自分磨き

真面目な人になる
30の方法

読んだ お気に入り0
13

計画と準備にたっぷり時間をかけたほうが、
仕事はうまくいく。

計画と準備にたっぷり時間をかけたほうが、仕事はうまくいく。 | 真面目な人になる30の方法

真面目な人になるための習慣の1つ。

それは、計画と準備に時間をかけてから行動する習慣です。

計画も準備も、両方が大切です。

「計画なんて立てるだけ無駄」

「準備をする暇があれば、今すぐ行動したい」

「計画も準備も面倒だ!」

 

たしかにすぐ行動することが悪いとは限りません。

計画を立てたり準備を整えたりする手間暇を省けば、行動力は身につくでしょう。

思いついた瞬間に行動できれば、最短で実現できる可能性もあります。

特に、チャンスに関係する場面なら、スピードが重要です。

チャンスは、流れ星のようなもの。

あるとき急に現れ、次の瞬間にはなくなります。

いちいち計画も準備もしていられません。

計画や準備ができていなくても、行動したほうがいい場面があるのもたしかです。

 

しかし、そうした例外を除けば、基本的に無計画な取り組み方はおすすめできません。

計画を立てないで行動すると、ミスや失敗を招きやすくなります。

真面目な人になりたいなら、計画も準備も必要な習慣です。

きちんと計画を立てましょう。

計画の程度は、仕事のレベルに応じて調整するといいでしょう。

完璧な計画は必要ありませんが、仕事に必要な最低限の計画は立てておきたい。

概要だけでも計画を立てておけば、スムーズで効率よく進めることができます。

できれば、トラブルや想定外も考慮しておくといいでしょう。

すべてがスムーズに進むとは限りません。

難しい仕事であればあるほど、トラブルや想定外がつきもの。

事前にトラブルや想定外も考慮した計画を立てておけば、万一が起こっても、冷静に対処できます。

また、準備も整えておきましょう。

完璧に準備を整えるのは難しいかもしれませんが、都合がつくかぎり、できるだけ準備を整えておきます。

仕事に必要な準備だけでなく、万一に備えた準備も整えておきたい。

万一に備えた準備ができていれば、事が起こってもスムーズに対処できます。

準備を整えるから、スムーズに作業を進めることができます。

たとえ準備の出番がなかったとしても、行為は無駄になりません。

見ている人は、きちんと見てくれています。

少なくとも真面目な行為であり、真剣に人生を生きたことになります。

計画も準備も、無駄な取り組みではありません。

ミスや失敗を減らし、効果や効率を高める働きがあります。

仕事の成功率や完成度に関わる重要な要素です。

あなたが今、取り組もうとしている仕事は何ですか。

その仕事の計画と準備は、きちんとできていますか。

もし忘れているなら、今からでもまだ間に合います。

計画と準備に時間をかけることが、真面目な人になる条件です。

計画と準備にたっぷり時間をかけたほうが、仕事はうまくいくのです。

まとめ

真面目な人になる方法 その13
  • 計画と準備に時間をかけてから行動する。
安易な決断はしない。
よく考えてから、決断する。

もくじ
真面目な人になる30の方法
計画と準備にたっぷり時間をかけたほうが、仕事はうまくいく。 | 真面目な人になる30の方法

  1. 真面目は、ビジネスでもプライベートでも大切な要素。
  2. 真面目になるために必要なのは、性格の改善ではなく、習慣の改善。
  3. 真面目で得をする7つのポイント。
  4. 真面目で損をする7つのポイント。
  5. 真面目な性格は、損をするのか。
  6. 真面目は「きちんとしたい」という気持ちから始まる。
  7. 喜んでくれる人をイメージすると、真面目な気持ちが湧いてくる。
  8. 「真剣」と「一生懸命」は、真面目な人の基本。
  9. 真面目な人は、責任感が強い。
    責任感があるからこそ、よりよい仕事ができる。
  10. いきなり100パーセントの真面目でなくていい。
    まず1パーセントの真面目から始めよう。
  11. 約束を守ることは、真面目な人になる基本。
  12. 真面目な人は、最善を尽くす習慣がある。
  13. 計画と準備にたっぷり時間をかけたほうが、仕事はうまくいく。
  14. 安易な決断はしない。
    よく考えてから、決断する。
  15. すぐ人を頼らない。
    まず自分なりに努力してみる。
  16. 真面目な人ほど、余計な言い訳をせず、素直に謝る。
  17. 真面目な人は、自分に不利なことでも、正直に報告する。
  18. 無理をすることが真面目ではない。
    無理をしないことが真面目。
  19. 記憶力の過信はトラブルの元。
    きちんとメモを取る習慣を心がけよう。
  20. マナーやルールはきちんと守る。
    特に法律は絶対守ろう。
  21. 真面目な人は、感謝の習慣を大切にしている。
  22. 真面目な人になるには、身だしなみへの気遣いが欠かせない。
  23. きちんと遊ばないと、真面目になれない。
    遊びも、真面目になるために必要な要素。
  24. 横柄な態度は控える。
    謙虚な態度を心がける。
  25. 誘惑を断ち切る人が、目標を達成できる人。
  26. いつも冗談ばかり言っていると、大切な話のとき、信用されない。
  27. 断れない人が真面目というわけではない。
    きちんと断れる人のほうが、本当は真面目。
  28. 人のミスを笑う人は、自分がミスをしたとき、笑われる。
    人の失敗をばかにする人は、自分が失敗をしたとき、ばかにされる。
  29. 何でも真面目にしていいわけではない。
    人として正しい行為だからこそ、真面目が生きてくる。
  30. 真面目を心がけても、家族や健康まで犠牲にしない。

同じカテゴリーの作品