人生の教科書



読み上げ動画・音声

真面目になる
30方法

お気に入り1 読んだ
8

「真剣」
「一生懸命」は、
真面目基本

面目な人になるための基本が、2つあります。

 

「真剣」と「一生懸命」です。

 

 

一方では不十分であり、両方とも心がけることが大切です。

真面目な人は、どんなときも真剣で一生懸命。

どちらも聞き慣れた言葉ですが、真面目な人になるためには欠かせないポイントです。

真剣

真面目な人は、仕事をするとき、真剣です。

いつも気持ちはまっすぐで、甘えたりふざけたり侮ったりしません。

嘘・言い訳・ごまかしもありません。

無駄にサボったり余計な手抜きをしたりしません。

休憩をすることはあっても、必要以上の休憩は控えます。

任せられた仕事は、よりよい結果を出すため真剣になって、最善を尽くします。

人付き合いも、真剣です。

冗談を言うことはあっても、言いすぎることはありません。

あくまで場を和ます程度であり、できるだけ相手を明るく楽しくする冗談を言います。

もし迷惑をかけてしまったら、素直に認め、真剣に謝罪します。

恋愛をするときも、真剣です。

好意を伝えるために、自分ができることを考えます。

喜んでもらうために、相手の気持ちを考えながらアプローチします。

心地よい関係を作るために、態度や言葉遣いに注意して、最善を心がけます。

真面目な人は、いつも真剣勝負。

常に真剣な対応を心がけます。

一生懸命

真面目な人は、勉強をするとき、一生懸命です。

余計な冗談も言わず、やるべきことに集中します。

最高の成績を出すため、熱意と集中力を大切にして取り組みます。

常に全力を心がけ、後悔がないよう、最善を尽くそうとします。

遊ぶときも、一生懸命です。

好きなことを心から楽しみ、充実感と満足感で心を満たします。

遊ぶときにはしっかり遊び、上手にストレスを発散させていきます。

そして、人生に対しても一生懸命です。

人生は、すべて本番と考え、何事も最善を尽くそうとします。

怠けた生き方や流された生き方は避け、後悔しない生き方をするために一生懸命です。

§

真剣も一生懸命も、知識や技術は関係ありません。

心が大切です。

気持ちを引き締めて、熱い心を持ってください。

真剣・一生懸命と聞けば、大変で堅苦しい印象を持つかもしれませんが、特別なことではありません。

そもそも真剣と一生懸命は、よりよい人生を送るための基本です。

真剣と一生懸命を心がければ、仕事でも人生でも結果を出しやすくなります。

真剣と一生懸命を心がければ、自然と真面目な雰囲気が出てきます。

真剣と一生懸命は、真面目な人に欠かせないポイントなのです。

真面目な人になる方法 その8

  • 真剣一生懸命がける
真面目な人は、責任感が強い。
責任感があるからこそ、よりよい仕事ができる。

もくじ
(真面目な人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品