間暇はかかりますが、ど忘れを防いで信頼関係まで向上できるのですから、大きな効果です。

「メモを取ると、相手を不快にさせるのではないか」

「いちいちメモを取っていると、記憶力が悪いと思われそう」

そう思う人もいるかもしれませんが、無用の心配です。

メモの習慣を笑う人はいません。

きちんとメモを取ると「忘れないようにしたい」という誠意のある姿勢を伝えられます。

あなたがメモを取っている様子を見た相手は「真面目な人だ。信用できそうだ」と感心するでしょう。

メモを取る姿勢を見せることで、誠実や信用を高めることができます。

メモを取る習慣は、ビジネスに限らず、プライベートでも心がけたい。

会話の重要な話が出たら、記憶力に頼るのではなく、メモを取りましょう。

自分の記憶力を過信せず、きちんとメモを取る人のほうが、誠実で真面目です。

まとめ

真面目な人になる方法 その19
  • 大切な話は、自分の記憶力を過信せず、きちんとメモを取る。
マナーやルールはきちんと守る。
特に法律は絶対守ろう。

もくじ
真面目な人になる30の方法
記憶力の過信はトラブルの元。きちんとメモを取る習慣を心がけよう。 | 真面目な人になる30の方法

  1. 真面目は、ビジネスでもプライベートでも大切な要素。
  2. 真面目になるために必要なのは、性格の改善ではなく、習慣の改善。
  3. 真面目で得をする7つのポイント。
  4. 真面目で損をする7つのポイント。
  5. 真面目な性格は、損をするのか。
  6. 真面目は「きちんとしたい」という気持ちから始まる。
  7. 喜んでくれる人をイメージすると、真面目な気持ちが湧いてくる。
  8. 「真剣」と「一生懸命」は、真面目な人の基本。
  9. 真面目な人は、責任感が強い。
    責任感があるからこそ、よりよい仕事ができる。
  10. いきなり100パーセントの真面目でなくていい。
    まず1パーセントの真面目から始めよう。
  11. 約束を守ることは、真面目な人になる基本。
  12. 真面目な人は、最善を尽くす習慣がある。
  13. 計画と準備にたっぷり時間をかけたほうが、仕事はうまくいく。
  14. 安易な決断はしない。
    よく考えてから、決断する。
  15. すぐ人を頼らない。
    まず自分なりに努力してみる。
  16. 真面目な人ほど、余計な言い訳をせず、素直に謝る。
  17. 真面目な人は、自分に不利なことでも、正直に報告する。
  18. 無理をすることが真面目ではない。
    無理をしないことが真面目。
  19. 記憶力の過信はトラブルの元。
    きちんとメモを取る習慣を心がけよう。
  20. マナーやルールはきちんと守る。
    特に法律は絶対守ろう。
  21. 真面目な人は、感謝の習慣を大切にしている。
  22. 真面目な人になるには、身だしなみへの気遣いが欠かせない。
  23. きちんと遊ばないと、真面目になれない。
    遊びも、真面目になるために必要な要素。
  24. 横柄な態度は控える。
    謙虚な態度を心がける。
  25. 誘惑を断ち切る人が、目標を達成できる人。
  26. いつも冗談ばかり言っていると、大切な話のとき、信用されない。
  27. 断れない人が真面目というわけではない。
    きちんと断れる人のほうが、本当は真面目。
  28. 人のミスを笑う人は、自分がミスをしたとき、笑われる。
    人の失敗をばかにする人は、自分が失敗をしたとき、ばかにされる。
  29. 何でも真面目にしていいわけではない。
    人として正しい行為だからこそ、真面目が生きてくる。
  30. 真面目を心がけても、家族や健康まで犠牲にしない。

同じカテゴリーの作品