人生の教科書



自分磨き

真面目な人になる
30の方法

お気に入り1 読んだ
20

マナーやルールはきちんと守る。
特に法律は絶対守ろう。

マナーやルールはきちんと守る。特に法律は絶対守ろう。 | 真面目な人になる30の方法

真面目な人になるためには、マナーやルールをきちんと守りましょう。

守るべきことをきちんと守るのは、真面目の基本。

社会には、数多くのマナーやルールがあります。

ビジネスマナー、テーブルマナー、デジタルマナー。

携帯電話のマナー、冠婚葬祭のマナー、人間関係のマナー。

交通のルール、仕事のルール、スポーツのルール。

社会のルール、職場のルール、家庭のルール。

私たちは、マナーやルールに囲まれて生きていると言っても過言ではありません。

マナーやルールは、守るべき決まり事です。

「少しくらい違反をしてもいいだろう」

「ばれなければいいよね」

「破っている人もたくさんいる」

あるとき魔が差して、マナーやルールに油断することもあるのではないでしょうか。

もちろん緊急時なら、マナーやルールを無視した行動も必要でしょう。

 

たとえば、災害や事故です。

緊急を要する場面では、マナーやルールを無視して、例外的な対応を取ることもあるでしょう。

また、悪気はなくても、うっかり違反してしまうこともあるでしょう、

ミスや不注意は誰にでもあるもの。

うっかりマナーやルールを破ってしまったとき、すぐ謝れば、大きなトラブルには発展しないでしょう。

もしくは、単純に「知らなかった」という無知の場合もあるはずです。

 

しかし、普段からマナーやルールに無頓着なのはよくありません。

マナーやルールを破ってばかりでは、法律違反ではなくても、相手に迷惑や不快感を与える原因になります。

摩擦が増えて、トラブルが起こりやすくなります。

マナーやルールは、ビジネスでもプライベートでも大切にしたい。

つまり「形式を重んじる」ということです。

「マナーやルールを守ると堅苦しくなる」と思うかもしれませんが、誤解です。

そもそもマナーもルールも、守って当たり前のこと。

もしみんながマナーもルールを無視すると、社会の秩序は乱れてしまいます。

中でも、法律を犯す行為は絶対にいけません。

法律違反の程度によっては、謝るだけでは済まない問題もあります。

たとえ罰則がないものであっても、法律を厳守するのは社会で生きていく中の基本です。

社会の中で多くの人が快適に過ごすためには、みんながマナーやルールをきちんと守ることが大切です。

「自立した社会人」という自覚を持ち、マナーやルールをきちんと守っていくようにしましょう。

マナーやルールの中には複雑で分かりにくいものもあるかもしれませんが、できるだけ守ることが大切です。

知らないなら、自分から学んでいくことが大切

ビジネスマナーやテーブルマナーに詳しくないなら、書籍を通して学ぶといいでしょう。

実践・実生活を通して学ぶこともできますが、基本知識は書籍で学ぶことが可能です。

本屋に行けば、マナーに関する書籍が数多くあります。

「学んだことがない」で終わらせるのではなく、知らないなら、自分から学んでいく姿勢が大切です。

恥をかく前に学んでおけば、いざというとき安心です。

まとめ

真面目な人になる方法 その20
  • マナーやルールをきちんと守る。
  • 特に法律は絶対守る。
次のページ >>
真面目な人は、感謝の習慣を大切にしている。

もくじ
(真面目な人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品