自分磨き

真面目な人になる
30の方法

お気に入り1 読んだ
8

「真剣」と
「一生懸命」は、
真面目な人の基本。

「真剣」と「一生懸命」は、真面目な人の基本。 | 真面目な人になる30の方法

真面目な人になるための基本が、2つあります。

 

「真剣」と「一生懸命」です。

 

一方では不十分であり、両方とも心がけることが大切です。

真面目な人は、どんなときも真剣で一生懸命。

どちらも聞き慣れた言葉ですが、真面目な人になるためには欠かせないポイントです。

真剣

真面目な人は、仕事をするとき、真剣です。

いつも気持ちはまっすぐで、甘えたりふざけたり侮ったりしません。

嘘・言い訳・ごまかしもありません。

無駄にサボったり余計な手抜きをしたりしません。

休憩をすることはあっても、必要以上の休憩は控えます。

任せられた仕事は、よりよい結果を出すため真剣になって、最善を尽くします。

人付き合いも、真剣です。

冗談を言うことはあっても、言いすぎることはありません。

あくまで場を和ます程度であり、できるだけ相手を明るく楽しくする冗談を言います。

もし迷惑をかけてしまったら、素直に認め、真剣に謝罪します。

恋愛をするときも、真剣です。

好意を伝えるために、自分ができることを考えます。

喜んでもらうために、相手の気持ちを考えながらアプローチします。

心地よい関係を作るために、態度や言葉遣いに注意して、最善を心がけます。

真面目な人は、いつも真剣勝負。

常に真剣な対応を心がけます。

一生懸命

真面目な人は、勉強をするとき、一生懸命です。

余計な冗談も言わず、やるべきことに集中します。

最高の成績を出すため、熱意と集中力を大切にして取り組みます。

常に全力を心がけ、後悔がないよう、最善を尽くそうとします。

遊ぶときも、一生懸命です。

好きなことを心から楽しみ、充実感と満足感で心を満たします。

遊ぶときにはしっかり遊び、上手にストレスを発散させていきます。

そして、人生に対しても一生懸命です。

人生は、すべて本番と考え、何事も最善を尽くそうとします。

怠けた生き方や流された生き方は避け、後悔しない生き方をするために一生懸命です。

§

真剣も一生懸命も、知識や技術は関係ありません。

心が大切です。

気持ちを引き締めて、熱い心を持ってください。

真剣・一生懸命と聞けば、大変で堅苦しい印象を持つかもしれませんが、特別なことではありません。

そもそも真剣と一生懸命は、よりよい人生を送るための基本です。

真剣と一生懸命を心がければ、仕事でも人生でも結果を出しやすくなります。

真剣と一生懸命を心がければ、自然と真面目な雰囲気が出てきます。

真剣と一生懸命は、真面目な人に欠かせないポイントなのです。

まとめ

真面目な人になる方法 その8
  • 真剣と一生懸命を心がける。
真面目な人は、責任感が強い。
責任感があるからこそ、よりよい仕事ができる。

もくじ
真面目な人になる30の方法
「真剣」と「一生懸命」は、真面目な人の基本。 | 真面目な人になる30の方法

  1. 真面目は、ビジネスでもプライベートでも大切な要素。
  2. 真面目になるために必要なのは、性格の改善ではなく、習慣の改善。
  3. 真面目で得をする7つのポイント。
  4. 真面目で損をする7つのポイント。
  5. 真面目な性格は、損をするのか。
  6. 真面目は「きちんとしたい」という気持ちから始まる。
  7. 喜んでくれる人をイメージすると、真面目な気持ちが湧いてくる。
  8. 「真剣」と「一生懸命」は、真面目な人の基本。
  9. 真面目な人は、責任感が強い。
    責任感があるからこそ、よりよい仕事ができる。
  10. いきなり100パーセントの真面目でなくていい。
    まず1パーセントの真面目から始めよう。
  11. 約束を守ることは、真面目な人になる基本。
  12. 真面目な人は、最善を尽くす習慣がある。
  13. 計画と準備にたっぷり時間をかけたほうが、仕事はうまくいく。
  14. 安易な決断はしない。
    よく考えてから、決断する。
  15. すぐ人を頼らない。
    まず自分なりに努力してみる。
  16. 真面目な人ほど、余計な言い訳をせず、素直に謝る。
  17. 真面目な人は、自分に不利なことでも、正直に報告する。
  18. 無理をすることが真面目ではない。
    無理をしないことが真面目。
  19. 記憶力の過信はトラブルの元。
    きちんとメモを取る習慣を心がけよう。
  20. マナーやルールはきちんと守る。
    特に法律は絶対守ろう。
  21. 真面目な人は、感謝の習慣を大切にしている。
  22. 真面目な人になるには、身だしなみへの気遣いが欠かせない。
  23. きちんと遊ばないと、真面目になれない。
    遊びも、真面目になるために必要な要素。
  24. 横柄な態度は控える。
    謙虚な態度を心がける。
  25. 誘惑を断ち切る人が、目標を達成できる人。
  26. いつも冗談ばかり言っていると、大切な話のとき、信用されない。
  27. 断れない人が真面目というわけではない。
    きちんと断れる人のほうが、本当は真面目。
  28. 人のミスを笑う人は、自分がミスをしたとき、笑われる。
    人の失敗をばかにする人は、自分が失敗をしたとき、ばかにされる。
  29. 何でも真面目にしていいわけではない。
    人として正しい行為だからこそ、真面目が生きてくる。
  30. 真面目を心がけても、家族や健康まで犠牲にしない。

同じカテゴリーの作品