自分磨き

真面目な人になる
30の方法

お気に入り0 読んだ
18

無理をすることが真面目ではない。
無理をしないことが真面目。

無理をすることが真面目ではない。無理をしないことが真面目。 | 真面目な人になる30の方法

真面目を心がけるとき、注意したい落とし穴があります。

それは、無理をしてしまうことです。

真面目になるためには「きちんとしたい」という気持ちが大切です。

もちろん物事をきちんとやり遂げる気持ちは大切ですが、その気持ちが強すぎると、無理をしてしまうことがあります。

「弱音を吐いてはいけない」

「必ずやり遂げなければいけない」

「どんなことがあっても、絶対諦めない」

自分に厳しい言葉を浴びせて、気持ちを奮い立たせます。

ここが注意です。

頑張るのはいいですが、無理をするのはよくありません。

無理なものは無理。

自分の限界を無視して頑張ったところで、よい仕事はできません。

ミスや失敗を招きやすくなり、仕事の質を落としてしまいます。

また無理に頑張っていると、どんどんストレスをため続けてしまいます。

もともとストレスに強い人でも、必ず限界があります。

限界を超えた先に待っているのは、破滅と後悔です。

無理を続けていると、いずれ体調を崩し、過去を悔やむことになるでしょう。

きちんとしようとした結果、かえってトラブルを増やすことになっては意味がないのです。

真面目を心がけつつも、あくまで適度を心がけることが大切です。

真面目になることは、無理をすることではありません。

責任感が強いのは結構ですが、健康があってこそ、仕事ができます。

自分の体力や能力を考えながら、許容範囲を見極めましょう。

自分だけでできない仕事なら、素直に助けを求めます。

意地を張っていても仕方ありません。

複数人で手分けをすれば、仕事量が多くても、早く片付きます。

あらかじめ自分にはできないことがはっきりしているなら、引き受ける前に断ったほうがいいこともあります。

仕事で疲れたら、素直に休憩を入れるほうがいいでしょう。

ストレスを抱えたまま仕事をしても、いい仕事はできません。

集中力や注意力が低下して、ミスや失敗を招きます。

仕事の効率も悪くなって、仕事に悪影響です。

無理をせず、適度に休憩を入れたほうが、いい仕事の結果を発揮できます。

仕事が間に合わないと判明したら、早めに連絡を入れるといいでしょう。

たとえ評価や信用が落ちたとしても、早めに連絡を入れたほうが、誠実です。

真面目を心がけつつも「自分は今、無理をしていないだろうか」という客観性を大切にしたい。

「真面目になっても、無理はしないこと」

難しいときもあるかもしれませんが、できる範囲で心がけてみてください。

無理をすることが真面目ではありません。

無理をしないことが真面目なのです。

まとめ

真面目な人になる方法 その18
  • 真面目になっても、無理はしないようにする。
記憶力の過信はトラブルの元。
きちんとメモを取る習慣を心がけよう。

もくじ
真面目な人になる30の方法
無理をすることが真面目ではない。無理をしないことが真面目。 | 真面目な人になる30の方法

  1. 真面目は、ビジネスでもプライベートでも大切な要素。
  2. 真面目になるために必要なのは、性格の改善ではなく、習慣の改善。
  3. 真面目で得をする7つのポイント。
  4. 真面目で損をする7つのポイント。
  5. 真面目な性格は、損をするのか。
  6. 真面目は「きちんとしたい」という気持ちから始まる。
  7. 喜んでくれる人をイメージすると、真面目な気持ちが湧いてくる。
  8. 「真剣」と「一生懸命」は、真面目な人の基本。
  9. 真面目な人は、責任感が強い。
    責任感があるからこそ、よりよい仕事ができる。
  10. いきなり100パーセントの真面目でなくていい。
    まず1パーセントの真面目から始めよう。
  11. 約束を守ることは、真面目な人になる基本。
  12. 真面目な人は、最善を尽くす習慣がある。
  13. 計画と準備にたっぷり時間をかけたほうが、仕事はうまくいく。
  14. 安易な決断はしない。
    よく考えてから、決断する。
  15. すぐ人を頼らない。
    まず自分なりに努力してみる。
  16. 真面目な人ほど、余計な言い訳をせず、素直に謝る。
  17. 真面目な人は、自分に不利なことでも、正直に報告する。
  18. 無理をすることが真面目ではない。
    無理をしないことが真面目。
  19. 記憶力の過信はトラブルの元。
    きちんとメモを取る習慣を心がけよう。
  20. マナーやルールはきちんと守る。
    特に法律は絶対守ろう。
  21. 真面目な人は、感謝の習慣を大切にしている。
  22. 真面目な人になるには、身だしなみへの気遣いが欠かせない。
  23. きちんと遊ばないと、真面目になれない。
    遊びも、真面目になるために必要な要素。
  24. 横柄な態度は控える。
    謙虚な態度を心がける。
  25. 誘惑を断ち切る人が、目標を達成できる人。
  26. いつも冗談ばかり言っていると、大切な話のとき、信用されない。
  27. 断れない人が真面目というわけではない。
    きちんと断れる人のほうが、本当は真面目。
  28. 人のミスを笑う人は、自分がミスをしたとき、笑われる。
    人の失敗をばかにする人は、自分が失敗をしたとき、ばかにされる。
  29. 何でも真面目にしていいわけではない。
    人として正しい行為だからこそ、真面目が生きてくる。
  30. 真面目を心がけても、家族や健康まで犠牲にしない。

同じカテゴリーの作品