人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声

真面目になる
30方法

お気に入り2 読んだ
12

真面目は、
最善くす習慣がある

真面目な人は、最善を尽くす習慣がある。 | 真面目な人になる30の方法

面目な人になるために必要な習慣があります。

それは「最善を尽くす習慣」です。

もちろん手抜きや中途半端のすべてが悪いわけではありません。

 

たとえば、すでに目標やノルマを達成していることなら、手抜きをするのも分かります。

完璧を目指すと終わりがありません。

すでに合格ラインをクリアしているなら、無理をしないことも大切です。

また、仕方ない事情があって、中途半端になることもあるでしょう。

事故・体調不良・トラブルなど、仕事では思いどおりにいかないことがあるのはよくあること。

手抜きや中途半端が認められる状況があるのも事実です。

 

しかし、意味も理由もなく、最初から手抜きをするのはよくありません。

最初から手抜きをするのは、真面目ではなく、不真面目です。

手抜きをすると、ミスや失敗を犯しやすくなり、仕事の質が低下します。

仕事の質が悪くなれば、お客さんは不満を持ち、あなたの評価も落ちてしまいます。

仕事をやり直ししなければいけなくなり、二度手間が発生することもあります。

また、仕事の結果が中途半端では、余計な後悔を生む機会が増えます。

  • 「あのとき、もっと頑張っておけばよかった」

  • 「過去に戻って、やり直したい」

  • 「手抜きをした自分が悔しい」

あれこれ思い出してはくよくよして、過去を悔やむことになるでしょう。

過ぎたことを悔やんだところで、終わってからではどうしようもありません。

  • 「少しくらい手抜きをしてもいいよね」

邪念が湧いたときが、運命の分かれ道。

怠け心が出てきても、きちんと振り払い、最善を尽くしましょう。

無理をする必要はありませんが、最善を尽くすことは大切です。

  • 「もう一歩!」

  • 「もう一晩!」

  • 「もう一踏ん張り!」

力強い言葉を自分に言い聞かせ、限界ぎりぎりまで最善を尽くすことが大切です。

たとえ最高の結果は得られなくても、最善を尽くせば、気持ちがすっきりします。

最善を尽くす習慣は、後悔を減らします。

最善を尽くして結果が出なくても「できることはすべてやった」と納得できれば、余計な後悔に苦しまなくて済みます。

いきなり最善を尽くす習慣が難しいなら、少しずつ心がけていくといいでしょう。

新しい習慣を身につけるには、最低でも3週間は必要と言われています。

長く感じますが、無理のない範囲から少しずつ心がければ、あっという間です。

最善を尽くす習慣は、ビジネスだけでなく、プライベートでも心がけたい。

ばかにされようと真面目と言われようと、最善を尽くすことは素晴らしい習慣です。

一度しかない人生を悔いなく生きるために、最善を尽くす習慣を心がけましょう。

真面目な人になる方法 その12

  • 油断手抜きには注意して、
    ベストがける
計画と準備にたっぷり時間をかけたほうが、仕事はうまくいく。

もくじ
(真面目な人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品