自分磨き

真面目な人になる
30の方法

お気に入り0 読んだ
4

真面目で損をする7つのポイント。

真面目で損をする7つのポイント。 | 真面目な人になる30の方法

真面目は、得することばかりではありません。

基本的に真面目は強み・長所ですが、残念ながら、損することもいくつか存在します。

真面目も、見方や受け止め方によっては、短所になる場合があります。

真面目で損をするポイントは、次の7つが代表的です。

(真面目で損するポイント1)
仕事を押し付けられる

仕事は丁寧で責任感も強いため「この人に任せれば大丈夫」という安心感があります。

そのため、周りからこまごました仕事を押し付けられやすくなります。

(真面目で損するポイント2)
人からいいように使われる

真面目な人は、断りにくい性格でもあります。

本当はやりたくない仕事でも、正義感と責任感が強いため、うまく断れずに引き受けてしまいます。

正しい心は持っていますが、その正義感と責任感につけ込まれ、人から言いように使われやすい傾向があります。

(真面目で損するポイント3)
融通が利かない

真面目な人は、マナーやルールなどの形式を重んじます。

特に法律に関しては絶対です。

常に理性的・論理的で、自分の感情よりマナーやルールを大事にします。

形式を優先させるため、なかなか融通が利かず、臨機応変な対応が不十分になることがあります。

(真面目で損するポイント4)
仕事や悩み事を抱え込みやすい

真面目だからこそ、自分に与えられた仕事は、まず自分で取り組もうとします。

もちろんすぐ人に頼らず、自分が取り組むのはいいのですが、少し過度になることがあります。

「すぐ人を頼るのはよくない」「自分が果たさなければいけない」と考えるため、なかなか人に助けを求めません。

助けを求めるとしても遅くなるため、仕事や悩み事を抱え込みやすい状況が発生しやすくなります。

(真面目で損するポイント5)
疲れやストレスをためやすい

仕事を優先させる一方、ストレス対策を軽視しがちです。

息抜きや気分転換をまったくしない、もしくは後回しにしがちです。

結果を出すことはできる一方、どんどん疲れやストレスがたまっていく弊害があります。

(真面目で損するポイント6)
ノリが悪く、冗談が通じない

真面目な人は、仕事は得意でも、遊びは不得意。

いつも真剣で一生懸命である一方、遊び心が足りない傾向があります。

羽目を外しすぎてはいけないと考えているため、ノリが悪い状況が目立ちます。

冗談を言っても、とっさにうまい返事を返せず、きょとんとすることがあります。

「つまらない人」「面白くない人」と言ったレッテルを貼られることがあります。

(真面目で損するポイント7)
暗い印象・堅い雰囲気が出やすい

真面目な人は、自分から積極的にジョークやユーモアを言おうとしません。

真剣で一生懸命な表情はりりしい一方、見方によっては暗い印象になりがちです。

人から話しかけにくい雰囲気も漂い、人間関係から孤立することがあります。

まとめ

真面目な人になる方法 その4
  • 真面目で損をするポイントを理解する。
真面目な性格は、損をするのか。

もくじ
真面目な人になる30の方法
真面目で損をする7つのポイント。 | 真面目な人になる30の方法

  1. 真面目は、ビジネスでもプライベートでも大切な要素。
  2. 真面目になるために必要なのは、性格の改善ではなく、習慣の改善。
  3. 真面目で得をする7つのポイント。
  4. 真面目で損をする7つのポイント。
  5. 真面目な性格は、損をするのか。
  6. 真面目は「きちんとしたい」という気持ちから始まる。
  7. 喜んでくれる人をイメージすると、真面目な気持ちが湧いてくる。
  8. 「真剣」と「一生懸命」は、真面目な人の基本。
  9. 真面目な人は、責任感が強い。
    責任感があるからこそ、よりよい仕事ができる。
  10. いきなり100パーセントの真面目でなくていい。
    まず1パーセントの真面目から始めよう。
  11. 約束を守ることは、真面目な人になる基本。
  12. 真面目な人は、最善を尽くす習慣がある。
  13. 計画と準備にたっぷり時間をかけたほうが、仕事はうまくいく。
  14. 安易な決断はしない。
    よく考えてから、決断する。
  15. すぐ人を頼らない。
    まず自分なりに努力してみる。
  16. 真面目な人ほど、余計な言い訳をせず、素直に謝る。
  17. 真面目な人は、自分に不利なことでも、正直に報告する。
  18. 無理をすることが真面目ではない。
    無理をしないことが真面目。
  19. 記憶力の過信はトラブルの元。
    きちんとメモを取る習慣を心がけよう。
  20. マナーやルールはきちんと守る。
    特に法律は絶対守ろう。
  21. 真面目な人は、感謝の習慣を大切にしている。
  22. 真面目な人になるには、身だしなみへの気遣いが欠かせない。
  23. きちんと遊ばないと、真面目になれない。
    遊びも、真面目になるために必要な要素。
  24. 横柄な態度は控える。
    謙虚な態度を心がける。
  25. 誘惑を断ち切る人が、目標を達成できる人。
  26. いつも冗談ばかり言っていると、大切な話のとき、信用されない。
  27. 断れない人が真面目というわけではない。
    きちんと断れる人のほうが、本当は真面目。
  28. 人のミスを笑う人は、自分がミスをしたとき、笑われる。
    人の失敗をばかにする人は、自分が失敗をしたとき、ばかにされる。
  29. 何でも真面目にしていいわけではない。
    人として正しい行為だからこそ、真面目が生きてくる。
  30. 真面目を心がけても、家族や健康まで犠牲にしない。

同じカテゴリーの作品